ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

里山十帖の口コミ・宿泊記

1位

里山十帖

〒949-6361 新潟県南魚沼市大沢1209-6
1位/88件中 - 南魚沼市の旅館
里山十帖
〒949-6361 新潟県南魚沼市大沢1209-6
TEL: 025-783-6777
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 に投稿 獲得票数:2 投稿者: みぃ
2016年2月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
白銀の景色が美しい絶景の宿

例年より積雪量が少ないと言われる新潟県ですが、2月に入るとだいぶ雪が増えているようでした。直前に確認し自家用車での訪問を断念し、無料送迎のあるJR大沢駅まで公共交通機関で伺いました。

無事に宿に到着すると、美しいデザイナーズチェアーが並ぶ古民家に通されました。築150年、天井は10メートルの高さといわれる建物は風格があります。純和風ではなく、太い梁とデザイナーズチェアが共存している不思議な魅力を持つ空間でした。チェックインは簡単なものでしたが、ベテランスタッフと慣れていない方の応対の差がみられ、気になりました。

今回利用した客室は、201号室のメゾネットタイプで2名1泊2食付き1人あたり48,000円のプランでした。このプランには夕食「自然派新潟ワイン&無濾過生原酒 5種類」 8,500円と「里山十帖」コース12,800円が含まれています。

客室は、オシャレな雑貨屋さんという雰囲気で、高級感よりもかわいらしさを感じました。女性に人気があるのもうなづけます。アメニティ類やタオルもオーガニックのものが用意され、館内着も靴下もオシャレでした。客室露天風呂は小さめで、1人で利用する大きさでした。この宿のあたりは南魚沼の中でも雪が多く、メゾネットの1階部分(宿泊棟の2階の部屋)が雪でうまることもあると聞き、メゾネットタイプを予約しました。ところが雪はそれほど深くなく、メゾネット1階部分からも眺望を楽しむことができました。また庭に出て雪遊びをすることもできます。2月上旬はパウダースノーの時期なので、雪の上を歩くだけでも十分楽しめました。

毎日16時からは、「輪かんじき散歩」があり、予約なしで無料参加できます。初めて装着した「かんじき」ですが、雪の上を歩きやすい便利な履物です。ずぼずぼと音を立てながら、山の斜面を歩きまわり個人的にはとても楽しめました。朝6:30からのスノーシューツアーは1人5000円と有料で、スノーウエアを1500円で借りることができます。7日前に予約が必要ですのでご注意ください。

大浴場は男女入れ替えがあります。露天風呂からの景色は客室からと似ていますが、露天風呂からの景色は視界を遮るものがなく、真っ白な世界が広がっているのが印象的でした。物音もしないため、何か他のものに気を取られることもありません。ボーっと景色を眺めているだけで心が満たされました。大浴場の内湯は少し小さめですので、3人が利用しているときは窮屈に感じます。時間帯を選べば空いていますので、是非この絶景を独り占めしていただきたいです。

夕食は19:45と遅い開始にしたため、19:00から始まるラウンジのバータイムを利用し、お酒を少し頂きました。地元かくれいの梅酒や、ウイスキー、焼酎など迷うほどの種類があります。オーガニックが好きな方にも喜ばれそうなナッツやドライフルーツのおつまみがラウンジに用意されていました。

夕食は早苗饗 −SANABURI−の個室を指定するとサービス料として食事代の10%分の料金がかかるそうですが、今回は無料で案内頂きました。「里山十帖」12,800円のメニューは、野菜が主役で、メインディッシュは白飯でした。食事はどれも薄味ながら出汁がきいていて、その繊細な味を楽しもうとすると思わず無口になってしまいます。どれも美味しく頂きましたが、特に印象的だったのは、のどぐろと寒ブリの握りです。あらかじめ味がつけられているのですが、魚の美味しさを引き立てる絶妙な味付けでした。

お食事に合わせて、地酒が用意されるプランで、赤のスパークリングワイン、日本酒2種、白ワイン、赤ワインが順番に並びました。一般には出回らないお酒ばかりで、個人的に好きな日本酒の銘柄「かくれい」の無濾過生原酒は他のかくれいとも違う深みのある柔らかい味わいで大変満足しました。瓶詰めされた日の新聞紙でくるまれた日本酒は、ラベルを製造されていない希少価値のあるお酒だそうです。他の方も書かれているように、夕食の白米は鍋で炊きながら、蒸らしのタイミングを自分たちで見計らって行います。美味しい白飯で、ご飯を炊く過程も楽しめましたが、宿泊費を考えると、すべて宿が焚くようなサービスを選択できても良いように思います。

朝食も同じく個室に案内されます。朝食では鍋が用意され、野菜と味噌を自分たちで淹れながらおみそ汁を作ります。お野菜がたくさんのお食事は、少しお酒を飲みすぎた体にも優しい味付けでした。私は薄味が好みのため、食事の内容には満足していますが、濃い味を好む男性には物足りないようです。

天候にも恵まれ、雪が降っている様子と、雪雲の隙間から日本百名山の巻機山(まきはたやま)を眺めることもできた満足度の高い滞在となりました。雪のためか、周囲は大変静かでライティングデスクで仕事をするのも集中してはかどります。目的に合わせて、自然やアクティビティを楽しむ、部屋で仕事に没頭する、デザイナーズチェアなど気になる家具の使い心地を確かめる、山菜やお食事に興味をもつなど様々な過ごし方ができると思います。季節によって違う表情を見せますので、是非興味のある時期に宿泊されることをオススメいたします。

接客対応

シティホテルのような対応です。チェックインの時に簡単な説明があります。お料理のこと、アクティビティのこと質問すると丁寧に教えてくださいます。

清潔感

白を基調とした明るい雰囲気の建物です。フロントは古民家をリノベーションされていて古さもあり斬新でもありました。

客室

利用した201号室はメゾネットタイプで1階部分から庭に出られるタイプでした。2人で利用するには広すぎたという印象です。

食事

野菜の料理とは思えない見た目の美しさと、野菜の味がひきたつ味付けでした。夕食ののどぐろと寒ブリの握りは絶品でした。

コスパ

こちらの環境とお食事を楽しむには十分すぎるプランでした。もう少し狭いお部屋でも十分楽しめたと思います。

立地

山の中にある静かな場所です。自然を楽しむのには適している環境です。冬は積雪により交通手段が限られます。

温泉・スパ

男女入れ替えがあります。屋根がない露天風呂と屋根のある露天風呂があり、どちらも雪見風呂が楽しむことができ、素晴らしい景観でした。

備考・アドバイス

・荷物は運んでいただけますが、キャリーバッグなどキャスターを利用して荷物を運ぶことは、床材が傷むため禁止されています。

・食べ物の持ち込みに制限があります。バータイムの時間(19:00~23:00)は、ラウンジでお酒を頂けます。17:30または19:45から始まる夕食の時間と重なりますので夕食の時間を予約される際に考慮されることをオススメします。

・JR大沢駅までの無料送迎をお願いしたところ、車が小さくて全員がのれないというハプニングがありました。送迎については電話で確認したほうがよさそうです。

・宿周辺は豪雪地帯の南魚沼の中でも雪が多い地域であり、車幅が狭い山道を登ります。四輪駆動以外の車はスタッドレスを装着しても走行が困難である可能性があります。ご注意ください。

レセプション棟入口ラウンジラウンジのフリードリンクウェルカムドリンク(ゆず茶)と自家製ケーキ利用した客室のフロア右手 利用した客室メゾネット1階部分メゾネット2階部分メゾネット2階部分メゾネット2階部分冷蔵庫の中身は無料ですメゾネット2階部分メゾネット2階部分メゾネット2階部分メゾネット2階部分メゾネット2階部分メゾネット2階からの眺望メゾネット2階部分メゾネット2階部分持ち帰りできるオーガニックタオルメゾネット1階部分メゾネット1階部分メゾネット1階部分メゾネット1階部分メゾネット1階部分メゾネット1階部分メゾネット1階部分客室露天風呂客室露天風呂のアメニティメゾネット1階部分女性用一式男性用は靴下の色が異なります湯処「天の川」への通路湯処「天の川」入口湯処「天の川」脱衣所湯処「天の川」内湯湯処「天の川」アメニティ湯処「天の川」露天風呂湯処「天の川」露天風呂湯処「天の川」露天風呂湯処「天の川」露天風呂露天風呂より湯処「天の川」湯処「天の川」和かんじき(和かんじきと長靴は無料で借りられます)レセプションレセプション棟にある薪ストーブ天井高10メートルのレセプション棟ラウンジ「hito-bito」ラウンジ「小屋組み」ラウンジでいただけるバータイムのフリードリンクラウンジでいただけるバータイムのフリードリンクラウンジ「hito-bito」でいただけるフリードリンク館内の自動販売機は良心的な価格でしたプライベートダイニング早苗饗 特別室「紫檀」夕食メニュー夕食夕食 スパークリングワイン(赤)夕食夕食 日本酒 かくれい無ろ過生原酒夕食夕食夕食 白ワイン夕食夕食 日本酒夕食 白米を蒸らしています夕食夕食 赤ワイン夕食夕食夕食朝食メニュー朝食朝食朝食朝食通路に置かれている家具

里山十帖周辺の旅館