ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

奥飛騨 森の癒し もずも

〒506-1433 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯579-1
奥飛騨 森の癒し もずも
〒506-1433 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯579-1
TEL: 0578-89-2020
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.4 に投稿 獲得票数:10 投稿者: かぴばら子認証済
2018年12月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
絵画のような美しい風景と独自の泉質が楽しめる奥飛騨のおこもり宿

奥飛騨温泉郷の平湯温泉にある旅館です。当日はバスを利用しました。最寄りのバス停である平湯バスターミナルからは徒歩5分強かかり、温泉街からはやや外れたところにあります。事前に予約すればバスターミナルまで送迎をして頂けます。原生林の中にひっそりと佇んでおり、まさに隠れ家のような宿です。

チェックイン開始時間と同時に宿に行きましたが、すでに何組かのゲストがいたため、ロビーで待ちました。スタッフは皆小走りでせかせかと移動しており、慌ただしい印象を受けました。しばらくするとお茶が出され、併せてチェックインの手続きを済ませました。その後お部屋まで案内して頂きました。

もずもは平屋タイプの旅館です。ロビーや廊下には一面の大きな窓がはめられています。当日は薄曇りで少し暗かったのですが、新緑の季節は窓からさぞかし美しい景色が見られるだろうと思いました。琉球畳のロビーやウッドデッキのテラスも美しく、無駄な飾り気のないシンプルさが他の旅館にはない良さだと感じました。売店や自販機がなく少々不便に思いましたが、旅館の美しさを損なうので仕方がないと感じました。

客室は全10室で、「森羅」と「緑壽」の2タイプあります。「森羅」の方がやや広めで、食事も部屋食になります。「緑壽」は食事処で頂くことになりますので、この点も踏まえて客室を選ばれると良いと思います。今回は「緑壽」の部屋を予約し、2名で56,000円(1泊2食付、12月の休前日に宿泊)でした。

泊まった部屋は「山法師」という部屋でした。お部屋の案内をスタッフがしてくださりましたが、早口で駆け足で説明されたのは残念でした。「緑壽」の部屋は和室が8畳、次の間が8畳で24平米の広さになります。次の間に和ベッドが2台置かれています。布団はふかふかで寝心地も良かったです。ベッドサイドに調光パネルがあったのも良かったです。客室自体はそこまで広くないものの、2人で寛ぐには十分でした。またロビーと同様、一面の大きな窓がはめられており、その先には原生林が広がっていますので、開放感がありました。テラスには椅子が1つ置かれています。テラスから直接露天風呂にアクセスできますので、暖かい季節ならば湯上がりにこちらで寛ぐのも気持ち良さそうでした。客室もシンプルで無駄な飾り気のないデザインが良かったのですが、コンセントの数が少なく携帯やカメラの電池を充電するのにやや不便でした。

アメニティは特筆するものではありませんでしたが、一通り揃っていました。浴衣は男女ともに1枚で、コットンパジャマも用意されていました。パジャマは肌触りも良く、寝るときには重宝しました。タオルは1人あたりバスタオル2枚、フェイスタオルが1枚です。追加を希望される場合は、浴衣やタオルともに別料金がかかりますのでご注意ください。足ふき用のバスマットは薄く、すぐに水でべたべたになるのが残念でした。基礎化粧品はボトルタイプのものが男女ともに用意されていました。バスアメニティのみトラベルサイズで、フランスのマリンコスメであるアルゴテルムでした。

もずもの客室のお風呂は源泉かけ流しで、24時間絶えず浴槽に注がれています。「山の湯」という独自の源泉で、200メートル先の敷地内に湧き出ている源泉を引っ張ってきているそうです。平湯温泉のお湯は硫黄の香りが強い印象がありましたが、こちらは鉄分を多く含んでおりお湯も赤褐色かかったもので、金属臭がしました。このお湯がとても癖になり、何度もお風呂に入りました。浴槽は総檜で香りも良かったです。他に御影石のタイプの浴槽もあるそうです。お風呂はガラスの引き戸で囲われており、全開にすれば半露天風呂になります。原生林を眺めながらのんびりと湯浴みを楽しみました。

大浴場は屋外にあり、男女の入れ替えはありません。洗い場や内風呂はなく、露天風呂があるだけです。浴槽はやや小さめで、先客がいると少し入りづらい大きさでした。こちらのお湯も源泉100パーセントで、泉質は炭酸水素塩泉です。客室のお風呂と同様鉄分が多く含まれており、夜と朝利用しましたがどちらも茶色に濁っていました。ややぬるめのお湯と開放感のある露天風呂でとても気に入りました。客室にも温泉露天風呂があるせいか、他のゲストと重なることはありませんでした。折角ならば貸し切りにしてもらえるともっと利用しやすくなると感じました。

食事は食事処で頂きます。個室になっていましたが、仕切りの天井部分が開いているため、隣の話し声が結構聞こえました。それでも雰囲気はとても良く、足下にヒーターがあって寒さ対策もきちんとされていたので、部屋食よりも食事処の方が良いと感じました。

食事は飛騨牛をメインとした会席料理でした。前菜には小さめのサイズの飛騨牛の握りが出され、わさびと甘辛いたれがとてもマッチし美味しかったです。料理の説明は最初の前菜のみしてくださり、その後はありませんでした。意外に美味しかったのはお刺身です。飛騨の山奥ではありますが、魚介類は富山県や石川県から運んでいるそうで、ぷりぷりのお刺身を頂くことができました。メインの飛騨牛は焼き肉としゃぶしゃぶでした。他の旅館だとメインは選択制になることが多いので、焼き肉もしゃぶしゃぶも両方とも食べることができたのは高ポイントでした。特にしゃぶしゃぶは1切れのサイズも大きく、ほどよいサシが入っていて大変柔らかいお肉でした。量もほどよく完食できました。配膳のペースはやや早めに感じました。

朝食も同じ個室で頂きました。ボリュームはやや少なめだったので、よく食べられる方は少々物足りなさを感じるかもしれません。またシシトウやこんにゃくの煮物など、少し塩辛く感じました。朴葉味噌は美味しかったです。葱と味噌だけのシンプルなものでしたが、かえってそれが良かったです。

接客は数々の口コミであまり良くないと聞いておりましたので、期待せずに行きました。確かにチェックインの際は、駆け足で説明され非常に慌ただしい印象でしたが、チェックアウトの時は荷物を持ってお見送りをしてくださりました。時間と人によって差があると思います。とはいえ好印象というわけでもないので、接客を重視される方はやや不満に感じると思います。

接客では少し残念なところはあるものの、ハードの美しさと、客室露天風呂の素晴らしさは他の宿にはない魅力です。夕食の飛騨牛も美味しかったので、こちら目当てに泊まるのも悪くないと思います。他の人に干渉されることなく温泉を楽しみたい方や、おこもり宿が好きな方には一度泊まって頂きたい宿だと思います。

接客対応

特にチェックインの時の接客は雑に感じられました。客室数に比してスタッフの人数が足りないと感じました。

清潔感

そこまでめだった老朽はなく、綺麗に清掃されていると思います。森の中なので落ち葉もありますが、許容できるものでした。

客室

シンプルで飾り気のないデザインが良かったです。広くはありませんが、十分に寛ぐことができました。

食事

夕食は飛騨牛を使った会席が頂けます。量も適量で美味しく頂けました。朝食はやや控えめな量で、よく食べられる方は物足りなさを感じるかもしれません。

コスパ

客室露天風呂がついており、飛騨牛も頂けるので、コスパは悪くないと感じました。

立地

原生林に囲まれた静かな場所にあります。冬だったので、雪見風呂を楽しむこともできました。

温泉・スパ

自家源泉の金属臭のあるお湯を楽しめます。客室露天風呂は個人的にとても気に入りました。

備考・アドバイス

・館内でWi-Fiが使えます。
・館内に自販機や売店はありませんので、必要な物は事前にそろえてからお越しください。

奥飛騨 森の癒し もずも周辺のホテル・旅館