ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

白骨の名湯 泡の湯の口コミ情報・宿泊予約

3位

白骨の名湯 泡の湯

〒390-1515 長野県松本市安曇4181
白骨の名湯 泡の湯
〒390-1515 長野県松本市安曇4181
TEL: 0263-93-2101
みんなの満足度
3.6 詳細評価
接客対応
3.5
清潔感
3.6
客室
3.6
食事
3.5
コスパ
3.5
立地
3.3
スパ・温泉
4.1
みんなの平均予算
30,000円未満
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 解除
空室・最安値を検索
一休.comJTBるるぶトラベルじゃらんBooking.com楽天トラベル
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
3
良い
2
普通
1
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
2
家族旅行
3
友人・知人
0
一人
1
全文表示簡易表示
1 - 6件目 / 合計 6件
4.5 2016年8月21日に投稿 投稿者: チョコボ55
2015年12月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
泡の湯には、松本からローカル線で新島々駅まで行って路線バスに揺られながら行きました。ローカルバスのためか席が狭かったけど峠の景色が「いいとこに来たなぁ~」と思わせる景色でした。峠を越えて細待った道を下がり曲がった処にあるバス停を下りると目の前にあるのが白骨温泉泡の湯。旧館の情緒と新館の清潔さが出迎えてくれます。(旧館はスキー客の宿泊施設になっているようです。)泊まった新館は和室で部屋からは露天風呂の立ち上る湯気がゆっ...

泡の湯には、松本からローカル線で新島々駅まで行って路線バスに揺られながら行きました。ローカルバスのためか席が狭かったけど峠の景色が「いいとこに来たなぁ~」と思わせる景色でした。峠を越えて細待った道を下がり曲がった処にあるバス停を下りると目の前にあるのが白骨温泉泡の湯。旧館の情緒と新館の清潔さが出迎えてくれます。(旧館はスキー客の宿泊施設になっているようです。)泊まった新館は和室で部屋からは露天風呂の立ち上る湯気がゆったり山間を立ち昇って時間がゆったり流れる感じがしました。乳白色のお湯なので混浴の露天風呂にも(夫婦で)抵抗無く入れます。掛け湯の滝音と立ち昇る湯気が「ああ~」と思わず声を出させるいい空間となっていると思います。私たちは何時も12月に行くので景色は雪景色です。ひんやりとした空気と温泉と静かな時間がとても気に入っています。食事は夜、朝共に食堂で摂ります。掘りごたつのボックス席となっているので気兼ねなく食事が楽しめます。岩盤ステーキ、イワナの塩焼き、ぶっこみそば等々、仲居さんの楽しい話と一緒にお腹一杯。朝目覚めて露天風呂で目を覚ました後の朝食前の飲むヨーグルトは濃厚で抜群に美味いです。静かな時間とゆっくりしたいなら是非!

接客対応

清潔感

客室

食事

料理は美味しいのですが部屋食が摂れないのがちょっと残念

コスパ

立地

バスに揺られて辿り着いた奥地の感じが人里離れた感じでいい

温泉・スパ

露天風呂が最高。乳白色湯気を眺めるとゆっくり時間が過ぎて行く。のお湯なので夫婦で抵抗なく混浴に入れる。雪を眺めながら立ち上る

4.5 2016年7月15日に投稿 投稿者: 光ちゃん
2015年7月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
1970年代後半ごろから温泉旅行に目覚め、趣味で「1度は泊まりたい日本の温泉旅館」のような大判の本を眺めていたとき、秘湯で乳白色の素晴らしい露天風呂の写真が目に留まり、ここには絶対に行きたいと思いました。しかし、休みが取れていざ予約しようと連絡しても、いつでもいっぱいでタイミングが合わず、他の一度は・・・を巡っていました。それからしばらくすると仕事も忙しくなりバブル期に突入です。そして温泉バブルも経済バブルも崩壊した...

1970年代後半ごろから温泉旅行に目覚め、趣味で「1度は泊まりたい日本の温泉旅館」のような大判の本を眺めていたとき、秘湯で乳白色の素晴らしい露天風呂の写真が目に留まり、ここには絶対に行きたいと思いました。しかし、休みが取れていざ予約しようと連絡しても、いつでもいっぱいでタイミングが合わず、他の一度は・・・を巡っていました。それからしばらくすると仕事も忙しくなりバブル期に突入です。そして温泉バブルも経済バブルも崩壊した後で、予約も取れそうになった時は、今度は子育て真っ最中やら親の介護の始まりやらの時代となり、好きな旅行も付き合い程度に減ってしまいました。

それから年月も経ち落ち着いて、いつでも自分が行きたい所に行けるような環境になって、最近ふと本箱に目をやると、あの懐かしい「一度は・・・」が目に入ってきました。それを思い出すように眺めていたとき、あのトキメキが鮮鋭によみがえってきました。
それが約40年ぶりに、あの頃の「一度は」の思いを成し遂げた、今回お邪魔した、名湯 白骨温泉「泡の湯」です。
ついに目標が叶ったという思いも多分にありますが、期待通りの大露天風呂であり、期待通りの「おもてなし」を感じました。
あの頃と比べようもありませんが、そこは秘湯と言うより、今では山間の一軒宿と言った方が似合っているかのように立派な道路があって、乗鞍高原からも上高地方面からもマイカーで安心して行くことができます。40年も前に立てた目標への達成感や、あの目に焼き付いていた乳白色の露天風呂につかって、あの若かりし頃の感慨にしみじみと浸れたことは、明日の活力を生み出すに十分でした。

これはもちろん、コストパフォーマンス的にも十分な満足感があったればこそだと思いますが、これが思い描いていた期待値とかけ離れていて違和感があれば、ガッカリ旅に即変わってしまい、感慨に浸るどころではなかったことは言うまでもありません。
現在では、当「宿らん」を始めとして当時の観光案内書とは比べ物にならないほど充実したWebサイトが存在していますので、訪問する際には、既にかなりの期待値が形成されているという人が多くなっていると思われます。

わたくしが思うところの、コストパフォーマンスの“良し悪し”というのは、宿泊料金が高額でも受けたサービスが期待以上に満足するものであった時に、良かったなーと思える感覚が“良し”であり、逆に言えば、安かろう悪かろうで満足が得られなければ、低料金なのに高いものについたと感じてしまう、何か損した気持ちになれば“悪し”です。(安かったという感情は、低料金で支払いが少なかった、ということとは全然違います。)と定義しておりますが、今回の旅で気が付いたのは、Webサイトを見て夢を膨らませながら形成されてきたイメージを裏切らないしいうことが、最低限として大切なことなんだと思いました。

そういう意味でも「泡の湯」は、老舗が老舗らしく落ち着いて癒しの場を提供して頂いたので、心に残る旅の思い出ができたことに感謝したいと思います。
美しい乳白色の混浴大露天風呂の温泉旅館として、自信をもって「おすすめ」します。

接客対応 未評価

予約時に年寄り連れであることを話しましたが、足腰にも優しい部屋を用意してくれました。 チェックアウト後の玄関前では、気さくにシャッターを押してくれました。

清潔感

100年以上もの歴史がある温泉宿ですが、客室をはじめ施設自体の清掃や飾りつけ等、特に問題を感じるようなところは、有りませんでした。

客室 未評価

フロントロビーからも近く、しかもバリアフリーで入室できる、広々とした良いお部屋を用意していただきました。

食事

夕食は個室のお食事処で、「泡の湯会席」とうたわれている本格会席料理をいただきました。 朝食も個室で、泡の湯名物の飲泉で炊いた、朝粥も選択できて趣向を感じました。

コスパ

コストパフォーマンスは、満足感に優れたものを感じます。 チェックアウトした後の家族の感想は、また来ようよでした。

立地

山に囲まれた静かな温泉宿であり誇れる立地としては、信州随一の湯量と乳白色に輝くコバルトブルーにも変化する飲める温泉が豊富に湧き出てくる所であることに尽きます。

温泉・スパ

温泉は、混浴大露天風呂が文句なく素晴らしいです。ぬるめのお湯(37~38度位)で、本当にゆっくりと、家族と一緒でもカップルでも気兼ねなく楽しめます。

備考・アドバイス

・クレジットカードは、問題なく利用可能です。
・近くにコンビニなどは、全くありません。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.2 2015年11月22日に投稿 獲得票数:4 投稿者: eyelid
2015年11月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
紅葉シーズンも落ち着いた11月中旬頃、白骨温泉の中でも有名な「泡の湯」に宿泊しました。今回は一人旅で、一泊二食付きの平日限定プランを利用し、料金は28,080円(税込)でした。 当日は、松本駅から出る路線バスを利用し宿に向かいましたが、かなり山深い所にあり、駅からおよそ2時間ほどかかって到着しました。バス停では既に待機していたスタッフの方にお出迎えいただき、すぐに宿内へ案内されました。同時に入ったお客さんも多かったためか、館...

紅葉シーズンも落ち着いた11月中旬頃、白骨温泉の中でも有名な「泡の湯」に宿泊しました。今回は一人旅で、一泊二食付きの平日限定プランを利用し、料金は28,080円(税込)でした。

当日は、松本駅から出る路線バスを利用し宿に向かいましたが、かなり山深い所にあり、駅からおよそ2時間ほどかかって到着しました。バス停では既に待機していたスタッフの方にお出迎えいただき、すぐに宿内へ案内されました。同時に入ったお客さんも多かったためか、館内説明は個別ではなく、他のお客さんと一緒にロビーで館内図をぐるりと取り囲む形で受けました。その後、客室へ案内され、お茶を頂きチェックイン手続きを行いました。

建物は、創業時の面影を残す本館と4階建ての新館とに分かれています。名物の大露天風呂は、ロビーからすぐ見下ろせる位置にあります。一応囲いはあるものの、駐車場や一般道からも簡単に見える状態で、混浴なので隠す必要は無いのかもしれませんが、ここまでオープンなのかと少し驚きました。

今回利用したのは新館2階の「萌黄」という客室で、和室10畳に広縁・バス・トイレ付きのゆったり落ち着いた雰囲気でした。冬季限定で真ん中にはこたつが用意されていました。こちらは公式サイトや予約サイトには記載が無かったので、肌寒い時期に嬉しいサプライズでした。窓のすぐ外は鬱蒼と林が広がっていて、見晴らしとしては良くありませんが、身近に自然を感じられる景色でした。たまに林道を車が通るので少し落ち着きませんが、基本的には人目を気にせず過ごすことができます。

アメニティ類は、歯ブラシ・カミソリ・ドライヤーといった基本的なものは揃っています。化粧水はありますが、整髪料の類いはありませんでした。お茶類は、ほうじ茶・煎茶のティーパックが多めに用意されており、冷蔵庫内にも飲み物やおつまみ系が揃えてありますが、こちらは有料でした。また、タオル類は部屋に用意されており、お風呂を利用する時には持っていく必要があります。枚数もバスタオル2枚ハンドタオル1枚と若干心もとない数で、温泉が売りの旅館としては少々不親切に感じました。

館内は、ロビーをはじめ、階段・ラウンジ・食事処など、随所に置物やぬいぐるみ・甲冑などが飾り付けられています。建物内は比較的しっかり清掃されており、目立った汚れは無かったように思いますが、客室入口の角などいくつかキズがついたまま補修されていない所がありました。また、客室のトイレに長い髪の毛が数本落ちていたのが少し気になりました。

大浴場は24時間いつでも利用することができ、入口の階段から洗い場・浴槽を含めすべて木で出来ています。天井は吹き抜けになっており、壁越しに隣の声が聞こえてくる様子は、昔ながらの銭湯のような雰囲気でした。浴場は内風呂2、露天風呂2の計4種類あり、すべて源泉かけ流しとなっています。中でも、泡の湯名物である大露天風呂は、30〜40人は優に入れる広さがあり、目隠しの塀もほとんど無く、とても開放的でした。個人的にはこちらが広々としていて気に入りましたが、他の方は内風呂を利用している人が多く、露天風呂はほぼ貸し切り状態の時もありました。湯温が38度前後と元々ぬるめで、当日は雨だったことも相まって肌寒かったことも原因かと思います。加温された湯が流れ込む場所が幾つかあるため、ぬるく感じる人は中央辺りを探ってみることをオススメします。

大露天風呂に入る際、男性の場合は内風呂から直接出ることができますが、女性の場合は内風呂からは出られず、専用の脱衣所を通って利用する形となります。タオル着用OKで、出入口は全身浸かった状態で出入りできるため、肩から下が見られることもほとんどありません。混浴は初めてという方でも、比較的抵抗無く利用できるのではと思います。

食事は、夕朝ともに会席処での食事でした。壁で仕切られた半個室となっており、入口も暖簾がかかっているので、人目を気にせず落ち着いて食事することができます。夕食は、黒毛和牛の石焼や岩魚丸ごとの塩焼きなど豪華なものから、温泉粥のコロッケやチーズフォンデュなど少し変わったメニューもあり、全品通して美味しく頂くことができました。中でも温泉粥コロッケは中身がトロッとして非常に美味しかったです。

朝食には、飲泉できる源泉水を使った泡の湯名物の「温泉粥」をはじめとした和食料理が並びます。バイキング形式で盛りつけられる茸料理も温泉粥と非常に良く合い、派手さはありませんが、どれも素朴な滋味深い味わいで美味しく頂けました。

仲居さんの対応は丁寧でありながら適度にフレンドリーで、気負いを感じさせない自然な雰囲気で心地よい接客でした。ホテルマンのようなピシッとした態度とは違い、田舎宿ならではの暖かみのある接客で、こちらもリラックスして接することができました。

温泉を除き、サービス・料理・接客面において全体的に際立って印象に残る良い所・悪い所はありませんでしたが、滞在中は大きな不満もなくおおむね快適に過ごすことができました。あとはいかに温泉に価値を感じるかという点で、個々人の満足度が変わってくるのかなと思います。家族連れやカップルでも使いやすいので、次はぜひ天気が良い日に訪れてみたいです。

接客対応

丁寧でありながら適度にフレンドリーで温かみのある接客でした。

清潔感

経年によるキズ・劣化は見当たりますが、清掃は比較的しっかりされているように感じました。

客室

適度な広さで、冬季はこたつがあるのが嬉しいです。外は一面木で囲われており見晴らしは良くありません。

食事

派手さはありませんが、どれも素朴な滋味深い味わいで美味しく頂けました。

コスパ

何より温泉が目玉ですので、そこにいかに魅力を感じるかによるかと思います。

立地

路線バスで松本から2時間弱ほどかかり、料金も片道2000円ほどです。車利用の方もかなり急カーブが多いので大変だと思います。

温泉・スパ

すべて源泉掛け流しで24時間いつでも入ることができます。

備考・アドバイス

路線バス利用の方は、片道ずつでなく往復でチケットを購入する方がお得です。なお、松本バスターミナル発着の便は一日一本しかないので、あらかじめ時間を確認しておくことをオススメします。(最寄り駅の新島々駅から発着の便は一日数本あります)

宿への道はつづら折の坂道を何度も上り下りし、崖の脇を通るような道が続きます。二車線とはいえ、狭い道やトンネルで大型車とすれ違うことも度々ありました。車を持っていてもバスでお越しになる方が多いとのことでした。自家用車・レンタカーをご利用予定の方はくれぐれもご注意下さい。

大露天風呂は乳白色で底が見えず、ぬるぬるして凹凸も多いため歩く時は注意が必要です。浴槽内には腰をかけるような所はなく、基本的には中腰姿勢で入ることになります。階段の上り下りも必須なため、足の不自由な方やお年寄りの方はあらかじめご確認の上ご利用下さい。

4.5 2014年7月31日に投稿 投稿者: mitu-k
2013年8月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
白骨温泉を代表する温泉旅館です。混浴ですが、女性も湯浴用バスタオルを巻いて入浴できるので安心です。混浴の名物大露天風呂はやや温めなのでゆっくり入れます。個室のお食事処でおいしい料理を食べることができます。

白骨温泉を代表する温泉旅館です。混浴ですが、女性も湯浴用バスタオルを巻いて入浴できるので安心です。混浴の名物大露天風呂はやや温めなのでゆっくり入れます。個室のお食事処でおいしい料理を食べることができます。

接客対応

清潔感

客室

食事

コスパ

立地

温泉・スパ

4.0 2014年7月15日に投稿 投稿者: Masao
2013年12月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
白骨温泉の中でもここは外せないと思います。それほど大きくない露天風呂ですが、とても雰囲気があり、湯温が低いので長湯ができます。他の旅館と比べてみるとよくわかるのですが、白骨温泉が衆目を集めるようになったのは最近のことで、かつては、よくいえばひなびた、悪くいえば垢抜けない温泉でした。近代的な設備をもつ旅館もありますが、ほとんどはリフォームを重ねて大きくなってきたようなところがあります。今では設備もそれなりに新しくなり、...

白骨温泉の中でもここは外せないと思います。それほど大きくない露天風呂ですが、とても雰囲気があり、湯温が低いので長湯ができます。他の旅館と比べてみるとよくわかるのですが、白骨温泉が衆目を集めるようになったのは最近のことで、かつては、よくいえばひなびた、悪くいえば垢抜けない温泉でした。近代的な設備をもつ旅館もありますが、ほとんどはリフォームを重ねて大きくなってきたようなところがあります。今では設備もそれなりに新しくなり、どこに行っても十分満足感が得られると思いますが、ある種のバランスの悪さを感じるのは私だけはではないと思います。白骨温泉が有名になるにつれて旅館の価格もずいぶんと高くなりました。それに、これはという露天風呂は泡の湯にしかありません。白骨温泉で一つ旅館をあげろといわれれば、やはり文句なく泡の湯です。値段の高さは、白骨温泉のブランドイメージが高くなったからで、それに値するものは十分にあると思います。

接客対応

清潔感

客室

食事

コスパ

立地

温泉・スパ

備考・アドバイス

スタッドレスタイヤをつければ、よほどのことがない限り大丈夫です。あと、オフシーズンのお得な価格帯を利用されればさらなる満足が得られるでしょう。

4.0 2013年10月31日に投稿 投稿者: イチロー
2013年6月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
この旅館のウリは何と言っても大露天風呂だと思います。期待し過ぎていたせいもあり、少し期待外れでした。温泉の温度は低めなので、長湯していると、夏以外だと寒くなってくると思います。自分たちが行った6月でも少し寒く感じました。 食事や接客等はすごくいいのですが、温泉が期待外れだったので、コストパフォーマンスはすごく悪く感じました。

この旅館のウリは何と言っても大露天風呂だと思います。期待し過ぎていたせいもあり、少し期待外れでした。温泉の温度は低めなので、長湯していると、夏以外だと寒くなってくると思います。自分たちが行った6月でも少し寒く感じました。
食事や接客等はすごくいいのですが、温泉が期待外れだったので、コストパフォーマンスはすごく悪く感じました。

接客対応

清潔感

客室

食事

コスパ

立地

温泉・スパ

1 - 6件目 / 合計 6件

施設情報

施設名
白骨の名湯 泡の湯
かな
しらほねのめいとう あわのゆ
所在地
〒390-1515
長野県松本市安曇4181
電話番号
0263-93-2101
チェックイン
15:00
チェックアウト
10:00
アクセス
■公共交通機関利用
○東京-(長野新幹線)-長野-(JR篠ノ井線)-松本
○新宿-(JR中央東線特急2時間50分/高速バス3時間10分)-松本
○名古屋-(JR中央西線特急2時間10分/高速バス3時間14分)-松本
○大阪-(東海道新幹1時間)-(JR中央西線特急2時間10分)-松本
○大阪-(高速バス5時間30分)-松本
※松本-(松本電鉄線30分)-新島々-(アルピコバス約70分)-泡の湯
■マイカー利用
○東京方面-中央自動車道・長野道2時間30分-松本I.C
○名古屋方面-名神高速・中央自動車道・長野道2時間20分-松本I.C
※松本I.C-R158沢渡~県道300号へ-泡の湯
送迎
なし
駐車場
あり(宿泊者無料)
駐車場台数: 50台
部屋数
24
設備・サービス
○ インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 ○ 貸切風呂 × 客室露天風呂 ○ 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 × コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 ○ 送迎サービス × ランドリー × クリーニング ○ マッサージ × エステ × サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 × ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 フェイスタオル バスタオル 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 浴衣 スリッパ 綿棒 コットン 冷蔵庫 湯沸かしポット お茶セット テレビ 金庫 衛星放送 洗浄機付トイレ 無線LAN接続
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS デビットカード

白骨の名湯 泡の湯周辺の旅館