ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

いろりの宿 かつら木の郷の口コミ情報・宿泊予約

1位

いろりの宿 かつら木の郷

〒506-1434 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地10
いろりの宿 かつら木の郷
〒506-1434 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地10
TEL: 0578-89-1001
みんなの満足度
4.0 詳細評価
接客対応
3.9
清潔感
3.9
客室
4.0
食事
4.1
コスパ
3.8
立地
3.4
スパ・温泉
4.2
みんなの平均予算
30,000円未満
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 1泊 1泊 2泊 3泊 4泊 5泊 6泊 7泊 8泊 9泊 10泊 11泊 12泊 13泊 14泊 大人2名
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児(寝具のみ)
幼児(寝具・食事なし)
設定
子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。その他の予約サイトにつきましては直接ご確認ください。
解除
空室・最安値を検索
じゃらん
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
5
良い
2
普通
0
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
3
家族旅行
4
友人・知人
0
一人
0
全文表示簡易表示
1 - 7件目 / 合計 7件
4.5 2017年6月11日に投稿 投稿者: ゆき
2016年11月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
奥飛騨温泉郷の福地温泉にある古民家宿。福地温泉口のバス停まで迎えに来ていただきました。 古民家を移築した母屋にはロビーと食事処があり、お風呂の棟や客室棟には渡り廊下でつながっています。ロビーには囲炉裏の間があり、その隣の吹き抜けのソファスペースは太い欅の木の柱や梁が組まれていて、落ち着いた雰囲気です。 お部屋は1室ずつ独立したつくりになっていますが、一番奥に古民家一軒丸ごとがお部屋になった「欅家」があります。お宿自体が...

奥飛騨温泉郷の福地温泉にある古民家宿。福地温泉口のバス停まで迎えに来ていただきました。

古民家を移築した母屋にはロビーと食事処があり、お風呂の棟や客室棟には渡り廊下でつながっています。ロビーには囲炉裏の間があり、その隣の吹き抜けのソファスペースは太い欅の木の柱や梁が組まれていて、落ち着いた雰囲気です。

お部屋は1室ずつ独立したつくりになっていますが、一番奥に古民家一軒丸ごとがお部屋になった「欅家」があります。お宿自体が評判が高く、特にこのお部屋は人気があるというので、気合いを入れて予約受付開始の6か月前に予約を入れました。予約は電話のみです。

玄関を入った先が囲炉裏の間、その奥に和室、マッサージチェアのある三和土の向こうにも別の和室、手前にはリビングルーム、バスルーム、キッチン、そして屋外には露天風呂、という非常に広くて贅沢な空間です。囲炉裏の間は梁がむき出しの高い吹き抜けになっていて床の肌触りも良く、テンションが上がります。3名で宿泊しましたが、それぞれが好きな場所で好きにくつろげて、とても気持ちよく過ごせました。

夕食、朝食は母屋の食事処で、1組ずつ区切られた個室になっており、それぞれに囲炉裏があります。この囲炉裏で岩魚を焼いたり、飛騨牛を焼いたり、朴葉味噌を炙ったり、味噌汁の鍋を吊るしたり。素朴な山の幸に加えて飛騨牛がいただけるのが、奥飛騨温泉ならではの素晴らしいところです。

パブリックスペースの温泉は、男湯、女湯(それぞれ内湯、露天風呂)のほかに、貸切風呂(予約制ではなく、空いていれば入れる仕組み)が2つ。さらにお部屋の露天風呂にも入るので温泉に入るだけでも大忙しです。秘湯を守る会なだけあって、源泉かけ流しの素晴らしいお湯。やっぱり朝日を浴びながら入るお部屋の露天風呂がいちばん気持ちよかったかな。

古民家のお宿は他にもたくさんありますが、「欅家」ほど贅沢に空間を使ったお部屋のあるお宿はなかなかないのではないかと思います。お宿自体も素敵ですが、ここではぜひ奮発して「欅家」に泊まることをお勧めします。

11月初旬は紅葉が終わりかけでしたが、それでも赤く色づいた木々が趣を添えていました。他の季節は訪れていないので何とも言えませんが、やはり紅葉や雪景色が似合うのではないかと思います。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 2016年7月29日に投稿 獲得票数:6 投稿者: 美湯
2016年7月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
かつら木の郷さんは、4000坪の敷地に150年前の豪農の館を移築した母屋と、古民家の離れが点在する風情あるお宿です。7月下旬の平日に夫と宿泊しました。大人二名二食付 50280円(税・入湯税込)でした。 駐車場に車を寄せるとすぐに男性スタッフの方が荷物を受け取って下さり、フロントのある母屋まで案内してくださいました。駐車場から母屋の入口までは少し歩きます。ロビーには大きな囲炉裏があり、お子さんたちが遊べるように折り紙や...

かつら木の郷さんは、4000坪の敷地に150年前の豪農の館を移築した母屋と、古民家の離れが点在する風情あるお宿です。7月下旬の平日に夫と宿泊しました。大人二名二食付 50280円(税・入湯税込)でした。

駐車場に車を寄せるとすぐに男性スタッフの方が荷物を受け取って下さり、フロントのある母屋まで案内してくださいました。駐車場から母屋の入口までは少し歩きます。ロビーには大きな囲炉裏があり、お子さんたちが遊べるように折り紙や懐かしいおもちゃ類が置かれていました。吹き抜けになった高い天井には見事な太い梁が見られ、歴史を感じる重厚感溢れる空間に心躍りました。

ゆったりとした和モダンなソファーで記帳をし、ウエルカムドリンクをいただいてから、お部屋に案内していただきました。ロビーにある色浴衣を女性のみ一枚無料で選べます。

点在している離れは全て長い渡り廊下でつながっています。ロビー横にはライブラリースペースがあり、中庭を眺めながら読書を楽しめます。渡り廊下の中ほどに自動販売機と製氷機と、いっぷく処がありました。そのまま渡り廊下を進み、階段を数段上がるとやっと私たちの部屋に到着しました。館内には民芸調の飾りや季節の花が生けられ、長い廊下も飽きさせない工夫がされていました。食事処、大浴場も母屋にあるので、移動距離がかなりあります。移動が難しい方は、予約の際にご相談なさることをオススメします。

案内されたのはCタイプの「二の蔵」でした。予約はBタイプでしたが、ランクアップしてくださったそうです。Bタイプは囲炉裏をはさんで両側に本間と次の間があるタイプでしたが、Cタイプはさらに広くメゾネットタイプでした。

中に入るとすぐに吹き抜けと囲炉裏がある12畳のリビングです。リビングの床材も削り模様が入った変わったもので印象に残りました。隣は「かまくら」と呼ばれるオーディオセットが置かれているだけの小部屋でした。窓が小さく、閉鎖的な空間は、男の隠れ家の様でとても落ち着くと夫が大喜びしておりました。リビングから一段下がったところに10畳の和室と広縁+ウッドデッキがあり、広々としたウッドデッキからは、飛騨の山を見渡せとても開放感がありました。冬はこちらの和室に炬燵が置かれるそうです。リビングと和室には床暖房も完備されていましたので、雪深い当地でも暖かく過ごせそうです。この二部屋だけでも十分な広さでした。

二階は12畳の寝室で、琉球畳の上に布団がすでにセットされていました。敷布団がかなり厚めのもので、寝心地はとても良かったです。二階へあがる階段が少し急なのが気になりました。

浴衣、バスタオルも二枚用意され、大きな温泉かごも、大浴場へ行くのに大活躍しました。浴室がお部屋にはありませんので、アメニティ類は最低限でした。基礎化粧品類は大浴場に備えてありますが、こだわりのある方はご自身のものをお持ちになることオススメします。Cタイプは最大9名泊まれるので、二世帯御家族やグループで使うのにぴったりだと思います。

大浴場は母屋の一番の奥にあり、チェックインから翌朝の10時までいつでも入浴できます。隣接して貸切風呂が二箇所あります。

男女別の大浴場は、桧の内湯と石造りの露天があり、5.6人は一度に入れる広さです。秘湯の会の会員さんのお宿だけあり、単純泉とナトリウム-炭酸水素塩泉の二種類の源泉が贅沢にかけ流しで使われています。この日は透明でしたが、季節によって茶褐色に濁ることもあるそうです。分析表を見ると美肌成分のメタケイ酸値が高い美肌の湯です。お湯がとても柔らかく、優しいので長湯しても湯あたりがしにくく、何度も温泉を楽しめました。

貸切風呂は無料で予約の必要もなく、好きな時に内鍵をかけて入ることができます。「木船」と「石船」があり両方とも内湯は桧で、露天が「石舟」は石造り「木船」は桧の浴槽でした。私は木の温もりが感じられるこじんまりとした「木船」の露天がとても気に入り、三度入浴しました。内湯と露天を仕切る木の扉は網戸になっており、虫が入らないようにとの気遣いがありました。貸切風呂も二人で入るには十分な広さがあり、ゆったりと湯浴みを楽しめます。45分以内で使用してくださいと張り紙がありますが、全10室なので空いていることが多く、入りたい時に入れました。

大浴場前のお休み処に湧水が用意されています。この湧水も冷たくて美味しかったです。部屋に戻る途中に通るロビー横にも、ドリンク類とちょっとしたおつまみが常に用意されていたので、ロビーは湯上りにホッと一息つけるお気に入りのスペースでした。

お夕食も母屋のお食事処の個室でいただきました。宿から指定された時間は18時のみでした。囲炉裏端での食事は暑いかなと思っていたのですが、標高が高いので夕方からからかなり冷え込み暑さは感じませんでした。給仕担当は新人さんで、たどたどしいお料理の説明でしたが、一生懸命な態度がとても微笑ましく、掛け合いをしながら楽しく食事ができました。旬のとうもろこしを使ったお椀の真丈や、焼きとうもろこしご飯が甘くて美味でした。飛騨牛と鮎と五平餅は囲炉裏の炭火焼でいただきました。鮎がとても大きく、皮がパリっと焼けて食べごたえがありました。飛騨牛はとろけるような柔らかさで、評判通りの美味しさでした。お造りは川鱒と川フグ(なまず)の胡麻和えで、臭みもなく上手に料理されていました。山の幸と地のもの、季節のものに手をかけて作られた心のこもったお料理にかなり満足しました。

朝食も同じ個室でいただきました。朝も囲炉裏に火が入り、稚鮎、地の野菜、飛騨名物朴葉味噌を焼いていただきました。特に目新しい物はありませんが、囲炉裏で焼いていただくと、お野菜もとても美味しく感じました。

広大な敷地に10室の離れしかないので、隣室との距離もあり、とても静かにゆったりと過ごせます。スタッフの方はお若い方が多いのですが、マニュアル的な対応ではなく、ほっこりする接客姿勢で心が和みました。

福地温泉の宿泊者のみ、福地温泉の他のお宿のお風呂に立ち寄り湯ができる「のくとまり手形」が発行されていますので、温泉好きの方は是非利用なさってください。ただ、宿泊日の21時まででお宿の浴衣を着て徒歩で周るという縛りがあり、この日は午後から大雨だったので使えませんでした。福地温泉では夏祭りや朝市などいろいろなイベントが企画されています。今回は大雨ですべて中止になってしまい残念でしたが、会場はお宿のすぐそばなので、気軽に参加できると思います。

四季折々の自然を楽しみながら、静寂な山間でゆったりと温泉と郷土料理を楽しめる、お気に入りの宿が見つかりました。雪見露天の季節に再訪したいです。

接客対応

スタッフの方はお若い方中心です。スマートではありませんが、親しみのある接客態度で心がほっこりします。

清潔感

広い館内ですが、清掃は行き届いています。建物は古民家を移築したものですが、古さを感じさせません。

客室

離れ形式になっているのでプライベート感があり、とても静かで開放感のあるお部屋でした。高い天井や太い梁など、非日常を感じさせられる演出に感動します。

食事

囲炉裏でいただく飛騨牛のステーキが最高でした。山の幸だけですが十分満足できるように工夫されている内容でした。

コスパ

広々とした離れの客室、囲炉裏端での郷土料理、かけ流しの温泉と無料の貸切風呂が二つでこの価格は満足感高いです。

立地

車で行くには問題ありませんが、公共交通機関を使うと少し不便な立地です。緑に囲まれた自然豊かな環境です。

温泉・スパ

内湯・露天を兼ね備えた二つの貸切風呂が無料でいつでも使えます。二種の源泉を使った温泉がかけ流され、存分に湯浴みを楽しめます。

備考・アドバイス

・二人で宿泊するにはBタイプでも十分な広さだと思います。Cタイプのお部屋なら大人数で宿泊してもストレスなく泊まれる広さです。大浴場まで距離がありますので、足元を気になさる方は露天風呂付き客室をオススメします。

・山奥ですが、フリーWIFIがつながります。

・標高が高いので朝晩は夏でも冷えます。一枚羽織るものをお持ちになるといいと思います。

4.5 2016年4月14日に投稿 投稿者: とみー
2016年2月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
2016年2月の平日に露天付Dタイプの離れに宿泊です。 雪の白川郷へ行くことが目的でしたが雪見風呂も堪能したくて前日に福地温泉に宿泊しました。 事前に色々と調べて秘湯を守る会の宿で古民家風&部屋付露天風呂のあるお宿を探し口コミの高かったこちらに決めました。 到着時車を停める場所に迷いましたが(雪が積もっていて駐車スペースが分からず)従業員の方が出てきて誘導をしてくれましたのでスムーズでした。 豪農?の古民家を移築したとの事で木の...

2016年2月の平日に露天付Dタイプの離れに宿泊です。
雪の白川郷へ行くことが目的でしたが雪見風呂も堪能したくて前日に福地温泉に宿泊しました。
事前に色々と調べて秘湯を守る会の宿で古民家風&部屋付露天風呂のあるお宿を探し口コミの高かったこちらに決めました。
到着時車を停める場所に迷いましたが(雪が積もっていて駐車スペースが分からず)従業員の方が出てきて誘導をしてくれましたのでスムーズでした。

豪農?の古民家を移築したとの事で木の暖かみと重みのある佇まいが雪景色とピッタリで外観からテンションが上がってしまいました!

ロビーは暖かくとても明るい雰囲気です
囲炉裏のあるスペースを抜けロビーのソファでチェックインしました。
担当の若い方はハキハキと明るい方でとても好感が持てました。

共用のライブラリースペースやドリンクバー(豊富な種類のお茶やコーヒーが常に用意されています)を通り抜け案内されたお部屋は確かとても広くて囲炉裏の間まであります!何より部屋付の露天風呂が広くて感動!
大人が4,5人で入ってもゆとりがあるのではないでしょうか。
好きな時に好きなだけ雪見風呂ができるなんて本当に贅沢でした。
お部屋の囲炉裏は実際に使用する事ができます。食後に出てきた五平餅をお部屋の囲炉裏でちりちりと・・・サイコ-ですね!!

館内はどこも窓が多くとても明るい雰囲気でした
今年は雪が少ないとの事でしたが窓から見える大きなツララを見ると雪国に来たんだなぁと実感。
大浴場・貸切風呂ともに木のぬくもりのあり広くて素敵な雰囲気でした。
内湯のドアを開けるといきなり露天風呂に繋がっている作りは寒い季節に冷えなくて良いですね~!
三度笠をかぶりながらチラチラと舞う雪を眺めてのんびりと入浴。
本当に気持ちよかった!!貸切風呂も二つあるせいか大浴場では誰にも会いませんでした。

お食事は夕、朝食とも個室の囲炉裏で頂きます
焼き物は自分で囲炉裏で焼くスタイルでしたがその他は見た目、味ともにどれも手がかかっていて素朴ながらもとても美味しかったです。
でも1番はやっぱり囲炉裏焼きの飛騨牛のステーキですね!甘味があり本当に美味しかった!自分の好きな焼き加減で頂けるのは囲炉裏ならではですね。

食後は満腹のお腹をさすりながらもお部屋の露天で雪見酒を堪能。
何度も何度もお風呂に入り最高の贅沢ができました!

従業員のみなさんは若い方が多く活気がありましたが雑な感じは一切なく
とても勉強されていて気持ちよく滞在する事ができました!

伊豆や箱根にもよく行きますが離れ・広ーい露天付でこの価格帯ではまず泊まれないでしょう。おいしい郷土料理とあたたかいおもてなしのお宿です。
新緑の季節にも訪れたいと思います。

接客対応

若い方が多く活気がありますが押し付けがましい所は一切ありません

清潔感

古民家移築の宿で囲炉裏もありますが常に綺麗にお手入れされており快適です

客室

とても居心地が良かった。お部屋の露天風呂も大きくて大満足です

食事

一品一品手がかかっていてとても美味しい。見た目も美しく、囲炉裏を活かしたお料理は楽しめました

コスパ

広い露天付でこの金額は伊豆や箱根ではまずないでしょうが交通費を考慮してこの評価です

立地

関東エリアからはなかなか時間がかかります

温泉・スパ

念願の雪見風呂を堪能しました

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.1 2015年12月1日に投稿 獲得票数:2 投稿者: kitty
2015年11月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
11月下旬の日曜日に宿泊しました。露天風呂付離れ客室Dタイプ、2名1室(朝夕食付)60480円でした。 駐車場に到着した際には係の方が誰もおられず、こちらから一度呼びに行かなければなりませんでした。丁度、チェックイン開始時間であった為、宿泊客の到着案内等で忙しかったようです。車から荷物は運んで下さり、駐車場から少し長い道を歩きながら母屋へと向いました。雪の場合には、足下が悪いので大きな荷物を持ちながら移動するのは大変そうでした...

11月下旬の日曜日に宿泊しました。露天風呂付離れ客室Dタイプ、2名1室(朝夕食付)60480円でした。

駐車場に到着した際には係の方が誰もおられず、こちらから一度呼びに行かなければなりませんでした。丁度、チェックイン開始時間であった為、宿泊客の到着案内等で忙しかったようです。車から荷物は運んで下さり、駐車場から少し長い道を歩きながら母屋へと向いました。雪の場合には、足下が悪いので大きな荷物を持ちながら移動するのは大変そうでした。

駐車場の脇には小屋があり、休憩所として使われることもあるようでした。囲炉裏を囲むように椅子も置かれており、景色を楽しみながら一休み出来るようになっていました。ですが、11月末ですと雪も積もり始めており、寒くて利用している方はいらっしゃいませんでした。

約150年以上前の豪農の屋敷を移築した母屋は、暖簾をくぐった瞬間から奥飛騨らしさを感じられるようになっていました。中に入ってまず目にとまったのが、ロビー中央にある囲炉裏の部屋です。一年を通して火が焚かれており、囲炉裏を囲みながら昔ながらの玩具で遊んだり、折り紙をしたりと、大人も子どもも夢中になって楽しめる部屋になっていました。周りにはアンティーク調のソファー席が3箇所と、隣には書籍部屋があり、到着順に各場所へと案内され、お着きのお茶を頂きながら記帳手続きと、館内の案内を受けました。

「かつら木の郷」の敷地は4000坪、その広大な敷地の中に、母屋と通路でつないだ客室が10室ありました。少し坂道になっている長い渡り廊下を歩き、階段や左右に分かれる道を通りながら、やっと客室へと辿り着くことが出来ます。少し雪が積もっており外は非常に寒かったのですが、外気に触れない構造になっているので、渡り廊下で寒さを感じることはありませんでした。ですが、どの客室に宿泊をしてもお風呂や食事処への移動距離がかなりありますので、小さなお子様連れや足の不自由な方には少し使い勝手は良くないように感じました。

露天風呂付離れの客室「603柿香庵」は、他に宿泊客がいることを感じないほど静かでした。客室の前にはテラスがあり、置かれている書物を読みながらゆったりと過ごすことも出来ます。露天風呂が付いている客室は、離れDタイプの2室と、一軒家タイプ「605欅家」の計3室だけでした。本間10畳、囲炉裏の間7.5畳に露天風呂が付いており、4名まで宿泊可能です。囲炉裏にいつでも火をつけられるように準備されており、予備の炭なども沢山用意されていました。囲炉裏のある客室に何度か宿泊したことがありますが、本当に火をつけて利用出来たのはこちらの宿が始めてでした。床は床暖房になっていますし、2人掛けのソファーもありましたので、滞在中のほとんどの時間を本間ではなく囲炉裏の間で過ごしました。珍しさだけでなく、居心地の良さがありました。

専用露天風呂へは、本間から下駄を履いて一度外に出なければなりません。脱衣所や椅子等は設置されているので不便はありませんが、洗い場が外なので冬期は使用しにくいです。使えないわけではありませんが、寒くて身体を洗うことが出来ませんでした。事前に係の方からも、洗い場は大浴場か貸切り風呂を利用した方が良いと勧められるくらいです。脱衣所の上には暖房器具が設置されていますので、着替えは寒く感じませんでした。浴槽は十分な広さがあり、庭や周りの景色を独り占めしながら、源泉掛け流しの温泉を堪能出来ました。残念ながら今の時期は雪もまばらにしか積もっておらず、枯れ木の少し寂しい景色ではありましたが、新緑や雪の季節は眺めも更に素晴らしくなると感じました。

女性のみ、選べる浴衣がありました。それ以外に、男女1枚ずつ旅館オリジナルの浴衣が1枚用意されています。また、露天風呂付客室のみ、さっと羽織れる室内着も用意されていました。アメニティ類にこだわりは感じられませんでしたが、ボトルタイプの豆乳を使った基礎化粧品等は用意されているなど、必要最低限の物は揃えられていました。

男女別の大浴場は、翌朝の10時までいつでも利用可能でした。どちらも同じで、大浴場の内風呂は桧、露天風呂は岩の造りとなっています。夕食開始の18時台が空いており、貸切りで利用することが出来ました。貸切り風呂が隣に2室あるので、どの時間帯でも大浴場が混雑することはありません。湯は、単純温泉とナトリウムー炭酸水塩泉、敷地内から涌く二種類の源泉掛け流しです。露天風呂への扉を開けてすぐ足下から温泉になっているので、冷たくなった石の上などを歩く必要がありません。今までに経験したことのない造りでしたので少し驚きましたが、利用者が寒くならない構造はとても良かったです。

貸切り露天風呂は予約等もなく、空いていれば翌朝10時までいつでも利用可能でした。わざわざ遠い客室から確認に行かなければならないのは少し不便ではありますが、大浴場の隣なのでついでに入浴するには丁度良い立地です。意外にも、大浴場の利用客が多く、貸切り露天風呂の方が空いていることが多かったです。内湯は桧、露天風呂は木と石に分かれており、「木船」「石船」と名前が付けられていました。個人的には、「石船」の方が開放感のある造りで好きでした。1回につき45分程度の利用にして下さいと張り紙がされているだけで、特に制限もなく、ゆったりと内風呂と露天風呂を楽しむことが出来るのが良かったです。

夕食の時間は、18時か18時半開始でしたので、私達は遅い時間帯を選択しました。炭火を使った囲炉裏料理が中心となるため、部屋食の対応はなく、個室の囲炉裏付の食事処にて頂くことになります。岩魚や五平餅、飛騨牛の炭火焼きは、目の前の囲炉裏を使って焼きたての状態を頂くことが出来るので、とても印象に残りますし、美味しかったです。川鱒と岩魚の東寺和えや飛騨ナメコの真丈など、地元の食材を上手く取り入れた、山と川の幸の料理が出されます。全体的な量は多く感じました。少し彼の体調が優れなかったこともあり、特別におにぎりとデザートを客室に用意して頂き、後半はゆっくりと客室で過ごしながら食事の続きをとることが出来ました。

朝食の時間は8時、8時半、9時から選択出来ます。朝も囲炉裏を使って、鮎の一夜干しや地物野菜、朴葉味噌を焼いて食べました。煮物などは寒い地方ならではの味付けで、朝からは少し味が濃いように感じましたが、田舎料理を少しずつ多くの種類味わうことが出来ました。

チェックイン開始時間早々は、準備等で慌ただしい雰囲気がありましたが、一度落ち着くとどの場所も静寂な空間となります。それぞれの客室も離れていますので、何の音も聞こえない、自然音だけの田舎滞在を楽しむことが出来ました。

接客対応

到着に気付いて頂けなかったのは残念でしたが、その後は何でもすぐに気付いてくださり、対応も早くて良かったです。

清潔感

古さは感じますが、清掃等で気になる箇所はありませんでした。

客室

露天風呂付離れD タイプ客室「603柿香庵」は、客室内にある囲炉裏に火を入れて使うことも出来ました。

食事

囲炉裏を使いながら、飛騨の郷土料理を朝夕ともに美味しく頂けました。

コスパ

立地

奥飛騨温泉郷にあり、平湯・高山方面からは入ってすぐ手前のわかりやすい場所に位置しています。

温泉・スパ

全10室の宿なので、大浴場・貸切り風呂のどちらも空いていて利用しやすかったです。

備考・アドバイス

11月下旬からは、スタッドレスタイヤが必須です。

5.0 2014年3月8日に投稿 投稿者: こころん
2014年2月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
以前宿泊した時に非常に満足度が高かったので再訪しました。 前回宿泊した時は妊娠中、今回は乳児連れでの宿泊となりました。 チェックイン時に雑談しながらさりげなく子どもの名前を聞かれました。 その後夕食時に対応してくれた別の従業員の方が、ちゃんと子どもの名前を覚えていてくれて、細かなことですがとても感心しました。子どももちゃんと客として扱ってくれているという感じが良かったです。 また他の宿では、布団も食事もいらないのに子ども...

以前宿泊した時に非常に満足度が高かったので再訪しました。
前回宿泊した時は妊娠中、今回は乳児連れでの宿泊となりました。
チェックイン時に雑談しながらさりげなく子どもの名前を聞かれました。
その後夕食時に対応してくれた別の従業員の方が、ちゃんと子どもの名前を覚えていてくれて、細かなことですがとても感心しました。子どももちゃんと客として扱ってくれているという感じが良かったです。
また他の宿では、布団も食事もいらないのに子ども料金がかかっていましたが、こちらは子ども料金は一円もかかりませんでした。(子ども0歳)
その上、子ども用の可愛らしい布団と毛布まで貸していただけました。

館内はセンスの良い和小物が飾られ、無料のお茶やお菓子などが用意されていて相変わらず居心地のよい雰囲気でした。
【写真1・2】
室内のアメニティもこだわりが感じられ、キャリーケースの下に敷いて使う布など細かいところまで心配りが行き届いていました。
私が非常に便利だったのは、室内で無料で使える無線LANです。私は持参した仕事用のノートパソコンは使わなかったのですが、wifi経由でスマホのメールの送受信をしているので非常に助かりました。
秘湯の風情は残しつつ、こういった最新の設備をきちんと整えてくれているのはとても良いと思います。

温泉は男女別の大浴場と、貸し切り風呂(無料、予約不要)が2つあります。
貸し切り風呂と言っても、そこそこの大きさの内湯と露天がちゃんとついているのでそちらのほうが人気があるようで、大浴場も貸し切り状態で楽しむことができました。
子どもが迷惑をかけないように、夕食前に貸し切り風呂を利用しました。【写真3・4】
子ども用の椅子とマットが洗面台の下に用意してありました。(大浴場にもあり)
子ども用のベッドはさすがになかったのですが、着替え用の棚が大きめなのでその上で着替えさせることができました。
【写真5】

夕食は個室の囲炉裏の部屋でいただきました。
子ども用の食器も用意していただきました。(離乳食なので使いませんでしたが)
囲炉裏と言ってもテーブルになっているので、子どもがいても危険を感じることはありませんでした。
料理は前回同様、囲炉裏での焼き物をメインとした山里料理でしたが、人参のポタージュやキャベツご飯など、創作料理のテイストが加わってちょっとランクアップした感じでした。味はもちろんとても美味しかったです。【写真6】
家は使わなかったのですが、子ども用の可愛らしい椅子も用意してありました。【写真7】

今回は子ども連れで迷惑をかけないか心配だったのですが、部屋は離れになっていて壁も厚いのか全く音も気にならなかったし、従業員の方も親切に対応してくださり、子ども用のお風呂マットや椅子なども用意してあって無事に楽しく過ごすことができました。他にも乳児連れのお客様がいましたがそちらの声も全然聞こえませんでした。
子連れには敷居が高い宿かと思っていましたが、思いかけず歓迎していただけて非常に嬉しく思いました。

前回宿泊したときとちょっと変更していたのは、福地温泉のお湯巡りができるもらい湯手形が有料の「のくとまり手形」になっていた所。
それと細かい点ですが、お風呂場の椅子と桶が木からプラスチックに変わっていた所です。【写真8】
木の方が風情はありますが、プラスチックの方が軽くて使いやすかったので利便性をとったのだと思います。

正直、初回の印象が非常に良かっただけに二回目の印象はどうかなと思っていたのですが、今回も前回以上に
満足しました。リピーターがとても多いのも納得です。
そしてこちらの宿は連泊すると2日目に凄い飛騨牛が食べられるとのことですので、次回は絶対連泊してみたいと思います。
両親や大事な人を招待したくなるような、とっておきのオススメのお宿でした。

接客対応

清潔感

客室

食事

コスパ

立地

温泉・スパ

5.0 2013年10月28日に投稿 投稿者: こころん
2012年11月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
湯元長座に宿泊してみて素晴らしかったので、姉妹宿ともいえるこちらへの宿泊を申し込みました。 建物は風情ある和風の造りで、館内は非常に落ち着いた雰囲気です。お風呂は男女とも露天と内風呂、貸し切り風呂があります。風呂は湯元長座に比べると規模は小さいものの、檜の浴槽で風情は満点です。 また風呂場への入り口付近には、無料のお茶やお菓子のサービスもあります。 お部屋はいろり付きの部屋に宿泊しました。予備の炭も準備してあり、いろり...

湯元長座に宿泊してみて素晴らしかったので、姉妹宿ともいえるこちらへの宿泊を申し込みました。
建物は風情ある和風の造りで、館内は非常に落ち着いた雰囲気です。お風呂は男女とも露天と内風呂、貸し切り風呂があります。風呂は湯元長座に比べると規模は小さいものの、檜の浴槽で風情は満点です。
また風呂場への入り口付近には、無料のお茶やお菓子のサービスもあります。
お部屋はいろり付きの部屋に宿泊しました。予備の炭も準備してあり、いろりの火を存分に楽しむことができます。また冬場にはありがたいコタツもありました。今回はパソコンを持参しなかったのですが、山の宿には珍しく無線LANの設備もありました。
食事は長座と同じスタイルで囲炉裏端で頂きます。季節の野菜などが趣のある器に盛られて提供されました。特筆すべきは囲炉裏で焼く飛騨牛です。非常にジューシーで美味しいお肉でした。全体の量も、成人男性でも満足できるボリュームです。
館内には無料で利用できる書籍コーナーや、ネイルなどの無料貸し出しサービスもあります。
スタッフの方々の対応も、快く写真撮影していただけたり、色々なお話をしてくださったりとても良い印象でした。
また宿泊したい良いお宿です。

接客対応

清潔感

客室

食事

コスパ

立地

温泉・スパ

5.0 2013年9月30日に投稿 投稿者: zheren
2012年12月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
お風呂がとにかく良いです。源泉かけ流しで、大浴場はゆっくり湯を満喫できて最高です。家族風呂も3つあり、それぞれ趣の違うお風呂になっているので、空いていれば何度でもお湯を楽しめます。 料理もおいしくてボリュームがあり、男性でも満足!女性は多くて食べきれないかもしれません。でも次の料理が来るまでにかなり間が空くことがあって、その間は食べるものがなくなる状態だったので、男性は特に食べるのが早いので手持無沙汰になっていました...

お風呂がとにかく良いです。源泉かけ流しで、大浴場はゆっくり湯を満喫できて最高です。家族風呂も3つあり、それぞれ趣の違うお風呂になっているので、空いていれば何度でもお湯を楽しめます。
料理もおいしくてボリュームがあり、男性でも満足!女性は多くて食べきれないかもしれません。でも次の料理が来るまでにかなり間が空くことがあって、その間は食べるものがなくなる状態だったので、男性は特に食べるのが早いので手持無沙汰になっていました。
部屋食ではなく食事の個室へ移動して食べます。個人的には部屋食よりこの方式が好きです。(部屋食だと部屋に食事のにおいがつくし、布団を敷いてもらう間立って待っていなくてはいけないので)。
料理の一つ一つが凝っていて、料理長の工夫を感じます。その季節に合った食材を使っているし、家庭ではできないような料理が出てくると、さすが!勉強になる!来てよかった!と主婦としてはまた一つの大きな楽しみになります。我が家は酒を飲まない者もいるので、それを伝えれば最後のごはんと汁物を先に持ってきていただけます。
朝食も十分なボリュームで朝からおなか一杯になります。
部屋も清潔でトイレ、洗面もきれいです。泊まった部屋は4人寝れる部屋だったので、広くて囲炉裏もあり、情緒たっぷりでした。
広い旅館なので、部屋によってはお風呂までの距離が長いですが、浴衣で廊下を歩くのも風情ある時間です。寒いので廊下やところどころにストーブが設置されている気づかいを感じます。
気になる点といえばチェックアウト時の待ち時間が少し長かったです。すべてのお客さんが同じチェックアウト時間なので仕方ないですが…。待ってる間に座ろうと思っていたロビーのソファや囲炉裏スペースも満員でした。
総評としては到着から出発まで、快適に過ごせる素晴らしい旅館です。

接客対応

清潔感

客室

きれいに清掃されている。広くて囲炉裏のある部屋だったのでよかった。

食事

コスパ

立地

温泉・スパ

温泉がとにかく良い。源泉かけ流しで、大浴場ももちろん良いし、貸し切り家族風呂も3つあるので楽しめます。

備考・アドバイス

囲炉裏つきのお部屋をお勧めします。

1 - 7件目 / 合計 7件

施設情報

施設名
いろりの宿 かつら木の郷
かな
いろりのやど かつらぎのさと
所在地
〒506-1434
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地10
電話番号
0578-89-1001
チェックイン
15:00
チェックアウト
11:00
アクセス
長野道松本ICより車で70分。東海北陸道清見IC経由中部縦貫道高山ICより車で60分
送迎
あり/福地温泉口(車2分)までの送迎をしております。
お迎えの準備がありますので、バスにご搭乗する際にバス時刻をご連絡下さい。
部屋数
10
設備・サービス
○ インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 ○ 貸切風呂 × 客室露天風呂 ○ 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 × コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 ○ 送迎サービス × ランドリー × クリーニング ○ マッサージ × エステ × サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 × ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 フェイスタオル バスタオル 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 浴衣 綿棒 冷蔵庫 衛星放送
情報提供: じゃらん

いろりの宿 かつら木の郷周辺の旅館