ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

金沢 料亭旅館山乃尾

〒920-0831 石川県金沢市東山1-31-25
金沢 料亭旅館山乃尾
〒920-0831 石川県金沢市東山1-31-25
TEL: 076-252-5171

金沢 料亭旅館山乃尾のレストラン

山乃尾

山乃尾の文字を配した趣のある門が、幽玄の世界へと誘います。路地をぬけ、一棟一棟が独立した離れとなっているお部屋へとご案内いたします。
昼 11:30 ~(14:00)
夜 17:00 ~ 22:00(20:00)
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 に投稿 獲得票数:8 投稿者: ぽぽぽぽぽ認証済
2019年2月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
ひがし茶屋街を見下ろす高台に建つ、老舗料理旅館

ひがし茶屋街の近くの、金沢市内を一望できる高台に建つ1890年創業の老舗料理旅館です。部屋数はたった4室のみで、すべてのお部屋が離れになっており、13歳未満の子供は宿泊不可という大人のためのお宿です。お値段は2月の平日にひとりで泊まって、1泊2日2食付きで62,100円(税込み)でした。

駐車場でタクシーを降り、和の情緒あふれる小道を通って本館の前まで行くと、玄関の外で女将さんが出迎えてくれました。その場で荷物を預けると、仲居さんに導かれ、よく手入れされた日本庭園を抜けて、お部屋へと向かいました。お部屋の入り口の引き戸を開けるとお香のいい香りが漂ってきて、和の風情を感じました。

お部屋に入り、記帳を済ませると、おしぼり、上生菓子、抹茶が出されました。上生菓子は上品な甘さで、口に含むと溶けていくよう繊細な舌触りで、おいしくいただくことが出来ました。その後、仲居さんがお部屋について説明してくれ、夕食の時間を決めたのですが、17時半から19時半までの間で都合の良い時間を選ぶことができました。

案内されたのは、水仙という46平米のお部屋で、玄関を開けると3畳の次の間があり、その正面奥に広縁の付いた8畳の和室が広がっていました。次の間にあるもうひとつの扉を開けると、浴室と洗面所、トイレがありました。和室はシンプルな造りですが、壁が鶯色の落ち着いた雰囲気で、傷みや汚れはほとんど見受けられず、きれいで清潔感がありました。こちらのお宿は特に禁煙、喫煙の区別がなされていないようですが、煙草の匂いは全くしませんでした。当日は雨が降っていたのですが、窓が大きく自然光がたっぷりと入るため、明るく感じました。お宿が高台に建っているため、見晴らしがよく、窓からは金沢市内が一望できました。お部屋の向きの関係で、お茶屋街を見ることはできませんでしたが、お庭の展望スポットからは瓦屋根が並んだ風情あるひがし茶屋街のメインストリートを見下ろすことが出来ました。また、お布団は夕食中にお宿の方が敷いておいてくれました。

浴室と洗面所はごく最近リフォームされたようで新築かと思うくらいきれいで、木の風合いを活かしたモダンで洒落た造りでした。窓もあり、自然光が取り入れられていたので明るく、さらに洗面所と浴室の間はガラス張りだったので視界が開けて、より広く感じられました。檜の湯船もとてもきれいで、浴室のドアを開けると檜の香りがしっかりと感じられました。洗面台はお風呂の横とトレイの横に計2つありました。

お部屋には、飲み物として急須で入れるほうじ茶とペットボトルのお水が2種類、計4本置いてありました。冷蔵庫には有料ですが、ビールやウーロン茶などのソフトドリンク各種が入っていました。部屋着は浴衣と羽織が用意されていました。

アメニティは歯ブラシや櫛、剃刀など基本的なものはそろっていましたが、化粧水などはなかったので、持参する必要があります。ハンドソープはオーストラリアのブランドの「AESOP」のものが、バスアメニティは「SHISEIDO」の「LE MONDOR」のミニボトルが置いてあったほか、オランダのフレグランスバスキューブもあり、上質なものが揃えられていました。

夕食を約束した19時になると、仲居さんがお部屋まで迎えに来てくれました。本館に移動し、2階にある個室へと案内していただいたのですが、お部屋はとても広く、一人だと寂しく感じるくらいでした。お料理は加賀会席のコースだったのですが、急遽内容が変わったとのことでお品書きはありませんでしたが、代わりに仲居さんが丁寧に説明をしてくれました。先附けは温かいノドグロのお寿司でした。脂がのったノドグロは温められたことでさらにまったりとした脂を感じることができました。カブラのお吸い物はカツオと昆布でとった出汁がよく出ていました。タイやサヨリなどのお造りはとても新鮮でしたし、焼き八寸は蕗味噌、柚子胡椒、胡桃味噌の3つの味のバリエーションを楽しみながらいただくことができました。金目鯛と能登半島でとれる海藻・神馬草のお鍋は、板前さんがお部屋にきて目の前で調理してくれました。熱したお出汁にいれると神馬草が一瞬で鮮やかな緑に変わり、目でも楽しませてくれました。神馬草のシャキッとした食感はよかったのですが、金目鯛に比べると量が多く感じました。また、ご飯のおともにと、石川県の珍味である河豚の卵巣の糠漬けが提供されたのですが、糠の風味と塩味が効いて白いご飯との相性は良かったです。

朝食は昨晩の夕食と同じお部屋でいただきましたが、仲居さんのお迎えはなく、自分でお食事処へと向かいました。お部屋に入ると席には朝刊が置かれていました。赤くて大きいお椀に盛られた郷土料理の治部煮は鴨肉がやわらかく、しっかりとした味付けがされていました。鯵のナメロウは新鮮でしたし、カレイの西京焼きはとても脂がのっていて、お味噌の甘みとマッチしていました。さらに食べきれないほどのサラダも供され、満足できました。

スタッフのサービスは良かったです。担当してくれた仲居さんは礼儀正しく、こなれた対応をしてくれました。特に印象的だったのは、仲居さんにお勧めの観光スポットを訪ねたら、その場所の資料をプリントアウトして渡してくれました。また、女将さんはお土産にと羊羹を持たせてくれましたし、帰りにタクシーをお願いしたら、待っている間、お茶を入れてくれました。また、タクシーが待つ駐車場まで若い板前さんが荷物を運んでくれました。

今回の宿泊で気になった点がいくつかありました。ひとつめは、お部屋の鍵を渡されなかったことです。実際鍵を掛けなくても問題なかったので、気にする必要はなかったのかもしれませんが、鍵を開けたまま出かけるときは少し心配になりました。

2つめは、隣の部屋で工事が行われていたことです。壁の向こうからトンカチで叩く音や鋸の音が聞こえました。音が聞こえていたのはお部屋に入ってから夕方6時前までと、翌朝9時過ぎからで、音が鳴りっぱなしというわけではなかったのですが、やはりうるさく感じました。客が室内にいる時間は工事をやめる気遣いが欲しかったです。それと朝方、洗面所にいるとき、工事をしている部屋とは反対側の部屋から宿泊客の声も聞こえました。やはり木造の建物なので、音は漏れるようです。

3つめは、夕食時、男性の怒鳴り声が聞こえてきたことです。多分1階にいたスタッフだと思うのですが、大きな声だったので2階まで聞こえてきて、あまりいい気はしませんでした。

ほかは小さなことですが、浴槽にお湯を貯めるのにかなり時間がかかりました。きちんと計っていたわけではないのですが、蛇口を全開にしても45分以上はかかったと思います。お風呂を利用する場合は時間に余裕をもってお湯をためた方がよさそうです。それと室内の照明のスイッチが玄関にしかなく、就寝時、消灯しようとしたときに不便に感じました。

今回の滞在ではお料理と女将さんや仲居さんのサービス、風情ある茶屋街を見下ろす立地には満足できたのですが、気になる部分が結構ありました。一人での滞在だったせいもあると思うのですが、お値段を考えると少し割高に感じました。

接客対応

女将さんはテキパキとした気持ちのいい対応でしたし、仲居さんは人当たりがよく好感が持てました。夕食時、調理してくれた板前さんもハキハキとした対応で好印象でした。

清潔感

掃除は行き届いていて、清潔感がありました。お部屋もお庭もお食事処もよくメンテナンスがされていると思います。

客室

お部屋はきれいで新しく感じました。特に浴室と洗面所は新築のようでした。

食事

地元の名産、珍味、高級食材などが使われており、とてもおいしくいただくことが出来ました。器も素晴らしかったです。

コスパ

お料理とサービスには満足できました。ただ、気になる点もいくつかあり、それを考えるとお値段は少し高く感じました。

立地

金沢市内を見下ろす高台にあり、いい立地だと思います。ひがし茶屋街にも近く、観光にも便利でした。

備考・アドバイス

無料のWifiがありますが、本館ロビーでのみ利用できるそうで、お部屋では利用できませんでした。

金沢 料亭旅館山乃尾周辺のホテル・旅館