ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

奥飛騨 森の癒し もずもの口コミ・宿泊記

6位

奥飛騨 森の癒し もずも

〒506-1433 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯579-1
奥飛騨 森の癒し もずも
〒506-1433 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯579-1
TEL: 0578-89-2020
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.5 に投稿 獲得票数:10 投稿者: らく
2017年10月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
森と調和したシンプルモダンが美しい、ひとり旅にもおススメの宿

奥飛騨の平湯温泉にある全10室の旅館です。客室は「森羅」と「縁壽」2つのタイプがあり、いずれの客室も露天風呂を備えています。「森羅」の方がやや広めの造りになっており、今回は「森羅」の客室に平日1名1泊2食付34,000円(消費税込み)のプランを利用して宿泊しました。

平湯温泉のバスターミナルから徒歩で5分程の比較的アクセスのしやすい場所にあります。周囲の森に溶け込むような佇まいが美しく、エントランスには看板代わりに宿名が彫られた小さな石が置かれ、さり気なくはありますが、どことなく洗練された雰囲気が漂っていました。

玄関に入るとフロントの女性スタッフさんから「いらっしゃいませ」と挨拶を受けましたが、スリッパも用意されず、仕方なく靴を脱いで裸足でフロントへ向かいました。以前宿泊した時はロビーのソファに案内されたのですが、この日はチェックインが重なったようでソファに空きがなくフロントで立ったまま記帳し、客室に案内されるまでそのままで待たされました。待っている間にスリッパを用意して下さいましたが、玄関を上る時に用意されるべきだと思います。その後別のスタッフさんに客室へ案内していただきましたが、お茶やおしぼりのサービスは省略され、早口で客室の説明をし終えると足早に退出されました。スタッフの方は皆さんとても忙しそうで余裕がないように見えましたが、廊下を走っている方までいた事には驚きました。

案内された客室は「真弓」という角部屋でした。10畳の和室の続きに8畳の寝室があります。和室も寝室もシンプルなインテリアでまとめられており、余計な物が置かれていないので実際よりも広々と感じられました。寝室に置かれたツインベッドは寝心地も良く、掛布団も軽くて上質な肌触りのものでした。和室には森に面した大きな窓があり、この時期は鬱蒼とした樹々を眺める事ができます。シンプルなインテリアの客室によく映える景色で、いつまで眺めていても飽きる事はありませんでした。窓の外にはデッキもあり、森林浴を楽しむにも、お風呂上りに涼むにもぴったりの場所でした。

デッキの隣にはガラス戸を開閉できる露天風呂があります。石造りの露天風呂は大人2人で入っても余裕がある程広々としていて、鉄分が多く含まれたナトリウム炭酸水素塩泉のにごり湯がかけ流されています。すっきりとした湯ざわりで、湯上りには肌荒れしていた部分がなめらかになりました。お風呂も森に面しているので、森の中での湯浴みを思う存分楽しめます。また、気温が下がる夜にはガラス戸を閉めて内湯として利用できるのも便利でした。

お風呂へはデッキからもパウダールームからも入る事ができます。パウダールームはシングルボウルですが広々としており、使い勝手も良かったです。タオルはバスタオルが2枚、フェイスタオルが1枚、ボディタオルが1枚用意されていました。バスマットも1枚でしたが、何度もお風呂に入るのですぐに濡れてしまい、替えがもう1枚用意されていれば尚良かったと思います。アメニティ類はひと通り揃っており、バスアメニティはフランスのマリンコスメ、アルゴテルムでした。館内着は浴衣が1枚パウダールームに用意されていました。その他、茶羽織と肌ざわりの良いパジャマはクローゼットに用意されています。客室内は清掃が行き届いており、それ程目立つ劣化も見受けられなかったのですが、唯一パウダールームの洗面ボウルのひび割れが気になりました。

館内にパブリックスペースは殆どありませんが、ロビーと男女別の露天風呂があります。大きな窓のロビーにはソファが置かれ、隣がテラスとなっており森林浴を楽しむ事ができます。とても素敵なスペースですが寛ぐためだけの場所でしたので、ここにコーヒーメーカーやティーサーバーがあればゲストにより喜ばれるのではないかと思いました。男女別の露天風呂は客室から離れたところにあり、タオルの用意はないので持参する必要があります。森に囲まれた風情のあるお風呂なのですが、浴槽が小さく、先客がいると入りづらいと感じるかもしれません。また、屋根がないので天候に左右されると思います。

食事は夕朝食共に「森羅」のゲストは客室で、「縁壽」のゲストは個室の食事処でいただきます。私が利用したプランの夕食は飛騨牛がメインで、にぎり、しゃぶしゃぶ、陶板焼きで絶品の飛騨牛をいただきました。中でもにぎりの飛騨牛は程良いサシが入った、それでいてくどさを感じさせないとても美味しいお肉でした。しゃぶしゃぶと陶板焼きも美味しかったのですが、脂が濃厚で完食できなかったのが心残りです。飛騨牛以外に印象に残ったのは柿の白和えと鮪のお造りでした。山間の宿なので鮪が美味しかったのが意外だったのですが、富山から新鮮な魚介類を仕入れているそうです。

朝食は飛騨らしい朴葉味噌が出されましたが、その他は一般的な和朝食らしいおかずでした。それ程の量も種類もありませんが、特に物足りなく感じる内容でもなく標準的でした。チェックアウトの時間を早めに予定していたので、7時30分からスタートできるのが有難かったです。

チェックイン時はスタッフの皆さんがとても忙しそうで、応対も決して丁寧とは言えず雑な印象を受けたのですが、夕朝食を担当して下さった方はとても丁寧な方でしたし、チェックアウトの際に対応していただいた方は敷地の外まで笑顔で見送って下さったりと、人によって接客に差があるように感じました。

接客面で少々残念な点はありますが、それでもまた来たいと思わせる魅力のある宿です。特に宿のコンセプトである「自然との調和」を、どの場所に居ても体感できるのが印象的でした。また、殆どの時間を客室で過ごすおこもり宿ですので、ひとり旅の方がのんびり過ごすにもおススメの宿だと思います。

接客対応

人によって差があります。チェックイン時は忙しさに対応できていないようでした。

清潔感

清掃もメンテナンスも行き届いていますが、パウダールームのボウルのみ劣化が見受けられました。

客室

「森羅」は広々としており、大きな窓からは森を眺める事ができます。隣室の物音が少しだけ聞こえました。

食事

飛騨牛プランは質の良い飛騨牛をたっぷり食べる事ができます。朝食は標準的でした。

コスパ

飛騨牛プランの利用であれば、宿泊料金は妥当に思われます。

立地

バスターミナルから徒歩5分程で、森に囲まれた環境にあります。

温泉・スパ

パブリックの露天風呂は小さいので先客がいると入りづらいと思います。客室露天風呂は眺望・泉質・浴槽の広さ全てに満足しました。

備考・アドバイス

・Wi-Fiは問題なく繋がります。

・飛騨牛プランの夕食はかなりのボリュームで、お肉好きな方におススメです。

・飲み物は持ち込み自由です。冷蔵庫の中はミネラルウォーターとウーロン茶、ビールだけで館内には自動販売機もありません。

エントランスアプローチアプローチ玄関玄関フロントフロント前 観光施設のパンフレットが置かれています靴箱ロビーロビーロビーからの眺望テラステラステラスからの眺望廊下廊下廊下廊下に飾られたオブジェ廊下に飾られた植物男女別露天風呂への通路男女別露天風呂男女別露天風呂の脱衣所(女湯)男女別露天風呂(女湯)男女別露天風呂(女湯)客室前森羅「真弓」玄関森羅「真弓」踏込み周辺お茶セットとポット森羅「真弓」クローゼット茶羽織パジャマかごバッグ、ブランケット森羅「真弓」和室森羅「真弓」和室森羅「真弓」和室森羅「真弓」和室森羅「真弓」和室森羅「真弓」和室森羅「真弓」寝室森羅「真弓」寝室森羅「真弓」寝室加湿空気清浄機は寝室にあります床の間もシンプルお菓子森羅「真弓」和室からの眺望森羅「真弓」和室からの眺望森羅「真弓」デッキ森羅「真弓」デッキ森羅「真弓」客室露天風呂森羅「真弓」客室露天風呂森羅「真弓」客室露天風呂森羅「真弓」客室露天風呂森羅「真弓」客室露天風呂 ガラス戸を閉めると内湯になります森羅「真弓」客室露天風呂の洗い場森羅「真弓」パウダールームクレンジング、化粧水、乳液バスアメニティはアルゴテルムパウダールームに用意されていたタオル類と浴衣バスタオルは2枚、フェイスタオルとボディタオルが1枚ずつ浴衣は1枚夕食 ドリンクメニュー夕食夕食夕食夕食夕食夕食夕食夕食夕食夕食夕食夕食夕食夕食朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食

奥飛騨 森の癒し もずも周辺の旅館