ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

日本の宿ひだ高山 倭乃里の口コミ情報・宿泊予約

6位

日本の宿ひだ高山 倭乃里

〒509-3505 岐阜県高山市一之宮町1682
日本の宿ひだ高山 倭乃里
〒509-3505 岐阜県高山市一之宮町1682
TEL: 0577-53-2321
みんなの満足度
3.7 詳細評価
接客対応
3.9
清潔感
3.6
客室
3.5
食事
3.7
コスパ
3.4
立地
4.0
スパ・温泉
3.7
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 解除
空室・最安値を検索
一休.comJTBるるぶトラベル近畿日本ツーリストじゃらんExpedia日本旅行Booking.comagoda楽天トラベル
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
1
良い
1
普通
0
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
1
家族旅行
0
友人・知人
0
一人
1
全文表示簡易表示
1 - 2件目 / 合計 2件
5.0 2016年1月21日に投稿 投稿者: mechan
2015年11月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
飛騨高山から車で20分ほど走ったところに、「倭の里」のお宿があります。 15000坪ほどの広大な土地の中に、本館の他に4つの茅葺家屋が建っています。 本館には、広い囲炉裏と大浴場(一つは岩風呂、もう一つは檜風呂になっています)、3つの素敵なお食事処があります。 本館は勿論、どの茅葺家屋も、外から見れば古い建物ですが、中に入れば、床暖房も効いており、天井が高く、3間ほどがあり、素晴らしい近大建築です。 部屋のお風呂も自動で...

飛騨高山から車で20分ほど走ったところに、「倭の里」のお宿があります。

15000坪ほどの広大な土地の中に、本館の他に4つの茅葺家屋が建っています。
本館には、広い囲炉裏と大浴場(一つは岩風呂、もう一つは檜風呂になっています)、3つの素敵なお食事処があります。

本館は勿論、どの茅葺家屋も、外から見れば古い建物ですが、中に入れば、床暖房も効いており、天井が高く、3間ほどがあり、素晴らしい近大建築です。 部屋のお風呂も自動で湯沸しができ、滞在中は好きな時に入る事ができます。 トイレも勿論ウォシュレット。 どのお部屋にも、センスの良い女将さんの心配りが見られ、浴衣、袢纏、小物入れなど、どれも素敵です。 特に、シャンプーなどが入っている巾着型の小物入れはすべて着物地から作られており、毎回、どのようなデザインの巾着に出会えるか、楽しみです。 さすがは気温の下がる飛騨に建っているので、浴衣も2重。 普通の着物地と、かなり分厚い着物地の浴衣が用意されています。 その2重の浴衣を着て、その上から綿の入っている袢纏を着れば、しっかり防寒ができ、「雪ん子」になったような気がして、楽しいです。

本館には、岩風呂と檜風呂があり、どちらも風情豊かです。部屋にあるお風呂も、ゆっくりできますが、本館にあるこれらのお風呂にゆったり入ると、どんな寒い日でも体がぽかぽか。 ゆっくり眠る事ができます。

本館にある3つのお食事処はどれも素敵。 主に、朝食は1階の和室で。 夕食は2階にある2つの個性あふれるお部屋で頂きますが、どちらのお部屋も堀こたつになっており、足を伸ばす事ができます。 これらの部屋の小さな飾り窓からは、1階にある囲炉裏を見る事ができ、夜になると昔からこのお宿で働いている男性がお酒を竹の筒で注ぎながら、飛騨の昔話をしてくれます。 クイズ形式になっているので、楽しみながら、飛騨の昔話を聞く事ができます。

最近は外国のお宿ランキング本に掲載されたそうで、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカなど、世界中の方が泊まりに来ておられます。 そのような方と囲炉裏に座り、お酒を飲みながら、談笑するのも、楽しみの一つです。

接客対応

清潔感

客室

食事

コスパ

立地

温泉・スパ

備考・アドバイス

本館2階のお部屋よりは、経済的に余裕があれば、離れの別館(茅葺家屋)、特に、
本館に一番近い所に建っている「天領」のお部屋に泊まる事をお勧めします。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.9 2015年12月2日に投稿 獲得票数:5 投稿者: すしねこ
2015年11月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
全8部屋のこぢんまりとした旅館ながら、移築された豪農の母屋に囲炉裏を構えており、昔ながらの生活を垣間見れる珍しい宿です。宿に着くと囲炉裏で焚かれた薪の匂いに包まれ、そこから宿で過ごす時間が始まります。そのような生活を体験したことが無い方でも、どことなく懐かしい雰囲気に感じられる場所だと思います。 利用したのは、平日1名利用「癒しのひとり旅 夕朝食ともに嬉しいお部屋食~おひとりさまdeプチ贅沢~」というプランで、合計38,950円...

全8部屋のこぢんまりとした旅館ながら、移築された豪農の母屋に囲炉裏を構えており、昔ながらの生活を垣間見れる珍しい宿です。宿に着くと囲炉裏で焚かれた薪の匂いに包まれ、そこから宿で過ごす時間が始まります。そのような生活を体験したことが無い方でも、どことなく懐かしい雰囲気に感じられる場所だと思います。

利用したのは、平日1名利用「癒しのひとり旅 夕朝食ともに嬉しいお部屋食~おひとりさまdeプチ贅沢~」というプランで、合計38,950円でした。利用予定の客室は、本館2階6帖+6帖の“古都”でしたが、宿側のご厚意で本館1階“一の宮”という部屋にしていただけました。“一の宮”は、本間10帖+和談室(こたつ)+次の間7帖という広さに、総檜風呂や化粧室とトイレが備わっていました。

本間の縁側と談話室は一面ガラス張りになっており、隣を流れる宮川の自然を手に取るように眺められます。冬は、温かい部屋の中から、この風景を眺めながらの食事は格別のものです。夏は、宮川に泳ぐ鮎を眺めることも出来るとのことでした。これほどまでに、間近に眺められる宿は、なかなか無いと思われます。談話室の壁素材には蒲が使われており、冬は暖かく、夏は涼しく過ごせる工夫がありました。これは館内全体にいえることですが、昔の日本建築のために全体的に冷え込みます。また、囲炉裏の煙が館内に充満しており、私もかなり咽てしまいました。気管支が弱い方は、ご留意いただき、検討されるのがよいかと思われます。同じ理由ですが、翌日には服や荷物にも煙の臭いが染み付いていました。

利用客が少ない日でしたので、スタッフの数は少なかったものの、それでも丁寧で温かい応対をいただきました。夕食は行儀が悪いと知りながらも、こたつで用意願いたい旨を伝えると、快く応対していただけました。朝食については、違う雰囲気で味わえる個室食事処を提案してくださり、空いている個室処を自由に選ぶこともできました。夕食後の囲炉裏で振舞われる“かっぽ酒”は、スタッフの方との距離感も縮まり、とても楽しい話を聞かせてもらい一人旅でも充実したものでした。

夕食は、キウイの原種であるサルナシの食前酒より始まり、飛騨の幸が堪能できる会席料理が用意されました。特にすっぽんの出汁で炊いたおからと、A5等級飛騨牛の陶板焼きは絶品で、気持ちもお腹も満たされる内容でした。見た目も美しく、丁寧に作られている様が伺えます。朝食は、夕食に比べると品数が控え目で、大人しい内容でした。飛騨地方定番の朴葉味噌には、飛騨牛が隠されているなど驚きはありましたが、おかずの量が少なく感じました。

お風呂は、それぞれの客室に檜風呂が備わっているものの、別に大浴場が用意されています。初日は男性が岩風呂、翌朝が檜風呂と男女が入換わりました。女性用は逆となりますが、初日は男性が岩風呂という、この流れは変わらないそうです。源泉が冷泉のために、加温され半循環及び半掛け流しとなり、岩風呂には伏流水を使った水風呂がありました。半掛け流しでありながら、冷泉加温のために水で薄めないことから、温泉成分100%と泉質はよいものでした。逆に客室は、温泉ではなく、沸かし湯となっています。

私の故郷では、囲炉裏を使う生活様式はありませんでしたが、そんな私でも懐かしく感じる風景がここにはありました。やや値が張る宿ながら、高級感と利便性を求める方には向いてないと思われます。周りには野山しかなく、携帯の通信速度も遅い地域なので、現代生活を離れてのんびりする宿です。飛騨地方で囲炉裏がある宿はいくつもありますが、炭を使っている宿が多く、薪を使用している宿は少数です。夕食後には、囲炉裏で“かっぽ酒”をいただきながら、宿泊客同士のふれあいが生まれる貴重な宿だと思います。ここでしか体験できないものも多々あり、都会生活を離れて非日常を味わいたい方にはお勧めの宿です。

接客対応

付かず離れずの、程よい距離感の応対でした。宿泊客に、楽しんでもらおうという心構えが、自然に感じられる振る舞いでした。

清潔感

古い建物の移築部分もありますが、丁寧に清掃されている印象を受けました。電気の傘に虫の屍骸も殆どなく、自然が多い地域ながら小まめです。

客室

大自然を、手に取るように眺めらる客室は、開放感も非常にあり素晴らしいものでした。ただ、囲炉裏の煙が客室にも漂ってしまうのが難点です。

食事

飛騨地方の幸を味わうことができ、見た目も美しく仕上げられていました。

コスパ

それぞれの価値観で違うと思いますが、高級旅館を求めると若干異なると思われます。田舎の生活を味わうには、価値が高い宿です。

立地

コンビニなどは当然近くに無く、自然に囲まれた懐かしい田舎の風景です。車以外の方は、高山駅からの送迎があります。(要事前予約)

温泉・スパ

半掛け流しですが、冷泉のために温泉100%成分の良いものでした。どちらのお風呂も、大きな窓から風景を眺めながら入浴できます。

備考・アドバイス

本館、離れともに段差や階段があります。バリアフリーや足腰に不安がある方には、正直不向きだと思われます。女性用アメニティの中に、スキンケアセットはあるようですが、男性用は大浴場にも見当たりませんでした。必要な方は、持参されることをお勧めいたします。

1 - 2件目 / 合計 2件

施設情報

施設名
日本の宿ひだ高山 倭乃里
かな
にほんのやどひだたかやま わのさと
所在地
〒509-3505
岐阜県高山市一之宮町1682
電話番号
0577-53-2321
チェックイン
15:00
チェックアウト
11:00
アクセス
■車
中央自動車道 松本ICより90分
東海北陸自動車道高山西ICより約30分
■JR
JR高山本線高山駅下車タクシー約20分
JR高山本線高山駅より送迎あり(無料・要予約)
(迎え)14:10/15:10/16:20/17:10
(送り)9:00/10:00/11:00
送迎
あり/前日までに要予約
・JR高山駅⇒倭乃里 14:10/15:10/16:10/17:10
・倭乃里⇒JR高山駅 09:00/10:00/11:00
駐車場
あり(宿泊者無料)
駐車場台数: 10台
他、屋根のある駐車場が4台分ございます。
部屋数
8
設備・サービス
× インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 × 露天風呂 × 貸切風呂 × 客室露天風呂 × 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 × コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 ○ 送迎サービス × ランドリー × クリーニング ○ マッサージ × エステ × サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 × ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 フェイスタオル バスタオル ボディタオル・スポンジ 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 浴衣 スリッパ 綿棒 冷蔵庫 湯沸かしポット お茶セット テレビ 衛星放送
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS デビットカード

日本の宿ひだ高山 倭乃里周辺の旅館