ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

琵琶湖ホテルの口コミ・宿泊記

2位

琵琶湖ホテル

〒520-0041 滋賀県大津市浜町2-40
琵琶湖ホテル
〒520-0041 滋賀県大津市浜町2-40
TEL: 077-524-1255
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.1 に投稿 投稿者: kitty
2016年7月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
特別感を味わえる、水をテーマとしたラグジュアリーフロア「Aqua」がお勧めのホテル

7月上旬の金曜日、土曜日と2泊しました。2名1室(食事なし)ラグジュアリーフロア2泊で81400円でした。

こちらのホテルは、24時間いつでもチェックインが出来るので非常に便利です。私たちは5回以上宿泊していますが、毎回チェックイン時間が遅く、チェックアウトがとても早い為、いつでも対応して下さるこのホテルがとても気に入っています。

京都からJRで10分という便利な立地ということもあり、季節問わずいつでも宿泊客が多いように思います。ミシガンやビアンカなど湖上遊覧の船乗り場も目の前ですし、京都にも近い為、観光にも非常に便利な立地です。最近では、海外からの団体客も増え、レストランや大浴場など共用施設は混雑していました。

バレーパーキングサービスがない為、毎回の車移動は少し不便です。車寄せやホテルロビーは2階部分に位置しており、駐車場は1階になります。通常の時間帯であれば1階からエレベーターを利用出来ますが、深夜から朝6時までは、ホテルから直接駐車場へと繋がる扉が閉まっているので、正面玄関より外を回って駐車場へと行けません。今回は雨が降っていた為、すごく大変でした。

チェックインの手続きは、フロントにて行いました。その際に、ラグジュアリーフロアの特典である、ウェルカムドリンクを客室まで持って行っても良いかどうかを尋ねられました。到着時間が24時に近かった為、聞いて下さったのだと思います。客室までの案内はありませんでしたが、到着してほっと一息ついた頃にドリンクが運ばれてきました。季節により内容が変わるそうですが、今回はブドウジュースでした。

今回、ラグジュアリーフロア「Aqua」ツイン1222号室に宿泊しました。11階から12階の上層フロアに位置する最上級スーペリアツイン(食事なし)1泊30888円で宿泊したこともある客室が、2015年10月にラグジュアリーフロア「Aqua」としてリニューアルされたようです。宿泊代としては1万円ほど高くなっていました。黒ずんだ壁紙や汚れたソファーカバーなど、老朽化がかなり進んでいましたが、家具も全て新しくなり、以前と全くといって良いほど異なった内装で、リゾートをコンセプトとした空間がとても良かったです。

11階、12階のラグジュアリーフロアは、エレベーターを降りた瞬間から良い香りに包まれます。他の階にはない、アロマポットが置かれていました。客室の内装はブルーを基調としており、「水」をテーマにしたリゾート感溢れる空間造りがされていました。以前を知っているだけに、新しく生まれ変わった客室がとても良く感じます。窓から眺めることの出来る琵琶湖とも一体感を生み出し、現実とは少し離れた雰囲気の中でゆっくりと寛ぐことが出来ました。ベッドはシモンズ製、枕の種類も増えて寝心地もとても良かったです。また、書斎スペースもしっかりと確保されており、琵琶湖を眺めながら読書など出来るようになっていました。

トイレと洗面所は同じ場所にありました。浴室はガラス張りになっており、トイレや洗面所からは丸見えです。新しく入れ替えはされているようですが、水回りに関しては今までの客室と同じ種類の物が使われていた為、代わり映えはしませんでした。

以前は、通常客室でも女性用と男性用の基礎化粧品がミニセットで用意されていましたが、今回のラグジュアリーフロアにはありませんでした。また、チェックインの際に、女性にはメイク落としやあぶらとり紙などが入った袋を、1人につき1つ頂けていましたが、こちらもなかったです。スキンケアセットは、スイートルームにのみ用意があるとのことでした。

ラグジュアリーフロア「Aqua」だけの特別なアメニティが揃えられていました。シャンプー類は備え付けの物がなくなり、人数分THANNが用意されています。バスソルトやボディータオルもありました。バスローブや浴衣はどの客室にもありましたが、新しくパジャマも準備されていました。その他、館内で利用できる防水タイプのカバンも2つあり、大浴場へ移動する際に利用するなど、とても便利でした。

冷蔵庫の中もミネラルウォーター2本のみから、ビールやジュースなど種類が増えて入っていました。こちらは、全て無料のサービスでした。珈琲メーカーも新たに設置され、お茶と紅茶のパックもあり、以前よりも飲み物が充実していました。

ラグジュアリーフロア「Aqua」専用の貸出備品も用意されており、ヘアアイロンやフットマッサージ器、ホットアイマスクなど6点がありました。

客室階と4階天然温泉「るりの湯」のみ、浴衣やスリッパで過ごすことが可能でした。利用する際にはカードキーが必要になります。6時から10時、14時から24時の間で利用できますが、どの時間帯に行っても人が多かったです。内風呂だけでなく、サウナや露天風呂も設置されていました。露天風呂は少し小さいですが、夜はライトアップされた噴水を眺めながら、昼は壮大な琵琶湖を眺めながら入浴を楽しめます。湯上がり処には、無料の冷水とお茶が用意されていました。以前はオレンジジュースもありましたが、現在はなくなってしまったようで、残念でした。最近は海外からこられた宿泊客が多く、使用後のタオルが散らかっていたり、ゴミが落ちていたりと気になることもありました。

レストランはダイニング菜(フレンチ)、レストラン・ザ・ガーデン(バイキング)、野外アウトドアバーベキュー「星」、カフェオルオル、イタリアンダイニング「ベルラーゴ」、そして今月15日にリニューアルオープンする「おおみ」(日本料理・天麩羅・鮨・鉄板焼)と種類は沢山あります。今回は、イタリアンダイニング「ベルラーゴ」にて夕食を頂きました。カフェとバーを併設した一体型店舗で、5階までの吹き抜けとなっている為、とても開放感があります。宿泊客だけでなく、レストランのみで利用されている方も非常に多かったです。カジュアルレストランなので、服装なども特に決まりはありませんし、気軽に利用できるのが良いです。今回は、海外からの団体客と時間帯が重なったこともあり、席までの案内や提供が少し遅かったように感じました。私たちはアラカルトにて注文をしましたが、コース料理も3800円から7500円と比較的安い料金設定になっています。空いたお皿をこちらから言わないと片づけて下さらなかったり、何度か呼ばないと気付いて頂けなかったりと、接客に関しては完璧とは言えませんが、料理の味は良かったです。

今回は朝食なしでしたが、ラグジュアリーフロア「Aqua」限定で、朝食付きプランを選択した場合のみ、イタリアンダイニング「ベルラーゴ」にて特別メニューのエッグベネディクトなどを頂けるようです。他の客室は、レストラン・ザ・ガーデンにてバイキング形式でした。

客室は7タイプ、スタンダードルームは最大4名まで宿泊出来るので、女子会などのグループ利用や、家族旅行に最適です。2016年にリニューアルされたばかりのデラックスフロアや、2015年にリニューアルされたラグジュアリーフロアは、少し宿泊代金が高くはなってしまいますが、2人の時間を大切に過ごしたい方にはお勧めだと思いました。

接客対応

着かず離れずの丁度良い接客でした。客室までの案内もないので、基本的に関わりは少ないと思います。

清潔感

ラグジュアリーフロアは2015年にリニューアルされたばかりなので、とても綺麗でした。

客室

ラグジュアリーフロア「Aqua」は水をテーマにした青が基調のさわやかな雰囲気で、リゾート感も味わえました。

食事

イタリアンダイニング「ベルラーゴ」のピザは窯焼きなので、とても美味しかったです。

コスパ

リニューアルされた客室は良いと思います。

立地

京都に近いので観光にも便利ですし、琵琶湖が目の前の景色が良い立地でした。

温泉・スパ

大浴場にある露天風呂は少し小さいですが、琵琶湖を眺めながら入浴出来るので、景色はとても良かったです。

備考・アドバイス

ラグジュアリーフロア「Aqua」は、他の客室と比べると特典が多かったです。バスアメニティは十分揃っていましたが、基礎化粧品のみ用意されていませんので、持参をお勧めします。ボディークリームはありました。

4名で1室利用の場合は、レイクビューツインのみになるので、内装は古いです。新しい客室が良い場合は、2015年リニューアルのラグジュアリーフロア「Aqua」と、2016年リニューアルのデラックスフロア「ルミナ」ツインがお勧めです。

土産処には、ハーゲンダッツのアイスやソフトドリンクは沢山売られていますが、お酒はお土産物しかありませんでした。レストラン以外で軽食をとれるような物は売られていないので、事前に購入された方が良いと思います。

ロビーロビーフロント・ロビーレストラン「おおみ」レストラン「菜」土産処客室階の廊下客室階の廊下ラグジュアリーフロア、エレベーターホールラグジュアリーフロア、エレベーターホールラグジュアリーフロア、エレベーターホールのアロマラグジュアリーフロア「Aqua」ツイン1222号室ラグジュアリーフロア「Aqua」ツイン1222号室ラグジュアリーフロア「Aqua」ツイン1222号室ラグジュアリーフロア「Aqua」ツイン1222号室ラグジュアリーフロア「Aqua」ツイン1222号室ラグジュアリーフロア「Aqua」ツイン1222号室ラグジュアリーフロア「Aqua」ツイン1222号室ラグジュアリーフロア「Aqua」ツイン1222号室ラグジュアリーフロア「Aqua」ツイン1222号室ラグジュアリーフロア「Aqua」ツイン1222号室ウェルカムドリンクラグジュアリーフロア「Aqua」ツイン1222号室ラグジュアリーフロア「Aqua」ツイン1222号室ラグジュアリーフロア「Aqua」ツイン1222号室ラグジュアリーフロア「Aqua」ツイン1222号室ラグジュアリーフロア「Aqua」ツイン1222号室ラグジュアリーフロア「Aqua」ツイン1222号室ラグジュアリーフロア「Aqua」ツイン1222号室レストラン「ベルラルゴ」レストラン「ベルラルゴ」レストラン「ベルラルゴ」レストラン「ベルラルゴ」レストラン「ベルラルゴ」大浴場前大浴場大浴場大浴場大浴場大浴場大浴場大浴場大浴場大浴場大浴場大浴場大浴場大浴場