ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

加賀屋グループ 料理旅館 金沢茶屋

〒920-0853 石川県金沢市本町2-17-21
加賀屋グループ 料理旅館 金沢茶屋
〒920-0853 石川県金沢市本町2-17-21
TEL: 076-231-2225
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.4 に投稿 獲得票数:7 投稿者: たび金魚認証済
2019年2月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
加賀屋の伝統が活きている、金沢駅すぐの上質な宿

金沢茶屋は加賀屋グループの料理旅館で、金沢駅から徒歩3分ほどの場所にあります。2月の平日に、2名2食付きで41,000円(税サ込)で宿泊しました。

吊り提灯と暖簾のかかる表門をくぐると、石畳の品の良いアプローチになっていて、金沢駅前の喧騒を忘れさせてくれます。ランチに訪れたお客さんたちが記念写真を撮っていて、人気のほどがうかがえる華やいだ雰囲気です。玄関を入ると、照明の落とされたロビーには、黄金のフロントや朱に染められたテーブルにスポットライトが当てられていました。

フロントでは、予約情報の書かれた紙にサインをするだけでチェックインが済みました。その後、とても物腰の柔らかな男性スタッフに、館内の説明をうけながら部屋まで案内されました。客室設備の説明も丁寧にしていただき、おもてなしで名高い加賀屋本家の伝統を感じます。

その後、抹茶と和菓子が運ばれました。和菓子は予約のみの販売で、料亭や茶会でお目にかかれる老舗「吉はし」が、加賀屋のために作った「かがのひ」と、上生菓子のうぐいすもちでした。金箔がかかった「かがのひ」は、甘くて中が少し柔らかい不思議な食感のお菓子です。金沢の茶会では、吉はしが出ると評価が上がるといわれるほどの名店で、宿のこだわりを感じました。

客室は4階の「鏡花」で、12畳+広縁に4.5畳の小部屋があり、シャワーブースがついています。部屋には色鮮やかな朱塗りのテーブルが置かれ、柿渋色の柱にくわえ冷蔵庫なども茶色で統一された、どこかモダンさが漂う和室です。近年改装されたようで、気持ちよく過ごせました。

4.5畳の小部屋は、エアコンがなく寒かったのですが、空気清浄機だと思っていたものがヒーターだと後ほど教わりました。この小部屋には荷物を置けたので、客室も広く使えてよかったです。

客室はキレイに清掃されていました。ただし浴衣は使用感が多く、色褪せが目立つものでした。隣の部屋の物音は少し気になりますが、話し声は聞こえませんでした。

洗面やトイレなどの水回りも改装され、新しいものでした。アメニティは一般的な品揃えで、化粧品類もありました。洗面は狭いですが作り付けの棚が多く、物を置くのにたいへん便利でした。

温泉ではありませんが、1階に大浴場があります。浴場入口につながる通路は、文化勲章を受章した作家などの大樋焼や九谷焼など、高価な品物が展示されていました。

大浴場は男女で造りが異なりますが、入れ替えはありません。男湯は古代檜の湯船で浴室内は雰囲気のいい木造りです。女湯の湯船は石造りで、男湯よりもやや大きいようでした。脱衣場にはフェイスタオルはありませんが、バスタオルが用意されています。アメニティが揃っているので、特に困ることはありませんでした。女湯にはダイソンのドライヤーもありました。

夕食は部屋食でしたが、食事処の方もいらっしゃいました。部屋食のリクエストもできるそうですが、対応できないこともあるそうです。

料理は運ばれるペースがまちまちで、早いときは連続で運ばれたり、しばらく時間が空いて手持無沙汰になることがありました。今回の宿泊プランには、のどぐろ、甘海老、蟹がつくものでしたが、ズワイガニの量が少なかったのは残念でした。

気風のいい仲居さんは、料理を運んでくるたびに食材や郷土料理の歴史など、とても詳しく説明していただき、話も弾みました。ナマコの卵巣を干した珍味の干口子は、お酒がすすみます。脂がのったのどぐろの姿焼きは、身が口の中で溶けるほど柔らかく、旨みのある珠洲(すず)塩とよく合う絶品でした。箸休めに鬼おろしされた大根も添えられています。金沢の代表的な郷土料理の治部煮は、鴨肉に少し甘めの味付けの餡がかかり、ワサビをつけいただきます。加賀料理が中心のメニューは、味付けが上品でたいへん美味しくいただきました。

朝食は2階の大広間でいただきました。麩のはいった煮物は出汁が上品な味でたいへん美味しかったです。自分で焼いて食べるフグの一夜干しは、身が柔らかく肉厚でした。加賀屋オリジナルの子持ち昆布など、小鉢はどれも上品な味で、満足度の高い朝食でした。

男性スタッフはホテルマンのようなカチッとした対応で、着物姿の仲居さんは高級旅館らしく親しみのある接客でした。ロビーに飾られた九谷焼を眺めていた時も、若い仲居さんが短めだった浴衣に気づき、換えを持ってきてくださるなど、サービスを惜しまない姿勢には感心させられました。

また、客室内やバスタオルなどに髪の毛が残っている宿もしばしばありますが、チェックアウト時館内で見かけた掃除スタッフは白いヘアネットを被り髪が落ちないよう心掛けるなど、おもてなしを大切にする加賀屋の伝統が活きているように感じました。

上品な味付けの加賀料理を味わえる、古都、金沢にある料理旅館です。誰にでもお勧めの宿でした。

接客対応

フロントスタッフは上質な対応で、仲居さんは気の利く接客です。料理担当の仲居さんも、説明がくわしく、会話も弾みました。

清潔感

廊下の造りは、やや建物の古さを感じさせますが、客室はリフォームされていて、清掃もキレイにされていました。

客室

近年改装された客室は、高級というよりはモダンな雰囲気です。トイレや洗面も新しく、居心地よく過ごせました。

食事

伝統的な加賀料理が中心で、のどぐろの姿焼きは絶品でした。運ばれるタイミングはよくなく、時間がかかりました。手の込んだ朝食も品数が多く美味しくいただきました。

コスパ

上質な接客やキレイな客室など、今回はリーズナブルなプランでしたが、価格相応の満足感がありました。

立地

JR金沢駅から徒歩3分ほどの、大変便利な場所です。雨の日は、地下道を通ってA-8番付近のエレベーターを使えばすぐです。

温泉・スパ

温泉ではありませんが大浴場があります。それほど広くはありませんが、備品は揃っています。

備考・アドバイス

Wi-Fiが利用できます。

雨の日は金沢駅を出てすぐの地下道から向かうと、あまり濡れずにすみます。A-8番「本町」方面出口で、構内図にはエレベーターの表示はありませんが、上り階段のすぐ近くにありました。

加賀屋グループ 料理旅館 金沢茶屋周辺のホテル・旅館