ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

ABBA RESORTS IZU ― 坐漁荘の口コミ情報・宿泊予約

7位

ABBA RESORTS IZU ― 坐漁荘

〒413-0232 静岡県伊東市八幡野1741
7位/123件中 - 伊東・伊豆高原の旅館
ABBA RESORTS IZU ― 坐漁荘
〒413-0232 静岡県伊東市八幡野1741
TEL: 0557-53-1170
みんなの満足度
3.7 詳細評価
接客対応
3.7
清潔感
3.6
客室
3.6
食事
3.8
コスパ
3.0
立地
3.5
スパ・温泉
3.5
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 1泊 1泊 2泊 3泊 4泊 5泊 6泊 7泊 8泊 9泊 10泊 11泊 12泊 13泊 14泊 大人2名
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児(寝具のみ)
幼児(寝具・食事なし)
設定
子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。その他の予約サイトにつきましては直接ご確認ください。
解除
空室・最安値を検索
楽天トラベルJTB一休.comるるぶトラベル近畿日本ツーリストExpedia日本旅行
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
2
良い
4
普通
0
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
5
家族旅行
1
友人・知人
0
一人
0
全文表示簡易表示
1 - 6件目 / 合計 6件
4.5 2018年1月1日に投稿 獲得票数:1 投稿者: eviancop
2017年12月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
12月の下旬に家族4名で宿泊をしました。坐魚荘には様々なタイプの部屋がありますが、4名で宿泊が可能なのは施設の「東館」にある和室タイプの部屋に限られます。その中で「半露天風呂付き」の部屋か「日本庭園がある露天風呂付き」の部屋が選べますので、私たちは「半露天風呂付き」の和室を選択しました。 インターネットから予約をした際、同行者にお肉が苦手なものがいるという記載をしたところすぐに返信のメールがあり、その中に料理に使用する「...

12月の下旬に家族4名で宿泊をしました。坐魚荘には様々なタイプの部屋がありますが、4名で宿泊が可能なのは施設の「東館」にある和室タイプの部屋に限られます。その中で「半露天風呂付き」の部屋か「日本庭園がある露天風呂付き」の部屋が選べますので、私たちは「半露天風呂付き」の和室を選択しました。

インターネットから予約をした際、同行者にお肉が苦手なものがいるという記載をしたところすぐに返信のメールがあり、その中に料理に使用する「出汁」に関しても肉を使用するのは難しいかとの質問がありました。料理として目に見える部分だけでなく、調理の過程にまで気を使いお客に向き合っている姿勢にとても感心をしました。

熱海方面から車で135号線南下し、伊豆高原駅を過ぎるとの「浮山温泉郷」の看板がありますのでそこを左折します。この辺りは別荘地にあたり、入口部分に「(私有地につき)立入禁止」の立て札と、管理事務所の監視小屋(無人)があります。少々道が入り組んでいるので到着まで不安な方は宿に電話をしても良いかもしれません。

坐魚荘は大きく分けて3つのエリアに分かれています。エントランスがある純和風の本館部分、その本館から道を隔てて正面にある「フレンチレストランやまもも」、本館から徒歩で移動した先のエリアに広がる別邸のヴィラ群です。私たちは本館での宿泊でしたので、エントランスから直接部屋へと案内をいただきました。館内の案内をしていただきながら部屋に向かうのですが、廊下を歩いているだけでも各所に緑が生い茂り、水も流れているなど随所に自然を感じられます。一方、館内のどこに移動するにせよ段差・階段は避けて通れないため、車いすの方や足腰が弱い方には若干の辛さがあるかもしれません。チェックインの作業や夕朝食の確認、施設の概要は部屋の中で抹茶(名物のやまもも菓子付き)をいただきながら済ませました。

私たちの部屋は本館の2階に位置していました。お部屋の間取りは本間が12.5畳加えて、掘り炬燵のある6畳のスペースに広縁という構成。4名でも十分な広さです。窓が一面総ガラス張りになっており、それが2方向に開かれているため解放感は相当なものでした。そこから坐魚層がもつ広大な庭園を見渡すことができる他、快晴だったため遠くに海と大島が望めました。

冷蔵庫の中身はオールフリーです。人数分の炭酸飲料、水、緑茶、スポーツドリンク、ビール、ハイボールがある他、ネスプレッソの自由に入れることが出来、とても充実しています。また、館内には無料でハーゲンダッツ等のアイスが食べられる販売機があり、実質食べ放題となります。

部屋に併設の半露天風呂は洗面所から直接出られます。屋根はついていますが内湯はないため、シャワーを浴びるにしても実質屋外になるので冬場は少々寒いかもしれません。清潔に保たれた浴槽は総ヒノキ作りで1名で入るのが十分な大きさです。源泉を楽しみつつ、水で温度調整も可能なので、快適な温度で湯浴びが楽しめます。ただ、外に向けて簾が半分掛かっているので、景観がフルオープンということではありません。バスアメニティはとても充実をしており、ブルガリのシャンプー・コンディショナー等がミニボトルで人数分置いてあります。持ち帰りも可能なように、これもブルガリのミニバッグがありますので、宿泊者の多くは自宅にもって帰るのかもしれません。

チェックイン後、レストランやまももに移動しててウェルカムドリンクのサービスがあります。緑の芝生が美しく、木目を基調としたレストランは原生林が鬱蒼と茂る景観にもマッチをしておりとても落ち着きます。メニューにはソフトドリンクの他にシャンパンもリストにあったので、到着早々優雅な気分に浸れました。

館内には大浴場として「翡翠」・「紫苑」、庭園露天風呂として「英」・「葵」がある他、貸切風呂も2箇所あり、とても一日では回りきれません。大浴場と庭園露天風呂は日中と翌日で男女が入れ替えになり、貸切風呂は利用時に扉にある札を「使用中」にするだけで空いていればいつでも入浴可能です。どの浴場にも備え付けのタオルが豊富に用意されており、部屋から持参をする必要はありません。

大浴場は湯上がりスペースの先に男女に分かれてそれぞれの温泉があります。翡翠は長さ15メートル近い長方形の浴槽、紫苑はL時型の浴槽となっており、ともにサウナルームが併設されております。無色透明な弱アルカリ単純泉は肌に優しく湯あたりしないため、長時間の入浴でも体の負担が少ないです。どちらのお風呂からも窓ガラス越しに山ももの古木などの自然が目に入り、とても癒された気持ちになります。ひとつ気になった点として、シャワーの水圧がとても弱いことと、温水が出るまでかなり時間がかかることです。体を洗ってから入浴しようと考えていたのですが、それまでに冷えてしまい順番を逆にせざるを得なかったです。脱衣スペースにあるドライヤーや扇風機はダイソン製で、このあたりも最新のツールを使用していることに感心をしました。また、湯上がりスペースには無料で飲める水、スポーツドリンクがあり、入浴後の水分補給にも役立ちます。

二か所ある庭園露天風呂は解放感、広さともに「葵」がお勧めです。フルオープンの屋外に泳げるくらい巨大な六角形の浴槽が鎮座し、その解放感はなかなかのものです。ただ、シャワースペースも屋外にあるため、寒い時期や落ち着いて体を洗いたいと考えている際には適さないように思われます。

夕食は予約時に和食・フレンチ・鉄板焼きの中からチョイスが可能です。私達は和食を選び、本館の食事処「さくら」でいただきました。苦手な食材にも対応していただいた全10品は味・見た目共に大変満足できました。先附のあん肝から始まり出汁の旨味が十分に引き立った椀物(真鱈真丈)、伊豆のワサビをすりおろして食べるお造りには特産品の金目鯛、鍋物には天城の軍鶏と、地元の食材を随所に活かした構成です。ドリンクには焼酎のブランド物として名高い「魔王」が取り揃えているなど、お酒好きにも十分に対応できるラインナップだと思います。料理終わりには料理長自ら挨拶に来ていただき、丁寧にメニューの説明をしていただけました。その後、ワンドリンクチケットをいただいたので地下1階にあるBAR「宵待」に移動し、そこでしばし寛ぎました。控えめの照明の中、各種カクテルやフレッシュジュースが取り揃えられ、1日の最後の時間を過ごすにはとても良いと思います。

朝食も和洋どちらかの選択ができますが、私たちは「フレンチレストランやまもも」での洋食をいただきました。こちらではハーフブッフェ形式でドリンク・サラダ・ヨーグルトなどが取り揃えられ、希望すればシャンパンのオーダーも可能です。そのうえで、調理法を選べる形の卵料理がソーセージや温野菜と共に提供されます。野菜は新鮮でドレッシングも有機製法のものが週種類並び選択の楽しみがあります。ハチミツは精製器が置いてあり見た目にも楽しく食欲をそそります。夕食に続き、朝食でも苦手な食材(肉)情報を踏まえ、当該者には別のメニューが提供されています。基本的なことといえ、館内での情報共有が出来ているのだなと感じました。

館内には広大な敷地があります。やまももをはじめとした木々が生い茂り沢山の鯉が泳いでおり、散策をしていて飽きることがありません。チェックアウトの後も散策は可能ですので時間が許せば歩かれても良いかと思います。

館内が広いので温泉と部屋の行き来を中心に過ごすことも出来れば、部屋に籠ってゆっくりと体を休めることも出来るなど、多様なニーズに応えることが出来るリゾート施設だと思います。自然景観も季節によって異なると思いますので、是非また季節を変えて訪れてみたいと思います。

接客対応

部屋までの案内並びに食事の給仕と同じ方の接客だったが、落ち着いた振る舞いに安心して任せられました

清潔感

滞在中に特に不満に感じる点はなかったです

客室

家族4名で泊まりましたが広さも十分、景観も素晴らしかったと思います

食事

苦手な食材に対しての対応も行き届いており、質・量ともに十分だったと思います

コスパ

2名で宿泊をするより、4名の方が一人頭の金額は割安でした。

立地

別荘地で若干入り組んでいるので、到着まで少々迷うことがあるかもしれません。館内に入れば緑が多く静かな環境に癒されると思います

温泉・スパ

1泊では入りきれない数の温泉があります。浴室の備品も十分で快適に湯呑みを楽しめました

備考・アドバイス

私たちは本館の2階の部屋で、本館の中での景観はよかった方だと思います。その点にこだわりがある方は選択肢の一つにあげても良いかと思います。また、周辺に買い出しの出来るようなお店はありません。フリードリンク等充実をしている施設ですが、売店で飲食物の販売も充実しているとは言えないので、何か欲しいものがある場合は事前に買い物を済ましてこられることをお勧めいたします

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.7 2017年12月18日に投稿 獲得票数:12 投稿者: colline
2017年12月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
旅行サイトのセールプランを利用し、12月の日曜日に、2名1泊2食付き88,600円(1人当たり44,300円)で宿泊しました。宿の前に到着するとすぐにスタッフが現れ、荷物を持って中に案内してくださいます。車はバレーサービスです。ロビーはすでにお客様が何組かいらっしゃり、静かに寛ぐという雰囲気ではありませんでしたが、窓の外に見える見事な庭園が気分を和ませてくれました。抹茶と山もものお菓子をいただきながらチェックインの手続きを行いました。...

旅行サイトのセールプランを利用し、12月の日曜日に、2名1泊2食付き88,600円(1人当たり44,300円)で宿泊しました。宿の前に到着するとすぐにスタッフが現れ、荷物を持って中に案内してくださいます。車はバレーサービスです。ロビーはすでにお客様が何組かいらっしゃり、静かに寛ぐという雰囲気ではありませんでしたが、窓の外に見える見事な庭園が気分を和ませてくれました。抹茶と山もものお菓子をいただきながらチェックインの手続きを行いました。

ロビーでいただいたお茶とは別に、レストラン「やまもも」でウェルカムドリンクとしてアルコールかソフトドリンクをいただけます。スタイリッシュできれいなレストランは、手入れされた芝生を眺められる雰囲気の良い場所だったので、つい長居をしてしまいそうでした。

客室はヴィラ(露天風呂付、プール&露天風呂付)と本館(東館、南館,、離れ)があり、宿泊したのは本館にある南館1階の「牡丹」という温泉露天風呂付きの部屋です。ツインベッドが置かれている10帖の和室+広縁という間取りで、豪華さはありませんが、シンプルで落ち着く空間でした。広縁にあるデイベッドは居心地が良く、滞在中こちらで寛ぐことが多かったです。

バルコニーに備えられた露天風呂は風情のある岩風呂で、2人で入れるくらいの大きさがあり、ゆったりと浸かれます。高い柵に囲まれていて眺めは良くはありませんが、バルコニーが広いので閉塞感はありません。わずかに見える木々や青空を眺めながらの湯浴みは爽やかに感じました。バルコニーにも大きなデイベッドが置かれていて、クールダウンするのに便利でした。ただ、露天風呂のお湯の温度が入れないくらい低くなっていたり、差し湯が水になるトラブルがあったりしたことは残念に感じました。お湯の温度管理はしっかりしてほしいです。また、対応したスタッフの面倒くさそうな言動にも不快な気持ちになりました。

館内着は浴衣が2枚ずつ、部屋着はバスローブが1枚ずつ用意されています。タオルは肌触りのよい今治タオルで、共用のお風呂にも、部屋にも十分用意されていたので足りないことはありませんでした。アメニティーも一通り揃っています。基礎化粧品は使い切りタイプの物で、女性はポーラの「アロマエッセ」、男性はポーラの「ガチ」が1セットずつ置いてありました。バスアメニティはシャワールームにある備え付けの物の他に、お持ち帰りできる「ブルガリ」のミニボトルが1人1セットずつ用意されていて、拘りを感じました。

飲み物はお茶セットと、ネスプレッソ(4カプセル)が用意されていました。また、冷蔵庫にはアルコールとソフトドリンク、ナッツが置いてあり、すべて無料でしたので飲み物には困りませんでした。

ロビーにはハーゲンダッツの自動販売機が置いてあり、無料でいただくことができます。また、露天風呂の脱衣所や大浴場の湯上り処に無料のスポーツドリンクやミネラルウォーターが用意されていました。部屋の無料ドリンクも含め、こういったちょっとしたサービスがこちらの宿は充実しています。宿泊費に含まれていると分かっていてもなぜか嬉しく感じました。

共用のお風呂は大浴場と庭園露天風呂、貸切露天風呂があります。大浴場は檜のお風呂の「翡翠」と石造りのお風呂の「紫苑」があり、深夜0時頃に男女が入れ替わります。どちらも大きなガラス張りで開放感があり、広々としたお風呂なのでゆったりと浸かることができました。24時間利用できるのも便利でした。庭園露天風呂は「英」と「葵」があり、翌朝男女が入れ替わります(利用時間6時~23時)。「英」は石造りのお風呂で苔庭を眺められる風情のあるお風呂でした。「葵」は六角形の檜造りの大きなお風呂で、「英」ほどの風情はありませんが、屋根がないので開放的です。夜空を見ながらの入浴は心地よいものでした。貸切露天風呂は東館2階に2箇所あります(利用時間6時~23時)。どちらも似たような造りですが、ロビーに近い方のお風呂は高い柵があり、眺望が望めません。もう一方のお風呂は遠くに海を見ることができ、開放感もありました。

夕食はフレンチか会席料理を選択でき、会席料理を選びました。食事場所は本館の和食処「さくら」の個室ですが、完全な個室ではないので隣の会話がよく聞こえました。大きい声で話されるので料理の説明が聞き取り難かったです。地元の旬の食材を取り入れた料理は、一つ一つ丁寧に作られていて、盛り付けや器もきれいで、見応えがありました。椀物は繊細なお出汁が香り高く美味しかったです。地魚の盛合わせはどれも鮮度が良く、特にシマアジは程よく脂が乗って上品な味でした。鍋物の天城軍鶏団子は、適度な歯応えがあり肉の旨味が感じられる逸品です。鍋物は、2,160円の追加料金で和牛ステーキに変更できるとのことでしたが、宿泊費を考慮しますと通常メニューにしてもよいのではと思いました。

ワンドリンクサービスとして、夕食後にバー「宵待」でアルコールかノンアルコールカクテルをいただくことができます。お腹一杯でしたが、ノンアルコールカクテルはスッキリとして美味しかったです。

朝食も洋食か和食が選択でき、和食を選びました。食事場所は夕食と同じです。出汁巻き卵や大根の煮物は上品な味付けでさっぱりといただけました。鯵の干物はふっくらとして脂が乗り、身離れが良かったです。特に印象に残ったのは金目鯛のあら汁で、味わい深い金目鯛の旨味が口の中に広がりました。

館内には「義の心」というギャラリーがあり、人間国宝による現代の刀と、室町時代などの古い刀が展示されていました。近藤勇の愛刀であった「虎徹」も展示されることがあるそうなので、歴史好きの方にも興味深いものだと思います。

客室露天風呂の不具合に対応したスタッフの態度は残念に感じましたが、その他の方達は丁寧で好感が持てました。特に食事のスタッフはベテランの方達で、提供のタイミングも良く、こちらが尋ねたことにもマニュアル的ではなく、自分の言葉で話されていて安心感のある接客でした。

宿は原生林に囲まれた別荘地の中にあり、自然が豊かです。外廊下を歩いている時リスを見かけました。鯉が泳ぐ池もあるので庭園を散策するのも楽しいと思います。日頃の喧騒から離れ、静かな環境でのんびり寛ぎたい方におすすめの宿だと思います。

接客対応

丁寧な対応です。特に食事のスタッフはベテランの方達で、安心感のある接客でした。

清潔感

どこも清掃が行き届いていて清潔感がありました。

客室

南館は古さを感じますが、清掃が行き届いていて快適でした。広縁にもバルコニーにもデイベッドが設置されていて居心地が良かったです。

食事

地元の新鮮な食材を使った会席料理をいただけます。一つ一つ丁寧に作られた料理は、盛り付けや器もきれいで、見応えがありました。

コスパ

客室露天風呂の温度管理が甘いことと、対応したスタッフの態度には不満が残りましたが、その他の接客や美味しい食事、充実した施設には価格相応の満足感が得られました。

立地

宿は原生林に囲まれた別荘地の中にあり、自然が豊かです。外廊下を歩いている時リスを見かけました。

温泉・スパ

趣向を凝らした庭園露天風呂はどちらも開放感があり、ゆったり浸かることが出来ます。

備考・アドバイス

・本館の配置は、フロント棟、東館、南館(離れは南館の向かい側です)の順に横長に続いています。東館1階と南館2階、離れは同じフロアにあり、東館2階は階段を上がり、南館1階は階段を下がります。館内にはエレベーターがないので、本館の宿泊を考えている方で、足腰の弱い方は南館1階と東館2階は避けた方がよいかと思います。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.6 2017年6月12日に投稿 獲得票数:11 投稿者: 温泉猫
2017年5月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
伊豆の浮山温泉郷にある約50年の歴史を持つ老舗旅館ですが、2013年に台湾企業グループの傘下となって現在は海外資本の日本旅館です。本館の改装と露天風呂付ヴィラを新築して2014年10月にリニューアルオープンしました。別荘地にあり、約5,000坪の敷地に本館客室19室とヴィラ11室という贅沢な広さの宿です。車で到着すると、外でスタッフが出迎えて下さり、館内へ案内して下さいました。車はバレーサービスでした。ロビーで抹茶と山もものお菓子をいた...

伊豆の浮山温泉郷にある約50年の歴史を持つ老舗旅館ですが、2013年に台湾企業グループの傘下となって現在は海外資本の日本旅館です。本館の改装と露天風呂付ヴィラを新築して2014年10月にリニューアルオープンしました。別荘地にあり、約5,000坪の敷地に本館客室19室とヴィラ11室という贅沢な広さの宿です。車で到着すると、外でスタッフが出迎えて下さり、館内へ案内して下さいました。車はバレーサービスでした。ロビーで抹茶と山もものお菓子をいただきながらチェックイン手続きを行いました。

本館の南館にある内風呂付客室に宿泊して、2名泊で1人あたり約45,000円(休前日料金、夕朝食付)でした。こちらは宿の中で一番リーズナブルなお部屋です。ロビーから東館客室棟を通り過ぎた先にあり、本館客室の中では奥まったところにありました。東館も南館も2階建てで、エレベーターは無く階段移動となります。また、館内は所々段差があり、バリアフリーではありませんのでご注意下さい。

お部屋は約45平米で、和室10畳+約4畳の広縁+温泉の内風呂付です。和室にはツインベッドがあり、シモンズのマットレスで寝心地が良かったです。広縁にはデイベッドと椅子が1脚あり、就寝時以外は広縁で寛ぎました。窓からは目の前の木々の緑を眺めることが出来ます。野生のリスが生息していて何度も目の前の木々を駆けまわる様子を目撃し、可愛らしいリスに癒されました。

館内着は浴衣で1人2枚用意されています。アメニティの入った巾着袋や足袋は和柄で洒落ていました。スキンケア用品は男女別に使い切りタイプのものが用意されていました。バスアメニティは浴室に備え付けのボトルがありますが、それとは別にブルガリのミニボトルが人数分ありました。ボディローションや固形石鹸まであり上質なアメニティが豊富で個人的に高ポイントでした。浴室はコンパクトで洗い場も浴槽も1人用といった感じでした。浴槽は檜でお湯はその都度溜める必要がありますが、お部屋でも檜風呂の温泉に浸かることができるのは嬉しかったです。お部屋の古さは感じますが、ベッドやソファは寛ぎやすく、備品やアメニティも豊富で快適に過ごせました。

本館の周囲は広大な日本庭園となっていて庭園散策も楽しめます。池では鯉が泳いていて餌やりをすることもでき、貴重な経験ができていい思い出になりました。本館2階にはギャラリー「義の心」があり、刀剣が展示されています。オーナーと交流のある人間国宝の方の作品もあり見応えがありました。本館ロビーにはアイスクリームの自販機があり、ハーゲンダッツやレディーボーデンのアイスなどが無料で自由にいただけました。チェックインから16時半までフレンチレストランでドリンクを1杯いただくことができるサービスもありました。

お風呂は大浴場2か所と庭園露天2か所、貸切露天風呂2か所で計6つのお風呂があります。各お風呂にはタオルやアメニティが用意されているので手ぶらで利用できます。(貸切露天風呂はタオルのみ)大浴場は24時間利用可能で、広い内風呂に大きな窓から山ももの古木を眺めることができて明るさと開放感がありました。庭園露天風呂は6時から23時までの利用です。庭園露天風呂「英」は苔庭を望むお風呂です。庭園露天風呂「葵」は六角形の浴槽で「英」よりも広く開放感はあるものの、周囲を塀で囲まれているので景観は英の方が良いように思いました。宿泊した日は雨が降ったり止んだりの天気で、庭園露天風呂は「英」の一部に屋根がかかっているのみで、「英」も「葵」も雨に濡れる動線の為、あまりゆっくりと入浴出来ないのが残念でした。大浴場の入り口と庭園露天風呂の脱衣所には水やジュースが用意されていてお風呂上りに嬉しいサービスでした。

貸切露天風呂は東館2階に2か所あります。利用時間は6時から23時まで、予約の必要は無く、空いていれば内鍵をかけて利用します。入り口は東館2階にありますが、ドアを開けると階段があり、お風呂は3階に位置していました。脱衣所は狭く、浴槽も2人用といった感じの大きさでしたので、1人か2人での利用がおすすめです。2か所とも造りは同じですが、露天風呂からの景色が若干違います。ロビー寄りにある貸切露天風呂は、真下が玄関に近い為目隠しがあり、人の往来があって落ち着かない感じでした。南館寄りにある貸切露天風呂は塀も低めで木々と空を眺めながら入浴でき、こちらの方が落ち着いて入浴できおすすめです。

温泉は加温あり、循環ろ過あり、塩素消毒ありで、いくつかの浴槽では微かに塩素臭がして温泉は今一つでした。複数のお風呂があり、アメニティや設備が充実しているので、温泉にこだわりの強い方でなければ湯めぐりを楽しめると思います。

夕食は本館の和食処「さくら」の和食、レストラン棟のフレンチレストラン「やまもも」のフレンチまたは鉄板焼きからの選択となります。フレンチを予約しました。レストラン棟は本館から外に出て、道路を挟んだ向かいにあります。盛り付けがとても凝っていて、土や草木に見立てた盛り付けの料理には、スコップの形をしたスプーンが出てきたりと、目で楽しませてくれる華のある料理でしたが、味は見た目程の感動はありませんでした。宿泊料金が高額でしたので食事に期待していましたが、味よりも見た目のインパクト重視の料理といった内容でした。食事を終えてレストランを出る際、夜食にいなり寿司を持たせて下さいました。

本館の和食処「さくら」の地下にバー「宵待」があります。ワンドリンクサービスだったので夕食後に立ち寄りました。ノンアルコールのカクテルもいくつかあり、お酒が苦手な私でもバーの雰囲気を愉しむことができました。

朝食は和食と洋食が選べて、和食を選択しました。食事場所は本館の和食処「さくら」の個室でした。ご飯は釜炊きで米粒が光っていてとても美味しく、ご飯に合うおかずもいろいろあってご飯が進みました。

接客は概ね丁寧な対応で、レストランや庭園散策へ出かける際はこちらが声を掛ける前に素早く履物を用意して下さったりして本館のスタッフは客への目が行き届いていました。しかし、夕食のレストランではグラスが空になってしばらく経っても注いでいただけないことが何度もあり、3回程自分で注がなければならず不満でした。食事の終盤になっても水を出していただけず、こちらから催促してやっと出していただくような状態でレストランのサービスは行き届いていない部分が多々ありました。

老舗旅館に海外資本が入り、大規模なリニューアルしたことによって老舗旅館の風情を残しつつ、ホテルのようなサービスやフレンチレストランでの食事など日本旅館とホテルの良さを融合させた新しいタイプの温泉旅館といった印象を持ちました。広大で美しい日本庭園での散策と複数のお風呂での湯めぐりが楽しめる高級旅館です。

接客対応

概ね丁寧な対応でしたが、夕食時のレストランでのサービスは行き届いていない部分もあり少々不満に感じました。

清潔感

多少の経年劣化は見受けられましたが、メンテナンスがしっかりされていて清掃状態も良く綺麗にされてました。

客室

お部屋の造りはやや古さを感じましたが、寝心地の良いベッドやソファ、豊富なアメニティなど設備面が充実していて快適に過ごせました。

食事

盛り付けは華やかで凝っていて目で楽しませてくれる料理でしたが、味は見た目程の感動は無く普通だと思いました。

コスパ

休前日とは言え、同程度の宿泊施設と比較して宿泊料金が高すぎるように感じました。

立地

静かな別荘地にあり、広大な美しい日本庭園があります。伊豆高原駅から送迎があります。

温泉・スパ

大浴場や貸切風呂も複数あって湯めぐりを楽しめますが、温泉の質は今一つで物足りなく感じました。

備考・アドバイス

ヴィラは本館とは離れていて、車はヴィラ棟の前に停めることができます。本館とヴィラ棟の間は緩やかな坂道となっています。ヴィラに宿泊で、本館施設やレストランを利用の際は坂道を通る必要があり、距離もそれなりにあります。

Wi-Fiが利用できます。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.5 2016年10月9日に投稿 獲得票数:6 投稿者: ともぐり
2016年10月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
坐漁荘のある浮山温泉郷は、原生林に囲まれた閑静な別荘地です。別荘地内は、入り組んだ道になっていますので、少々分かり難いですが、曲がり角には宿の看板がありましたので、注意して進むと迷う事なく到着できました。 宿に到着すると、数名のスタッフさんが出迎えてくださいました。こちらの宿には、築50年ほど経つ純和風の本館と、一昨年新設されたばかりの露天風呂付きヴィラがあります。本館の向かいには、新設されたお洒落なレストラン棟もあり...

坐漁荘のある浮山温泉郷は、原生林に囲まれた閑静な別荘地です。別荘地内は、入り組んだ道になっていますので、少々分かり難いですが、曲がり角には宿の看板がありましたので、注意して進むと迷う事なく到着できました。

宿に到着すると、数名のスタッフさんが出迎えてくださいました。こちらの宿には、築50年ほど経つ純和風の本館と、一昨年新設されたばかりの露天風呂付きヴィラがあります。本館の向かいには、新設されたお洒落なレストラン棟もあり、和と洋がうまく融合された趣のある宿です。スタッフは、スーツ姿の方や着物姿の仲居さん、法被を着た男衆さんなど、たくさんの方がいました。個々の役割分担も完璧で、スタッフの数の多さには本当に驚きました。

宿泊したお部屋は、本館にある南館の内風呂付き温泉客室「木犀」です。宿泊費は、平日利用、2名1室2食付で6万円でした。ホールケーキの特典がついた、記念日プランを利用しました。一昨年に本館の客室もリニューアルされたそうで、ソファやベットなどの家具類は、比較的新しさを感じました。ゆったりとした広縁からは、眼下に庭園が見られ、遠くには少しだけ海も見えました。和室10畳一間の客室ですが、和の設えと洋の設備が使い勝手もよく、居心地の良い客室でした。

客室の冷蔵庫内の飲料は、ビールを含め全て無料でした。温かい飲み物は、緑茶とあられ入りのほうじ茶、ドリップコーヒーが2袋(計4回分)の用意があります。その他にも、大浴場にはポカリやお水、やまももジュースが常備されており、フロント近くには無料でいただけるアイスの自販機もありました。別棟のフレンチレストラン「やまもも」では、夕食前にスパークリングワインやコーヒーなどのウェルカムドリンクのサービスがありました。夕食後には、本館の「BAR宵待」で利用できるドリンクサービス券もいただきました。お酒を含めた飲料系のサービスが、とても充実していました。

アメニティや備品類も、充実した品揃えでした。浴衣は1人2枚で、バスローブの用意もありました。基礎コスメは、男女別にトラベルサイズの用意があります。バスアメニティは、「ブルガリ」のものでボディクリームもあり、持ち帰るための紙袋まで用意されていました。女性用の足袋は可愛らしい柄足袋で、巾着はリバーシブルのしっかりとした物でした。巾着の中に入っていたアメニティは、大浴場にも同様の用意があります。滞在に必要な物は十分に用意されていましたので、不便なく過ごせました。

大浴場は、庭園露天風呂と内風呂が2箇所ずつと、無料で利用できる貸切風呂が2箇所あります。貸切風呂は、実質1人用サイズの小さな浴槽でした。脱衣所は一畳ほどのスペースしかなく、使い勝手が良くないように見えました。今回は利用しませんでしたが、景色は良く、24時間利用できるのも良いと思いました。大浴場は、其々に趣が異なりますので、何処を利用しても景色も良く開放的で、十分に湯浴みを堪能できました。

お夕食は、フレンチを予約しました。食事場所は、本館の向かいにあるフレンチレストラン「やまもも」になります。仕切りのないテーブル席が主なレストランですが、今回は個室確約の記念日プランを利用した為、奥にある半個室席に案内いただきました。厨房に近かったため少々雑音が気になりましたが、広めの個室で椅子の座り心地も良かったです。

新鮮な魚介類や、トリュフやフォアグラなどの高級食材を使用した創作フレンチの数々は、見た目も美しくどれも大変美味しかったです。フォアグラは苦手なのですが、後味がスッキリとしていてコクのあるソースとの相性も良く、苦手意識を克服出来そうなくらい美味しかったです。メイン料理は、追加料金で熟成ポークから黒毛和牛サーロインに変更できましたので、ひとつお願いしました。低温でじっくりと焼いている為か、サーロインとは思えないほどサッパリとしたお肉でした。柔らかくて旨味も感じられ、こちらも大変美味しかったです。デザートとプチフールも手の込んだ一品で、最後まで食材の拘りも感じられる美味しいお料理ばかりでした。

記念日プランの特典として、ホールケーキをいただきました。お腹がいっぱいだったので、夕食後にお部屋へ持ってきていただきましたが、いただくのを忘れて帰ってしまいました。専属のパティシエさんが作られた、美味しそうなケーキだったのでとても残念ですが、お祝いとして、金沢金箔を使用したオリジナルの箸置までいただきました。お祝いの言葉もたくさんのスタッフさんに掛けていただき、とても良い記念日になりました。

朝食は、予約時に和食か洋食を選択します。私たちは洋食を選択しました。サラダやヨーグルトなどは、バイキング形式になっていました。スティック野菜や葉野菜は新鮮で、合わせるドレッシングは数種類の用意がありました。スープやパン、卵料理は、熱々を一皿ずつ運んでくださいます。品数は多くありませんでしたが、拘りの朝食といったような感じで満足感がありました。

美味しいお食事と充実した浴場、心地よい接客など、良い面ばかりある宿でしたが、気になることも何点かありました。客室はリニューアルされていますが、設えの古さは否めません。天井には雨漏りがあったような跡が見られました。古い木造家屋独特の、こもった様な臭いも鼻につきます。自然に囲まれた宿ですので、時期的にもたくさんの虫に遭遇しました。就寝中には、主人がムカデに噛まれてしまいました。薬をお願いしましたが、用意がないのでと痒み止めを渡されました。ナイトフロントの方も、場所がらたくさんの虫が出ると仰っていましたので、把握しているのならば常備薬の種類を増やして欲しいと思いました。客室に出る虫の種類を口頭であげられた為、今からまた虫のでた客室で就寝する身としては、とても不快な言動でした。

気になった点については、時期的なものが要因だと思いますので、虫や湿気臭が気になる方は、時期を選んだり新しいヴァラ棟に宿泊なされば問題ないかと思います。また、アジア圏の観光客の方も多くいらっしゃるとの事でしたので、外国の方が多くいる宿が苦手な方にはオススメできません。

この宿の良いところは、充実したサービスや洗練された接客、浴場の豊富さ、選択肢のあるお食事と、たくさんあるように思いました。自然豊かで静閑な環境の中、純和風の趣と新しい洋の趣を感じられるのも、非日常的でとても良いと感じました。再訪するならば、時期を選んで美味しいお食事目当てに訪れたいものです。

接客対応

スタッフ間の役割分担も完璧で、スタッフの多さにも驚きました。おもてなし溢れる対応だと感じました。

清潔感

掃除は行き届いていましたが、経年劣化は気になりました。

客室

10畳一間の客室でしたが、広めの広縁もあり、窓からの景色も良かったです。アメニティや備品類の揃いも充実していました。

食事

盛り付けもキレイで食材にも拘りを感じられる美味しいお食事でした。

コスパ

客室に関しては、やや高級感に欠けますが、総合的には満足度の高い宿泊となりました。

立地

自然豊かで静閑な環境です。虫が苦手な方は時期を選んだ方が良さそうです。

温泉・スパ

浴場が充実しています。設備も十分に揃っており、気持ちよく利用できる湯処ばかりでした。

備考・アドバイス

大浴場には、ヘアアイロンが完備されていました。

全客室WiFiが利用可能です。速度も快適でした。

浴衣や羽織りは、横幅のゆったりとした物でした。背の高い方用に、大きめのサイズもあるそうです。

池の鯉に無料でエサやりができます。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.6 2016年3月30日に投稿 獲得票数:6 投稿者: みぃ
2016年3月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
伊豆高原の別荘地にあるこちらの宿は、開業当時600坪しかなく、周りにも宿がたくさんあったそうです。今も残っているのはこちらのみということで、徐々に敷地を増やし、4000坪の広い敷地に本館、レストラン、離れがあり、施設内を移動するときは一般道を横切ることもあります。 宿に到着した際、帳場がある建物がわからず本館入口に車を寄せると、係の方が出てきてくださり車を預かってくださいました。係りの方が、到着と同時に雨にぬれないよう傘をさ...

伊豆高原の別荘地にあるこちらの宿は、開業当時600坪しかなく、周りにも宿がたくさんあったそうです。今も残っているのはこちらのみということで、徐々に敷地を増やし、4000坪の広い敷地に本館、レストラン、離れがあり、施設内を移動するときは一般道を横切ることもあります。

宿に到着した際、帳場がある建物がわからず本館入口に車を寄せると、係の方が出てきてくださり車を預かってくださいました。係りの方が、到着と同時に雨にぬれないよう傘をさしてくださったり、荷物を運んでくださったりと、5人で対応をしてくださったのは驚きました。ベテランスタッフとそうでない方の差はありましたが、一生懸命対応してくださったため、好感がもてました。残念ながら雨の降っている日でしたが、緑色の苔が美しい庭園は雨にぬれ、よりいっそう鮮やかな色になっていました。晴れている日は入口に野点傘もあり、和の雰囲気を楽しめます。

本館入口を入るとお雛様が飾られており、囲炉裏でいただくお抹茶とお茶請けをゆっくりと楽しむことができました。こちらで記帳を済ませ、客室に案内していただきました。本館の奥に進み、庭園露天風呂や貸切露天風呂の説明を受けながら客室につきました。今回利用したのは南館(本館)2階の内風呂温泉付き客室で、平日2名1泊2食付、1人あたりおよそ25,000円のプランでした。もっともリーズナブルでありながら、設備の整った過ごしやすく快適な部屋でした。大きなガラスの窓から庭の木々がみえ、その先には青い海が広がっていました。朝は客室の窓から2メートルほどのところで走りまわるリスを見ることができたりと、自然が豊かな景色を楽しめます。

2014年にリニューアルされた客室は、10帖の和室に130cm幅のベッドがありました。和室に用意されているベッドは幅の狭くゆっくり寛げないことが多いため、130cm幅のベッドでゆったりと眠ることができ非常にうれしく思いました。また壁の花や置物は和室の雰囲気を楽しめるものでした。水回りの設備は最新のものではありませんが、メンテナンスが行き届いていて快適でした。客室の温泉は浴槽のサイズが小さく、客室から大浴場が近かったこともありほとんど利用しませんでした。

客室の冷蔵庫の中はビールを含めてフリードリンクでしたが、それだけではありません。夕方まではフレンチレストラン「やまもも」でスパークリングワインを含むウェルカムドリンクを無料でいただけます。本館ではハーゲンダッツを含むアイスを無料でいただけます。また、大浴場と庭園露天風呂ではソフトドリンクを無料でいただけるようになっていました。大浴場と庭園露天風呂はそれぞれ男女入れ替えがあり一通り湯船を楽しむだけでもかなり時間がかかりますが、これだけ飲み物や冷たいものが充実していれば何度も湯浴みを楽しめるでしょう。

大浴場、庭園露天風呂、貸切露天風呂を一通り利用しましたが、それぞれ特徴があるお風呂ですので、お気に入りのお風呂でゆっくり過ごすのが良いと思います。大浴場は内湯とサウナがついています。雨が降っているときや髪を洗ったりするのに適しています。庭園露天風呂は視界のひらけた大きめの湯船です。脱衣所には壁がないため、雨風や寒さをしのぐには適していませんが、開放感はもっとも得られると思います。脱衣所に冷えたソフトドリンクが用意されていますので、ゆっくり休みながら長湯することもできます。展望風呂は1人用ともいえるお風呂で、脱衣所も大人が1人立てるくらいの広さです。建物の屋上にあり、施設の中で最も高い位置にあるこの展望風呂は海を見渡すことができます。2か所ある展望露天風呂のうち、片方は大室山を見ることもできますが、立っている姿勢でないと眺めることができません。高い丘にいるような気分を味わえる展望露天風呂ですが、悪天候の場合は良さを十分に味わえないと思います。

夕食は鉄板焼き、フレンチ、和食から選ぶことができ、会場がそれぞれ異なります。私たちはフレンチを選びました。フレンチレストラン「やまもも」は、大きな窓ガラスがあり、目の前の芝生とその先にある本館の入口を眺めながらお食事をいただきます。夜が更けていくと行燈が美しく浮かび上がり幻想的な景色になりました。夕食のメニューはどれもおいしいお食事で、デザートとプチフールまでありました。おなかがいっぱいになり、プチフールは部屋に持ち帰るために箱に入れていただきました。フレンチに使用されている野菜は生産者こだわりの有機野菜だそうで、新鮮な野菜の味を生かした品々は野菜本来の味を楽しめました。

食事が終わるとバーで利用できる1杯分のドリンクチケットをいただきました。浴衣のままクラブに来ているような不思議な感覚の中、カクテルをいただきました。

朝食は和食と洋食から選ぶことができますが、食事の内容によってレストランが異なるため、2人が同じものを選ぶ必要があります。私たちは和食を選びました。朝から釜で炊いた白飯と、それに合うおかずが並ぶ大変おいしいお食事でした。魚のあら入りのみそ汁は美味しく、朝から満腹になりました。

今回利用した客室はコスト的に大変満足度が高く、フリードリンクのおかげで滞在中の飲み物に困ることもありませんでした。和室をリニューアルしているため客室の高級感はやや欠けますが、大浴場を好む方であれば、離れよりも本館に滞在される方が便利だと思います。大変静かな環境で過ごすことができますので、日ごろの疲れを癒したい方にもおすすめです。

接客対応

丁寧で優しい対応でした。新人スタッフの方とベテランの方の対応に差はありましたが、みなさん一生懸命で不快な思いはしませんでした。

清潔感

掃除は行き届いていました。

客室

和室をリニューアルされた部屋のようで、ベッドとソファのあるくつろげる部屋でした。客室の浴槽は小さめでした。

食事

夕食は鉄板焼き、フレンチ、和食から選べます。美味しいお食事でした。

コスパ

今回は平日限定のお得なプランだったため、満足度が高い滞在でした。展望風呂に関しては、浴槽が小さく期待はずれでした。

立地

伊豆高原の別荘地にあります。近くに買い物ができる場所はなく閑静で緑が豊かな場所です。ゆっくりくつろぐのには適した場所です。

温泉・スパ

男女入れ替え制の大浴場、庭園露天風呂、無料で利用できる貸切露天風呂があります。それぞれ特徴のあるお風呂です。

備考・アドバイス

・夕食に鉄板焼きを希望される場合は、早めに予約されることをお勧めいたします。

・プール付の離れもある宿ですが、お食事の内容はどの客室を利用しても同じとのことです。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.5 2015年7月16日に投稿 獲得票数:3 投稿者: kitty
2015年7月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
伊豆高原駅より車で5分の距離、城ヶ崎海岸の段丘に広がる浮山温泉郷の静かな別荘地内に宿があります。事前予約で駅より送迎も可能でした。 坐漁荘は、約50年の歴史を持つ旅館です。一昨年、初めて宿泊した際は、約4000坪の敷地に純和風の建物と庭園があるだけでした。都会では味わう事の出来ない豊かな自然、温かい接客に温泉、当初は温泉旅館の宿泊が2度目くらいであったので、すごく緊張した思い出があります。現在では30軒以上温泉旅館に宿泊してお...

伊豆高原駅より車で5分の距離、城ヶ崎海岸の段丘に広がる浮山温泉郷の静かな別荘地内に宿があります。事前予約で駅より送迎も可能でした。

坐漁荘は、約50年の歴史を持つ旅館です。一昨年、初めて宿泊した際は、約4000坪の敷地に純和風の建物と庭園があるだけでした。都会では味わう事の出来ない豊かな自然、温かい接客に温泉、当初は温泉旅館の宿泊が2度目くらいであったので、すごく緊張した思い出があります。現在では30軒以上温泉旅館に宿泊しておりますが、他に負けないくらいに良い印象が今でも残っていたので再度宿泊することにしました。

ABBA RESORTの日本第一号リゾートとして2014年10月にリニューアルされ、名前も「坐漁荘」から「ABBA坐漁荘」と変わっています。敷地は更に広くなり約5000坪に拡大、露天風呂付ヴィラやプール付ヴィラ、フレンチ・鉄板レストラン棟が加わるなどリゾート感を味わえる敷地が新しく増えていました。ですが、昔ながらの純和風の良さはそのまま受け継がれていました。

本館にあるのは東館10室・離れ2室・南館7室、ヴィラ棟は露天風呂付ヴィラ9室・プール&露天風呂付ヴィラ2室の、全30室あります。今回宿泊したのはプライベートプール&露天風呂付ヴィラ和洋室、7月の日曜日2名1室(朝夕食付)216000円でした。

本館前に車をつけると、そのまま別邸前まで車を誘導して下さいました。敷地が広くなったので、ヴィラタイプの離れに宿泊する際は、本館との移動距離が少しあります。車はヴィラの宿泊する建物前に停めることが出来ました。チェックインの手続きはそのまま客室内にて行えますが、チェックアウトの手続きは本館まで行かなければならないのが少し不便でした。

和と洋をうまく融合させた客室は、リビングルーム洋室15帖・ベッドルーム和室10帖、隣り合わせになっているその2つの客室を合わせた幅でプールと露天風呂が設置されています。クローゼットスペースや洗面所もかなり広かったです。リビングルームにあるソファー2つやオットマン付チェア、ソファーの大きさに負けないくらいのテーブルなど、一つひとつの家具が大きいですが、それ以上に客室が広いので窮屈に感じることは一切ありませんでした。また、光を巧みに取り込んだ客室はどこにいても明るく、全室が自然と一体化出来るようになっています。静けさに包まれながら、ずっとこの空間にいたいと思うほど居心地が良かったです。

プールは残念ながら温水ではありません。7月中旬ではまだ寒く、少ししか入ることが出来ませんでした。深さもある程度あり、距離もあるので泳ぐことも可能です。プールサイドにあるデッキチェアで寛いだり、プールと温泉を往復したりして楽しく過ごしました。周りが自然に囲まれているので、どうしても葉や虫などが入ってきてしまいます。リニューアルオープンして初めての夏を迎えるので、まだ完全には準備が出来ていないのか、他の施設には必ずといっていいほど用意されている虫をすくう網などがありませんでした。フロントに連絡をすると、夜遅い時間帯でもすぐに対応して下さり、プールや露天風呂に浮かんだ虫を全て取り除いてもらえました。

客室露天風呂は源泉100%の掛け流しで(加温あり)、泉質は弱アルカリ単純泉です。目の前に広がる全ての自然を独り占めしながらの入浴は贅沢でした。

クローゼットスペースに、浴衣1枚ずつ・足袋型ソックス・男性用と女性用の巾着袋の中にコットン・綿棒・ヘアーブラシ・カミソリ・ボディタオル類が入っていました。洗面所には、歯ブラシ類・ヘアードライヤー・ヘアーアイロン・フェイスマスク1枚・男性用と女性用それぞれの化粧水類が置かれています。ブルガリのシャンプー類は2つずつあり、持ち帰れるように専用の紙袋まで用意されていました。

冷蔵庫の中にあるドリンクは無料のサービスです。アサヒの瓶ビール・アップルタイザー・ハイボール・十六茶・ポカリスエットが2本ずつ、水4本とナッツがありました。緑茶とコーヒーセットも用意されています。また、夜のターンダウン後にカワハギのおつまみも持ってきて下さいました。

夕食は、和会席・フレンチコース・鉄板焼きより選択出来ました。鉄板焼きはカウンターの6席しかないので、希望される場合は早めに予約が必要です。和食処「さくら」・フレンチレストラン「やまもも」共に、夕食の開始時間は17時30分から20時30分の間で30分刻みでした。私達が選択した鉄板焼きのレストランは、フレンチレストラン「やまもも」の2階にあります。当日は予約客が2組しかいなかったので、すごく静かな環境で食事に集中することが出来ました。普段フォアグラは進んで食べようとは思わないのですが、こちらで出されたフォアグラは香りがすっきりとしていて後口もかるいのにこくもしっかりあり、非常に美味しかったです。スープ・魚・ステーキ・デザートと、どれを食べても満足出来る物ばかりでした。シェフは淡々と調理されているので少し寂しく感じましたが、新しく出来たレストランでの食事内容や雰囲気は今まで以上に良いものになったと感じました。

朝食は、和食と洋食から選択出来ます。私達はフレンチレストラン「やまもも」の1階にて洋食を頂きました。フルーツ・ヨーグルト・パン・スープ・サラダ・卵料理を全て1皿ずつ運んで下さいます。

本館にある大浴場や露天風呂、貸切り風呂を利用することも出来ます。庭園露天風呂06:00~23:00の翌朝男女入替え制で「葵」・「英」の2種類ありました。庭苔を眺める石造りの「英」と、自然の木々に囲まれた六角形の「葵」で、お勧めは「葵」です。大浴場は24時間営業で、24時に男女の入替えがありました。こちらはそれほど大きな差はなく、檜造りの「翡翠」・石造りの「紫苑」にはサウナが備えられていました。どの湯上がり処にも自由に頂ける山ももドリンク・ポカリスエット・ミネラルウォーターが用意されています。今回は利用しませんでしたが、本館2階には予約不要の貸切り露天風呂2箇所がありました。

2度目の宿泊でしたが、前よりも更にお気に入りの宿となりました。本館の昔ながらの純和風を味わいながら、新しくなったヴィラ棟での宿泊、更に選択肢が広がった夕食レストランなど、どれをとっても非常に満足出来る滞在となりました。

接客対応

従業員の人数も増え、全ての事ですぐに対応して頂けます。

清潔感

昔からある本館・新しいヴィラ棟・庭・レストランなど全て綺麗に清掃・整備されています。

客室

広さ・高級感・使いやすさ全てにおいて完璧でした。

食事

和食だけでなく、鉄板焼きやフレンチのコースが楽しめるのが良かったです。

コスパ

立地

浮山温泉郷の静かな別荘内にあります。

温泉・スパ

本館にある庭園露天風呂「葵」がお勧めです。

備考・アドバイス

鉄板焼きレストランはカウンター6席しかないので、早めの予約をお勧めします。
プールは温水ではないので、利用する際には予約時期を注意して下さい。7月中旬では少し寒く感じました。

1 - 6件目 / 合計 6件

施設情報

施設名
ABBA RESORTS IZU ― 坐漁荘
かな
にほんのやど ざぎょそう
所在地
〒413-0232
静岡県伊東市八幡野1741
電話番号
0557-53-1170
チェックイン
15:00(最終チェックイン:18:00)
チェックアウト
11:00
アクセス
●電車:伊豆急伊豆高原駅より送迎有(要予約)
●車:東名厚木I.C.又は沼津I.C.利用(1時間30分)
送迎
あり(無料)
駐車場
あり(宿泊者無料)
駐車時間: 30台/無料(ヴィラは駐車スペースあり)
駐車場台数: 30台
部屋数
30
設備・サービス
○ インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 ○ 貸切風呂 ○ 客室露天風呂 × 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 × コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 ○ 送迎サービス × ランドリー × クリーニング ○ マッサージ ○ エステ ○ サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 × ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 フェイスタオル バスタオル ボディタオル・スポンジ 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 浴衣 バスローブ 洗顔料 化粧水 乳液 化粧落とし 綿棒 コットン 冷蔵庫 ミニバー 湯沸かしポット お茶セット テレビ 金庫 朝刊 洗浄機付トイレ 無線LAN接続
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS 銀聯 デビットカード

ABBA RESORTS IZU ― 坐漁荘周辺のホテル・旅館}