ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

渓谷に佇む癒しの一軒宿 扉温泉 明神館の口コミ情報・宿泊予約

1位

渓谷に佇む癒しの一軒宿 扉温泉 明神館

〒390-0222 長野県松本市入山辺8967
渓谷に佇む癒しの一軒宿 扉温泉 明神館
〒390-0222 長野県松本市入山辺8967
TEL: 0263-31-2301
みんなの満足度
3.9 詳細評価
接客対応
3.8
清潔感
3.7
客室
3.7
食事
4.1
コスパ
3.6
立地
3.7
スパ・温泉
4.4
みんなの平均予算
30,000円未満
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 解除
空室・最安値を検索
一休.comJTBるるぶトラベル近畿日本ツーリストじゃらん日本旅行Booking.comagoda楽天トラベル
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
3
良い
4
普通
0
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
4
家族旅行
1
友人・知人
2
一人
0
全文表示簡易表示
1 - 7件目 / 合計 7件
この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.7 2017年2月7日に投稿 獲得票数:10 投稿者: 温泉猫
2017年1月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
松本市郊外の山の中にある温泉旅館で、宿の手前数キロは道幅が狭く、日の当たらない場所もあり凍結している部分もありました。帰りの際に前を走っていた車は運転にかなり苦労している様子でした。冬季の宿泊は、雪道の運転に不慣れな方は送迎をお願いした方が宜しいかと思います。送迎は松本駅からで、所要時間は約30分です。 宿に到着すると、外に待機していたスタッフが玄関前に誘導して下さいました。車はバレーサービスです。お部屋案内までサロン...

松本市郊外の山の中にある温泉旅館で、宿の手前数キロは道幅が狭く、日の当たらない場所もあり凍結している部分もありました。帰りの際に前を走っていた車は運転にかなり苦労している様子でした。冬季の宿泊は、雪道の運転に不慣れな方は送迎をお願いした方が宜しいかと思います。送迎は松本駅からで、所要時間は約30分です。

宿に到着すると、外に待機していたスタッフが玄関前に誘導して下さいました。車はバレーサービスです。お部屋案内までサロンで待ちましたが、お部屋に案内されたのは到着から20分程経ってからでした。この間、記帳等のチェックイン手続きも無ければ、ウエルカムドリンクのサービスも無く、ただ待っているだけで手持ち無沙汰でした。荷物は先にお部屋に運んで下さるとのことでしたが、実際に荷物が届いたのは私たちがお部屋へ入室してから随分経った後で、なぜこんなに時間がかかるのか不思議でした。もう少しスムーズにチェックイン手続きを行っていただきたいと思いました。

お部屋は全44室で、お鷹棟(和室または洋室)、山科(和室)、癒し風呂(和室+露天風呂)、ヒーリングバス(洋室+ジャグジーバス)、青龍庵(洋室+露天風呂付または半露天風呂)とお部屋タイプが複数あります。目的や人数に合わせてお部屋を選ぶと宜しいかと思います。お鷹棟和室に宿泊し、2名泊で1人あたり約28,000円(休前日料金、夕朝食付)でした。

チェックイン手続きはお部屋で行いました。スタッフがお茶を淹れて下さり、宿のパティシエ特製の焼き菓子が振る舞われました。

お部屋タイプは和室となっていますが、実際の間取りは和室10畳+リビング16.3平米の和洋室です。玄関や踏込もゆったりとしていて全体的に広々としたお部屋でした。リビングには2人掛けソファと1人掛けソファがあり寛げました。暖炉もあって暖かく過ごせました。窓の外は林で、山の雪景色が綺麗でした。お部屋では所々古さを感じる部分もありました。リビングの床はきしんでいて歩く度にミシミシと音が鳴るのが気になりました。和室も畳が大きく凹んでいる部分があったり、砂壁に亀裂が入っていたりと老朽化が目立ち、メンテナンス不足を感じました。

洗面所は浴室と併設で、お風呂は沸かし湯です。浴室は古い造りで、シャワーは壁に固定のタイプで使いづらそうでした。アメニティは最低限のもののみで、基礎化粧品や整髪料はお部屋には無く、宿泊料金の割に貧弱に感じました。館内着は浴衣とストレッチ素材の上下セットで、1着ずつ用意されていました。

ロビーは和洋折衷の不思議な空間でした。重厚なソファセットが置かれたフロアの隣に畳の小上がりがあり、畳の上に座布団とクラシカルな椅子が置いてあったりと、統一感が無く雑多な印象を受けました。ロビーにはアイスティーとお茶が用意されていて自由にいただくことができましたが、スタッフからは何も説明が無く、夜にロビーを散策して初めて気が付きました。到着時に教えて下さるか、お部屋案内までの待ち時間の間にこちらの飲み物を振る舞って下さればよかったのにな、と思いました。

サロン1050では、宿の専属パティシエ特製のスイーツをいただくことができます。アルコールもあり、夜はバーとしても利用できます。サロンの奥には談話室とテラスがあります。談話室にはパソコンが置いてあり、ネット検索もできました。テラスは2階建てで、2階のオープンテラスは開放感抜群で、暖かい季節はここで読書をしたりして過ごすと気持ちいいだろうなと思いました。ショップでは定番のお土産品の他、パティシエ特製の焼き菓子の販売もしていました。

広い施設で高級感はありますが、ロビーのソファは革の張り替えをした方がいいのではないかと感じる程劣化していたり、現在使用していないお部屋のドアは昔のままで古めかしく、客室の改装済みのドアとの差が激しかったりと、古さが気になる部分もありました。

お風呂は3ヶ所あります。寝湯は日の出から23時までですが、他の2ヶ所は清掃時間を除き、24時間利用できます。タオルやアメニティは用意されていて手ぶらで利用できます。大浴場「白龍」は、3ヶ所のお風呂の中で一番大きく、内湯も露天風呂広々としています。寝湯「空山」は、露天風呂タイプの寝湯で枕木に頭をあずけて、山と空の景色を見上げながらの入浴を楽しめます。立ち湯「雪月花」は、露天風呂で手前は浅く、奥は深くなっていて立ち湯と半身浴ができます。手が届きそうなくらい間近に大自然が広がるパノラマの絶景で、ずっと見ていても飽きない景色でした。私は立ち湯が一番気に入り、何度も入浴しました。温泉は循環ろ過と塩素消毒を行っていますが、塩素のにおいはしませんでした。

夕食はナチュレフレンチ「菜」のフレンチまたは信州ダイニング「TOBIRA」の和食が選べて、予約時に選択します。私たちはフレンチを選択しました。レストランはドレスコードはなく、浴衣のままでも食事ができます。夕食開始時間の指定は無く、18時~20時の間の好きな時間に行けばいいようになっていました。信州野菜をふんだんに使った料理の数々は見た目にも美しく、目でも楽しめる料理でした。特に松本一本葱を使用したフュイタージュは、サクサクのパイと葱の甘さを感じるクリームソース、チーズのハーモニーが絶妙で印象に残りました。全体的に美味しくいただけましたが、何品か味が濃いと感じる料理もあり、食後は喉が渇きました。

食後はお部屋にお夜食のおにぎりと冷水を用意して下さってました。お夜食はチェックインの時に希望の有無を聞かれます。また、宿オリジナルのハーブティーが2種類あり、ぐっすり茶という名前のハーブティーを就寝前にいただきましたが、飲みやすく体が温まって、リラックス効果があるように感じ、寝つきがよかったです。

朝食は和食と洋食を選択でき、洋食にしました。野菜の味が濃いサラダや根菜たっぷりのスープ、エッグベネディクトなどどれもお味が良く美味しくいただけました。

チェックアウトは12時なので朝食後もお風呂のはしご湯を楽しみ、朝もゆったりとした時間を過ごすことができました。

チェックアウトの際は、会計をフロントで行うのか、ロビーの席で行うのか分からず、大きな荷物を抱えて困っていたところ、近くにいたスタッフと目が合いましたが、スタッフはその場に立ったままで声がけもなく不親切に感じました。チェックアウトの案内をするとか、荷物を運ぶのを手伝って下さるとかしていただきたかったです。会計後、車の用意ができるまで20分近くかかり、チェックアウトも対応が遅いと感じました。

接客は、皆さん礼儀正しく笑顔で挨拶して下さり感じの良い対応でした。特にレストランでの接客は素晴らしく、サービスが行き届いていました。ただし、チェックインとチェックアウトの対応は遅く、もう少しスムーズに手続きが行えるように改善の余地があるのではないかと思いました。

渓谷に佇む宿で、お部屋やお風呂からの大自然の美しい景観に癒されました。特に立ち湯「雪月花」からの景色は、これまで宿泊した宿の中でも指折りの絶景で、次は違う季節に訪れて緑眩い景色も見てみたいと感じました。食事は和食とフレンチが選べ、お部屋も和室と洋室があり、旅館の和の趣と、山のリゾートホテル的な洋の趣の2面性のある施設でした。和風旅館が好みの方、リゾートホテルが好みの方、どちらでも楽しめると思います。開放感抜群の絶景風呂に身を委ね、好みのお部屋と食事を愉しみ、思い思いの時間を過ごすことのできる渓谷のリゾートです。

接客対応

全体的に丁寧な接客で特にレストランでのサービスは行き届いていました。チェックインとチェックアウトの対応は遅く、少々不満に感じました。

清潔感

掃除は行き届いているものの、お部屋も館内も古さを感じる部分がいくつかあり、メンテナンスが必要な箇所も見受けられました。

客室

和室タイプのお部屋でしたが、窓からの景色が良く、2間でソファと暖炉のあるリビングもあって寛げました。

食事

見た目にも美しい凝った料理で美味しかったのですが、何品か味が濃いと感じる料理もありました。

コスパ

立地

お部屋やお風呂からの大自然の景色に癒されました。冬季は雪道に不慣れな方は送迎がおすすめです。事前予約制で松本駅から送迎があります。

温泉・スパ

どのお風呂も景色が良く、自然を感じられる開放的なお風呂でした。温泉は循環ろ過と塩素消毒ありです。

備考・アドバイス

全館Wi-Fiが利用できます。

ナチュレフレンチ「菜」では、夕食も朝食も窓際席から順番に案内していました。窓際席希望の方は早い時間にレストランに向かうことをおすすめします。

宿の近くにはコンビニ等の買い物できるお店がありません。買い物は事前に済ませておくことをおすすめします。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 2016年3月4日に投稿 獲得票数:5 投稿者: piace
2016年2月頃に友人と滞在 この口コミに投票する
冬の長野で温泉を楽しみたいと思い、2月上旬の平日に友人と二人で、夕朝食付き1人24,000円のプランで1泊しました。 今回は車で訪れました。宿に着くとスタッフが外で待っていてくれて、荷物を部屋まで運んでくれました。チェックインはお部屋にて行い、突き出しのお茶と半生菓子が振る舞われました。 宿泊したのはお鷹棟という建物の4階にある406号室「椹(さわら)」で、18平米とリビング14平米の洋室です。窓からの景色は、一面に雪山が広がってまし...

冬の長野で温泉を楽しみたいと思い、2月上旬の平日に友人と二人で、夕朝食付き1人24,000円のプランで1泊しました。

今回は車で訪れました。宿に着くとスタッフが外で待っていてくれて、荷物を部屋まで運んでくれました。チェックインはお部屋にて行い、突き出しのお茶と半生菓子が振る舞われました。

宿泊したのはお鷹棟という建物の4階にある406号室「椹(さわら)」で、18平米とリビング14平米の洋室です。窓からの景色は、一面に雪山が広がってました。リビングには窓に向かってソファーが置かれ、山の景色を眺めながらのんびりと過ごすことができます。客室内では隣の部屋の物音が聞こえず、気兼ねなく過ごすことができました。客室内でWi-Fiの利用ができます。

館内着としては、作務衣と浴衣、足袋が用意されていました。部屋風呂用のバスタオル、ボディタオルの他、一通りのアメニティが揃っていました。お茶セットには、緑茶の他、宿オリジナルのハーブティーがありました。こちらのハーブティーはとてもおいしくて、普段はあまり宿の売店で購入しないのですが、自宅用やおみやげにと購入してきたほどです。

部屋には浴槽と洗い場が別れた、広めのバスルームがあります。バスタブも広く、男性でもゆったりと入ることができます。ただ、こちらは温泉ではなく、また入浴剤の用意はないとのことで残念に思いました。

温泉は大浴場の他、寝湯と立ち湯があります。泉質はいずれもアルカリ性単純泉とのことです。大浴場「白瀧」は脱衣所、内湯ともに広さがあり、大人数で一度に入浴しても狭さを感じませんでした。お湯は熱めに設定されていて、あまり長くは浸かっていられないものの、からだの芯まで温まり、温かさが長く持続するようなお湯でした。寝湯「空山」は、深夜は利用できません。屋根があるため満天の星空を楽しむことはできませんが、少しぬるめのお湯でうとうとしてしまいました。立ち湯「雪月花」は、身長150センチ以上の方におすすめします。浴槽は脱衣所側から2段階に深くなり、一番深い部分からは立ったまま、白く雪化粧した木々を眺めながら入浴することができ、いつもとはまた違った入浴法を楽しめました。

大浴場などには、それぞれに備え付けのバスタオル・ボディタオルが用意されていて、アメニティはシャンプー類の他シャワーキャップや基礎化粧品など充実しているので、お部屋からは手ぶらで行くことができました。大浴場には冷茶のサービスもありました。

夕朝食は、チェックイン時に和食またはフレンチから選ぶことができ、私たちは和食を選びました。和食の会場は、2階にある「TOBIRA」です。椅子席とソファー席とを選ぶことができます。

夕食は創作会席料理で、一品ずつ提供されました。宿の料理長がこだわって集めた食材と、こだわりのメニューでもてなしてもらえます。それぞれのお料理に、季節感のある名前がつけられていました。「行灯抱く」はデミグラスソースで煮込まれた信州牛のお料理で、濃いめの味付けでご飯が食べたくなりましたが、とてもおいしかったです。また、「風冴ゆる」は自家製の二八そばで、青首大根のおろしが付いていたのであっさりと食べることができました。また、デザートは盛り合わせで提供されたので、見た目にも華やかで楽しむことができました。飲み物のメニューが豊富で、女将の実家で作られている宿オリジナルの日本酒などもありました。

朝食は、和定食でした。 オリジナルのレモンミルクは、後味がすっきりとしていてとてもおいしかったです。二段になっているお重には、卵焼きやお浸しなどのおかずが入っていました。籠盛りで提供された料理長お手製のくみ上げ豆腐は、ふんわりと大豆の香りが広がる、優しく風味豊かな豆腐でした。納豆にもこだわっていて、昔ながらの製法で作られた、大粒のふっくらしていて臭みがなく大豆本来の甘味が感じられる納豆でした。

宿には談話室や広々としたロビーがあり、湯上がりにくつろぐことができます。特に、「サロン1050」は、ダウンライトで落ち着いた雰囲気が漂う空間で、暖炉の優しい光に照らされながら、お酒や紅茶を楽しむことができました。また、サロンから抜けられる「オープンテラス」の1階は屋外にありながらあまり寒くなく、幻想的な雰囲気を楽しむことができます。階段を上がった2階には屋根がなく解放感があり、夜は星空を、昼は一面の雪景色を楽しむことができました。雪のない季節には、こちらでお茶を楽しむことができるとのことで、山々に囲まれて気持ちよいだろうなと、また違う季節にも訪れたいと思いました。

山奥にあり、風の音や鳥のさえずりに耳を傾け、自然に囲まれながら温泉を楽しみ、のんびりと過ごすことができるお宿でした。周辺にはこちらの宿以外なにもない、秘境宿です。その分、温泉を堪能することができました。料理は季節感のある食材や、冷えたからだを温めてくれるようなメニューが多く、盛り付けにもこだわりを感じました。ボリュームがあり、男性でも満足できると思います。お夜食としておにぎりを用意していただけたのには、秘境宿ならではの心遣いを感じました。日常を離れてなにもせず、のびのびとしたい方におすすめのお宿です。

接客対応

あたたかい笑顔と細やかな気配りがあり、丁寧な対応でもてなしてもらえました。

清潔感

館内は清掃が行き届いていて、気持ちよく滞在できました。特にメンテナンスが必要な部分が見当たらず、清潔感がありました。

客室

広々としていました。客室内の明かりは光量が少ないため雰囲気はよいですが、夜間に作業をしたい人には物足りないと思いました。

食事

夕朝食ともに和食・フレンチから選択できます。和食は地元信州産の食材を使ったメニューが多く、楽しめました。

コスパ

喧騒から離れていて、別荘に泊まりに来たかのようにのんびりと過ごすことができました。温泉と美食が楽しめ、コスパはよいと思います。

立地

扉温泉は美ヶ原高原近くの山奥にあります。自然豊かでマイナスイオンを浴びながらのんびりと過ごすことができました。

温泉・スパ

お部屋には、浴槽・洗い場が別れた広いバスルームがありますが、温泉ではありません。温泉は大浴場の他、立ち湯、寝湯が独立してあります。

備考・アドバイス

館内ではフロント・客室ともにWi-Fiが利用できました。

アメニティが充実していて、ドライヤーも大容量の物が用意されている、女性に優しい宿でした。

宿までの道のりは、一部区間が幅の狭い一本道でした。冬季は雪深く、途中でスピードを落としたところ、タイヤが空回りしてしまったほどです。無理をせずに、松本駅からのシャトルバスを利用することをお勧めします。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 2015年7月9日に投稿 獲得票数:3 投稿者: みぃ
2015年7月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
2名1泊2食付きで1人あたり31,000円のプランを利用しました。 この旅館は44室の客室があり、純和風の山科タイプ、お鷹タイプと呼ばれる和モダンな部屋、客室露天風呂のある客室、メンバー専用ラウンジが利用できる新館青龍庵タイプがあります。今回は一番リーズナブルな山科タイプを予約していました。 当日車で向かったところ、宿近くの道幅が1.5車線ほどで車のすれ違いもあったため、運転していた彼は疲れたからすぐに横になりたいと思ってしまうほど...

2名1泊2食付きで1人あたり31,000円のプランを利用しました。

この旅館は44室の客室があり、純和風の山科タイプ、お鷹タイプと呼ばれる和モダンな部屋、客室露天風呂のある客室、メンバー専用ラウンジが利用できる新館青龍庵タイプがあります。今回は一番リーズナブルな山科タイプを予約していました。

当日車で向かったところ、宿近くの道幅が1.5車線ほどで車のすれ違いもあったため、運転していた彼は疲れたからすぐに横になりたいと思ってしまうほどでした。そのためチェックイン時にベッドタイプのお部屋に空室状況を確認したところスタッフの方が丁寧に対応してくださり、ベッドタイプのお部屋を利用することができました。

案内された客室は2階にあるお鷹タイプ56平米で露天風呂はありませんが、暖炉がついていました。窓からはウッドデッキと新緑を眺めることができ、その眺めを楽しめるようにオットマン付きのソファが用意されているようでした。客室冷蔵庫の飲み物は有料でしたが、冷蔵庫のすぐそばにシンクがついていて、水道水もいただくことができるのでとても使い勝手がよかったです。お部屋に用意されていたハーブティーはホテルオリジナルのもので、満腹のときに飲むと良いハーブティーとゆっくり休む時に飲むとよいハーブティーの2種類があったのも気の利いたサービスだと思いました。コーヒーはホテル内のカフェかお食事の時しかいただけませんので、コーヒーが好きな方はがっかりされるかもしれません。ベッドはシーリーのマットレスで大変寝心地がよく、快適に過ごせました。客室のお風呂は温泉ではありませんでしたが、洗い場が広々としていて見た目にも美しい浴室でした。またお部屋には基礎化粧品の用意がなく、露天風呂付きの大浴場と立湯には用意されていました。寝湯は、シャンプー類の用意がないため、体を洗う場所はどの浴槽にするか考える必要があります。

夕食は予約時にフレンチか和食を選ぶ必要があります。お食事によって会場が異なるため、2人で同じ食事を頂く必要があります。非常に迷いましたが、今回はフレンチを頂くことにしました。このお宿は標高1050mほどですので、谷の合間にいるような雰囲気があります。このお宿に用事がある車しか通行しませんし秘湯とよぶべきなのでしょうが、設備、特にレストランがリニューアルされたばかりで明るくオシャレな雰囲気だったため、都内のカフェにいるような錯覚をおこしました。メニューには食材しかかかれておらず、テーブルに運んでいただいて初めてその料理の正体がわかります。1品目の苺は、苺の一部をくりぬいてゼリーとオレンジピールをあしらい、アクセントに山椒がかかっていますと説明を受け、説明の丁寧さにも感心しましたが、見た目にもインパクトがあったため、とても驚きました。出てきた料理を楽しみ、次の料理はどんなものかと想像する時間を楽しんでいたらあっという間に2時間半が過ぎてしまいました。女性グループも目立ちましたが、仲の良さそうなご夫婦が楽しそうにお食事してる姿も多く目にしました。お食事はどれも美味しくいただけましたが、メインディッシュの鶏肉の料理は、見た目は地味ですが、ハツやレバーを含む鶏の部位を楽しめるだけでなく、レバーの食感、もも肉の皮の焼き具合が絶妙で大変美味しくいただけました。
朝食も同じレストランでフレンチを頂きます。エッグベネディットとパンケーキを選ぶことができますが、エッグベネディットに添えられているベーコンが美味しいことと、卵の半熟加減も絶妙でしたので、エッグベネディットをおすすめいたします。

一部客室と大浴場は源泉かけ流しのお風呂があります。寝湯、立湯、露天風呂とありますが、立湯は何度も利用したくなる絶景でした。どのお風呂も体が温まる良質の温泉でした。深夜早朝と変化する景色を眺めながらの入浴はとても贅沢な気分になれました。とても居心地がよい旅館でしたが、1階のロビーフロアに無料の飲み物が用意されていて、そのエリアだけしか無線LANが利用できない点は少し不便でした。

接客対応

終始笑顔で丁寧でした。館内の案内も食事の時も丁寧でわかりやすい説明でした。

清潔感

掃除が行き届いていました。館内の至るところでアロマの香りがしました。

客室

2人で過ごすには十分な広さでした。喫煙もできる部屋でしたが、タバコの臭いはそれほど気になりませんでした。

食事

フレンチを頂きました。地産地消をうたい、特にお野菜は素材の味を生かしたお料理でした。

コスパ

立地

アクセスは悪いのですが、自然を楽しめる環境です。JR松本駅から無料シャトルバスを利用できます。

温泉・スパ

景観の良い、体の温まる温泉でした。

備考・アドバイス

車で移動される際には、松本インター方面から向かうことをお勧めいたします。扉峠経由は道路のアップダウンが多いうえにカーブが多い山道のため慣れている方でないとオススメできません。松本駅からの無料シャトルバスを利用する場合は、事前予約が必要です。

食事はフレンチか和食を予約時に選ぶ必要があります。夕食朝食ともに時間指定はありませんが、席順は先着順です。フレンチレストランは窓側の席から順に案内されました。

携帯が圏外になる可能性があります。ドコモはかろうじて大丈夫でした。フロントのみ無線LANが利用できます。

4.5 2015年6月6日に投稿 投稿者: mmverde
2015年5月頃に友人と滞在 この口コミに投票する
東京からあずさに乗って松本駅に着くと送迎のバスが待っています。20分強で扉温泉に到着しますが秘境さながら辺りにはこの1軒しか宿は見えません。国定公園の敷地内に佇むこの宿の一番は、なんといっても自然と共存する設えです。お風呂はバラエティ多く、私は立ち湯が一番のお気に入りです。リニューアルしたばかりのレストランとテラスは必見です。今回はナチュレフレンチをいただきましたが和食もあり、館内のレストランに出向くスタイルです。フ...

東京からあずさに乗って松本駅に着くと送迎のバスが待っています。20分強で扉温泉に到着しますが秘境さながら辺りにはこの1軒しか宿は見えません。国定公園の敷地内に佇むこの宿の一番は、なんといっても自然と共存する設えです。お風呂はバラエティ多く、私は立ち湯が一番のお気に入りです。リニューアルしたばかりのレストランとテラスは必見です。今回はナチュレフレンチをいただきましたが和食もあり、館内のレストランに出向くスタイルです。フレンチの田邊シェフは地元の素材を最大限にいかした新しい感覚のフレンチでした。朝はエッグベネディクトとパンケーキから選べます。友達とシェアして両方を食しましたがどれも温泉旅館の味よりハイグレードな味でした。リニューアルのオススメは自然と調和して暗くなってもいたくなるほどのテラスです。泊まった部屋は「神渡」でした。この部屋の内風呂は6畳の広さはある?ようなヒノキのオーバルの浴槽とシャワーがあり風呂場には長椅子もあります。すりガラスがさりげなく半露天のようで目覚めるとお風呂に直行して、徐々に目をさまします。薄川のせせらぎで目覚める朝は最高です。近くに20分強の散歩ルートがあります。こちらもオススメです。あと忘れていけないのは売店です。オリジナル石鹸やパウンドケーキは必ず買います。

接客対応

若いスタッフの対応が真面目で好感度高い

清潔感

立ち湯などふろ場の掃除、館内ともに清潔感が溢れている。

客室

部屋のインテリア、ベッド・和室共に心地よい

食事

ナチュレフレンチを選びましたがどれも完成度が高い。朝食のエッグベネディクトは新鮮。

コスパ

サービス、施設、料理の3拍子整いながら料金がすごく良い。

立地

松本から送迎があるので便利。

温泉・スパ

立ち湯他、お風呂の数が多く、部屋の露天・半露天も素晴らしい。

備考・アドバイス

シーリーベッドも和室にも泊まりましたが、今回の「神渡」は和室で、内風呂の温泉がオススメです。売店ではパウンドケーキが600円?位で買えます。信じられないお値段です。散歩の時はスニーカーのような靴がオススメです(下駄もありますが)

5.0 2015年5月30日に投稿 投稿者: 旅好きこうやん
2015年5月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
松本から山に向かって車で約30分、途中所々に看板で小さく案内が出ている。道が段々と細くなり心細くなるが、看板通りに進むと小川に沿って宿が見えてくる。 玄関には感じの良いスタッフが出迎えてくれ、ドアから中に入ると少しレトロモダンな内装の広いロビーがある。受付を済ませて部屋に案内されるが、部屋に至る廊下の至る所にさりげなくお花が飾られていて心地よい。和の雰囲気で小綺麗な内装。 部屋に入ると玄関に収納クロゼットがあり、お風呂と...

松本から山に向かって車で約30分、途中所々に看板で小さく案内が出ている。道が段々と細くなり心細くなるが、看板通りに進むと小川に沿って宿が見えてくる。
玄関には感じの良いスタッフが出迎えてくれ、ドアから中に入ると少しレトロモダンな内装の広いロビーがある。受付を済ませて部屋に案内されるが、部屋に至る廊下の至る所にさりげなくお花が飾られていて心地よい。和の雰囲気で小綺麗な内装。
部屋に入ると玄関に収納クロゼットがあり、お風呂とトイレが完備されている。(洋式水洗トイレとガラス壁の中に広い湯船)
部屋はツインのベッドで窓きわにはゆったりした2人掛けソファと1人掛けソファ、そして丸テーブルが置かれている。暖炉風の暖房、和モダンな内装、レトロなオーディオがたまらない。足元まで解放的な窓からは新緑の木々が見えて癒される。
全体的な部屋数は44室あるようだ。それに大広間やレストランがある。

部屋を出て温泉に向かう。お風呂は建物内3階に3箇所あり、寝湯(湯殿「空山」)、立湯(湯殿「雪月花」)、大浴場(湯殿「白龍」)に分かれている。建物入り口から外に出ると、川沿いに露天風呂もあるが、残念ながら工事中で入れなかった。夕食前に立ち湯に入る。お風呂の入り口にはサンダルを紫外線殺菌する下駄箱が置かれ、バスタオル、タオルが備え付け、貴重品を入れる鍵付きの棚も完備している。お風呂のドアを開けると、そこには細長く新緑の木々に向かう湯船があり、手前から奥に進むと胸の高さまである立ち湯になっている。お湯質は無色透明、肌に柔らかく馴染む感じ。熱過ぎず、長時間ゆっくりと景色を楽しみながら入れるお風呂だった。洗い場はシャワーのみ。
風呂上がりに同じく3階にあるVIPラウンジ(クラブラウンジ「雪月花」)に行ってみた。3回以上利用した客が入れるスペース。受付で渡されたカードキーをかざすと中に入れる。自動ドアが開くと暗い通路の先にドアがあり、そこを開けると広いラウンジがある。白の革張りのソファー、棚にはワイングラスが並び、シャンパン、赤白ワイン、ジュースがフリーで飲める。図書室の棚には百科事典や小説などがインテリアのように並べられている。ワインを頂く、盛り付けられた生ハムや地物の漬け物などがサーブされる。ワインを飲みながらゆっくり本を読む、時間を忘れる空間がそこにはある。

ラウンジを出て3階の大浴場に入る。大きな浴槽の中央から湧き出る温泉。脇のドアから外に出るとゆったりした露天風呂がある。洗い場も充実していて、宿泊数を考えても十分な広さだ。立ち湯と同じく適温で長湯が出来るお湯。湯上りも身体がポカポカ長時間あったまっていた。
夕食はフレンチレストランでディナー。4階にあるレストラン、入り口から奥に進むとテーブルが16あり、宿泊客たちが浴衣で寛いでいる。今夜のメニューは以下の通り。
1.新たまねぎのスープ
2.マコモダケのスティック
→マコモダケスティックにマッシュルームパウダーをまぶし、マヨネーズベースのオリジナルソースで
3.会田の卵60℃
→卵を壊さない60℃で加熱、トウモロコシの風味も入れた何とも言えない味わい
4.信州サーモンを辛味のあるナスタチウムの葉っぱとワサビソースで。
5.ホタテとキクイモのペースト、ブラックオリーブとアンチョビと玉ねぎのパウダーで。
6.野菜のリゾット。根セロリと長芋と人参とカブのスライスを添えて。米を使わない野菜だけのリゾット。
7.天然の真鯛と豚のラルドと海藻と。カニの出汁スープで。
8.伊達鶏の胸肉ローストとモモ肉の洋酒漬け真空蒸しを地物野菜を添えて。
9.クレームブリュレ、カリフラワーのムースとココナッツアイスと。
10.イチゴと練乳アイス、メレンゲとベリー添え。
11.リンゴのフィナンシェとトリュフチョコをコーヒーと。
最後のコーヒーは同じルレシャトー加盟のNespressoのオリジナルコーヒーを。
ワインは地物ワインからフランスワインも取り揃えていた。食事の量はかなりのボリューム、普段からかなり沢山食べる方だがお腹が一杯になった。女性には多いかもしれない。味は素材を活かした素晴らしく美味しかった。夕食は18時から20時の間に席に座れば大丈夫だが、一階に新しく出来たバーのラストオーダーが21時半のため、お酒好きな方は夕食を早めにとるのがベターかと。

朝日が部屋に差し込み眼が覚める。外は快晴!周辺の散歩に出かけてみた。建物に沿って流れる小川。水の流れる音が心地よく、新緑の香りに癒される。
朝食は8時から10時までの好きな時間に頂ける、和食は2階の信州ダイニングで、洋食は4階のフレンチレストランで。

オープンキッチンの脇を通り朝食会場へ、解放的な空間にゆったりした4人がけのテーブルが10程。小鉢が沢山並ぶ豪華な重箱朝食、信州サーモン焼きと卵焼きとオリジナル納豆と。朝食後は一階のラウンジでコーヒーが頂ける、ゆったりと寛げるスペース。
フロント奥にはお土産物コーナーがあり、陶器のお香立てやケーキなどが売られている。
食後の朝風呂で立湯に入る。同じ空間でも光の加減で印象が異なる、湯船に映り込んだ新緑が見事に一体化している。

チェックアウトの時間、最後まで満足な宿だった。世界中で限られた宿やホテルしか登録されないRelais&Chateaux、日本では数件しか登録されていない。明神館は流石にこのステイタスに登録されているだけはあった。納得の滞在だった。

接客対応

さりげなく嫌らしさが無く、きめ細かい対応。チェックインからチェックアウトまで全く邪魔に感じず、押し付け感もなく、さりげなく気を利かせてくれた。

清潔感

非常に綺麗な室内、少しレトロな感じもするが、その雰囲気が良い味を出している

客室

静かで落ち着いた空間に時間を忘れる。レトロなインテリア、大きなベッド、寛げるソファ。

食事

夕食のフレンチは最高のパフォーマンスだった。朝食は和食を選択したが、これも非常に美味しかった。

コスパ

このサービスでこの価格は納得。空間、食事、お風呂の全てがバランスよく評価できる。

立地

松本駅からレンタカーで30分程度。送迎バスもある。松本インターからは45分くらい。

温泉・スパ

お湯質は無色透明サラサラ感だが、適温で長湯が出来る。ゆっくりつかっていると、身体の芯まで温まる。

備考・アドバイス

松本駅から扉温泉に向かって進むと途中でいくつか看板がある。小さめの看板の為、見落とさないようにゆっくりと向かった方が良い。近くまで来ると道が細くなり心細くなるが、看板通りに進めばたどり着ける。道はシンプルな道。
3階の部屋がお風呂に行くには便利。部屋にはアメニティー類はほとんど無いが、部屋風呂にはシャンプー、コンディショナー、ボディソープは備え付けで置かれている。自分に合うものでないと気になる人は持参した方が良いだろう。男性は全く気にならないと思う。

4.0 2013年10月31日に投稿 投稿者: イチロー
2013年4月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
立地は周りに山しかなく、一軒宿なので、とても落ち着いた雰囲気なので、ゆったりと過ごせます。 温泉は立ち湯の風呂が、すごく優越感にひたれ、ついつい長湯してしまいます。 食事は和食でしたが、どの品も上品でとても美味しかったです。 本当はフレンチが良かったですが、両親の還暦祝いに両親と行ったので、両親の希望が和食だったので、和食になってしまいました。 従業員の方もみんな親切で、事前に両親の還暦祝いだと伝えてあり、当日赤色のちゃ...

立地は周りに山しかなく、一軒宿なので、とても落ち着いた雰囲気なので、ゆったりと過ごせます。
温泉は立ち湯の風呂が、すごく優越感にひたれ、ついつい長湯してしまいます。
食事は和食でしたが、どの品も上品でとても美味しかったです。
本当はフレンチが良かったですが、両親の還暦祝いに両親と行ったので、両親の希望が和食だったので、和食になってしまいました。
従業員の方もみんな親切で、事前に両親の還暦祝いだと伝えてあり、当日赤色のちゃんちゃんこを用意してくれていて、両親もとても喜んでいたので、泊まって良かったです。

接客対応

清潔感

客室

食事

コスパ

立地

温泉・スパ

5.0 2013年9月1日に投稿 投稿者: cawa
2013年3月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
松本市内から山を登っていくと、このお宿があります。 行くまでの道が狭くて、これでいいの?という不安が募りますが、到着すると かっこいい制服の方が迎えてくれます。 私の泊まった部屋は和洋室で、大きなベッドが2台と、暖炉とソファがあります。 部屋そのものについては特に問題はないのですが、お香が少しきつすぎたのが残念でした。 お食事は、和食・洋食・和洋食から選べます。 フレンチが有名なのですが、今回は和洋食で。 ダイニングもとても...

松本市内から山を登っていくと、このお宿があります。
行くまでの道が狭くて、これでいいの?という不安が募りますが、到着すると
かっこいい制服の方が迎えてくれます。
私の泊まった部屋は和洋室で、大きなベッドが2台と、暖炉とソファがあります。
部屋そのものについては特に問題はないのですが、お香が少しきつすぎたのが残念でした。

お食事は、和食・洋食・和洋食から選べます。
フレンチが有名なのですが、今回は和洋食で。
ダイニングもとても素敵な雰囲気で、お食事も大満足です。
我々の年代にはちょっと多すぎるくらいかも。

お風呂は、立ち湯が最高です。
外に雪が積もっていたので、よけい雰囲気がGOODでした。

接客対応

清潔感

客室

食事

コスパ

立地

温泉・スパ

備考・アドバイス

クラブフロアのお部屋にはそれ用の部屋があるようですが、そうじゃない部屋に宿泊でも、ロビーで飲み物がいただけます。
スパークリングワインやソフトドリンクもいただけるので、ぜひお食事の前に立ち寄ってみたほうがいいと思います。

1 - 7件目 / 合計 7件

施設情報

施設名
渓谷に佇む癒しの一軒宿 扉温泉 明神館
かな
けいこくにたたずむいやしのいっけんやど とびらおんせん みょうじんかん
所在地
〒390-0222
長野県松本市入山辺8967
電話番号
0263-31-2301
チェックイン
15:00
チェックアウト
12:00
アクセス
■タクシー・シャトルバスで
松本ICから扉温泉まで40分
諏訪ICから扉温泉まで1時間30分
■東京方面より
・電車で
新宿・中央東線特急あずさ2時間40分→松本→タクシー・シャトルバス30分→扉温泉
・お車で
東京・中央高速210km→松本IC→2km→松本市内→県道松本和田線14km→扉温泉
東京・中央高速170km→諏訪IC→ビーナスライン(冬季閉鎖あり)14km→(霧が峰、白樺湖)→扉峠→扉温泉
■大阪方面より
・電車で
新大阪・新幹線ひかり1時間4分→名古屋→中央西線特急しなの2時間10分→松本→タクシー、シャトルバス30分→扉温泉
・お車で
大阪・名神高速180km→小牧IC→中央高速195km→松本IC→2km松本市内→県道松本和田線14km→扉温泉
大阪・名神高速180km→小牧IC→中央高速185km→諏訪IC→ビーナスライン(冬季閉鎖あり)14km→(霧が峰、白樺湖)→扉峠→扉温泉
※お車でお越しのお客様へ
(1)ビーナスラインは冬期閉鎖(例年11月中下旬~4月中下旬)となりますので、冬期は松本市街地方面からお越しくださいませ。
(2)ビーナスラインから扉峠を経由してお越しになられる場合は、扉峠からは「よもぎこば林道」(
別名「アザレアライン」)を経由してお越しくださいませ。車載のナビゲーションシステムによっては、狭路急坂の道を案内する場合もあるようです。ご不明な点は明神館までお問い合わせくださいませ。
送迎
あり/松本駅発 15時、16時半
明神館発(松本駅行)9時半、11時
駐車場
あり(宿泊者無料)
駐車場台数: 35台
部屋数
44
設備・サービス
× インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 × 貸切風呂 ○ 客室露天風呂 × 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 × コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 ○ 送迎サービス × ランドリー × クリーニング ○ マッサージ ○ エステ ○ サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 × ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 フェイスタオル バスタオル 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 浴衣 スリッパ 綿棒 冷蔵庫 ミニバー 湯沸かしポット お茶セット テレビ 金庫
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS

渓谷に佇む癒しの一軒宿 扉温泉 明神館周辺の旅館