ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

谷川の湯 あせび野

〒410-3206 静岡県伊豆市湯ケ島1931-1
谷川の湯 あせび野
〒410-3206 静岡県伊豆市湯ケ島1931-1
TEL: 0558-85-1313
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.9 に投稿 獲得票数:5 投稿者: はやどん認証済
2019年1月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
川のせせらぎに癒される、居心地のいいハイセンスな宿

今回宿泊した「谷川の湯 あせび野」は、中伊豆・天城湯ケ島温泉の宿です。玄関前に車を止めると、すぐにスタッフが乳母車のような籐のかごのカートを押して出迎えてくださり、荷物を手際よく乗せてロビーへと案内していただきました。

ロビーは上階まで吹き抜けになっていて、天井まで高さがある大きな窓からは、猫越川の流れと対岸の自然林が一望できる、とても解放感のある心地良い空間です。こちらでお菓子とお茶をいただきながらチェックイン手続きをします。

1泊夕朝食付き、休前日宿泊で、2名合計約66,000円でした。全18室ある客室は、客室棟とフロアによって間取りが少しずつ異なり、私が今回泊まった和洋室「木の蔵」タイプは、玄関を入ると手前に7.5帖の和室があり、その奥にツインのベッドルームがある間取りです。ベッドルームは、和室から階段で2段ほど下がったステップダウンフロアになっており、天井が高く、広く感じました。窓辺には源泉掛け流しの専用露天風呂と、川を見下ろすテラスがあります。露天風呂は無双窓で囲われており、開かれた眺望ではありませんが、冬場など寒い時には内風呂風にすることもできます。

こちらの宿は、自家源泉を5つも所有し豊富な湯量を誇るため、客室の洗面所の湯水も、汲み上げたままの温泉水を使っているそうです。そのため飲用はできませんが、冷蔵庫に2リットルボトルの天然水が無料で用意されていて、思う存分、湯上りの水分補給ができます。

パブリックスペースの温泉は、大浴場が2つと予約制の貸切風呂が4つあります。客室露天風呂、大浴場、貸切風呂、すべてのお風呂が川に面していて、常にせせらぎをBGMに湯浴みが楽しめます。

大浴場の野天風呂「世古の湯」は、猫越川の流れに沿うように横に長い広大な岩風呂で、一晩中利用できます。シャワーブースが屋内と露天を合わせて10個ほどあり大人数で入っても十分広々していますが、客室に専用温泉があり、無料の貸切風呂もあるためか、いつ行ってもほぼ貸切状態でした。(大浴場は撮影禁止の貼り紙がありましたので写真はありません)

貸切風呂「やませみ」は客室風呂より一回り大きな岩風呂、「かわせみ」は伊豆石を使った八角形の浴槽で、いずれも半露天となっています。また、「かざはや」は3〜4人で入っても余裕があるほど大きな椹(サワラ)材の浴槽で、大きな窓を開け放すと対岸に広がる緑の眺望を独り占めできます。この他、空き状況の都合で今回は利用しませんでしたが、「猫越川の寝湯」もあり、滞在中バリエーション豊かに温泉が堪能できます。これら貸切風呂の予約は、チェックイン後、内線電話もしくは部屋に備え付けてあるタブレット端末から操作でき、部屋で落ち着いて入浴時間の計画が立てられたのが良かったです。

夕食は、1階にある個室ダイニング「旬香団人倶」にていただきます。年が明けて間もない時期でしたので、先付けではお正月らしい食材やあしらいも感じられました。印象的だった料理は“かきフライとカキフライ”で、これは一つの皿に特製オイスターソースをかけた牡蠣フライと、果物の柿に衣をつけて揚げたフライが乗っている、2つの“カキ”を楽しむメニューです。柿のフライは初めて食べましたが、熱で果実の甘みと柔らかさが増し、衣のサクサク食感がアクセントとなり、甘美な味わいでした。また、和食器、洋食器とも上質でセンスのある器ばかりで、美味しい料理をさらに魅力的に引き立てていました。

こちらの宿は共用スペース、客室、お風呂まで、インテリアや装花など、すべてにおいて洗練されていて、それでいて気取りがないところが好印象でした。フロントにあったダイナミックな活け花やロビーの調度品から、廊下の途中にさりげなくあしらわれた飾りまで、トーンがうまく調和していて、設備などの経年の老朽さえ味わいに感じさせるほどで、宿のどこにいても居心地が良かったです。シンプルながらも非日常の心地よさを感じることができました。お正月休み期間だったこともあり、家族客が多いように見受けられましたが、大切な人とゆったり時間を過ごすにはぴったりの宿だと思いました。

接客対応

みなさん穏やかで落ち着いた対応で安心感があります。

清潔感

館内すべてに目が行き届いている印象でした。

客室

ベッドルームの天井が高く解放感がありました。

食事

食器の質とセンスが良く、料理の美味しさをより引き立てていました。

コスパ

無料で4つもの貸切風呂が楽しめ、非日常の演出も素晴らしく、価格以上の満足感が得られます。

立地

自然がいっぱいですが公共交通機関でのアクセスはやや不便です。

温泉・スパ

大浴場から部屋風呂まで、多彩な温泉をすべて厳選掛け流しで楽しめます。

備考・アドバイス

館内履きのスリッパは、使い捨てのパイル地のものです。大浴場などで他の宿泊客のものと履き違えないよう、客室に油性ペンが用意してあり、スリッパに自分で自由にマーキングができるようになっていました。下駄箱を見ると、色とりどりにさまざまなイラストや印が描かれていて、ちょっと心が和みました。

貸切風呂は、利用の際はフロントでタオルと足拭きマットが貸し出されますが、シャンプーやアメニティ類などは一切置いて無いので、身体や髪を洗うのは部屋か大浴場がおすすめです。