ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

あさばの口コミ情報・宿泊予約

1位

あさば

〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺3450-1
1位/91件中 - 伊豆・修善寺の旅館
あさば
〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺3450-1
TEL: 0558-72-7000
みんなの満足度
4.3 詳細評価
接客対応
4.3
清潔感
4.5
客室
4.3
食事
4.4
コスパ
3.7
立地
4.2
スパ・温泉
4.3
みんなの平均予算
50,000円以上
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 解除
空室・最安値を検索
一休.comJTB
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
9
良い
1
普通
0
悪い
0
非常に悪い
1
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
8
家族旅行
1
友人・知人
2
一人
0
全文表示簡易表示
1 - 10件目 / 合計 11件 1 2
4.7 2017年1月27日に投稿 投稿者: りくるーと
2016年12月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
旅行に行き慣れた知人からの勧めで、あさばへの宿泊を決めました。12月下旬に宿泊し、2名1泊2食付きで約142500円でした。宿泊したのは、「撫子」というベッドタイプの客室です。 あさばへは修善寺駅からタクシーで向かい、10分弱で到着しました。到着するとすぐに下足番の方が出迎えてくださり、名前を伝えるとそのまま客室まで案内していただきました。玄関から客室へ行くまでの間に、サロンの場所やお風呂の場所など、共用施設について説明がありまし...

旅行に行き慣れた知人からの勧めで、あさばへの宿泊を決めました。12月下旬に宿泊し、2名1泊2食付きで約142500円でした。宿泊したのは、「撫子」というベッドタイプの客室です。

あさばへは修善寺駅からタクシーで向かい、10分弱で到着しました。到着するとすぐに下足番の方が出迎えてくださり、名前を伝えるとそのまま客室まで案内していただきました。玄関から客室へ行くまでの間に、サロンの場所やお風呂の場所など、共用施設について説明がありました。初めに案内していただいた仲井さんはやや不慣れな様子でしたが、広々として明るいロビーはとても清潔で心地よく、館内を歩いているだけで宿への期待感が高まりました。

玄関の横にフロントがありますが、記帳手続は客室で行います。部屋に入って寛いでいる間にお着き菓子とお茶を用意していただきました。お着き菓子の麩饅頭は上品な味わいで食感も良く美味しくいただきました。

今回宿泊した「撫子」はフロントから最も離れた位置にある2階の客室です。客室は、ベッドの備えられた18畳の寝室、広縁の付いた8畳の和室、2箇所ずつあるトイレと洗面台、高野槇の内風呂から成ります。客室の造りから、この客室はもともと2つの客室だったのかを尋ねたところ、その通りでした。ただ、改装したのはずいぶんと前のことで、その時代のことを知っているスタッフはほとんどいないとのことでした。2名で過ごすには十分過ぎるほどの広さで、清潔感も申し分なく、とても快適な客室でした。

8畳の和室には広縁がついており、大きな窓からは紅葉が残った木々を眺められました。外を眺めやすいよう配された椅子はとても座り心地が良く、また窓ガラスには1点の曇りもありませんでした。椅子に座って目の前の景色を眺めているだけで、心が洗われます。窓を開けて、庭の池に流れる水音を聞きながら外を眺めるのもとても心地よかったです。

寝室は常に畳の良い香りが漂っていました。また、寝室の奥には2面の窓があり、その中心には座り心地の良い椅子がセットされていました。寝室の窓も和室同様にとても大きく、窓ガラスには1点の曇りもなく、とても清々しい景色を眺められます。また、この椅子だけに当たる照明があり、夜に、その照明以外の電気を消すと雰囲気が一変します。洗練された雰囲気は、昼の明るい様子とは変わって美しく優雅に感じるものでした。

寝室には2台のベッドが設置されています。寝具は全てあさばオリジナルのもので、シーツの触り心地やベッドの寝心地はこの上ないものでした。また、ベッドから手の届く範囲に冷蔵庫が置かれていたり、照明やカーテンの調整をベッドの横のボタンで調整できるなど、機能性にも優れた造りとなっています。

「撫子」の内風呂は檜よりも高級と言われる高野槇で出来たお風呂で、湯は源泉かけ流しです。内風呂も客室同様に清潔感があり、新しくリニューアルされたばかりのように感じる程綺麗でした。お湯は源泉が出てくるので、一度お湯を入れて、適温になるまで冷ましておくか加水する必要があります。浴槽は一人で入るのには広々としていて、2人で入っても狭いとは感じないほどの大きさです。お風呂には柚子が用意されており、季節に合ったお風呂を楽しむことができました。

「撫子」はデザイン性、機能性、清潔感、開放感に優れた客室でした。客室の惜しかった点は、基礎化粧品が置かれていないことです。あさばは細部に渡ってサービスが行き届いているだけに、アメニティが他の高級旅館や高級ホテルより劣るのは少し不思議な感じさえしました。

お風呂は男女別の大浴場、2つの貸切風呂、野天風呂(露天風呂)があり、全ての湯が源泉かけ流しです。大浴場は5人程が入れるぐらいの浴槽が一つあります。貸切風呂は空いていれば内側から鍵をかけ、時間制限なしでいつでも使えます。私たちの場合、使用しようとしたときは必ずどちらかが空いていました。野天風呂からは目の前の池と山を眺められ、自然を感じながら入浴を楽しめます。視線を横に向けると能舞台も少し見えます。野天風呂の脱衣所は外にあるのですが、タオルが暖められており、少しでも寒くないようにとする宿の配慮を感じました。どのお風呂もこまめな清掃やタオルの補充を行っているようで、常に整理整頓された状態で、気持ち良く入浴できました。

食事は朝夕ともに客室にていただきます。高級食材をふんだんに使った料理というよりは、素材の味を引き出した技術の光る料理が多かったように思います。どれも上品な味付けで美味しかったです。夕食の最初の1品は客室によって異なるそうで、私たちは香箱ガニをいただきした。個人的には、鰆(サワラ)の塩焼きの塩加減や焼き加減が絶妙に感じました。宿の名物である天城軍鶏たたき鍋は、目の前でつみれにして作っていただけます。長ネギとつみれだけのシンプルな鍋でしたが、出し汁が効いていて口いっぱいに風味が広がりました。鍋の残り汁で作った玉丼を食べ終えたころには、ちょうどよくお腹いっぱいになり、満足のいく夕食となりました。

全ての料理が熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たくして出すよう徹底されていました。キッチンから客室に持ってくる間に冷めてしまわないよう、焼き魚は七輪に乗せて運ばれ、食器やカラトリー類まで温度を管理していました。また、ガスコンロやご飯の御櫃はあさばオリジナルとのことで、檜で囲われたガスコンロは初めて見ました。

朝食は、健康的かつ重すぎない朝食にふさわしいメニューが並びました。どれも素晴らしい味でしたが、出し巻き卵はダシが効いており、食感もフワフワとしていて、特に印象的で美味しかったです。

宿泊前、知人からあさばは本当に綺麗で埃一つないと聞いていました。そこでドアのサッシや障子の隙間、トイレの隅、廊下にある照明の上など、埃を探してみましたが、全く見当たりませんでした。唯一、露天風呂の脱衣所の壁にわずかに埃を見つけましたが、埃を見つけたことがなんだか嬉しくなるぐらい、館内の清掃は完璧でした。

チェックアウトは11時30分なので、朝食後もゆっくり寛げました。あまりにも居心地が良く、チェックアウトをするのが惜しい気持ちになりました。最後のお支払い時に、ピカピカに磨かれたお釣りが返され、最後の最後まであさばの気遣いに驚かされました。

あさばのサービスは、宿泊客が気づかないところまで考え抜かれていると感じました。この上なく快適な滞在ができるのは、長年の歴史の中で培われてきたものだと思います。あさばでしか味わえない体験ができたので、ぜひ再訪したいと思いました。

接客対応

皆さん素晴らしい接客でした。朝食時に、こちらが指定した時間より遅れてしまいましたが、柔軟にご対応いただけました。

清潔感

客室、共用部の細部に至るまで埃一つありませんでした。完璧な清掃をされていると感じました。

客室

デザイン性、機能性、開放感など、とても満足度の高い客室でした。

食事

素材の味を引き出す、洗練された技が光る料理の数々でした。

コスパ

立地

修善寺観光のしやすい場所にあります。温泉街らしい雰囲気を味わえる場所で、静けさも保たれています。

温泉・スパ

全てのお風呂において、こまめな清掃やタオルの補充がされています。清潔感が保たれた素晴らしいお風呂でした。

備考・アドバイス

・基礎化粧品はこだわりのあるものが用意されていません。気になる方は持参することをおすすめします。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.8 2016年11月5日に投稿 獲得票数:5 投稿者: のあざみ
2016年11月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
池に浮かぶ能舞台の美しい情景と日本を代表する名旅館という評判を以前から見聞きしていたので、一度は訪れてみたい宿でした。11月初旬の平日に家内と車で出かけました。予約した客室は10畳一間に広縁と内風呂がついた「鉄仙」で、1泊2食付き2人で約97,000円(税込み)でした。 富岡八幡宮から移築した門の前に番頭さんと案内係りの方がお迎えに出ていらっしゃいました。車のキーと荷物を預けロビーに案内していただきました。案内係りの方たちは...

池に浮かぶ能舞台の美しい情景と日本を代表する名旅館という評判を以前から見聞きしていたので、一度は訪れてみたい宿でした。11月初旬の平日に家内と車で出かけました。予約した客室は10畳一間に広縁と内風呂がついた「鉄仙」で、1泊2食付き2人で約97,000円(税込み)でした。

富岡八幡宮から移築した門の前に番頭さんと案内係りの方がお迎えに出ていらっしゃいました。車のキーと荷物を預けロビーに案内していただきました。案内係りの方たちは車から降りる時や玄関の式台に上がる時も、足が不自由な家内に優しく手を指しのべて下さりとても嬉しく思いました。ロビーは外観の重厚な雰囲気と違って明るく開放感があり畳も新しく、気持ちよく私たちを迎えてくれました。ロビーの大きなガラス戸の先に、深い緑に包まれて池の水面に姿を映す能舞台が現われ、非日常の世界へ誘っているようでした。

客室は10畳の本間に約6畳の広縁がついた部屋でした。玄関と踏込みも約4畳の広さがあり、二人で泊まるのに十分な広さだと思いました。客室は端正な数寄屋造りで、とても落ち着いた雰囲気がありました。歴史ある旅館ですが部屋はよく手入れされていて、古さを全く感じさせず清々しさがありました。客室には灰皿が用意されていましたが、室内では嫌な臭いは全く感じませんでした。麩饅頭とお茶をいただきながら記帳を済ませ、丁寧な部屋の説明を受けました。あさばで手造りした麩饅頭は餡が甘さ控えめで、上品なお味が印象に残りました。

広縁の大きなガラス窓から、奥行きのある庭が見えました。木立に包まれた庭にはつくばいや飛び石が配されていて、茶室の露地のような趣がありました。広縁の座り心地のよい椅子から眺める庭には静寂の時が流れ、いつまでも見飽きませんでした。この客室の広縁は広く居心地がよいので、本間との間の障子を閉めて落ち着いて過ごすこともできました。

客室に浴衣が各2着・パジャマが1着、洗面室には上質なバスタオルやフェイスタオルが各2枚ありました。洗面室のシンクは一つですがほどよい広さで不便は感じませんでした。洗面室の蛇口からも温泉が出て、この宿の温泉の豊富な湯量に驚かされました。アメニティは基本的な物は揃っていましたが、部屋には基礎化粧品はありませんでした。

この部屋の内風呂は源泉掛け流しの温泉で、さほど広くはありませんが大きな窓があり明るく開放感がありました。ヒバの湯船は大人一人がゆっくり入れる大きさでした。ほのかに木の香りもして、壁やタイル目地も真っ白でとても清潔感がありました。

この宿には野天風呂と男女別の大浴場、2つの貸切風呂があり、全て源泉掛け流しの温泉でした。野天風呂は静寂な池に面して造られていてとても風情がありました。岩で組まれた湯船は5、6人が入れる広さで、竹林の緑を映す水面を眺めてゆったりとした気分で温泉を楽しむことができました。野天風呂のバスタオルは温められており、肌寒い季節の湯上りに嬉しい心配りだと思いました。

貸切風呂にはそれぞれ楕円形の槇風呂と四角い檜風呂の趣の異なる湯船があり、空いていれば予約なしで使うことができました。2つの貸切風呂は明るく清潔感があり、手入れの行き届いた湯船は木の香りがしました。脱衣室の洗面台にはアメニティが一通り揃っていて女性用基礎化粧品もありました。貸切風呂の脱衣室には上質なタオル類もあったので、手ぶらで利用できました。いつ入ってもタオルの補充やバスマットの交換がされていて、気持ちよく使うことができました。大浴場の湯船は伊豆石で3、4人が入れる大きさでした。大浴場も明るく清潔感があるお風呂でしたが、貸切風呂がいつでも使えたので今回は利用しませんでした。

お食事は夕朝食とも部屋でいただきました。座卓は苦手なので事前にテーブル席への変更をお願いしておきました。用意していただいた椅子は美しいフォルムで、座り心地もよかったです。椅子の下には足置きのクッションも用意して下さり、こうした心配りがとても嬉しかったです。

夕食の先付けの銀杏小柱は何気ない一品ですが、塩加減のよい銀杏とさっと炙った小柱との組み合わせが絶妙で、これから出てくるお料理に期待が高まりました。特に印象に残ったお料理は天城産猪を燻製にした一品で、香ばしく脂の旨味が素晴らしかったです。この宿の名物の天城軍鶏たたき鍋は10月中旬から3月まで出されるとのことです。軍鶏肉と長ネギだけのシンプルな鍋で、余分な脂がなく味わいのあるつみれを上品なお出汁でいただきました。軍鶏鍋の汁を卵でとじた玉丼は大好きなお味で残さずいただきました。水菓子はあさば特製の葛きり・ブラマンジェ、静岡産メロンから好みのものを選びました。栗と生姜のジェラートは上品な器との色合いもよく、さわやかな生姜の味が口に広がる印象深い一品でした。相模湾の海の幸と天城の山の幸を使ったお料理は、素材を生かし手を掛け過ぎず、とても美味しく堪能しました。お料理は私たちのペースに合わせて出して下さり、熱々の御椀や揚げ物を美味しくいただくことができとても満足しました。

朝食は清々しい杉板の上に小鉢が盛り付けてありました。山葵ご飯は熱々のご飯に山葵の香りがひろがり食欲が湧いてきました。大根おろしでいただく出汁巻玉子はお出汁がよくきいていて、これまでいただいた出汁巻玉子の中では一番美味しく感じました。朝食のお料理も丁寧に作られた美味しい品々でした。あさばのお料理は器も盛り付けも華美ではありませんが、素材の持ち味を生かす技に完成度の高さを感じました。

能舞台を望む池のほとりにモダンなインテリアのサロンがありました。サロンではセルフサービスで珈琲・紅茶・ジュースをいただきました。夕暮れ時や朝のひと時に池を眺めながらサロンでのんびり過ごし、とても癒されました。暮れ行く池に番頭さんが小舟を出して水面に灯篭を浮かべる景色はとても風情がありました。

あさばは500年の歴史ある老舗旅館で、門構えや能舞台といった古い造りと、明るく開放的なロビーやサロンの新しい造りがうまく調和して、上質で洗練された雰囲気を醸し出していました。野天風呂の風情ある眺めや内風呂の清潔感のある湯船は、源泉掛け流しの温泉の良さをさらに引き出していて、温泉好きの方は満足されると思いました。どのスタッフも礼儀正しく、それでいて自然な笑顔で温かく接して下さいました。あさばは端正で上品な客室、素材を生かしたお料理、源泉掛け流しの温泉の手入れの行き届いた湯船、スタッフの心のこもったおもてなしの全てにおいて満足度が高く、評判に違わない宿だと思いました。

接客対応

どのスタッフも礼儀正しく、自然な笑顔で温かく接して下さいました。

清潔感

客室、館内とも清掃が行き届いていました。よく手入れされていて気持ちよく過ごせました。

客室

客室は端正な数寄屋造りで、庭の眺めも素晴らしかったです。客室設備やアメニティに物足りなさを感じる方もいらっしゃると思います。

食事

どのお料理も丁寧に造られ美味しくいただきました。素材を一番美味しく食べさせてくれるお料理に満足しました。

コスパ

客室、お料理、温泉、眺望、スタッフの対応、どれをとっても完成度が高く、お値段以上の満足感がありました。

立地

修善寺に近い閑静な場所にあり、修善寺の観光に便利な立地です。

温泉・スパ

全てのお風呂が源泉掛け流しの温泉で、浴室、湯船は清潔感がありました。野天風呂の眺望は素晴らしかったです。

備考・アドバイス

野天風呂は男女の入れ替え制ですが、翌朝9時から10時まではフリーの時間になり、ご夫婦が一緒に入ることができます。なお、野天風呂にはソープ類はありません。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.7 2016年4月30日に投稿 獲得票数:4 投稿者: みぃ
2016年4月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
4月のうぐいすが鳴く時期に訪問しました。 宿の入口には常に1人の方が待機されていて、名前を告げるとエントランスまで案内してくださいました。チェックインは客室で行うため、靴を脱ぐと客室に案内されました。 今回利用した客室は能舞台が正面にある部屋で、建物の1階に位置しました。客室にお風呂がついていないタイプで、2名1泊2食付で1人当たりおよそ40,500円のプランでした。こちらの宿は、土曜祝前日も平日と宿泊料が変わらないため、良...

4月のうぐいすが鳴く時期に訪問しました。

宿の入口には常に1人の方が待機されていて、名前を告げるとエントランスまで案内してくださいました。チェックインは客室で行うため、靴を脱ぐと客室に案内されました。

今回利用した客室は能舞台が正面にある部屋で、建物の1階に位置しました。客室にお風呂がついていないタイプで、2名1泊2食付で1人当たりおよそ40,500円のプランでした。こちらの宿は、土曜祝前日も平日と宿泊料が変わらないため、良心的です。

客室で記帳を行いながら、あさばオリジナルの麩饅頭と煎茶をいただきました。大変おいしい和菓子だったため、食事の味にも期待がふくらみ、夕食の時間が待ち遠しくなりました。

12帖+4帖広縁の客室は2人で利用するにはちょうど良い広さでした。殺風景に感じる和室が多いのですが、この客室は目の前に池と能舞台があり、部屋と一続きになっているような錯覚をおこすため、眺望もよく大変趣がありました。また部屋を見渡すとあらゆる備品が凹凸がないように配置されているため、12帖という間取り以上の広さや居心地のよさを感じる客室になっているのだと気づきました。客室のお風呂にこだわらない私たちはこちらの客室で十分満足することができました。

客室の蛇口のお湯も温泉というこちらの宿は、全5箇所のお風呂すべてが源泉かけ流しです。景色を楽しむことができる野天風呂は男女入れ替え制で、女性は夕方5時から夜の10時までと翌朝7時半から9時まで利用できます。

この日は夕方雨が降ってしまいましたが、温泉とその先に見える池、また満開の藤棚を眺めながら入浴するのは非常に気持ちよくリラックスもできました。野天風呂のみバスタオルがタオルウォーマーに入っており、寒い時期もタオルが温まる工夫がされていたり、岩風呂の岩が温かくなるような工夫がされていました。そのため少し肌寒くても快適に入浴することができました。野天風呂にはシャンプー類の用意がありませんが、それは野天風呂で洗剤を使わないようにしているためだとチェックインの時に説明がありました。このように丁寧な説明があったのも大変好感が持てました。

2か所ある貸切風呂は2名ほどが入浴できる広さで、予約なしで空いているときはいつでも利用できます。ヒノキの浴槽は手入れが行き届き、清潔感のある浴室でした。あとから聞いたところによると、この檜はけずって美しい状態を保たれているそうで、時期が来ると新しいものに交換するそうです。このようにきめ細やかなメンテナンスのおかげで大変気持ちよく入浴することができます。

食事は夕食、朝食ともに客室でいただきました。夕食は肉料理がありませんが、想像以上におなかがいっぱいになり、満足できました。出汁がきいて素材の味が生かされているお食事はどれも大変おいしいものでしたが、なかでも印象的だったのは、新玉ねぎの含め煮です。まるごとの玉ねぎをだし汁で煮た大変シンプルな一品ですが、驚くほど柔らかくそして出汁のきいた美味しいものでした。甘味は静岡メロン、くずきり、あさばオリジナルのブランマンジェ、季節限定の日向夏のゼリーから選ぶことができます。またそれとは別にヨモギと生姜のアイスをいただくことができました。甘味をいただくころにはおなかがいっぱいになるほどボリュームがありました。

朝食も大変おいしいお食事でしたが、印象的だったのは、出来立ての出汁巻き卵です。できたてをお持ちしましたとお部屋係の方が熱い出汁巻き卵を用意してくださいました。箸をいれると出汁があふれてくる大変おいしい出汁巻き卵でした。

客室から池と能舞台を眺めているだけで満足できる大変魅力的な環境の宿でした。サロンと呼ばれる共用スペースを利用している他の宿泊客もお料理のことやお風呂のことなどそれぞれ感動する場所が違うようでしたが、皆さん滞在に満足されている様子がうかがえました。

客室によりお食事の内容は大きく変わらないとのことですが、連泊すると2泊目に初めて肉料理がいただけるとのことです。季節の移り変わりを楽しめるお食事も気になりますので、是非季節を変えて伺いたいと思いました。

接客対応

大変丁寧な対応でした。廊下ですれ違う際の会釈とあいさつが美しく上品だと感じました。

清潔感

歴史ある建物ですが、細部まで手入れが行き届き、木造建築の美しさがありました。

客室

12帖の和室に4帖の広縁があるすっきりとした部屋でした。客室に風呂はありません。広縁からは能舞台と池を眺めることができ客室の広さ以上の開放感がありました。

食事

大変おいしいお食事でした。夕食は肉料理のないメニューでしたが、十分に満足できる内容でした。

コスパ

源泉かけ流しの温泉を堪能でき、美味しいお食事を楽しめます。和室に布団を敷いて就寝しますが、特注の敷布団は大変寝心地が良く、良質の睡眠をとることができます。

立地

修善寺駅から3キロほど離れており、修善寺温泉の「竹林の小径」近くにあります。観光を楽しみながら滞在することができ、滞在中は静かな環境で過ごすことができます。

温泉・スパ

貸切風呂2か所、男湯、女湯、男女入れ替え制の野天風呂があります。野天風呂以外は深夜早朝と利用できるため、客室にお風呂がなくても困ることはありませんでした。

備考・アドバイス

・能舞台の公演が催される時の宿泊は、舞台の前か後にお食事をいただくそうです。客室から舞台を鑑賞することもできますが、多くの方が今回利用した客室前にある「見床」から鑑賞されるそうです。

・お料理は年4回替ります。一番人気があるのは冬のしゃも鍋と玉丼ということでした。

4.7 2015年10月7日に投稿 獲得票数:1 投稿者: kitty
2015年8月頃に友人と滞在 この口コミに投票する
非常に人気がある宿の為、直前ですと予約が取れないことが多く、いつも断念しておりました。今回、修善寺旅行予定日の前日に空きが出たので、急いで予約を入れました。8月下旬の土曜日、「撫子」という客室で、3名1室(朝夕食付)200034円でした。 車が宿に着くと同時に、係の方が出迎えと荷物を取りに来て下さいます。また、玄関を入ってすぐのところでも、仲居さん総出のご挨拶がありました。とても丁寧で品があり、この先の滞在に期待が持てる印象を...

非常に人気がある宿の為、直前ですと予約が取れないことが多く、いつも断念しておりました。今回、修善寺旅行予定日の前日に空きが出たので、急いで予約を入れました。8月下旬の土曜日、「撫子」という客室で、3名1室(朝夕食付)200034円でした。

車が宿に着くと同時に、係の方が出迎えと荷物を取りに来て下さいます。また、玄関を入ってすぐのところでも、仲居さん総出のご挨拶がありました。とても丁寧で品があり、この先の滞在に期待が持てる印象を受けました。玄関横には小さなフロントデスクがありますが、こちらを利用することはなく、客室にてチェックインの手続きを行います。

ロビーは開放的で大変広く、能舞台や池がどこからでも眺められるように一面窓になっています。とても綺麗に清掃されており、手垢や汚れ一つ見られませんでした。また、ソファー席が沢山あり、外でも中でもゆったりと寛ぎながら景色を堪能することが出来ます。

「撫子」という客室は、2階に位置しています。8畳の主室に18畳の寝室で、とても広々としていました。その他、トイレが2箇所に源泉かけ流し内風呂付です。内風呂のある洗面スペースとは別に、専用化粧室があるのには驚いてしまいました。大人3名でも広すぎるくらいに感じます。350年余りの歴史があると聞いていましたが、全く古さを感じることがなく、これほどまでにメンテナンスが行き届いている宿は始めてでした。能舞台は眺められませんが、木々と池を一望出来、開放感がありました。

寝室は、和室にベッドが2台置かれています。1台のベッドで2名が寝られるくらいの広さがありましたので、今回は布団を使用することはありませんでした。通常の場合ですと、主室に布団を敷いて下さいます。ベッド脇には、小さな冷蔵庫が完備されており、非常に便利でした。

客室の内風呂は、檜造りです。こちらの宿で一番驚いたのは、檜風呂の綺麗さでした。定期的に削りを入れるなど、メンテナンスをしっかりされています。これほどまでにしっかりと手入れをされている檜風呂は、今までに見たことがありません。残念ながら露天風呂ではないので、景色は楽しめませんでしたが、綺麗な檜風呂で源泉掛け流しの温泉を満喫出来ました。アメニティは、アロマセラピーアソシエイツの物が置かれていましたが、3名に対して1セットでは少ないと感じました。浴室には、プロバンシアレクアドールのシャンプー類が別に用意はされています。

共用の貸切り風呂は2箇所あり、空いていればいつでも利用可能でした。その他、男女別の大浴場と男女入替え制の露天風呂があります。岩造りの露天風呂は池に面しており、藤棚が目の前に見えるなど、とても風情がありました。夕方と翌朝が女性になっており、明るい時間帯での景色を楽しめたのが良かったです。男性は、夜から早朝にかけた時間帯になっていましたので、少し利用しにくい感じがしました。露天風呂には洗い場がありませんので、他を利用する必要があります。外で身体が冷えないようにと、バスタオルがケース内で温められているのには驚いてしまいました。他の風呂に関しては、清掃やメンテナンスが行き届いていることは良かったと思いますが、造り的にあまりこだわりが感じ取れなかったのが残念です。

食事は全て客室にて頂きました。調味料も全て無添加の物を使われており、食材その物の味を生かした上品な味付けになっていました。名物の鯵のつみれは、目の前で作って下さいます。ですが、正直どこででも食べられるような鍋料理になっており、少し残念でした。魚を七輪に乗せて持って来て下さる演出などもありましたが、骨は硬く、以前宿泊した修善寺の宿と比べてしまうと物足りなさがありました。全体としては、どの料理も安定して美味しいのですが、もう少しこの旅館でしか頂けない何か印象に残る物があれば更に良いと感じました。

ライブラリ−、全体を白で統一されたサロンがあります。ダイヤモンドチェアが並べられており、モダンな空間が作り出されていました。あさばの建物大半を外から眺めることが出来、ロビーからの景色とは違った趣があります。コーヒーやジュースを頂きながら、読書を楽しまれている方が多かったです。

他の口コミや重厚な門構えから、少し堅苦しい宿だと想像しておりましたが、意外にも皆さんフレンドリーで親しみやすい印象を受けました。館内どこへ行っても非常に綺麗に清掃されており、広々とした客室での滞在は贅沢な時間を味わうことが出来ました。能舞台や池を眺められる客室にも宿泊してみたいと思いました。

接客対応

客室担当以外の方も常に気遣って下さり、手助けして頂けます。

清潔感

歴史があるとは思えないほど、メンテナンスがしっかりとされていました。

客室

「撫子」から能舞台は眺められませんが、木々と池を一望出来る開放感のある客室でした。

食事

食材その物の味を生かした上品な味付けの品々を頂くことが出来ます。

コスパ

立地

修善寺にも徒歩で行ける便利な立地にあります。

温泉・スパ

5.0 2015年7月28日に投稿 獲得票数:6 投稿者: momotaro
2015年7月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
7月下旬の土曜に主人と2人で宿泊しました。「萌葱(もえぎ)」という客室で2名1室(夕・朝食付)15万円でした。 ここ「あさば」は世界的規模で展開されている「ルレ・エ・シャトー」の会員でもあります。(ルレ・エ・シャトーとは、厳しい審査を通り抜けた、1流のレストランやホテルにしか認められない会員組織で、日本の旅館では「あさば」の他に「別邸 仙寿庵」や「忘れの里 雅叙苑」等、2015年7月現在で15の施設が登録されています。) 修善寺駅から...

7月下旬の土曜に主人と2人で宿泊しました。「萌葱(もえぎ)」という客室で2名1室(夕・朝食付)15万円でした。

ここ「あさば」は世界的規模で展開されている「ルレ・エ・シャトー」の会員でもあります。(ルレ・エ・シャトーとは、厳しい審査を通り抜けた、1流のレストランやホテルにしか認められない会員組織で、日本の旅館では「あさば」の他に「別邸 仙寿庵」や「忘れの里 雅叙苑」等、2015年7月現在で15の施設が登録されています。)

修善寺駅から車で7分ほどの場所にあります。近隣には竹林の小径や足湯施設があり、桂川にもほど近い観光には大変便利な場所です。

こちらの旅館には3度目の訪問になりますが、今回初めて客室を指定して予約しました。宿泊した客室(萌葱)は2階にあり、本間10畳、次の間10畳、書斎6畳、広縁約6畳、バスルーム約15畳の大変広々した間取りです。客室からは、ほぼ正面に能舞台を見ることができ、また、今まで泊まった客室(満点星(どうだん)、撫子)の中でも1番広く感じました。

客室内は純和風の造りです。襖は全て簾戸(すど)と呼ばれる夏仕様のものに変えられており、風情を感じられました。10月頃から通常の襖に戻るようです。全体的にリフォームされたばかりのような新しさと清潔感があります。前回宿泊した2つのお部屋(満点星、撫子)も十分素敵でしたが、個人的には今回宿泊したお部屋が最も好みです。

純和室でありながらも設備は整えられており、脱衣所には床暖房、カーテンやシャッターは自動式、各部屋には調光パネル、備品としては24型テレビ、DVDデッキ、BOSEのスピーカーがありました。

洗面所、脱衣所、浴室は合わせると15畳程あり、とても広々とした間取りです。脱衣所には空調設備があり、暑い夏でも快適に過ごせました。洗面台は2台、アメニティはトライアルキットタイプのアロマセラピーアソシエイツのものが2セット、お風呂場にはプロバンシアレクアドールの詰め替え用ボトルが用意されていました。

高野槇でできた湯船は深さや幅が十分にあり、大きいものでした。窓は網戸にもできましたので、夜でも虫を気にせず外気を感じながら気持ちよく入浴できました。浴室からの眺望は期待できませんが、蝉や蛙の声が聞こえ、自然を感じられる心地の良い時間を過ごせます。

お食事は夕・朝食共に客室でいただきました。前回、5月に訪問した際の内容と重ならないよう、事前に電話連絡がありました。今回は前回とは異なる内容にしていただけたことは良かったのですが、メイン料理から3品、餡料理が続いたことが残念でした。もちろん全て違った味付けで、どれも美味しかったのですが、バランスが少し悪かったように思います。こちらの旅館に宿泊して初めて感じた不満でした。しかしながら、最初から最後まで料理の質や美味しさは図抜けたものがあります。朝食も同様に客室でいただき、いつもながら満足のいく内容でした。

今回の滞在も含め1度も同じ仲居さんになったことがありません。今回の係りは少し年配の方で、笑顔や接客は素晴らしかったのですが、こちらが聞いたことを忘れてしまったり、飲み物の提供が遅かったりする(飲み物が少なくなっても聞いてこない)部分がありました。また、忙しかったのか息切れしていたりと心配になってしまう場面もありました。

今回、初めてベッドではないタイプの客室で、お布団を敷いていただきました。枕は羽毛とそば殻枕から選べました。寝具も良質なもので、とても寝心地が良かったです。あさばオリジナルのものだそうで、希望すれば購入することもできます。京都にある「俵屋」もオリジナル寝具で良質なものでしたが、引けを取らないものでした。

共用部は客室同様に夏仕様となっており、非常用パネルが簾で覆われていたり、縁側のガラス扉に簀戸が使用されていました。また、フロントのパブリックスペースには板氷が飾られる等、細かな箇所まで涼しげな雰囲気を演出されていました。真夏日であったにも関わらず、館内は過ごしやすい室温に設定され、どこに居ても快適に過ごせました。朝になると、館内の窓が全開に開けられ、清々しい朝の空気を堪能することができました。

今回も、とても満足度の高い滞在となりました。ラウンジから池を眺めていると、「またすぐに来たいな」といつも思います。ただ客室に居るだけで、心が癒され、非日常が味わえます。このような気持ちになれる宿はそう多くありません。宿側の徹底したこだわりやメンテナンスがあるからこそ感じられるものだと思います。残念ながら子供は宿泊できません。たまには大人だけで贅沢な時間を過ごしたいと思われる全ての方におすすめしたい旅館です。

接客対応

程良い距離感で品のある接客でした。食事の際の係りがやや年配の方で、座り立ちが大変そうでした。少々息切れをしている時もあり、少し心配になりました。

清潔感

客室、共用部ともに清潔感があり、老朽化や不衛生さは一切感じません。

客室

萌葱(もえぎ)という客室は部屋の広さだけで32畳ほどあり、とても開放感があります。純和風な造りにも関わらず、設備は充実しています。

食事

2ヶ月前に訪問したばかりですが、お料理が被らないよう配慮がありました。旅館の枠を超えた、高級料亭で出されるような洗練された美味しさでした。

コスパ

2名1室15万円という価格でしたが、得られた満足感を考えると決して高くはありません。

立地

修善寺駅からタクシーで7分ほどの場所にあります。敷地内には能舞台と大きな池があり、風情を感じれらました。

温泉・スパ

大浴場、貸切風呂、露天風呂、全てに清潔感があり、気持ちの良い入浴時間を過ごせました。

5.0 2015年5月29日に投稿 獲得票数:4 投稿者: momotaro
2015年5月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
5月の土曜に夫と2人で宿泊しました。満点星(どうだん)というお部屋で2名1室150,300円でした。あさばには昨年初めて伺いましたが、その滞在がとても良いものでしたので、この度の再訪となりました。 修善寺駅からタクシーで7分程(1000円位)の場所にあります。 訪問時は5月で、館内のフロントは日中窓が空けられ、とても開放的でした。虫対策に蚊取線香がたかれており、ほのかな香りが初夏の雰囲気を演出していました。共用部の廊下は、昨年、畳敷き...

5月の土曜に夫と2人で宿泊しました。満点星(どうだん)というお部屋で2名1室150,300円でした。あさばには昨年初めて伺いましたが、その滞在がとても良いものでしたので、この度の再訪となりました。

修善寺駅からタクシーで7分程(1000円位)の場所にあります。

訪問時は5月で、館内のフロントは日中窓が空けられ、とても開放的でした。虫対策に蚊取線香がたかれており、ほのかな香りが初夏の雰囲気を演出していました。共用部の廊下は、昨年、畳敷きに改装されたそうです。

到着後は客室に案内され、煎茶とヨモギの麩饅頭をいただきました。

全17室あるうちの2室がベッドタイプの客室になっており、そのうちの1室が満点星です。本間12畳、ベッドルーム18畳のお部屋で、眺望は山の緑です。こちらのお部屋からは能舞台や池は見られませんが、緑が一面に広がった景色を楽しみながら、ゆったり静かに過ごすことができます。

この日は、夕食前に和太鼓の催しがあり、能舞台を眺めながら本格的な和太鼓の演奏を楽しみました。この催しも、少々早めの夏の訪れを感じさせるものでした。

夕食はお部屋でいただきました。配膳のタイミングもちょうど良く、急かされることも待たされることもありませんでした。どれも、素材の味を生かした繊細な味付けで、大変おいしかったです。あさばの名物とも言えるお吸物は、鍋を用意して目の前でつみれを作っていただけます。季節によって具材が変わるようですが、今回は鯵のつみれでした。また、今年初物の「鮎の炭火焼」は七輪で用意されました。熱々の焼き立てをいただけ、また、目でも楽しめる演出があり良かったです。肉類は出ませんでしたが、伊勢海老のような贅沢な食材や、鮎や蛤など旬な食材を堪能できました。ボリュームも申し分なく満足できる内容でした。

朝食は8時半からお願いしました。朝食の開始時間は柔軟にリクエストを受け付けてくださるようです。食事は数度に分けて用意いただき、出汁巻き卵や焼き魚は出来立てを出していただけます。ベーシックな内容ですが、手間をかけた優しい味付けが印象的でした。とても美味しかったです。

無料で珈琲やオレンジジュース等のソフトドリンク(アルコール類は有料)がいただけるサロンは朝9時前から夜は9時まで開いています。モダンな雰囲気の中、能舞台を見ながらゆったりと過ごせます。

露天風呂は1か所あり、男女入替制です。露天風呂に洗い場はなくタオルのみの用意となります。タオルはガラスケース内で温められており、清潔感とおもてなしの気持ちが感じられました。広々とした岩風呂で、開放感がありとても気持ちが良かったです。貸し切り風呂は2か所あり、空いていたらいつでも利用可能です。その他に男女それぞれの大浴場(内湯)があります。どの風呂も清潔感があり、日頃の清掃や定期メンテナンスがしっかり行われていることが伺えます。

やや金額が高めの旅館ですが、着いた瞬間から非日常を味わえる素晴らしい滞在となりました。部屋の眺望から始まり、共用部の季節感の演出は期待を裏切らないものでした。食事も素材の味を生かした味付けで、最後まで美味しくいただけました。ただ美味しいというだけでなく、優しさや温かみのある味でした。これが出汁の味を生かした味付けなのかはわかりませんが、他とは少し違う美味しさがあります。客室内のプライバシーも保たれ、仲居さんの対応も良かったです。またすぐに訪れたい気持ちになり、チェックアウト時に次回の予約をいれました。

接客対応

程よい距離感のある接客でした

清潔感

清潔感に関わる気遣いが随所に見られ、快適に過ごすことができました。

客室

ベッドルームの天井高は3m程あり、開放感のある快適なお部屋でした。

食事

素材を生かした優しい味付けで、非常に美味しかったです。

コスパ

高いお値段ですが、十分に満足できました。

立地

修善寺駅からタクシーで7分ほどです。

温泉・スパ

露天風呂は男女入替制のものが一つあるだけですが、清潔感のある広々とした気持ちの良いお風呂です。

備考・アドバイス

客室には基礎化粧品が用意されていませんので持参されたほうが良いと思います。
17室のうち、ベッドタイプは「満点星(どうだん)」と「撫子(なでしこ)」の2部屋のみです。

1.0 2015年4月20日に投稿 投稿者:
2014年4月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
料理自慢のお宿と聞き、期待していったのですが派手な見栄えだけの演出が目立っていました。 そういう演出に弱い味に無頓着な成金趣味のお客には受けが良いのでしょうが、味を損ねる演出が多く困りました。 出来立てならそこそこ美味しかったものを、その演出のおかげで無残なものに。 但し、布団がぶ厚く寝心地もよく、また温泉の泉質はともかく貸切風呂もあってのんびりできたのはよかったですね でも仲居さんに心づけを渡したら、翌日になって領収書...

料理自慢のお宿と聞き、期待していったのですが派手な見栄えだけの演出が目立っていました。
そういう演出に弱い味に無頓着な成金趣味のお客には受けが良いのでしょうが、味を損ねる演出が多く困りました。
出来立てならそこそこ美味しかったものを、その演出のおかげで無残なものに。

但し、布団がぶ厚く寝心地もよく、また温泉の泉質はともかく貸切風呂もあってのんびりできたのはよかったですね

でも仲居さんに心づけを渡したら、翌日になって領収書で返されたのには気持ちが萎えました。
こちらの感謝の気持ちをお金に換えられた思いで悲しかったです。
それもこれもこちらが宿泊費を経費で落とす方々に愛されるお宿だからなのでしょう。

接客対応

心づけに領収書を返されまして、気持ちが萎えました

清潔感

細かいところは誇りも残ってますが、あまり目立たず

客室

布団だけは今まで最高の分厚さで寝心地よし

食事

料理自慢のお宿と聞いたのですが、派手な見栄えだけの演出が目立つ成金趣味のお客に愛されるお宿で残念でした

コスパ

料理がもう少し美味しかったら満足度も高いのでしょうね

立地

東京からも割と近くなり便利になりましたね

温泉・スパ

貸し切りの風呂があって、あまり人も来ないのでゆっくりできました

備考・アドバイス

料理には一切期待しないほうがいいと思います。
できれば素泊まりをお願いしたほうがよいでしょう。
料理は美味しい日本料理のお店に比べると三段落ちになるので、食べてから投宿することをお勧めします。

3.5 2015年4月5日に投稿 投稿者: Help
2014年11月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
伊豆は修善寺のあさば。気分良く過ごせるので何度か宿泊している。 到着 タクシーで着くと既にスタッフが待機しており、出迎えは合格であろう。クルマが入るのは少し狭いかもしれないが、スタッフが全てやってくれるのでクルマで来られる方も全く心配無用。 部屋への案内 特筆すべきことはないが、毎度卆のない案内。部屋の窓からは真っ盛りの紅葉が愉しめた。 風呂 露天はいつもすいていて、大体一人で入ることが出来た。部屋にある風呂も源泉掛け流し...

伊豆は修善寺のあさば。気分良く過ごせるので何度か宿泊している。

到着
タクシーで着くと既にスタッフが待機しており、出迎えは合格であろう。クルマが入るのは少し狭いかもしれないが、スタッフが全てやってくれるのでクルマで来られる方も全く心配無用。

部屋への案内
特筆すべきことはないが、毎度卆のない案内。部屋の窓からは真っ盛りの紅葉が愉しめた。

風呂
露天はいつもすいていて、大体一人で入ることが出来た。部屋にある風呂も源泉掛け流しなので、態々露天まで行かなくても十分温泉は愉しめる。

夕食
素材を活かした料理がタイミングよく提供される。中居さんが毎回同じなので(中居さんによれば、スケジュールが合えば同じお客様に接客しているという)、こちらの食事のペースに合わせてくれる。中途半端な宿だとこれが出来ない。酒は鄙願を選択している。料理ともマッチして旨い。

寝具
ベッドの部屋であった。以前、ベッドがついていない部屋でも、当方が着いた早々
眠いから布団を敷くように頼むと直ぐに用意してくれて疲れている方にはおすすめだ。

朝食
健康的なメニュー。どんこの焼きと出汁巻きが好みで、うまい。

チェックアウト
11時近くだと混む。

接客対応

タイミングが合えば毎回同じ中居さんが担当してくれるのでとても楽である。

清潔感

清掃が行き届いており、不快になったことは一度もない。

客室

上品で機能的。

食事

素材を活かした料理。美味しい。

コスパ

コスパを求める宿ではない。

立地

温泉街の中心に近い。

温泉・スパ

部屋にあるお風呂も源泉掛け流しなのが良い。

備考・アドバイス

部屋に閉じこもるのがいい感じかな。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
5.0 2015年2月16日に投稿 獲得票数:5 投稿者: レン
2015年2月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
こちらの「あさば」は日本屈指の旅館として非常に有名で、また旅行好きの友人に薦められたこともあり、以前からとても行きたいと思っていた宿でした。東京駅からですと、特急なら乗り換え無しで2時間ほど、修善寺駅からはタクシーで10分も掛かりませんので、アクセスは比較的良ろしいかと思います。 今回は2月の土曜日に「雨月」という客室で、2名1室(朝夕食付き)15万円ほどでした。こちらの宿は客室によって、間取りや大きさ、内風呂の有無、眺望な...

こちらの「あさば」は日本屈指の旅館として非常に有名で、また旅行好きの友人に薦められたこともあり、以前からとても行きたいと思っていた宿でした。東京駅からですと、特急なら乗り換え無しで2時間ほど、修善寺駅からはタクシーで10分も掛かりませんので、アクセスは比較的良ろしいかと思います。

今回は2月の土曜日に「雨月」という客室で、2名1室(朝夕食付き)15万円ほどでした。こちらの宿は客室によって、間取りや大きさ、内風呂の有無、眺望などの特徴が大きく異なりますが、ホームページが無く情報も少ないのでなかなか分かりにくいと思います。「雨月」は能舞台の正面に位置し、13.5畳の本間と11畳の次間、それに高野槙の内風呂がついた「あさば」の中でもかなり広めの客室です。各客室は順次改装をするなど手を入れているようで、「雨月」も昨年の6月に客室と内風呂などを改装されたばかりとのことでした。

宿に到着し玄関から客室まで案内していただいた際には多くのスタッフの方がいらっしゃいましたが、皆さんとても温かい笑顔でご挨拶してくださったのが印象的でした。施設内はどこも非常に清潔感があり、清々しく凛とした空気のようなものを感じます。

客室で煎茶と菓子(麩まんじゅう)をいただき、記帳手続きを済ませました。「雨月」は広縁がとても広く、そこから間近に見える能舞台はとても迫力があります。季節ごとに能や狂言などの催しも行われるそうで、こちらの部屋からも観劇することが出来るとのことでした。池には鷺や鴨などの野鳥も訪れ、景色を眺めているだけで癒されます。

風呂は、時間による男女入替え制の野天風呂、男女それぞれの大浴場、2つの貸切風呂とありますが、どれも非常に清潔感があり、温泉は源泉掛け流しです。野天風呂は池に面していてとても風情がありました。ただ男女入れ替えで女性の利用時間は夕食の時間帯とも重なりますので、利用する時間には少々注意が必要かもしれません。また、野天風呂にはシャンプーやボディーソープなどはありませんので、髪や身体を洗うのは他の風呂でということになります。

「雨月」の内風呂は昨年改装されたばかりで、窓を大きく開けると半露天のようにもなり、高野槙の湯船と畳敷きの洗い場はセンス良く仕上がっていました。洗面所もとても広く、床暖房が効いていて冬でも快適に使用できます。ちなみに、「あさば」には客室露天風呂のある部屋はありません。

アメニティに関しては、最近の高級旅館やホテルと比べると「あさば」は若干劣るように感じました。客室には、個人的に好きなブランドであるアロマセラピーアソシエイツのシャンプー・リンス・ボディソープがありましたが、基礎化粧品はありませんでした。大浴場には基礎化粧品がありましたが、男女ともにそれほどこだわりの感じられるものではありませんでした。こだわりのある方は持参されたほうがよろしいかと思います。

料理は正統派の日本料理で、派手さはありませんがどれも高いレベルです。上質な素材を活かし、手をかけ過ぎず、丁寧に研ぎ澄まされたような印象です。客室での食事となりますが、温かい料理は器も温かく、そして魚は七輪に乗せた状態で部屋まで運んでくださるなど、出来る限り最高の状態で提供しようという心遣いが感じられます。素材の味を存分に愉しめる素晴らしい料理でした。これ以上のものを求めるなら、温泉旅館ではなく日本料理店を探したほうがよいのではないかと思います。

ちなみに、部屋が異なっても料理は基本的に同じですが、素材などに若干の違いがあるとのことでした。例えば今回のメニューですと、伊勢海老ではなく別の海老であったりといった違いだそうです。また、「あさば」は季節ごとにいくつか定番の料理が出されるのですが、予約時に希望すれば料理を変更していただくことも可能ということでした。二泊する場合は全て違うメニューとなるそうですので、こちらも連泊をして是非味わってみたいですね。

滞在中は常に心地いい空気を感じることができました。温泉に入り、美味しい料理を食べ、歴史と風情を感じることができる、誰にでも薦めたい日本を代表する温泉旅館であることは間違いありません。

接客対応

皆さん笑顔で親しみやすく感じの良い方ばかりでした。細かい気配りや心遣いを様々なところで感じることができます。

清潔感

歴史のある旅館にも関わらず、古さを全く感じさせません。客室、共用部、風呂、どこを見ても非常に清潔です。

客室

凜とした純和風の客室です。「雨月」の広縁から眺める能舞台は迫力があります。

食事

正統派の日本料理で、派手さはありませんが、上質な素材の味を存分に愉しめました。

コスパ

高額ではありますが、それでも十分に満足できる滞在となりました。

立地

能舞台や野鳥が訪れる大池を敷地内に持ち、とても風情のある眺めを愉しめます。修禅寺や竹林の小径など、修善寺の観光地からもすぐ近くです。

温泉・スパ

野天風呂はとても風情があります。時間による男女入替えなので利用時間には注意が必要です。男女別の大浴場や貸切風呂の清潔感にも驚かされます。

備考・アドバイス

基礎化粧品にこだわりがある方は、持参された方が良いかもしれません。

5.0 2014年2月25日に投稿 獲得票数:3 投稿者: 健太
2014年2月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
修善寺旅行は3度目で、以前より気になっていた「あさば」に妻と二人で宿泊しました。こちらの旅館は今どき珍しく自社HPがなく、旅行サイトや口コミサイトを参考に宿泊を決めました。 東京駅から修善寺駅まで踊り子号で2時間程度。修善寺駅からはタクシーで10分弱です。チェックイン開始時刻(2時半)に合わせて伺いました。 到着すると、丁寧な出迎えがあり、ロビーでの煩わしいチェックイン手続きなどもなくスムーズに客室まで案内していただき...

修善寺旅行は3度目で、以前より気になっていた「あさば」に妻と二人で宿泊しました。こちらの旅館は今どき珍しく自社HPがなく、旅行サイトや口コミサイトを参考に宿泊を決めました。

東京駅から修善寺駅まで踊り子号で2時間程度。修善寺駅からはタクシーで10分弱です。チェックイン開始時刻(2時半)に合わせて伺いました。

到着すると、丁寧な出迎えがあり、ロビーでの煩わしいチェックイン手続きなどもなくスムーズに客室まで案内していただきました。客室到着後、まずはお茶(そば茶)とお茶菓子(饅頭)をいただき、館内・客室の説明を聞き、その後簡単な記帳をします。

今回は「撫子(なでしこ)」という客室に宿泊しました。間取りは8+3畳の居間に18畳の寝室です。その他2つのトイレに内風呂、化粧専用室もあり、とにかく「広い!」という印象です。350年の歴史がある旅館と聞いていましたが、メンテナンスが行き届いており、施設は全く古さを感じさせません。廊下まで全体が畳張りで、バスルームは檜風呂です。アメニティも「ブルガリ」など高品質なもので揃えられています。今回の客室は2階に位置しており、居間からは、池と緑の美しく情緒あふれる景色を一望でき、開放感があります。また、部屋には川のせせらぎのような心地よい水音だけが聞こえ、ただ寛いでいるだけで癒されます。

お風呂は男女それぞれの大浴場の他、時間制による入れ替えで露天風呂(岩風呂)が一つと、非予約制の貸切風呂(家族風呂)が二つあり、すべて源泉掛け流しのようです。

露天風呂は男性が17時まで、その後女性が22時までです。露天風呂は浸かるだけとなり、大浴場と異なり、シャンプーやボディーソープの用意はありません。自然を存分に感じられる非常に心地の良いお風呂です。冬の時期でしたので、湯上がりに体を包んだ際寒くないようにと、バスタオルは保温ケースの中で暖められていました。ここ「あさば」では、そういったきめ細かい心遣いが随所に見られます。

夕食は部屋食です。料理は素材から調理まで一品一品にこだわりが感じられ、また、できるだけ美味しい状態で提供しようというシェフの心配りが感じられる内容でした。温かい料理では器まで温められており、デザートのアイス(桜味とかぼちゃ味)では、お皿だけでなくスプーンまでが冷やされており、アイス自体は最も美味しい状態であろう絶妙な柔らかさで出てきました。すべての料理が大変美味しく、非の打ちどころがないとは正にこのことだと思えます。

翌朝は7時半に朝食をお願いしました。この朝食も期待通りの素晴らしい内容でした。
朝食を終え、ゆっくりと支度をしてチェックアウトに向かいました。仲居さんから「チェックアウトの際は荷物を持ちに伺いますので内線で連絡してください」と伝えられていましたが、それほど多くの荷物ではないので、連絡はせず、自分たちで荷物を持ちロビーに向かって歩いていたところ、スタッフの方がすぐに私達に気づき、荷物を預かってロビーまで案内してくださいました。

チェックアウト後は呼んでいただいたタクシーが来るまで、サロンでコーヒーをいただきながらゆったりとしました。

本当に最後の最後まで幸せな時間を過ごさせていただきました。また近い内に再訪したいと思います。

接客対応

細かな気配りができる方ばかりでした。

清潔感

歴史のある旅館ですが、古臭さは感じられず、清潔感は高級旅館の中でもトップクラスです。

客室

「撫子(なでしこ)」という客室に宿泊しましたが、景色も素晴らしく、3+8畳の居間と18畳の寝室という間取りで、とっても広々としていました。

食事

食にはそれなりにこだわりを持っているつもりですが、ここの食事は素晴らしいの一言です。

コスパ

二人で15万弱と高価でしたが、同価格帯の他の旅館と比較した場合に、決して割高には感じませんでした。

立地

修善寺駅からタクシーで10分弱です。東京からだと踊り子号を利用すれば一本で来れますので、非常に行きやすい場所にあります。

温泉・スパ

男性女性の大浴場と、別に露天風呂、二つの貸切風呂(家族風呂)があります。

備考・アドバイス

「あさば」にはオフィシャルサイトがなく情報がわかりづらいですが、エステもあります。旅先ではいつも妻がエステを利用しますが、今回はエステがないものと思い込み、予約をしておらず利用できませんでした。ご希望の方は予め電話予約されると良いかと思います。

1 - 10件目 / 合計 11件 1 2

施設情報

施設名
あさば
かな
あさば
所在地
〒410-2416
静岡県伊豆市修善寺3450-1
電話番号
0558-72-7000
チェックイン
14:30
チェックアウト
11:30
アクセス
【電車をご利用のお客様】
■JR東京駅-特急踊り子号で約120分終点修善寺駅下車-修善寺駅よりタクシーで約7分
■JR東京駅-新幹線で約45分三島駅下車-私鉄伊豆箱根鉄道で約35分終点修善寺駅下車-タクシーで約7分
※修善寺駅からの送迎はございません。予めご了承ください。
【お車をご利用のお客様】
東名高速沼津ICより、伊豆縦貫道から伊豆中央道の
修善寺まで約40分。(東京-沼津IC 約60分)
送迎
なし
駐車場
あり(宿泊者無料)
駐車時間: 宿泊期間中
駐車場台数: 12台
駐車場が満車の場合は、近隣の駐車場をご案内致します。
部屋数
17
設備・サービス
○ インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 ○ 貸切風呂 × 客室露天風呂 ○ 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 × コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 × 送迎サービス × ランドリー × クリーニング × マッサージ ○ エステ × サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 × ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 バスタオル ボディタオル・スポンジ 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 浴衣 ナイトウェア バスローブ 綿棒 コットン 冷蔵庫 ミニバー お茶セット テレビ 金庫 朝刊 衛星放送
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS
情報提供: JTB 一休.com

あさば周辺の旅館