ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

ふたりの湯宿 湯花満開

〒413-0302 静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本987-1
ふたりの湯宿 湯花満開
〒413-0302 静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本987-1
TEL: 0557-23-1133
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
2.8 に投稿 獲得票数:11 投稿者: 虎ひび認証済
2018年6月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
守り神様に守られた6つの源泉かけ流しのお風呂とノスタルジックな外観が魅力の湯宿

伊豆熱川駅のほど近く、川沿いの斜面に建つ、一際目を引く外観の建物が一柳閣です。当日は車で伺いました。宿に隣接する駐車場に車を停めて、フロントでチェックインの手続きを行います。色浴衣(女性のみ)を1枚選び、荷物は自分で持ったまま、スタッフが客室まで案内してくださいました。 

客室は5つのタイプがあり、その中で唯一の禁煙部屋である和風ツインベッドルーム(バスなし)を予約しました。利用したプランは、「貸切露天風呂リニューアル記念(サザエのつぼ焼きとワンドリンクの特典付き)」で、宿泊費は平日2名利用・2食付で、1人10,000円(現地・現金支払)でした。

案内されたお部屋は2階のエレベーターの目の前にあります。室内は主室からフラットに続く広縁まで畳敷きで、和モダン調に改装されています。ベッドはスプリングが体にあたり、改善が必要かと思われました。就寝時には、川瀬の音が耳にたったのですが、階層によって感じ方は異なるのかもしれません。お手洗いの出入り口は、玄関の沓脱スペースと重なるうえに狭いので、使いにくいと感じました。

広縁に設置された化粧台には、化粧水・乳液・クレンジング・ドライヤーが用意されています。歯ブラシは2人分ありましたが、歯磨きコップ・ヘアブラシ・シャワーキャップ・レザーは1人分の用意でした。大小タオルは各1枚でしたので、幅広のタオルラックは助かります。飲料は、冷水のサービスはありませんが、緑茶セット(ティーバッグ)の支度がありました。

広縁の窓からは、向かいの宿泊施設の広縁や裏方の様子がよく見えました。幸い、こちらから見える客室を利用する宿泊客の姿はなく、カーテンを開けて過ごせました。この時期ですと窓も開けたいところですが、古い窓まわりには網戸がなく不便でした。目の前に宿泊施設はあるものの、眼下には川が流れ、角度によっては海とその先の大島まで見ることができ、大きくとられた窓からは光がよく入るので、さほど圧迫感等を感じることはありませんでした。

共用浴場は、内風呂と貸切露天風呂が合わせて6箇所あり、各々守り神様に守られているそうです。また、1階には幸せを見守るという「幸守神社」が祀られています。すべてのお風呂には熱い源泉が注がれているので、入浴の際には注意が必要です。どのお風呂にも湯かき棒が用意してあり、湯もみをすると適温になりましたが、水で好みの温度に調節することもできます。

内風呂は3種類(男女別浴場と貸切風呂)あり、いずれも老朽化は否めません。昭和レトロなムードが漂う浴場は、懐かしい味わいがありますが、古さが苦手な方にはおすすめできません。これらの浴場に辿り着くには迷路のような道順を辿るので、最初は迷ってしまいました。さらに、急な階段を利用しますので、移動が困難に感じる方もいらっしゃるかと思います。

3つの貸切露天風呂は、4階エレベーターから数段の階段を上がったフロアに並んでおり、空いていれば鍵をかけて自由に利用できます。それぞれに特徴があり、どれもステキなお風呂でした。中でも「だいもんじ」では、大人4人でもゆったり入れる位の大きさの浴槽を独占できるので、贅沢な気分を味わえました。サウナを備えてあるのもここだけですので、とても人気のようです。1回の利用時間が定められていないので、満室の日は順番待ちをすることもありそうですが、今回は平日ということもあり、1日目は常に待つことなく何度も利用できました。波の音が心地よく、のんびりと温泉に浸かることができました。

2階には懐かしい昭和を想起させる歓談スペースがあり、こちらにアルコールやソフトドリンク、アイスの自動販売機が設置されています。ウォーターサバーも備えてありますが、翌朝無くなっていたのでスタッフにお伝えしたところ、朝は業者が来ないため補充は出来ないとのことでした。

食事は3階のダイニング「竹の間」で頂きます。夕食は18時からで、履物を脱いで上がると席に案内されます。テーブル毎に竹と暖簾で仕切られており、個室風居酒屋のような雰囲気でした。メインの金目鯛の煮付けは、身が固く脂のノリもイマイチで、個人的には味付けが甘く感じました。熱川ポークの身は柔らかく、プラン特典のさざえのつぼ焼きは汁まで美味しく頂きました。ライト会席でしたが、特典の一品が加わりボニュームの不足は感じませんでした。宿泊費を考慮すれば献立は十分なものでしたが、質においては今一つに感じました。

夕食後に1階の神社にお参りに行きましたが、付近のラウンジでは宿の方と業者の方が打合せをされており、その場に居づらい雰囲気でした。海岸へ散歩に出かけた後もミィーティングは続いていました。1組しかないテーブルセットを占領する事やそれに関するフォローがないのは、いかがなものかと思いました。

朝食は8時開始です。籠には朝食らしいおかずが並んでいましたが、その中の一品の刺身の細切れは、夕食に出されたのと同じ種類で少し驚きました。夕食も朝食も、海外出身の方が担当して下さり、やり取りに少々手間取ることもありましたが、真摯に対応する姿は好感が持てました。食事が終わると丁寧に見送ってくださるのも好印象でした。

現在3つの貸切風呂を新設中で、来月は宿名を「湯花満開」に改めて、ふたりの宿をコンセプトに生まれ変わるそうです。今回の滞在で一番満足感を得られたのが貸切風呂でしたが、さらなる充実が見込まれ、より一層プライベートな湯めぐりが楽しめそうです。

接客対応

シンプルかつアットホームな対応です。気になることもありましたが、主に接点のあった2名のスタッフは、こちらの問いかけに対して丁寧に答えてくださいました。

清潔感

客室では窓ガラスとサッシの汚れが目立ち、共用の内風呂では扇風機等に積もった埃が目につきましたが、その他においては清掃状態に大きな問題はありませんでした。

客室

リニューアルされて2年と経っていませんが、ベッドの寝心地がよくありませんでした。景色については、正面に宿泊施設がありますが、角度によっては海や大島が見えます。

食事

手の込んだ料理という感じはしませんでしたが、宿泊費を考慮すれば十分な献立だと思います。

コスパ

食事や設備・サービスは宿泊費相応と感じる内容でしたが、源泉かけ流しの貸切風呂を何度も利用できたので、その面ではお値打ち感がありました。

立地

駅から徒歩約5分、ビーチまでは1分程と立地自体は文句なしに良いのですが、川を挟んだ正面には別の宿泊施設があり、眺望に関しては必ずしも良いとはいえません。

温泉・スパ

館内すべての湯処で源泉かけ流しのお湯が楽しめます。貸切風呂は無料で、空いていれば自由に利用できます。

備考・アドバイス

駅からは歩いて5分程ですが、宿までは坂道が続くので、足腰に不安がある方は送迎をお願いされることをおすすめします。川沿いの道路は、道幅がやや狭いので、大きな車の方は海方面へ迂回した方が安心かもしれません。

内風呂はチェックインから翌朝9時30分まで利用できます。貸切露天風呂は15時から深夜2時まで、翌朝は5時から9時30分まで利用できます。

客室でWiFiが使えます。

客室タイプは、バスなしとバス付があります。バスなしは、スタンダード和室・和風ベッドルーム・和風ツインベッドルームの3タイプ、バス付はお湯は源泉かけ流しで、露天風呂客室・コクーンスイートルームの2タイプに分かれます。部屋食ご希望の方はコクーンスーイトがおすすめです。館内のパブリックスペースは禁煙ですが、和風ツインベッドルーム以外の客室では喫煙が可能です。

ふたりの湯宿 湯花満開周辺のホテル・旅館