ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

山里のいおり 草円(そうえん)の口コミ情報・宿泊予約

3位

山里のいおり 草円(そうえん)

〒506-1434 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地温泉831
山里のいおり 草円(そうえん)
〒506-1434 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地温泉831
TEL: 0578-89-1116
みんなの満足度
3.8 詳細評価
接客対応
3.9
清潔感
3.7
客室
3.9
食事
3.8
コスパ
3.3
立地
4.1
スパ・温泉
4.3
みんなの平均予算
30,000円未満
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 解除
空室・最安値を検索
一休.comるるぶトラベルじゃらんBooking.com楽天トラベル
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
3
良い
0
普通
1
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
1
家族旅行
2
友人・知人
1
一人
0
全文表示簡易表示
1 - 4件目 / 合計 4件
5.0 2016年2月10日に投稿 投稿者: みのりん
2015年12月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
素朴なたたずまいと、温かいおもてなしがある宿です。 到着時は囲炉裏端でお茶を出していただけました。館内は土間づくりで温かみがあり、到着時には打ち水がしてあり清々しいです。 また、ところどころに冷たい水で冷やしたドリンクがおいてあり(別途料金)お風呂上がりの喉を潤してくれます。 食事はかまどで炊いたご飯が絶品!ツヤツヤで甘みがあり最高です。また、朝食前にはお餅つきをしており、宿泊者にもつかせていただけます。供されるお餅は...

素朴なたたずまいと、温かいおもてなしがある宿です。
到着時は囲炉裏端でお茶を出していただけました。館内は土間づくりで温かみがあり、到着時には打ち水がしてあり清々しいです。
また、ところどころに冷たい水で冷やしたドリンクがおいてあり(別途料金)お風呂上がりの喉を潤してくれます。
食事はかまどで炊いたご飯が絶品!ツヤツヤで甘みがあり最高です。また、朝食前にはお餅つきをしており、宿泊者にもつかせていただけます。供されるお餅は水を加えずについているので特別に粘りがありもち米の甘みと香りを引き立てています
別注でひれ酒や飛騨牛の握りずしがあり、どちらもとても美味しい!
特別な素材はさほど使っていませんが、どのお料理もゲストのために心を込めて提供されたという事がよく伝わってきました
露天風呂は館内から川沿いを歩いた外にあります。自然環境を守るために石鹸等の使用は禁じられておりますが、そんなところからも自然と共存し、温泉郷が一体となって宿を守る心意気が伝わってくる気がします。大浴場で体を洗ってから行けばいいだけのことです。
露天風呂までの道のりは、小さな明かりが導いてくれます。とても趣があり、あぁ、温泉地に来たなぁと実感できます

接客対応

高級旅館にありがちな仲居さんの雰囲気はなく、若くきびきびとした従業員が好印象

清潔感

どこもかしこもとてもきれいに保たれている

客室

素朴な温かさがあり、川辺でよい雰囲気

食事

囲炉裏端で頂く料理はとても雰囲気が良い

コスパ

立地

高山からもほど近く秘湯の雰囲気を残している割にアクセスが良い

温泉・スパ

川沿いの露天風呂は気持ちがよい。客室から外を通るがそれもまた趣あり

備考・アドバイス

ロフト状のお部屋があり、大人数でも宿泊できます。2世代での旅などにはいいと思います。ですが、ロフトは暖房の熱が全部上がってくるために乾燥して暑かったです。浴場で使ったタオルを手すりに加湿器代わりに干しておくことをお勧めします

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.4 2016年1月24日に投稿 獲得票数:4 投稿者: すしねこ
2016年1月頃に友人と滞在 この口コミに投票する
宿に着くと囲炉裏端の雰囲気あるロビーで、お茶と朝ついた餅が振舞われました。餅はやや固くなっていましたが、鶯餡が乗っており美味しくいただきました。ここで館内やお風呂の説明を受けてから、客室へと案内いただきました。 平日2名1室利用、2食付の総計45,444円で泊まりました。客室は、古民家を再生した木庵という部屋タイプになり、全部屋2階に位置するものでした。木庵タイプの下に客室はなく、食事処となっていたので、夜は下からの音は聞えず...

宿に着くと囲炉裏端の雰囲気あるロビーで、お茶と朝ついた餅が振舞われました。餅はやや固くなっていましたが、鶯餡が乗っており美味しくいただきました。ここで館内やお風呂の説明を受けてから、客室へと案内いただきました。

平日2名1室利用、2食付の総計45,444円で泊まりました。客室は、古民家を再生した木庵という部屋タイプになり、全部屋2階に位置するものでした。木庵タイプの下に客室はなく、食事処となっていたので、夜は下からの音は聞えず静かでした。

案内されたのは“花筏”という部屋になり、寝室部分が小上がりになっている8帖程度,、そして居間が5帖半ほどでした。新潟の豪農屋敷を移築したとのことで、当時使われていたと思われる太い梁などが見所です。窓からは平湯川が眼下に眺められ、雪景色が綺麗でした。室内には、洗面所と自動洗浄機能付きのトイレが備わり、内風呂はなくても快適性がありました。また、敷布団がプチプチの緩衝材を応用したもので、若干寝心地が悪かったのは残念に感じます。

スタッフは全体的に若い方が多く、活気があるように感じました。応対も特に不満に感じる部分はなく、滞在中は寛ぐことができました。食事処のスタッフに、やや笑顔が硬い方が居ましたが、応対がよかったのでさほど気になりませんでした。

夕食、朝食共に食事処で用意されます。夕食は18時か18時半からの選択でしたが、朝食は時間幅だけで、その時間内に行けば用意いただけるものでした。ブッフェでない旅館では、朝食も時間が決められることが多いために、珍しい処置だと思います。

どちらも個室ではありませんが、個々に区切られた囲炉裏での食事となります。割と賑やかな空間なので、多分一人旅だと少々寂しく感じる雰囲気がありました。夕食は飛騨の山川の幸が並び、囲炉裏であぶる岩魚の塩焼きや五平餅など、雰囲気のよい料理の数々でした。ご飯は、薪で炊いた竈釜炊きが用意され、こちらも普段の白米とは一味違いました。

朝食には、アマゴの一夜干しや飛騨名物の朴葉味噌、粘りのある山芋のとろろなど山里の幸が堪能できました。また、毎朝餅つきが披露されますが、その餅も朝食時に各宿泊客へ振舞われました。派手な料理はありませんが、夕食時も差し入れがあるなど、心温まる食事が楽しめました。

草円は全15室ですが、お風呂が数多くあるという特徴があります。大浴場“福の湯”は、半露天風呂になっており、眺めのよいお風呂でした。もうひとつ、足湯付のミストサウナのようなお風呂も備えていました。貸切風呂は3つとも無料で、宿から離れた場所にありますが、それぞれが内湯と露天風呂を備えています。空いていれば自由に利用でき、2名で利用するには贅沢な広さでした。

宿から一旦外にでて少し歩きますが、川のほとりには“森の湯”という露天風呂が2種類用意されていました。岩風呂と木の丸風呂になりますが、夜20時頃に男女が入替ります。ここの岩風呂からの景色が絶景で、雪が積もると水墨画のような言葉に表せない世界でした。初日は木の丸風呂が男性、岩風呂が女性、夜から相互に入換わりました。どのお湯も源泉掛け流しの贅沢な温泉で、奥飛騨の湯を心ゆくまで楽しめます。(一部、適温まで加水の風呂あり)

利用した木庵タイプとスタンダードの草庵タイプは造りが似ており、最初から布団が敷いてあるものになります。よって、係りの方の出入りがないために、あまり部屋に入って欲しくないという方には向いています。家族連れの方にも、気兼ねなく客室を利用できるために、プライベート感が高いといえそうです。本館のみではなく、貸切風呂にも囲炉裏の休憩処が用意されており、昔の奥飛騨の生活を垣間見ることもできました。福地温泉随一の景観を誇る“森の湯”で、旅の疲れを癒せる素敵な宿です。

接客対応

若い男女のスタッフが多く、活気のある雰囲気の宿でした。テキパキとこなしてくれるので、快適な滞在でした。

清潔感

目に付く部分は綺麗に見えましたが、テレビの裏にもっさり埃が溜まっていました。

客室

太い梁などが目立つ、古民家再生の部屋でした。

食事

囲炉裏を囲んだ、雰囲気のある食事が楽しめます。飛騨の山川の幸が並びました。

コスパ

同価格の近隣施設だと、個室食事処や料理の質がもう少し上がるところがあるため、やや割高に感じます。

立地

川沿いの風光明媚な場所に建っていました。

温泉・スパ

どの温泉も趣向が凝らされていますが、川のほとりの露天風呂は群を抜いて素晴らしいです。

備考・アドバイス

積雪の時期は、露天風呂と家族風呂まで草履では大変です。客室にあるスノーブーツを履いて行かれる方が、歩き易さと共に安全だと思います。宿の近くでは朝市や冬季は青だる(氷柱のようなもの)鑑賞もできます。

5.0 2015年10月26日に投稿 投稿者: さとたかさと
2015年3月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
福地温泉郷は古民家風の宿が点在しているとても山奥の温泉。 その1番奥にあるのが 山里のかおり「草円」様。 着いて雪に足が取られない様に、道に茣蓙が敷いてあり、歩きやすくこの時点で優しさが伝わってくる。 チェックインをしお部屋ご案内までは大きな囲炉裏の前でお茶を飲みながら待ち、その間、見る事が出る古民家の黒い太い梁や大正ロマンを感じるガラス窓など、全てが素晴らしかったです。 廊下は内水がしてあり、所々置かれてるお花やさりげな...

福地温泉郷は古民家風の宿が点在しているとても山奥の温泉。
その1番奥にあるのが 山里のかおり「草円」様。
着いて雪に足が取られない様に、道に茣蓙が敷いてあり、歩きやすくこの時点で優しさが伝わってくる。
チェックインをしお部屋ご案内までは大きな囲炉裏の前でお茶を飲みながら待ち、その間、見る事が出る古民家の黒い太い梁や大正ロマンを感じるガラス窓など、全てが素晴らしかったです。
廊下は内水がしてあり、所々置かれてるお花やさりげない飾り付けが嫌味じゃなくホッコリする装飾でした。
お部屋もシンプルですがモダンであり天井が無数の梁でこれもまた、古民家の宿に泊まっている事に幸せを感じる配置。掘り炬燵も大きく暖かく、湯冷めしない様に配慮される。
浴衣だけでは寒いので足首まである、褞袍があり、本当に普段着たり見たり出来ないものがそっと置いてあるのが嬉しかった。

お風呂は、時間制度なしの空いてたら入れる、3つの貸切露天風呂があります。
大小様々な趣向のお風呂で、何十分でも入っていられるゆったり感は最高でした。
また宿から川沿いにある、離れた露天風呂も、夕ご飯後に行ったのですが、漆黒の真冬の闇の中、お湯に浸かりながら見る満天の星空は思わず声が出てしまう位綺麗で、涙が出そうでした。

お食事は朝・夕ご飯もお食事処で頂きます。
ご飯は竈炊きでふっくり美味しく、お魚もお酒も最高に美味しかったです!
1室3組が仕切りで区切られて食べるのですが、声が聞こえるので何処か遠慮気味にみなヒソヒソと声をだしてたのが気になりました。
囲炉裏があるので、空いてと距離があり、何を言っているのか聞こえないけど、これもこれで良しとし、美味しく頂く事が出来ました。
囲炉裏は良いですね。


朝御飯も棒葉焼のきのこが出て、それだけでご飯おかわりして、夜まで何も食べなくてもいい位、お腹いっぱいでした。

1Fの囲炉裏場所で湯上りに飲む珈琲も美味しく、その都度淹れてくれるので、これもまた、癒される一瞬でした。
最後までスタッフ様は優しく、良い意味で多くを語らず、いい意味で干渉せず、TVも付けず、ゆっくりと夫婦で語らう事が出来ました。

新潟からの旅行者なので、松本経由、高山経由でも安房峠を通らねばなりません。
安房峠と言えば、「ああ、野麦峠」です。
歴史は確かに存在し、若い娘が何日も掛けて雪の中、出稼ぎに行った事に思いを馳せながら、日々の慌ただしさを忘れられる素敵なお宿でした。

もう1回行きたいです。

接客対応

何処でどのスタッフ様とすれ違っても適度な距離感で、ごゆっくりして下さいとお声掛けて下さったり、館内のご案内も丁寧で、心温まる接客でした。笑顔を素敵でした。

清潔感

チェックイン時には廊下は内水され、外は雪深いので、滑らない様に茣蓙が敷いてあったりと清潔感と優しさがあった。お部屋もクリーンで、無駄が一切なく、心地よかった。

客室

お部屋に特徴ありますが、長めの掘り炬燵があり、真冬に行きましたが、全然寒く無かったです。布団もフカフカで、長めの羽織があったりして心遣いが感じられました。

食事

仕切りがある食事処で朝・夕頂きました。隣の席の会話が聞こえる。お食事内容が囲炉裏で食するのですが飛騨高山なので朝だけでなく夕ご飯にも棒葉焼が1品欲しかったです。

コスパ

安房峠しか入り道が無いこの福地温泉郷はたどり着くその道中もコストに入るのかなと思う位素敵な景色。プラスお宿のお風呂数、囲炉裏など総合すると高くはないと思います。

立地

素敵な程山奥にあります。冬は福地温泉郷から高山に抜ける際、午前中は道路が凍結し、何台も車が停止してました。それさえクリア出来れば春夏秋冬素敵な場所だと思います。

温泉・スパ

最高!混浴も3カ所ありそれぞれ大きさ趣向が違うし、夜少し歩いて入る露店風呂は、目が慣れると満天の星空を見ながら入れる最高のお湯です。内湯もゆったり入れ満点です。

備考・アドバイス

人気の宿が集まる福地温泉ですので、露天風呂付きお部屋が良い場合は早めに電話予約された方がいいと思いますが、沢山温泉に入る場所と時間がありますので、ノーマルタイプのお部屋でも大満足だと思います。
持参した方が良い物はないと思いますが、寒がりさんはカイロは持って行った方がいいと思います。宿から少し歩く朝市も早朝ありますので、ちょっと寒いです。

5.0 2013年5月12日に投稿 投稿者: rapu
2013年2月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
お宿は少し分かりづらい所にありますが、かえってそれが隠れ家的な雰囲気を醸しています。 お風呂は、内湯、貸切露天風呂、外湯の三ヶ所で、特に貸切露天は三種類あって全てに内湯がついていて頭や体を洗うのも便利だし、お宿の内湯と変わらない大きさでゆったりくつろげます!外湯は川沿いにあり、渓流を眺めせせらぎに耳を傾けながら、非日常を味わえます。 食事はかまどで炊いたご飯が出ます!美味しいご飯は贅沢なご馳走です! 二月に宿泊したから...

お宿は少し分かりづらい所にありますが、かえってそれが隠れ家的な雰囲気を醸しています。
お風呂は、内湯、貸切露天風呂、外湯の三ヶ所で、特に貸切露天は三種類あって全てに内湯がついていて頭や体を洗うのも便利だし、お宿の内湯と変わらない大きさでゆったりくつろげます!外湯は川沿いにあり、渓流を眺めせせらぎに耳を傾けながら、非日常を味わえます。
食事はかまどで炊いたご飯が出ます!美味しいご飯は贅沢なご馳走です!
二月に宿泊したからかは分かりませんが、朝食にお餅を目の前で撞いてくれて、それが朝食に出てきます!!
全体に大満足でしたが、前述のとうり宿が分かりにくいのと、外湯が離れている事だけがマイナスポイントですがおすすめのお宿です!!

接客対応

丁寧な接客でした

清潔感

客室

食事

オプションでお願いした飛騨牛セットが最高

コスパ

立地

少し分かりづらい場所かも

温泉・スパ

温泉は大満足でしたが、一番良かったお風呂がお宿から少し離れたとこにある為

備考・アドバイス

内湯より貸切露天風呂、さらには川沿いの外湯がおすすめで時間帯によって、男湯女湯が入れ替わりどちらも楽しめます。
お宿の近くに昔話の里の五平餅村というのがあり、そこの女将さんがとても明るく親切で是非女将さんに会いに行ってください!

1 - 4件目 / 合計 4件

施設情報

施設名
山里のいおり 草円(そうえん)
かな
やまざとのいおり そうえん
所在地
〒506-1434
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地温泉831
電話番号
0578-89-1116
チェックイン
15:00
チェックアウト
11:00
アクセス
■交通機関をご利用の場合
JR高山駅より新穂高行バスで約75分。福地温泉下下車徒歩3分。
JR松本駅から飛騨高山行バスで平湯温泉乗換福地温泉まで約90分。
新宿西口より高速バス高山行で平湯温泉乗換福地温泉へ。
大阪梅田駅より奥飛騨温泉郷直通バスあり。
■お車でお越しの場合
【東京より】中央道岡谷JCTより長野自動車道へ~松本IC~R158で福地温泉へ
【大阪より】名神高速一宮JCTより東海北陸自動車道へ~高山IC~R158で高山経由、R471で福地温泉へ
送迎
あり/福地温泉口バス停より送迎あり(要予約)
駐車場
あり(宿泊者無料)
駐車場台数: 20台
部屋数
15
設備・サービス
× インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 ○ 貸切風呂 × 客室露天風呂 ○ 源泉掛け流し ○ 駅から徒歩5分以内 × コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 ○ 送迎サービス × ランドリー × クリーニング ○ マッサージ × エステ ○ サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 × ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 フェイスタオル バスタオル 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 浴衣 作務衣 綿棒 冷蔵庫 湯沸かしポット お茶セット テレビ 金庫 衛星放送 洗浄機付トイレ
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS 銀聯 デビットカード

山里のいおり 草円(そうえん)周辺の旅館