ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

アマン東京の口コミ情報・宿泊予約

2位

アマン東京

〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-6大手町タワー
アマン東京
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-6大手町タワー
TEL: 03-5224-3333
みんなの満足度
4.4 詳細評価
接客対応
4.2
清潔感
4.7
客室
4.7
食事
4.3
コスパ
3.7
立地
4.5
スパ・温泉
4.2
みんなの平均予算
50,000円以上
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 解除
空室・最安値を検索
一休.comJTB日本旅行
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
7
良い
3
普通
0
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
9
家族旅行
0
友人・知人
1
一人
0
全文表示簡易表示
1 - 10件目 / 合計 10件
この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.9 2017年1月14日に投稿 獲得票数:3 投稿者: ヨナグニ
2017年1月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
再開発が進む大手町エリアに2014年12月にオープンした、日本初の「アマン」です。大手町駅と地下通路で直結した複合商業施設「大手町タワー」の33階から38階に位置します。ロビーフロアは33階になりますが、ビルの1階にもレセプションコーナーが設置されています。 開業以来注目していたホテルですが、今回、1月中旬の金曜日に初めて宿泊しました。私にとっては「アマン初体験」でした。 宿泊するきっかけは、予約サイトが実施していた「アップグレード...

再開発が進む大手町エリアに2014年12月にオープンした、日本初の「アマン」です。大手町駅と地下通路で直結した複合商業施設「大手町タワー」の33階から38階に位置します。ロビーフロアは33階になりますが、ビルの1階にもレセプションコーナーが設置されています。

 開業以来注目していたホテルですが、今回、1月中旬の金曜日に初めて宿泊しました。私にとっては「アマン初体験」でした。

 宿泊するきっかけは、予約サイトが実施していた「アップグレードキャンペーン」を知ったことによります。「プレミアルームの料金でコーナースイートに2段階アップグレードする」というものでした。

 実際に宿泊したのは、33階のコーナースイートルームで、広さは121平米でした。朝食付き、税・サ込で109,836円ですが、予約サイトの付与ポイントを支払額から割り引けるので、実際に支払ったのは106,542円でした。

 客室は33階の南西端に位置し、床から天井までの窓が2面にわたってとても大きく取られているので、眺望は素晴らしかったです。大手町エリアには高層ビルが数多く建ち並びますが、西側の窓からは皇居、新宿高層ビル群、国会議事堂、東京タワーなどを一望出来、南側の窓からは、ビルの隙間をぬって、東京駅、お台場などが見られました。

 室内は、バスルームとトイレを中心に配し、その周りをリビングルームとベッドルームが取り囲む、ユニークなレイアウトです。天井が高く、部屋と部屋が完全には仕切られていないので、とても開放感があります。

 バスルームを除く室内ほぼすべての床、壁、家具に、淡いベージュの木が用いられており、窓が大きいこともあって、とても明るい室内です。床はフローリングですが、ベッドの周囲や、ダイニングテーブルの下には「い草上敷」を用いるなど、随所に「和」の要素を取り入れています。

 バスルームも然りで、「バス」と言うより「風呂」と言った方が実情にあっています。洗面スペースの奥にある「風呂場」は、壁や床、浴槽に至るまですべて石造りで、濃いグレーで統一されていました。浴槽は広くて深く大変ゆったりしています。風呂場にも一面に渡って窓が配置されているので、眺望抜群のビューバスです。夜と朝に、景色を眺めながらのんびりとバスタイムを楽しみました。「洗い場」も大変広く、ハンドシャワーとレインシャワーの双方が設置されていました。

 洗面スペースにも「和」のテイストが溢れていました。大きな鏡の前にシンクが二つ配置され、それぞれのシンクの脇には、コップではなく、湯飲み茶碗が置かれていました。洗面スペースの床も石造りですが、床暖房になっていたので、足元は暖かかったです。

 バスルームで記述しておくべきことのひとつとして、アメニティ類がシンプルなことが挙げられます。ラグジュアリーホテルで一般的に見られるような、ミニボトルタイプのシャンプー、コンディショナーなどは一切ありませんでした。洗い場には大きなボトル入りのシャンプー、リンス、シャワージェルがありましたが、ブランド名のない「無印品」でした。

 室内全般において設備や備品類は大変充実しているので、アメニティ類がこれだけシンプルなのは、アマン東京としての考えがあっての事かも知れません。

 リビングルームとベッドルームには、それぞれ冷蔵庫が設置されていますが、ソフトドリンク類は、一部のフレッシュジュースを除いてすべて無料というのは嬉しい計らいです。

 また無料のお茶セットには、日本茶と紅茶のティーバックに加え、ネスプレッソマシンが設置されていました。ターンダウンの際には、ネスプレッソのカートリッジが補充されており、細かな気遣いが嬉しかったです。

 有料のミニバーも充実しており、冷蔵庫内のアルコール飲料の他に、ワインセラーが設置されていたのはびっくりしました。赤・白ワイン、更にはシャンパーニュも用意されていました。

 リビングルームは、コーナーを背にテレビが置かれたリビングスペース、ダイニングテーブルが置かれたスペース、更には小さな書斎から構成されていました。ダイニングのお茶セット近くには小さなシンクもあり、その横には食洗器がありましたが、食器はグラス以外ほとんどなく、何故食洗器が必要なのかは謎でした。 

 リビングスペースの西側は一面窓になっており、そちらには高い建物がなく、都心を一望する素晴らしい眺望でした。おのずと室内では多くの時間をリビングスペースで過ごしました。

 残念だったのは、チェックアウト当日にビルの窓清掃が行われており、清掃作業の方が乗ったゴンドラが、何度も窓の外を上下したことです。複合商業施設に入居しているホテルである故、仕方のない事ですが、どうしても室内での過ごし方に制限が加わってしまいます。

 朝食はロビーフロアの「ザ・レストラン by アマン」でいただきました。私は「アメリカンブレックファスト」を、家内は「和定食」を選択しました。「アメリカンブレックファスト」は、ヨーグルト、フルーツ、卵料理、パン、ジュース、カフェから構成されます。ジュースと卵料理はメニューからセレクト出来るスタイルです。細部に至るまでクオリティの高い料理で、量も充分ですが、特筆すべきは、その雰囲気だと思いました。

 「ザ・レストラン by アマン」は、天井がとても高く、窓が大きく取られており、眺望と開放感が抜群です。座席配置もゆったりとしており、混み合う事もなく、リゾートホテルでいただく朝食のイメージでした。

 宿泊客は、週末という事もあってか、ビジネスマンは少なく、海外からの観光客の方がほとんどのように思われました。20代~30代くらいの若い方も多く、カジュアルな服装の方が多いと感じました。欧米の方よりもアジア系の方が多いようでしたが、団体のお客さんがいないこともあり、静けさと落ち着きは保たれていました。

 大手町という都心のど真ん中のロケーションですが、1階のエントランスを一歩くぐった瞬間から、世界が一変します。すぐにスタッフが出迎えてくれて、33階のロビー行きのエレベーターを案内してくれます。エレベーターが33階に付くと、ロビーラウンジのソファに案内され、ウエルカムドリンクを飲みながらのチェックインとなります。知らない間に、都会の喧騒から切り離され、ラグジュアリーリゾートの世界へと誘われます。

 東京都心のラグジュアリ―ホテルには、これまで何軒か宿泊しましたが、これほどリゾートテイストを感じたのは、今回が初めてです。
 
 1泊10万円を超える金額は決して安くはありませんが、記念日であったり、自分へのご褒美であったり、特別な日に宿泊するホテルとしては最適だと思います。
 
 こちらのホテルを利用する際には、滞在時間を長く取れるスケジュールを組んで、肩肘張らずにラグジュアリーリゾートを満喫されることをお奨めしたいと思います。

接客対応

すべてのスタッフがホスピタリティ溢れる素晴らしい対応でした

清潔感

設備も新しく、広い部屋の隅々まで清掃が行き届いていました

客室

客室はとても広く、眺めも良く、和のテイストを取り入れた雰囲気も素晴らしいです。バスルームアメニティ以外は全て事前の想像を上回る充実ぶりでした

食事

いただいたのは朝食のみですが、料理のクオリティの高さに加え、レストランの雰囲気が素晴らしいです

コスパ

絶対額としては高いですが、都心のラグジュアリーホテルの同等の広さの部屋と比較すると割安感があります

立地

複合商業施設のテナントというマイナスポイントがありますが、大手町の大変便利なロケーションです

備考・アドバイス

西側の部屋がお奨めです。

地下鉄からの通路はわかりにくく遠回りなので、土地勘のない方は、地下通路ではなく地上からのアクセスをお奨めします。

4.0 2016年4月10日に投稿 投稿者: みえりん
2015年12月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
誕生日の記念にアマン東京に宿泊出来て、感動しました。 和洋折中のお部屋は、とっても素敵で一面の大きなガラス張りの窓からの夜景も素晴らしく、お風呂からも望めます。 リーズナブルとは言えないので、大切な記念日などに、かなりお勧めですがメインダイニングにもっと高級感が欲しいところです。 フリーの菓子やミネラルウォーターは アマンオリジナルで、広い部屋で ゆっくり過ごせます。 お土産に 旅行カバンに着ける私の名前入りネームタグを頂...

誕生日の記念にアマン東京に宿泊出来て、感動しました。
和洋折中のお部屋は、とっても素敵で一面の大きなガラス張りの窓からの夜景も素晴らしく、お風呂からも望めます。
リーズナブルとは言えないので、大切な記念日などに、かなりお勧めですがメインダイニングにもっと高級感が欲しいところです。
フリーの菓子やミネラルウォーターは アマンオリジナルで、広い部屋で ゆっくり過ごせます。
お土産に 旅行カバンに着ける私の名前入りネームタグを頂きました。

接客対応

清潔感

客室

食事

落ち着いた、高級感あふれるメインダイニングを作ってほしいです。

コスパ

立地

温泉・スパ 未評価

入りませんでしたが、大きなお風呂があります。

備考・アドバイス

どの部屋も広く、アメニティも 申し分ありません。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.8 2016年3月31日に投稿 獲得票数:5 投稿者: みぃ
2016年3月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
3月の平日に訪問しました。大手町の駅で少し迷いましたが、ホテルの入口に入ったとたん、笑顔の素敵な係りの方に案内され、無事にチェックインすることができました。高い天井のロビーは開放感があり、また天井吹き抜け部分は和紙をもちいているため、照明がとても柔らかく見え、非常に印象的でした。さらにロビーフロアの中央にいけられた桜が美しく、琴の生演奏も流れていたため、日本の春らしさを感じることができました。 もっと堅苦しい雰囲気かと...

3月の平日に訪問しました。大手町の駅で少し迷いましたが、ホテルの入口に入ったとたん、笑顔の素敵な係りの方に案内され、無事にチェックインすることができました。高い天井のロビーは開放感があり、また天井吹き抜け部分は和紙をもちいているため、照明がとても柔らかく見え、非常に印象的でした。さらにロビーフロアの中央にいけられた桜が美しく、琴の生演奏も流れていたため、日本の春らしさを感じることができました。

もっと堅苦しい雰囲気かと覚悟をしていたものの、リゾート地のように明るい笑顔でもてなされ、良い意味で期待はずれであり、とても驚かされました。

カフェ利用の方も多くみられたため、チェックインをロビーで行うか、客室で行うかの確認がありました。ウェルカムドリンクの内容を確認したかったためロビーを希望しましたが、手続きが終わり、「青梅」(青梅、大葉をブレンドした緑茶)をいただくと、すぐに客室へ案内していただきました。

今回は、キングベッドのスタンダードルーム70平米の客室に朝食のみがついているプランでした。平日利用、2名1泊朝食付で、ひとりあたりおよそ50,500円でした。こちらは、通常の室料に朝食が含まれている期間限定のお得な価格でした。

案内いただいたスタンダードルームにキングベッドを配置した70平米の客室は、すっきりしていてとても居心地の良い空間でした。TVは収納できるようになっており、客室の景観を損なわない工夫がされていました。フローリングの床は肌触りがよく、素足で過ごしました。

客室の浴槽はパウダールームとの間仕切りはなく、すっきりとしています。シャワーを使用しても入浴していても、パウダールームの大きな鏡は曇ることがありませんでした。鏡に近づくと温かかったため、曇らない工夫がされているのだと気づきました。このように気付かないくらい些細なことを徹底しており、客室を利用している立場でみたら「言葉で言い表せないほど居心地が良い」と思えるのでしょう。

私たちは最初に部屋へ案内していただいたとき、客室の説明をお願いしたため、TVやブラインドが自動で昇降することを知りました。また、初めてみる電話機の使い方も教えていただいたため、問題なく利用することができました。ですが、説明をしていただかないと、これらの設備を使用するのは難しいかもしれません。

客室に基礎化粧品の用意がなかったため、直接レセプションで確認することにしました。すると、ターンダウンの時にお部屋にお持ちすることもできます、との答えが返ってきました。今回は朝食のみをホテルでいただく予定でしたので、外出の予定はないとお伝えしたところ、ハウスキーピングの方が客室まで基礎化粧品を持ってきてくださいました。

驚いたのは、私たちがそのあとラウンジに出かけているほんの少しの時間に、ターンダウンをしてくださったことです。ベッドメイキング、ソフトドリンクの補充、使用したお風呂の清掃や、入浴時に利用する「ゆず」を客室に用意してくださいました。この「ゆず」は、日本が古来から入浴時にかんきつ類をいれる風習があることの説明が付され、ターンダウンのタイミングでお部屋に用意してくださるようです。それだけでなく、日本の文化ともいえるかけ湯をはじめとした入浴マナーのリーフレットが用意されていたのにも驚きました。また、客室のお風呂には木桶が用意されています。このように「日本らしさ」を大切にされている点は非常に素晴らしいと思いました。

朝食はロビーフロアのレストランでいただきます。宿泊プランの朝食は「アメリカンブレックファースト」でした。レストランのメニューには、「コンチネンタルブレックファースト」、「和朝食」、「一汁一菜」がありました。アメリカンブレックファーストは、卵料理を選べるうえにフレッシュジュースをおかわりできるため、ボリューム満点でした。座席は空いている窓側から順に案内いただきます。窓際に案内していただいた私たちは、景色を楽しみながら、美味しい朝食をゆっくりと楽しむことができました。無農薬ジュースとスムージは濃厚で素材の味を楽しむことができます。ボリュームたっぷりのエッグベネディクトも大変おいしくいただけました。野菜もたっぷりの朝食はおなかも満たされ、朝から泳いだ体も元気を取り戻したようでした。

普段はプールを利用しないのですが、こちらのプールは利用することにしました。6:30にスパレセプションに行くと、前日に大浴場を利用していたため特に受付をすることなく利用できました。チェックイン後、初めて利用するときには、名前や部屋番号を伝える必要があります。

早朝のプールは貸切状態で、とても気持ちよく泳ぐことができました。スカイツリーと皇居の景色を楽しめるため、プールサイドのベッドに横になっているだけでも退屈しません。ベッドサイトにいると、係りの方がおしぼりや水を用意してくださるのもありがたいサービスです。漆黒のプールはスタイリッシュで、プールに入ると闇に吸い込まれるような不思議な感覚でした。プールは30mの大きさで、深さは1.4mもあり、天井も高いため、大変開放感があります。是非一度利用されることをオススメしますが、衛生上の理由から水着のレンタルは行っていないとのことで、購入のみとなります。水着は持参されるのが良いと思います。また、スイミングキャップは着用しなくてもよいとのことです。

プールと同じフロアには、ジムと大浴場があります。利用できる時間帯は6:30から22:00です。大浴場は大人が5人は入浴できる広さで、ここからスカイツリーが見えます。景色も楽しめますので、こちらも一度は利用されることをオススメいたします。

滞在中はスタッフの方に温かい声をかけられ、1人1人のゲストをもてなそうとする様子が伝わってきました。形式だけのサービスではなく、おもてなしを受けていると感じることができ、本当にくつろぐことができました。また、日本の文化をとりいれながら、スタイリッシュな空間を作り出しているこのホテル全体の雰囲気は、日本人でも日本の良さを再確認できる素晴らしいホテルだと思いました。

接客対応

ゲスト1人1人を思いやる姿勢がうかがえました。

清潔感

開業して1年ほどのホテルです。大変きれいでした。

客室

スタイリッシュでありながら温かみのある居心地の良い空間でした。皇居が見える客室でしたが、目の前のビルが工事中の為、景観が損なわれた点は非常に残念でした。

食事

朝食のみいただきました。たくさんの野菜をいただける体によさそうなメニューでした。

コスパ

ここでしか味わえない贅沢があると思います。

立地

東京駅からも近く、地下鉄の駅に直結しているため、大変便利です。

温泉・スパ

温泉はありませんが、SPAとプールがあります。

備考・アドバイス

・スパエリアは、浴衣とスリッパのままで行くことができます。

・ジムを利用するときのシューズとウエアは無料で借りることができます。

・客室には十分すぎるほどのソフトドリンクが用意されています。

5.0 2016年2月2日に投稿 投稿者: Gai
2015年12月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
アジアのリゾートラグジュアリーホテルが日本に初上陸。。。 しかも大都会に。。。 東京駅から徒歩10分、荷物が多いと歩くのは少し大変 隠れ家リゾートをテーマにしているだけあって、入り口はちょっとわかりにくい でもホテルのエントランスに1歩踏み入れると、一瞬にして世界が変わる 時間の流れはゆったりとして、漂う空気は清々しくとても心地いい 帝国ホテルやオークラが放つ日本の風格をどことなく感じる雰囲気 外国の方に持っていただきたい...

アジアのリゾートラグジュアリーホテルが日本に初上陸。。。
しかも大都会に。。。
東京駅から徒歩10分、荷物が多いと歩くのは少し大変
隠れ家リゾートをテーマにしているだけあって、入り口はちょっとわかりにくい
でもホテルのエントランスに1歩踏み入れると、一瞬にして世界が変わる
時間の流れはゆったりとして、漂う空気は清々しくとても心地いい
帝国ホテルやオークラが放つ日本の風格をどことなく感じる雰囲気
外国の方に持っていただきたい日本の印象を見事に表現されていました

客室は旅館の要素を取り入れた空間
段差で寝室、リビングを分けられていて何処に居ても外の景色が眺められるようになっています
お風呂からも景色を楽しむことができます
フローリングなので裸足で歩いても気持ちいいです
アルコール以外の飲み物はフリーで種類も豊富です
お菓子も置かれていましたが、これはあまり美味しくなかったです。。。
アメニティーやリネン類は文句なしに素敵です

朝食はビュッフェでないので、野菜やフルーツをいっぱい食べようとしていた私には少し残念でした
隣の方が召し上がっていらした和食が美味しそうでした

サービスは過剰でもなく、物静かな感じで落ち着いたものでした

接客対応

清潔感

客室

コスパ

立地

4.0 2016年1月21日に投稿 投稿者: yukaco
2015年11月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
11月にカップルで利用しました。 銀座でランチをした後にタクシーで向かいました。 まだタクシーのドライバーには浸透していないようで、細かく場所を説明しなければいけませんでしたがどうにか車寄せまで到着。 タクシーのドアが開いた瞬間から国内初のアマンに対する期待感が高まります。 荷物を運んでいただき、エントランスを抜け、エレベーターでロビーへ向かいます。 ウェルカムドリンクは緑茶をベースにした甘い飲み物でした。おしぼりと共に提...

11月にカップルで利用しました。
銀座でランチをした後にタクシーで向かいました。
まだタクシーのドライバーには浸透していないようで、細かく場所を説明しなければいけませんでしたがどうにか車寄せまで到着。

タクシーのドアが開いた瞬間から国内初のアマンに対する期待感が高まります。
荷物を運んでいただき、エントランスを抜け、エレベーターでロビーへ向かいます。
ウェルカムドリンクは緑茶をベースにした甘い飲み物でした。おしぼりと共に提供していただき、ソファでリラックスした状態でチェックインができます。

初めての訪問である旨を告げると、ホテル内の案内を申し出ていただきました。さっそく一通り案内していただきます。見上げるロビーの天井は吹き抜けになっていて、壁は和紙で障子をイメージしたデザインになっています。ロビーには広めの水盤が配備され、季節に応じたお花が活けられるそうです。
筝曲の生演奏があり、海外からのゲストを意識したつくりになっています。

ライブラリーはアート系の写真集や日本文化に関するものが中心でした。
シガーバーではボトルロッカーがあり、早速様々なマイボトルを保管されている方がいるようです。
バーは細長いつくりですが、ロビーとオープンになっているので、入りやすい雰囲気です。

部屋に案内されると、まず驚いたのはその広さ。一番スタンダードな部屋でこの広さが確保されているのは凄いです。大人二人でも広々と快適に過ごすことができました。
ダブルシンクで、水周りは石床ですが、心地よい床暖房が入っているのではだしで歩くのが嬉しくなるほど気持ちがいいです。

お風呂はジャパニーズスタイルを「体験してもらう」といったコンセプトなのでしょうか。
入浴マニュアル的なものも置いてありました。
私は自宅でもライティングを落としてキャンドルバスでくつろぐのが好きだという旨を予約時に伝えておいたところ、ターンダウンの際には電子キャンドルをいくつもバスルームに飾ってくださっていて嬉しかったです。

食事はルームサービスを利用。
メニュー内容はオシャレっぽさは残しつつ、ベーシックなホテルメニューからははずれていない安心感のある内容です。海外からのゲストにも対応できるようにアジア料理も充実していました。ナシゴレンとシーザーサラダをいただきました。ボリューム感もほどよく、小食な方ならシェアもできるぐらいの雰囲気です。

広いと評判のプールには夜と朝の2度行きました。他のゲストも少なく、ほぼ貸切状態で楽しめるのでついつい長居してしまいましたが、本当に快適です。夜の雰囲気も素敵ですが朝は本当にリフレッシュできるので是非行ってみてくださいね。

夜はバーへ行きました。バースタッフの皆さんは気さくで楽しい感じの方が多く、快適に過ごすことができました。カクテルも美しいルックスのものが多いです。ノンアルコールカクテル、アルコールカクテル共に大満足です。

チェックアウト時、アマンリゾートお約束のラゲージタグはゲストの人数分頂けるのかなと思っていたのですが単純にラゲージの数なのでしょうか…。これから集めようね、と言っていたので1つしかいただけず、ちょっと残念です。

1泊+飲食代で20万円支払いましたが、それだけのサービスを受けたか、と言うとまぁもう少し今後に期待したいなというところです。
後から知ったのですが築地にシェフと寿司ネタを仕入れにいくアクティビティがあったりするのですね。そういったオファーも海外のアマンでは普通にいただけたのですが、今回は何もおっしゃらなかったこと、事前のリクエストも内容によっては連絡が通っているものと通っていないものがあったことも今後の改善を希望いたします。

接客対応

すべてのリクエストに無条件でyes、というわけではなかったですし、海外のアマンに比べるとまだスタッフが慣れていないのかなという印象でした。

清潔感

設備は新しく気持ちがよくて大変気に入りました。

客室

日本国内でこれだけの部屋の広さを確保しているのはすごい、の一言です。ベーシックな部屋でも十分広々と使えます。

食事

ルームサービスを2回利用しました。見た目も美しく、味のバランスもベーシックだったのでどなたでも食べやすい味です。

コスパ

バー、ルームサービスを利用して一泊20万円。安くはないですね。

立地

歩いて銀座~丸の内近辺を散策できるので、便利です。東京駅から徒歩圏内というのも魅力的です。

温泉・スパ

とにかく他のゲストに遭遇することが少なく、土日でしたが夜と朝、二回プールとお風呂を利用しました。プールの広さの評判は聞いていましたが、さすがでした。

備考・アドバイス

水着の貸し出しはないので、お忘れなく☆スパ受付のところに販売しているものもありますが種類は少なそうでした。

4.0 2015年9月23日に投稿 投稿者: momota
2015年6月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
車寄せは少し狭いかなと感じました。チェックアウト後車を待っている間に狭く感じました。 チェックイン前にスパを利用させて頂きました。スパも清潔感があり、ひとりが使用したらすぐに清掃してくださっていました。 プールでオレンジを食べたいという要望も快く準備してくださいました。 水着のレンタルはなく購入のみ(1.5万円)とのこと。ちょっと高すぎるかなと思います。 スパ、プールに用意されているミネラルウォーターは冷たいものがありがた...

車寄せは少し狭いかなと感じました。チェックアウト後車を待っている間に狭く感じました。

チェックイン前にスパを利用させて頂きました。スパも清潔感があり、ひとりが使用したらすぐに清掃してくださっていました。
プールでオレンジを食べたいという要望も快く準備してくださいました。
水着のレンタルはなく購入のみ(1.5万円)とのこと。ちょっと高すぎるかなと思います。

スパ、プールに用意されているミネラルウォーターは冷たいものがありがたいです。プールは特に湿度が高く少しゆっくりしたくても心地よい環境ではありませんでした。なのでせめてミネラルウォーターくらいはかなり冷たいものがあると嬉しかったです。

チェックイン時に少し頭痛がし始めたので薬をお願いしたところ、すぐに対応し部屋に持ってきてくださいました。本来は支給できないとのことでしたが。

ルームサービスは計3回頼みました。
その都度あまり待つことなく注文した料理が届きました。
しいて言うと、テーブルがもう少し大きめだとゆっくり食べられたなと思います。

アメニティはアマン専用のもののようでした。和の安らぐ香り(ひのき?!)で、部屋とマッチしていました。

接客対応

要望したことはそつなくこなしくださったイメージ

清潔感

客室

食事

ルームサービス利用。注文してから料理が運ばれてくるのも他のホテルと比べて比較的早めで、そこは評価できます。

コスパ

立地

車で行ったので都内であれば特に可もなく不可もなく。

温泉・スパ

プール脇のリクライニングがマットだったところが良かった。他のホテルはリクライニングチェアなので。

備考・アドバイス

水着は持っていた方がよいです。

ルームサービスが充実しているので、宿泊の際はルームサービスを利用してみて欲しいです。レストランは宿泊者でなくとも利用できますので。

4.5 2015年9月1日に投稿 投稿者: EAST
2015年8月頃に友人と滞在 この口コミに投票する
丸の内や大手町といった東京駅前のビジネス街にあるからこその、非日常の空間と景色が楽しめるホテルです。ロビーは宿泊客か食事(予約)をしている客しか入れないため、一般的なホテルのように冷やかしや、喫茶店的な利用をする客がいないために非常にプライベートな空間になっています。いわゆる一般的な喫茶店的な利用は、上層階のロビーではなく地上階の離れのような屋外の小さな森にカフェが併設されているので、そこで雰囲気を少し楽しむのもよい...

丸の内や大手町といった東京駅前のビジネス街にあるからこその、非日常の空間と景色が楽しめるホテルです。ロビーは宿泊客か食事(予約)をしている客しか入れないため、一般的なホテルのように冷やかしや、喫茶店的な利用をする客がいないために非常にプライベートな空間になっています。いわゆる一般的な喫茶店的な利用は、上層階のロビーではなく地上階の離れのような屋外の小さな森にカフェが併設されているので、そこで雰囲気を少し楽しむのもよいでしょう。

天井高のある吹き抜けの障子のロビーは、先日建て替えのために閉館したホテルオークラの日本的な伝統美を感じさせる、新たな「日本の玄関」とも称することができる和の空間。障子が張り巡らされ、目を落とせば日本庭園を思わせる石庭の演出が素晴らしい。

スタンダートルームの皇居側の部屋をとりましたが、昼夜問わず大きな窓からの景色と都内有数の広さを誇る和を感じさせる部屋は、一度入ればもう外へ出ずにゆっくりしたくなる、まるで自宅で寛ぐようなそんな部屋です。桧造りの部屋風呂もシティビューになっています。

観光で訪れるにしても、むしろ外に出たくなくなってしまうような空間、まさに品のある贅沢がここにあります。こうした宿泊を目的として訪れると最も楽しめる、そして心身ともにリフレッシュできるホテルかもしれません。

接客対応

清潔感

客室

食事

ビュッフェが多い中朝食がサーブされるスタイルは今や贅沢です。

コスパ

スタンダードでもなかなかいいお値段ですが、満足できます。

立地

立地はいいですが土地勘のない方にはわかりにくいかも。

温泉・スパ

この立地で大浴場はまさに非日常を満喫できます。

備考・アドバイス

部屋の向きは皇居側から反対側のスカイツリー方面まで様々で、いずれも素晴らしい眺望です。強いて言えるのは、スイートルームの「安さ」です。アマンのイメージで、スイートの価格がかなり高く感じられますが10万半ば程度です。勿論、安くはありませんが他の都内一流ホテルと言われるスイート価格を考えれば、この設備とサービスでこの価格は「穴場」です。何人かでシェアするような宿泊形態であれば、かなりお得なホテルステイになるかと思います。

5.0 2015年6月29日に投稿 獲得票数:4 投稿者: momotaro
2015年6月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
6月中旬の平日に主人と2人で宿泊しました。コーナースイート(121平米)のお部屋で2名1室170,856円(朝食別)でした。 スイートルームは他に141平米のスイート、157平米のアマンスイートがあります。 チェックイン手続きは、冷たい梅の緑茶をいただきながらフロントで行いました。 客室は38階にある新宿方面側の角部屋でした。玄関には、オットマンや傘立てが置かれており、とても広々としています。玄関を挟んで右側にリビングダイニングと書斎、左側...

6月中旬の平日に主人と2人で宿泊しました。コーナースイート(121平米)のお部屋で2名1室170,856円(朝食別)でした。

スイートルームは他に141平米のスイート、157平米のアマンスイートがあります。

チェックイン手続きは、冷たい梅の緑茶をいただきながらフロントで行いました。

客室は38階にある新宿方面側の角部屋でした。玄関には、オットマンや傘立てが置かれており、とても広々としています。玄関を挟んで右側にリビングダイニングと書斎、左側にベッドルームとバスルームがあります。両部屋とも縦に長い造りになっています。リビングルームは部屋のコーナー1面がガラス張りになっており、東京タワー、六本木ヒルズ、皇居、新宿の街が一望できます。昼用と夜用の2種類のシェードが自動で操作きるようになっており、スイッチ1つで真っ暗になるので手間がかからず良かったです。奥から、40インチのテレビとソファセットのリビング、4人掛けのダイニングテーブル、パントリーがあります。ダイニングテーブルが置かれている壁側には障子扉で開閉可能な3畳程の書斎とトイレがありました。冷蔵庫は各部屋にあり、飲み物はフルーツジュースとお酒以外が無料です。また、ワインセラーもあり、6本程のワインやシャンパンが入っていました。ネスプレッソカプセルは6つ用意されていました。ノンカフェインのものを頼むと追加で4つ持ってきてくださいました。その他無料のティーバック等はデラックスルームと同様です。

ベッドルームは奥(窓側)からカフェスペース、デスク、ベッド、クローゼットとなっています。ベッドの向かいの壁側にバスルームがあります。部屋と同様の長さの間取りに2台の洗面台、トイレ、日本式のバスルームがあります。浴槽、洗い場共にベーシックルームに比べとても広く、窓も大きいです。

朝食はダイニングテーブルがあるので、ルームサービスでお願いしました。前回、食べきれない程の量がでしたので、アラカルトで好きなものを少量頼みました。

ジムは思った以上に広く、様々なトレーニングマシーンが一通り揃えられ、本格的なウェイトトレーニングもできそうです。最新のウォーキングマシンやエアロバイクの台数も多く、かなりの人数が入れる広さでした。ウェアや靴は無料で貸りることができます。ミネラルウォーターも自由にいただくことができ快適に過ごせました。ウォーキングマシンからはスカイツリーが見え、部屋とはまた違う景色の夜景を楽しむこともできました。

前回宿泊したデラックスルームとの違いは、リビングダイニングと寝室が分かれていること、バスルームが広々としていること以外はクオリティそのものにそれほど大きな差はありません。共用部の利用も各部屋共通です。より贅沢な空間を味わいたい場合や食事を部屋で楽しみたい場合はスイートルームにすると良いかと思います。

接客対応

親近感のある接客をするベルガールさんやスマートな対応のフロントスタッフがおり、場面や立場によってそれぞれの接客をされていて良かったです。

清潔感

埃もなく、とても清潔感がありました。客室内を裸足で歩いても気持ち悪さを感じることはありません。2015年オープンしたばかりで全てが新しく綺麗です。

客室

121平米あり、天井は高く、窓もコーナーに沿ってガラス張りになっていて開放感があります。スイートルームに相応しい設備が備わっていました。

食事

ルームサービスを夕食時に利用しました。料理の味は美味で、本格的なお料理が楽しめます。サービスでパンも2種類2個ずつ付き、良かったです。

コスパ

広々とした贅沢な客室で価格以上の価値を感じます。

立地

温泉・スパ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
5.0 2015年6月1日に投稿 獲得票数:2 投稿者: kitty
2015年5月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
東京駅から徒歩5分、地下鉄大手町駅に直結しており、4つの地下鉄路線を利用して様々な観光スポットへアクセス出来る便利な立地にあります。2014年12月22日にオープン、世界19ヶ国でリゾートホテルを展開するアマンリゾーツが27軒目としてグループ初の都市型ホテル「アマン東京」を大手町タワーの上層階にオープンしました。 タクシーがホテルエントランスに着くと同時にホテルマンが来られ、中から荷物を出して客室まで運んで下さいました。ホテル案内...

東京駅から徒歩5分、地下鉄大手町駅に直結しており、4つの地下鉄路線を利用して様々な観光スポットへアクセス出来る便利な立地にあります。2014年12月22日にオープン、世界19ヶ国でリゾートホテルを展開するアマンリゾーツが27軒目としてグループ初の都市型ホテル「アマン東京」を大手町タワーの上層階にオープンしました。

タクシーがホテルエントランスに着くと同時にホテルマンが来られ、中から荷物を出して客室まで運んで下さいました。ホテル案内はベルガールさんがして下さり、1階から33階までの直通エレベーター内で軽くホテルの施設案内や内装のこだわりなどを説明頂きました。都内にある他のホテルと比べると、とても気さくで親しみやすい雰囲気の方が多かったように思います。高級ホテルが初めての方でも緊張することなく気軽に宿泊出来るのではないかと感じました。

33階にはフロント、ロビーエリア「ガーデンレセプション」を囲む形でレストラン・バー・シガーラウンジ・ライブラリーがあります。ロビーエリアのソファー席にて青梅(国産の大葉と青梅をブレンドし、緑茶でさっぱりと仕上げたドリンク)を頂いてから、客室へと向かいました。希望があれば、館内施設を案内して頂きながら客室に向かうことも可能です。日本庭園や縁側をモチーフに取り入れた和を感じさせるロビーは、縦40m・横11m・床から約30mの高さにもなる吹き抜けの天井が開放的なスペースを作り出していました。日本の障子や行灯をイメージしてデザインされており、客室階では吹き抜けを囲むように客室が設置されています。全ての客室が窓側に面しているので、どの客室でもベッドルームだけでなくバスルームからも景色を眺められるようになっていました。

35階から38階が客室階になっており、5タイプの全84室です。スタンダードなカテゴリーとしては、「デラックスルーム71平米」ですが、都内随一の広さを誇っており、ベッドルームだけでみると他のスイートルームとあまり変わらない造りでした。その他「プレミアムルーム81平米」「スイート141平米」「コーナースイート121平米」「アマンスイート157平米」があります。コーナースイートのみベッドの配置等が違いましたが、インテリア類はデラックス・プレミアム・スイートが同様、コーナースイート・アマンスイートが同様になっており、さほど大きな違いはなかったように感じました。デラックスルームからは緑豊かな外苑、スイートルームからは東京の街並みを一望出来るきらびやかな夜景、客室タイプによって東京の違った雰囲気を楽しむことが出来ます。

5月の平日2名1室、客室代のみ「スイートキング・ダブル」146448円です。客室番号とエレベーターの階が異なるので注意が必要ですが、ルームキーには手書きの番号用紙が入っているので安心です。ルームキーを使わないと客室階へはあがれないようになっており、プライバシーもしっかり守られています。今回は、36階の202号室に宿泊しました。客室の扉を開けた場所が部屋の真ん中に位置しており、傘立てが置かれていたり靴を脱いだりするエリアになっています。客室内は靴のままで入っても問題はありませんでした。左手にベッドルーム・バスルーム、右手にリビングルームがありました。

客室内は新しいホテルの香りでは無く、木の香りがいっぱいに広がっていました。縁側や障子、畳といった伝統的な日本家屋のスタイルを取り入れたデザインはシンプルではありましたが、落ち着く和の雰囲気がうまく引きだされています。高級感という部分では若干物足りなさを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、リビング・ベッドルーム・バスルームの窓一面に広がる東京のきらびやかな夜景が素敵な演出をしてくれました。

リビングルームの壁側にはシンク・食器洗浄機、その両脇には来客用のクローゼットがありました。キッチンテーブルの中には冷蔵庫・ワインクーラーが隠されています。冷蔵庫内のお酒、果実ジュース以外のソフトドリンクは全て無料でした。和歌山県の谷井農園が作っている添加物や防腐剤を使用していないアマン東京オリジナル果実ジュース(オレンジ・ピンクグレープフルーツ・アップル・クランベリー)は1200円しますが美味しいのでお勧めです。部屋の真ん中には、ダイニングテーブルがあり4名分の席がありました。2名でルームサービスをとるには十分すぎるくらいの大きさがあります。打ち合わせ等にも便利な長方形でした。窓側にはソファーとテーブル・テレビが設置されています。また、少しコンパクトですが書斎とその横にトイレがありました。書斎エリアは床暖房が入っていました。

ウェルカムスイーツとして、セミドライのフルーツにチョコレートをディップした物とパウンドケーキ、瓶に入ったぽんぽん菓子と浮千鳥(餅米を使用したおかき、甘口醤油で味付けしたあと海苔をまぶした日本の伝統菓子)を届けて頂きました。

ベッドルームには、部屋の真ん中にキングサイズのベッド置かれています。枕元にはエアコン・カーテン・ライトのコントロールパネル、TVの出し入れ操作が出来るリモコンや電話機とメモ用紙がありました。TVはリモコン操作で出し入れ出来るので、ベッドからの景色を損なわないように工夫がされています。都内高級ホテルの客室イメージとはかなり異なり、リゾート気分を味わえるような印象が強いと感じました。ベッドの枕側は書斎になっています。ベッドの横幅以上ある大きな机は非常に便利でした。机にあるコンセントボックスには、USB充電用コネクター・電源2箇所・テレビとの接続・書斎ランプのスイッチがありました。後ろの壁側にはバゲッジラック、左右にはクローゼットがあり、ガウン・セキュリティボックス・浴衣が準備されています。縁側に見立てた窓際のディベッドからは東京タワーを眺めることが出来ました。ベッドルームにも冷蔵庫が備わっており、ターンダウンの際には飲み物が補充されてありました。

ベッドルームの横にある襖を開けるとシンクが二つ並んでいます。その左右にトイレとバスルームがありました。アメニティは引き出しの中に歯ブラシ・髭剃り・ウォッシュタオル・ブラシ・懐中ライトが準備されています。このエリアは全て床暖房になっていました。タオル類はまとめて置かれてはおらず、使いやすい場所にそれぞれ掛けられているので便利でした。

バスルームには、檜の腰掛けや桶、檜の香りのアマン東京オリジナルアメニティが備えられています。肩まで浸かれる和式の石造りの浴槽、シャワーはハンドと天井からのヘッドタイプの2つがありました。浴槽の脇には、バスソルト・ターンダウンの際に持ってこられた薄荷の葉が入った袋の2種類が用意されています。リビング・ベッドルームと同じ景色をバスルームからも楽しむことが出来る造りになっていました。都内の高級ホテルの中で、一番素敵なバスルームだと思います。

メインダイニングの「ザ・レストラン by アマン」からは、空気の澄んだ日には富士山を望められることもあります。料理は、モダンコンチネンタル料理・アジア・和の料理などを提供。ベジタリアンコースも用意されていました。メインのコースは9500円・13500円・18000円の3種類です。今回は、18000円のコースを選択しました。6品にデザート・プティフール・コーヒー又は紅茶の内容で、それぞれの量は多くありません。良い食材を少しずつ最後まで楽しむことが出来ました。食事をしていると、総支配人が挨拶に来て下さいました。宿泊日はレストランが1箇所しかなく、平日でしたが混み合っていました。宿泊客分の席は事前に予約していなくても確保しているそうですが、時間帯によっては利用出来ないこともあるので予約はされた方が良いと思います。6月1日より新しく「ザ・カフェ by アマン」を、ホテル内ではありませんが別棟カフェとしてオープンされるそうなので、こちらも期待出来そうです。

朝食は、「ザ・レストラン by アマン」もしくはインルームダイニングを利用することになります。「コンチネンタルブレックファースト3500円」「アメリカンブレックファースト4600円」「一汁三葉3500円」「キッズブレックファースト2000円」「アラカルト」でした。写真等を見るとボリュームが多く、特に「アメリカンブレックファースト」は食べきれないほどの量があることを事前に知っていたので、今回はインルームダイニングを利用してアラカルトにしました。食べたいメニューが11時からのオーダーしか出来なかったのですが、チェックアウトが12時であったこともあり、特別に11時スタートで料理を運んで来て下さいました。有機野菜達とベビーリーフのサラダ1500円・サフランリゾット(赤座海老と24ヶ月熟成パルミジャーノレジャーノ)5700円・アマトリチャーナを頼みました。赤座海老の味が濃厚で、すごく美味しかったです。パンについてきた群馬県下仁田の神津牧場で造られたバターは、濃厚かつ香り高くまろやかでした。

宿泊客は34階にあるスパ施設(温水プール・大浴場)とフィットネスルームを無料で利用出来ます。底面が漆黒に施された「ブラックプール」は30mの長さがあり、天井までの高さ8.1m、2面ガラス窓の開放的な空間から眺める景色は都内の中心部にいることを全く感じさせない空間で贅沢な時間を過ごすことが出来ます。サンセットの時間が特にお勧めだとコンシェルジュに教えて頂きました。プールには入らず、周囲に用意されたベッドでゆっくりと過ごしておられる方も多かったです。水着は買い取りか持参にはなってしまいますが、都内ホテルとしては珍しく、ビキニタイプでも可能でした。
大浴場は、浴槽に浸かりながら東京スカイツリーなどの景色を見ることが出来ます。その他、個室のシャワールームもありました。更衣室にはアメニティも充実しており、プール・フィットネス・お風呂後に使いたいと思う物は全て揃えられていました。
フィットネスルームは、最新のトレーニングマシーンが揃えられています。ホテルのコーナー部分に位置しているので、2面の窓いっぱいに広がる景色を楽しみながらトレーニング出来ます。

地上38階、高さ約200mの高層複合ビル最上層6フロアにホテルがあるので、周りの建物に邪魔されることなく景色を楽しむことが出来ます。外苑・スカイツリー・東京タワー・東京ベイエリア・天気の良い日には富士山とこれほどの景色をホテル内から見渡すことの出来るホテルは他にないと思いました。

接客対応

接客に慣れていない部分もありますが、どの方もきさくで笑顔の素敵な接客でした。

清潔感

オープンしたばかりなので、非常に綺麗です。

客室

広さ、デザイン共に満足出来、客室内どこからでも景色を楽しめます。

食事

ディナーコース、アラカルトメニューどれを選んでも美味しかったです。

コスパ

立地

地下鉄大手町駅直結の便利な立地です。

温泉・スパ

大浴場の浴槽内から景色を楽しむことが出来ます。

備考・アドバイス

フィットネスエリア(ジム・プール)を利用の際は、ウェアの持参をお勧めします。
水着のレンタルはないので買い取りになってしまいます。

5.0 2015年5月13日に投稿 獲得票数:3 投稿者: momotaro
2015年5月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
5月の日曜日に夫と2人で宿泊しました。71平米のデラックスルームで2名1室91,530円(朝食別)でした。 東京駅、丸の内北口より徒歩5分の場所にあります。 世界的に有名なアマンリゾーツ(高級リゾートホテルチェーン)が手掛けたホテルの一つで、東京大手町に2014年12月にオープンしました。 ホテルは大手町タワーの33階~38階にあります。33階にフロント、レストラン、バー、ライブラリー、シガーラウンジ、34階にフィットネス、スパ(大浴場・プール)...

5月の日曜日に夫と2人で宿泊しました。71平米のデラックスルームで2名1室91,530円(朝食別)でした。

東京駅、丸の内北口より徒歩5分の場所にあります。

世界的に有名なアマンリゾーツ(高級リゾートホテルチェーン)が手掛けたホテルの一つで、東京大手町に2014年12月にオープンしました。

ホテルは大手町タワーの33階~38階にあります。33階にフロント、レストラン、バー、ライブラリー、シガーラウンジ、34階にフィットネス、スパ(大浴場・プール)、35階~38階に全84室の客室があります。客室は5タイプあり、デラックスルーム71平米、プレミアルーム81平米、スイート141平米、コーナースイート121平米、アマンスイート157平米といずれも贅沢な造りとなっています。木、石、和紙を使用した日本特有の雰囲気を客室・共用部共に見事に演出し、飛び抜けて開放感のあるフロントからは縁側に見立てた通路を挟んで、緑豊かな外苑の景色を一望できます。

ホテルに到着後、1階から33階のフロントまでベルガールさんが案内してくださいました。少ない時間ながらも絶えず笑顔で丁寧にホテルの説明をしてくださいました。天井高26mあるガーデンレセプションは想像以上の開放感と近代的な美しいデザインが感動的でした。ウェルカムドリンクは果肉感たっぷりの冷たいゆず茶をいただきました。ゆっくりドリンクをいただいた後、客室までスタッフの方が館内説明も含め丁寧に案内してくださいました。

客室に到着して間もなく、ウェルカムフルーツ(枇杷)と瓶に入ったお菓子2種(おかきとポン菓子)を持って来てくださいました。

今回はアマン東京の中でも一番ベーシックな部屋である「デラックスルーム」に宿泊しました。スタンダードルームとしては都内最大の広さで、室内は木、石、和紙を使用したデザインとなっており、落ち着いた和の雰囲気があります。入口側にベッドルームがあり、縁側に見立てたリビングエリアが窓側にあります。仕切りのないワンルームタイプの部屋で、天井も高く、窓に向かって高低差があるため、びっくりする程の開放感があります。なんといっても景色が素晴らしく、壁一面の大きな窓からは皇居全体が眺められ、都内ホテルの中でも特に緑を感じる眺望になっていると思います。バスルームと客室は障子に見立てた引き扉で区切られています。バスルームは窓側からバスタブ(洗い場の付いた日本式)、洗面所(床暖房付)、トイレの順になっており、バスタブからもリビング同様の景色が楽しめます。バスルームの床は石タイルで、非常に清潔感があります。5月だったためか、湯船に入れる用の菖蒲の葉が置いてあり、季節感を感じられる細かなおもてなしが印象的でした。また、冷蔵庫のドリンクはお酒以外(種類豊富なソフトドリンク)がすべて無料でした。テレビはチェストから自動(リモコン操作)で出し入れでき、部屋の雰囲気が損なわれないようになっています。緻密な計算がされた客室の造りに、アマン東京特有のおもてなしとクオリティの高さを感じました。シティホテルというよりは海外のリゾートホテルを彷彿させ、コンセプトに「日本の名旅館」があることも納得できます。

外資系ラグジュアリーホテルとしては珍しく、大浴場(温泉ではありません)が備わっています。大浴場からは東京スカイツリーが見え、ここでも景色を楽しみながら優雅な時間を過ごせます。また、同フロアには、全長30mの温水プール(水温30度前後)もあり、浸からずとも、プールサイドに用意されたベッドでゆっくり過ごすこともできます。大浴場、プールは朝6時30分~22時まで、宿泊客は無料で何度でも利用できます。

夕食はホテル内のレストラン「ザ・アマン」を利用しようと思いましたが、混み合っていたためルームサービスでお願いしました。現在、レストランはホテル内に一か所しかなく、しっかりと食事をとりたい方は予め予約することをおすすめします。(「ザ・カフェ」というランチとディナーができるレストランが近日オープンする予定だそうです。)

朝食は「ザ・アマン」でいただきました。ブッフェ形式ではなく完全オーダー制です。「コンチネンタル」、「アメリカンブレックファスト」、「アラカルト」から選択します。アメリカンブレックファストはボリュームが多くて1人では完食できませんでした。内容は3種類のミニフレッシュジュース、普通サイズのジュース、パン3種、卵料理(卵2個分とサイドディッシュ3種付き)、フルーツとサラダ、生ハム&スモークサーモンです。ミニフレッシュジュースは素材の味がして、美味しいというよりは健康的な味でした。卵料理のサイドディッシュはすごくボリュームが多いので注意が必要です。個人的にはアメリカンブレックファストを2人でシェアできれば丁度良い量に感じました。アラカルトからはフルーツを3種類と卵料理を注文しました。フルーツはそれぞれ2人分くらいの量でくるので、これも2人でシェアすると丁度良い量だと思います。

翌日、チェックアウト後にエステを受けて帰りました。妊娠中でしたが、メニュー表には載っていないマタニティマッサージをお願いすることができました。

事前に調べた情報では、有名なリゾートホテルグループが日本に初展開、しかも同グループではシティホテル自体が初めての試みという事で、どんなものなのだろうと期待と不安が入り交ざっておりましたが、結果はかなりの高評価になりました。個人的には都内でトップのホテルです。スタッフも事務的でなく、笑顔で親身な対応をしてくださいますし、開放感もあり、ホテルデザインも秀逸で、非の打ちどころがありません。このようなオリジナリティ溢れるコンセプトのシティホテルは他に見当たりません。他の外資系ラグジュアリーホテルと比較しても宿泊価格は若干高めですが、部屋の広さや施設の充実度を考えると、選択する価値は十分にあると思います。非日常を満喫した素晴らしい滞在になりました。是非また行きたいです。

接客対応

スタッフは多国籍で、笑顔と親近感があります。ラウンジに日本語が若干通じないスタッフがいました。

清潔感

とても綺麗です。

客室

よく考えられたデザインで、非日常を堪能しました。

食事

レストランが一か所しかないため、予約必須です。ルームサービス・朝食ともにボリュームがあり美味しかったです。

コスパ

お高いですが、価格以上の満足感を得られました。

立地

東京駅から徒歩5分です。

温泉・スパ

宿泊者が無料で利用できるプール・大浴場がありました。

備考・アドバイス

レストランで夕食をとる場合は事前に予約したほうが良いと思います。
水着はレンタルがなく購入になります(ブランド物で高額です)ので、プールを利用する場合は事前に用意された方が良いと思います。

1 - 10件目 / 合計 10件

施設情報

施設名
アマン東京
かな
あまんとうきょう
所在地
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-5-6大手町タワー
電話番号
03-5224-3333
チェックイン
15:00
チェックアウト
12:00
アクセス
【地下鉄】
・東西線、半蔵門線、丸の内線、千代田線、三田線
 「大手町駅」東西線中央改札前 地下通路直結
【JR】
・各線「東京駅」丸の内北口より徒歩5分
【羽田空港】
・モノレール+JR(浜松町経由東京駅まで) 約40分
・タクシー 約40分
【成田空港】
・成田エクスプレス(東京駅まで)約60分
・タクシー 約90分
送迎
あり(有料)
駐車場
あり(有料)
料金: 一泊あたり5,000円
駐車場スペース: 車長 6.0m 車幅 2.5m 車高 3.0m
駐車場台数: 80台
全車、バレーパーキングでご案内しております。
部屋数
84
設備・サービス
○ インターネット ○ 大浴場 × 温泉 × 露天風呂 × 貸切風呂 × 客室露天風呂 × 源泉掛け流し ○ 駅から徒歩5分以内 ○ コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 × 送迎サービス × ランドリー × クリーニング × マッサージ ○ エステ ○ サウナ ○ 屋外プール × 屋内プール ○ フィットネス × ペット対応 ○ ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 バスタオル 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 入浴剤 浴衣 バスローブ スリッパ 綿棒 コットン ミニバー 湯沸かしポット テレビ 金庫 朝刊 衛星放送
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS
情報提供: JTB 一休.com

アマン東京周辺のホテル