ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

星野リゾート 界 熱海の口コミ情報・宿泊予約

5位

星野リゾート 界 熱海

〒413-0002 静岡県熱海市伊豆山759
5位/101件中 - 熱海の旅館
星野リゾート 界 熱海
〒413-0002 静岡県熱海市伊豆山759
TEL: 0570-073-011
みんなの満足度
3.8 詳細評価
接客対応
4.3
清潔感
3.7
客室
3.5
食事
3.8
コスパ
3.8
立地
3.7
スパ・温泉
4.0
みんなの平均予算
40,000円未満
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 1泊 1泊 2泊 3泊 4泊 5泊 6泊 7泊 8泊 9泊 10泊 11泊 12泊 13泊 14泊 大人2名
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児(寝具のみ)
幼児(寝具・食事なし)
設定
子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。その他の予約サイトにつきましては直接ご確認ください。
解除
空室・最安値を検索
じゃらんJTB
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
2
良い
4
普通
0
悪い
1
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
4
家族旅行
0
友人・知人
2
一人
1
全文表示簡易表示
1 - 7件目 / 合計 7件
この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.1 2017年10月21日に投稿 獲得票数:8 投稿者: korousa
2017年10月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
10月の平日に宿泊しました。この宿は伊豆山の傾斜地にあり、高台に建つ和風の造りの「本館」と、本館の斜面を降りた海沿いにある洋風の「別館」で構成されています。文化財指定されている別館の洋館レストラン「ヴィラ・デル・ソル」や、名旅館「蓬莱」として名高かった本館の情緒を味わうことを目的に訪問を決めました。 駅からの送迎はなく、宿まではタクシーを利用しました。海沿いの道を走ると、やがて木立に囲まれた美しい門と瀟洒な西洋館が現れ...

10月の平日に宿泊しました。この宿は伊豆山の傾斜地にあり、高台に建つ和風の造りの「本館」と、本館の斜面を降りた海沿いにある洋風の「別館」で構成されています。文化財指定されている別館の洋館レストラン「ヴィラ・デル・ソル」や、名旅館「蓬莱」として名高かった本館の情緒を味わうことを目的に訪問を決めました。

駅からの送迎はなく、宿まではタクシーを利用しました。海沿いの道を走ると、やがて木立に囲まれた美しい門と瀟洒な西洋館が現れます。その素晴らしい佇まいに感動しながら車を降りました。戦前の洋風建築が好きな方にはたまらない雰囲気かと思います。

宿に到着するとスタッフの方がすぐ荷物を持って、「ヴィラ・デル・ソル」の1階ラウンジまで案内してくださいました。クラシックな館内は、まるで名家のお屋敷の中にいるようです。こちらで宿オリジナルの梨のウエルカムドリンクをいただきました。ラズベリーの実が浮かべられたノンアルコールカクテルのような飲み物で、やわらかな味わいが大変美味しかったです。また、こちらのラウンジスペースの近くの一室にドリンクバーが用意されており、宿泊者は自由にコーヒーやお茶類がいただけるようになっていました。ラウンジでは、詳しくプランやサービスをご案内いただき、アレルギーの確認も丁寧に行ってくださいました。

今回の宿泊では、別館の「オーシャンビューツイン」に2名1室2食付きで約65,000円で宿泊しました。別館の宿泊棟は、洋館に隣接した近代的な建物です。アサインしていただいたお部屋は22号室という2階のお部屋でした。白を基調とした客室は清潔な雰囲気に満ちていて、照明も柔らかで大変落ち着きます。天井や窓の高さも十分で開放感もありました。ベッドルームのガラス扉の先には、室内テラスと呼ばれる広縁のような空間があります。この空間はベッドルーム側に就寝用のカーテンを引くことができるので、主人より早く起きた際に、寝室を遮光したまま過ごすことができて便利でした。こちらからは海が望め、初島も見ることができました。近くに道路がありますが、すりガラスで上手に隠されていて生活感は感じません。あいにくの曇り空でしたが、晴れていれば朝日も見ることができるそうです。客室棟が造られてからはすこし時間が経っているようですが、客室全体的に丁寧にデザインされていることが伝わる、居心地の良いお部屋でした。

備品にはコーヒーマシンがあり、数種類のカートリッジが無料で利用できました。コーヒーマシンにはお湯のボタンもあり、備品のティーパックで紅茶を入れることもできます。その他の無料ドリンクとしては一人1本のミネラルウオーターがありました。冷蔵庫内の飲み物は有料でした。

客室のバスルームはトイレや洗面台がワンルームになっています。お風呂のお湯は温泉ではありませんが、広めのバスタブで気持ちが良かったです。バスアメニティーや基礎化粧品は界のオリジナルブランドでした。

こちらには大浴場として「走り湯(女湯)」と「古々比の瀧(男湯)」の2箇所があります。どちらもチェックイン日は夜中の12時まで利用でき、翌朝に男女入れ替えとなっていました。この二つは本館と別館の急傾斜な敷地を繋ぐ階段の中間に位置します。本館からのアクセスは屋根のある階段で降りることができますが、別館からは崖を切り出して造られた、屋根のない石段を登って向かう形となります。急な階段なので、足腰に自信の無い方にはかなり厳しいかと思います。また、雨天用に傘が階段の要所に沢山用意されていますが、大雨や強風の日ですと少々怖いかと思います。希望すればいつでも本館と別館の間の無料送迎を行ってくださいます。当日は雨だったため、スタッフの方も積極的に勧めてくださいました。

「走り湯」は4人程度が入浴できる総檜丸太造りの内風呂、「古々比の瀧」は6人程度が入浴できる壁のない開放感のある半露天です。どちらもシンプルながらセンスのよい内装のお風呂で、海の眺めを楽しみながら入浴できました。お湯は塩味で、体がよく温まり、入浴後は肌がすべすべになりました。どちらも素敵なお風呂ですが、脱衣場が狭いので、利用者が多い際は使いづらく感じました。

「走り湯」と「古々比の瀧」を結ぶ通路の途中に「青海テラス」があり、絶景を見ながら涼む事ができます。常時ソフトドリンクが用意されていますが、16時から2時間程度、夕涼み時間の「おもてなし」として、スパークリングワイン等の飲み物や、季節毎に変わる甘味のサービスがあります。宿泊したシーズンは秋だったため「月待テラス」というイベントが開催されており、満月に見立てた芋羊羹やお饅頭、南部鉄器で沸かした月見草茶をいただくことができました。小雨が降っていて天気は悪かったですが、海の眺めや心地よいサービスに、席を立つのが惜しくなるほど癒されました。お菓子やドリンクは何度でもお代わりできるのも嬉しかったです。

その他宿泊者が自由に利用できる共用部として、本館のラウンジや「トラベルライブラリー」が利用できました。「トラベルライブラリー」には別館と同じようにドリンクバーが設けられ、かりんとうなどのサービスもありました。本館全体の数奇屋の風情も素晴らしく、静かな和の情緒を楽しむことができました。

夕食は、「ヴィラ・デル・ソル」の2Fのレストランでいただきました。こちらではシェフがその日揚がった魚介類を見てメニューを決める、「海のフレンチ」のコースがいただけます。どんなお料理が出てくるかはその日によって違うため、お品書きもありませんが、ディナー開始時と、配膳の時に丁寧なお料理の説明をしてくださいます。

まず最初にオリーブ二種とお魚だけを使用したコンソメのゼリーをいただきました。コンソメの上にはキャビアが載っており、海の味わいが一気に口の中に広がりました。次はイワシの酢締めを合わせたクスクスが登場しました。トマトも載っておりさっぱりとサラダ感覚でいただけます。毛ガニを使用したリゾットはカニの旨味がお米に溶け込んでいて、パンをちぎって載せても絶品でした。サザエのブルギニヨンバターは、サザエを一旦取り出し、塩水で蒸してガーリックバターで和えてあります。この宿の名物、ブイヤベースには黒ムツ、タカノハダイ、アサヒガニなど、お料理の材料としては珍しいもので作られていました。タカノハダイやアサヒガニは初めて食べましたがとても美味しかったです。デザートもソルベ、スイーツグラタン、プチフールと三回に分けて提供していただけました。食事中の飲み物は「お食事に合わせた5種のソフトドリンク」という2500円のコースを選びましたが、どれもひと手間かけられ、料理にもよく合っていました。当日こちらのレストランでディナーを利用していたのは私たち含めて2組のみで、静けさと非日常感に満ちており、空間含めて極めて満足度の高いディナーでした。

夕食後21時からは、本館のラウンジで「あたみ梅酒サロン」のサービスがありました。5種類の梅酒が入れられたおちょこが並べられ、自由に飲み比べできます。また、21時半からはラウンジ近くの広間で「熱海芸妓の舞」というイベントがあり、芸妓さんの踊りや、投扇を楽しむことができました。他の宿泊客の方と一緒になって満喫できる、賑わいを感じさせてくれる楽しいイベントでした。この後、大浴場を利用しようとしましたが、みなさん同じタイミングで入られるせいかかなり混雑していました。この時間帯の入浴は注意した方が良いかもしれません。

朝食も同じくヴィラ・デル・ソルでいただきました。泡だてられたクラムチャウダーや、黄身の濃さが感じられるスクランブルエッグがとても美味しかったです。昨晩とは別の席に通していただき、朝ならではの爽やかな雰囲気を楽しむことができました。

接客は大変素晴らしいものでした。特に別館のスタッフの方々はみなさんホスピタリティー抜群で、全くマニュアル感が無いプロ意識の高い対応に、一瞬も不満を感じませんでした。夕朝食時のお食事の説明は大変丁寧ですし、ちょっと間が空いてしまうようなタイミングで、季節の楽しみや施設の魅力を教えてくださるなど、気配りも大変見事でした。どの方も生き生きと接客されていて、スタッフの連携もよく、清々しい気持ちで過ごすことができました。

この宿全体を通しての難点といえばやはり移動の大変さでしょうか。大浴場を利用するには必ず長く急な階段の利用が必要になるため、足腰の悪い方には不向きな宿かとおもいます。特に別館からは屋根のない階段を利用するので、冬の寒さ、夏の暑い時期は大変かと思います。温泉を何度も利用したい方もアクセスの悪さに不満が残るかもしれません。しかしこの階段には悪い点だけがあるわけではありません。崖を這うように造られた迷宮感、途中で見る海の絶景など、魅力も沢山あります。十年以上も昔、雑誌記事で、この階段を見かけ、その風情に憧れたことを思い出しました。この階段をどう感じるかで宿の印象がかなり変わるのではないでしょうか。

洋風の別館、和風の本館、どちらの建物も小説の中に登場するかのような、非常に魅力的な世界観があり、この施設を利用できただけでも夢心地になることができました。また、それに加え「青海テラス」「あたみ梅酒サロン」「熱海芸妓の舞」など、星野リゾートならではの楽しいアクティビティも楽しめました。個人的には大変満足度が高い宿泊でしたので、また機会があれば是非伺いたいと思います。

接客対応

別館のスタッフの方々の接客は素晴らしいものでした。みなさんホスピタリティー抜群で、一瞬も不満を感じませんでした。

清潔感

別館の客室はわずかに古さを感じさせますが、白を基調とした室内は清潔感がありました。

客室

別館のツインベットのお部屋に宿泊しました。白を基調とした雰囲気の良いお部屋で、眺望も良かったです。

食事

別館に宿泊すると、その日に揚がった魚介類で構成される「海のフレンチ」がいただけます。日毎に変わるお料理は大変美味しくいただけました。

コスパ

別館宿泊の評価です。建物の雰囲気と眺望、豊富なサービスを重視する私にはコスパよく感じました。温泉やバリアフリーを重視される方には不満が残るかもしれません。

立地

伊豆山の海を見渡せる立地です。駅からは遠く送迎サービスもありませんが、大木が生い茂る海が望める高台として、風情があります。

温泉・スパ

「走り湯」と「古々比の瀧」とも趣ある温泉で、お湯も気持ち良かったです。ただ長い階段利用となるので、アクセスは大変です。

備考・アドバイス

本館・別館どちらに宿泊しても大浴場利用には長い急階段を使用する必要があります。足腰の弱い方、お年寄りには厳しいかと思います。

大浴場に近い客室棟として本館に属する宿泊棟「離れ」があります。エントランスから階段を降っていく必要がありますが、大浴場の利用を頻繁にされたい方には使い勝手が良いかと思います。

別館から本館の移動は、本館までの無料送迎の利用をオススメします。タクシーで対応しているようなので、配車まで少し時間がかかりますが、何度でも無料で利用できます。

「ヴィラ・デル・ソル」では、日帰り利用として、ディナー一組みのみ対応しているようです。

「ヴィラ・デル・ソル」では窓の外のテラスでのお食事もできるそうです。また、本館宿泊でも別館のお食事に変更できるとのことです。宿の方に相談してみてください。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 2017年2月15日に投稿 獲得票数:7 投稿者: ぽぽぽぽぽ
2017年1月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
「星野リゾート界 熱海」は、以前、「蓬莱」という旅館でした。その面影を残す純和風数寄屋造りの本館と、明治32年に建てられた後、ここに移築され、国の有形文化財に指定された、ルネサンス様式の別館「ヴィラ・デル・ソル」からなっています。伊豆山の傾斜にそって立ち、高台に本館、目の前に相模湾が広がる海沿いに別館があります。どちらに宿泊しても両方の施設を利用でき、本館の“和”と別館の“洋”、一か所で2つの楽しみ方ができるお宿です。 ...

「星野リゾート界 熱海」は、以前、「蓬莱」という旅館でした。その面影を残す純和風数寄屋造りの本館と、明治32年に建てられた後、ここに移築され、国の有形文化財に指定された、ルネサンス様式の別館「ヴィラ・デル・ソル」からなっています。伊豆山の傾斜にそって立ち、高台に本館、目の前に相模湾が広がる海沿いに別館があります。どちらに宿泊しても両方の施設を利用でき、本館の“和”と別館の“洋”、一か所で2つの楽しみ方ができるお宿です。

今回の予約はネットの旅行サイトから行いました。1月下旬の平日、1人で泊まって、1泊2食付き、税・サービス料込みで40,500円、部屋は別館のツインルームでした。

ホテルまではタクシーを利用しました。別館の玄関前で支払いをしていると、中からスタッフが出てきて、出迎えてくれました。短期滞在だったので荷物は少なく、リュックタイプのバッグひとつだけだったのですが、それでも荷物を気にして声をかけてくれました。

まず通されたのは別館のサロンでした。ここにはエスプレッソマシンやハーブティーなどが用意され、フリーでそれらを楽しめます。客室への持ち込みもOKでした。ソファーに腰かけると、まずウェルカムドリンクとしてシャンパンと小菓子が出されました。ドリングはノンアルコールにすることもできます。その後、チェックインの手続きをしたのですが、ここで夕食、翌朝の朝食の希望の時間を訊かれました。夕食は18時~19時30分、朝食は8時~9時30分までの間で、30分単位で選べます。館内の説明、食物アレルギーや苦手な食材の確認など、ひと通りのことが終わると、簡単な宿泊案内のプリントをくれました。その表には希望した食事の時間、大浴場など施設の説明や営業時間、裏には敷地の地図がかかれていました。持ち運びにも便利で、広い敷地を移動する際、どこに何があるのか把握でき、大変役に立ちました。また、チェックインは15時からで、到着したのは14時30分前でしたが、待たされることなく、すぐ部屋に案内してくれたのも好印象でした。

案内された部屋には、天井近くまで高さのある窓があり、部屋に入ると目の前に海の景色が広がります。40平方メートルと広めの空間なのですが、大きな窓と白で統一された部屋の色調のせいか、開放感があり、より広く感じられました。アンティークの和箪笥など木目調の家具が置かれ落ちついた雰囲気で、余分なものを排除したようなシンプルな空間造りに、好感が持てました。ヒーリングミュージックのCDとCDプレイヤーや空気清浄機もあり、生花が飾られていたのも好印象でした。

ティーセットとしてドリップタイプのコーヒーと緑茶のティーバッグ、界ブランドのミネラルウォーターが置いてありました。冷蔵庫の中には有料ですがアルコール、ノンアルコールのドリンク各種に「Veuve・Clicquot」のシャンパンもありました。クローゼットの中には作務衣と綿入りの半纏が1着のみでしたが、室内用のスリッパに外出用の雪駄が置いてあるあたりは、旅館とホテル、両方を持つこのお宿ならではだと思いました。また、自然豊かな立地のせいか、虫よけスプレーや虫刺されの薬も用意してありました。

アメニティはすべてホテルオリジナルの界ブランドのものでした。詰め替えタイプでしたが、化粧水などひと通りのものはそろっていました。歯ブラシやコットン類は単に並べて置いてあるのではなく、ホテルオリジナルのモダンな柄の風呂敷に包んであるあたりにちょっとした気遣いとセンスを感じました。

大浴場は2つあります。ひとつは日本三大古泉のひとつである「走り湯」の名のついた温泉です。こちらは木目を活かした、いかにも伝統的な日本旅館の浴場といった風情でした。海に面した側は大きなガラスの引き戸になっていて、屋内でありながらも、相模湾の絶景を楽しむことができます。もうひとつは世界的な有名建築家、隈研吾氏による「古々比の瀧」です。こちらは露天風呂になっていて、開放感も抜群ですが、さすがに冬は寒かったです。更衣室がガラス張りになっている斬新なデザインで、外に向かってチェアーも置いてあり、ゆったりと景色を堪能できました。2つの浴場は15時~24時と翌朝6時~11時30分で男女が入れ替わります。どちらもバスタオル類や客室と同じアメニティが用意され、手ぶらで利用でき便利でした。

「古々比の瀧」のすぐ近くに「空中湯上り処青海テラス」があります。通常はレモン水とほうじ茶がおいてあるだけなのですが、夕食前の時間帯にはシャンパンやビールなどのアルコールやちょっとした食べ物が並びます。この時はスタッフが目の前でミカンを焼いてくれました。冬の間は席の一部がこたつ仕様になっていて、そこでぬくもりながら、アツアツのミカンを食べ、のんびりとひと時を過ごしました。

ディナーは別館2階にあるレストランでいただきました。スタッフによると「海鮮尽くし」のコースとのことで、前菜からメインまで、地元でとれた魚介をふんだんに使った料理でした。ここのシェフは、余分な手を加えず、素材のうまみを活かした料理を提供しているようです。はまぐりは焼いただけで、海の塩分のみでおいしくいただけましたし、フランスから取り寄せた旬のホイワトアスパラもシンプルに茹でたものが提供されました。穂先の柔らかい部分と、根元のシャッキリ感の違いを味わってほしいとのことでした。食後、シェフが料理の感想を訊きながら、各テーブルを挨拶してまわっていたのも印象的でした。

朝食も同じ場所でいただきました。彩り豊かなサラダの野菜は、朝、地元にある農園から仕入れてきたもので、時にはシェフ自ら収穫したり、種をまくこともあるとのことです。フルーツ感たっぷりのジャムや酸味を抑えたヨーグルトまでもシェフの手作りだそうです。

夜、本館の大広間で「ご当地楽 熱海芸妓の舞」というイベントが行われました。熱海の芸妓さんが華麗な舞を披露してくれたあと、投扇興という、扇を投げて的に当て点数を競う、お座敷遊びのレクシャーがありました。宿泊客も参加でき、かなり盛り上がっていました。芸妓さんの舞やお座敷遊びを実際に経験できることはあまりないので、とても興味深いものでした。

スタッフの対応は素晴らしかったです。チェックイン時の説明も丁寧でしたし、落ち着いていて、こなれていた感じがしました。芸妓さんの舞を勧めてくれたとき、本館まで車で送迎可能な旨、声をかけてくれたり、細かなところまで気を使ってくれていたようです。また、廊下ですれ違うスタッフは、シェフも含めみんな立ち止まって挨拶してくれました。

今回の宿泊は大変満足のいくものでした。スタッフのサービスも個人によるばらつきは感じられず、みなハイレベルだったと思います。食材にこだわった料理、充実した温泉施設に、熱海ならではのイベントなど、滞在中、フルに楽しむことができました。チェックアウトが12時で、翌朝ゆったり温泉に入れたのもよかったです。ぜひ、また訪れたいです。

接客対応

従業員によるサービスの差がなく、みなレベルの高い接客をしていました。

清潔感

15年ほど前に利用したことがあるのですが、その時と比べて、古くなったという感じはしませんでした。きちんとメンテナンスがされていると思います。

客室

特に不満はなかったのですが、あえて言うと、トイレの便器と洗浄便座が微妙にずれているのか、使いづらい気がしました。

食事

素材の産地や鮮度にとてもこだわっているようでした。

コスパ

料理の内容、温泉、テラス、サロンなど施設の充実度、イベントが催されていたことを考えるとコスパは良かったと思います。

立地

熱海駅からタクシーですぐ、相模湾を見下ろす絶景ポイントに建っています。ただ敷地内の高低差が激しく、移動は大変でした。

温泉・スパ

旅館「蓬莱」の時からある「走り湯」と星野リゾートになってからできたモダンな「古々比の瀧」、2つの対照的な雰囲気のお風呂が楽しめます。

備考・アドバイス

本館と別館のフロントは別になっています。タクシーを利用する場合、本館、別館の区別のほか、熱海には、リゾナーレ熱海という星野リゾートの施設がもうひとつあるので注意したほうがよいでしょう。

別館のサロンではWifiが使えるのですが、別館の客室では使えませんでした。本館はサロン、客室とも使えるようなので、ネット環境にこだわる方は本館での宿泊をお勧めします。

本館にスパがあり、オイルトリートメントやフェイシャルエステなどのメニューがあります。マッサージは客室で受けることができます。

別館のレストランには作務衣での入室は禁止となっていました。食事のために着替えなければならず、少し面倒くさかったです。

館内は基本禁煙でした。喫煙はサロンのテラスかガーデンで、とのことでした。

DVDプレイヤー、湯たんぽ、携帯充電器、ワインオープナーなどの貸し出しがありました。

5.0 2016年8月31日に投稿 投稿者: くみ
2016年8月頃に友人と滞在 この口コミに投票する
お部屋も広く、ドアを開けて部屋に入ると、部屋の開放的な広さにビックリしました。2人部屋でも狭いと感じることはありませんでした。 とにかく温泉が最高でした。一番は熱海の海を見ながら入る露天風呂でした。晴れた日には夕日も見ることができるそうです。露天風呂以外にも様々なお風呂があり、旅の疲れを取りながらゆっくりとお風呂を楽しむことができました。 熱海のホテルを探しているならぜひオススメします。 食事も海の幸からお肉まで様々な...

お部屋も広く、ドアを開けて部屋に入ると、部屋の開放的な広さにビックリしました。2人部屋でも狭いと感じることはありませんでした。

とにかく温泉が最高でした。一番は熱海の海を見ながら入る露天風呂でした。晴れた日には夕日も見ることができるそうです。露天風呂以外にも様々なお風呂があり、旅の疲れを取りながらゆっくりとお風呂を楽しむことができました。
熱海のホテルを探しているならぜひオススメします。

食事も海の幸からお肉まで様々な種類があり、メニューの多さ、豪華さにビックリしました。食事でも楽しむことのできるホテルでした。

接客対応

清潔感

客室

食事

コスパ

立地

温泉・スパ

4.5 2016年7月10日に投稿 投稿者: コバさん
2016年7月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
私はこのホテルの別館「ヴィラ・デル・ソル」を利用しました。 白を基調とした洋館風の作りは海外に来たのかと錯覚させられるものでした。ゲストルームはオーシャンビューが望める最高の空間で木々も多いため、マイナスイオンを肌で感じました。温泉は本館を利用し、湯上りには舞妓さんの芸も楽しませていただきました。ディナーとモーニングは熱海の海の幸をふんだん使った本格フレンチを頂きました。和洋が織り交ざった最高の空間で過ごす、最高の旅...

私はこのホテルの別館「ヴィラ・デル・ソル」を利用しました。
白を基調とした洋館風の作りは海外に来たのかと錯覚させられるものでした。ゲストルームはオーシャンビューが望める最高の空間で木々も多いため、マイナスイオンを肌で感じました。温泉は本館を利用し、湯上りには舞妓さんの芸も楽しませていただきました。ディナーとモーニングは熱海の海の幸をふんだん使った本格フレンチを頂きました。和洋が織り交ざった最高の空間で過ごす、最高の旅行でした。
あまりないですが良くなかった点を挙げるとすれば、自然が多いので虫が多く、虫除けスプレーを持って行かなかったことを後悔しましたね。あとは駅から近いですが送迎バスがないので駅から10分ほど歩くことくらいですかね。

接客対応

最高でした

清潔感

自然の中で虫も多かったですが施設は綺麗

客室

自然の中で虫も多かったですが施設は綺麗

食事

フレンチをいただきました。最高でした

コスパ

なかなかいいお値段です、お金は貯めておいたほうがいいかと。

立地

オーシャンビュー!緑いっぱい!

温泉・スパ

日本三大古泉って書いてあったと思います

備考・アドバイス

夏は虫よけスプレーを忘れずに!

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 2016年7月2日に投稿 獲得票数:8 投稿者: 美湯
2016年6月頃に友人と滞在 この口コミに投票する
星野リゾート界熱海は、熱海駅からほど近い、伊豆山の傾斜地に建ち、純和風数奇屋造りの本館と全室オーシャンビューの洋室別館があります。本館では和会席を、別館ではフレンチのコースがいただけます。日本三大古湯のひとつでもある「走り湯」を源泉掛け流しで楽しめる温泉宿で、本格的なフレンチがいただけるのを楽しみに、別館のヴィラ・デル・ソルを予約しました。 駅からタクシーで別館入口に向かうと、いかにもフレンチレストランのギャルソンと...

星野リゾート界熱海は、熱海駅からほど近い、伊豆山の傾斜地に建ち、純和風数奇屋造りの本館と全室オーシャンビューの洋室別館があります。本館では和会席を、別館ではフレンチのコースがいただけます。日本三大古湯のひとつでもある「走り湯」を源泉掛け流しで楽しめる温泉宿で、本格的なフレンチがいただけるのを楽しみに、別館のヴィラ・デル・ソルを予約しました。

駅からタクシーで別館入口に向かうと、いかにもフレンチレストランのギャルソンという出で立ちの男性スタッフの方がお出迎えしてくださいました。別館の入口は海沿いにあり、本館は高台にあります、チェックインも各々のフロントで行いますのでご注意ください。

ロビーとサロン、レストランがある建物は、明治32年、紀州徳川家15代徳川頼倫侯爵が東京板倉町の自邸内に建てた日本最初の近代的図書館を当地に移築したもので、有形文化財に指定されています。天井、柱から家具に至るまで全てに趣がありました。シャンデリアには徳川家の御紋が刻まれているものがあり、帯の女性が座るために背もたれが丸くくり抜かれた椅子など歴史を感じさせる品々が見られ、ひとつひとつに見入ってしまいました。サロンで、クラシックなソファーに身を沈めながらウエルカムドリンクのオリジナルシャンパンと焼き菓子をいただくだけで、優雅な気分になれました。シャンパンはノンアルコールのものも用意されています。

飲み終わると、スーツ姿の上品な女性スタッフの方が、館内の説明と食事時間の確認、食べられない食材の確認を4人全員にしてくださいました。今まで、星野リゾートの施設に何件か宿泊しましたが、ここまで丁寧に苦手食材の確認をしていただいたことはなかったので、丁寧な対応に感心しました。

サロンの隣にはバーコーナーがあり、こちらでコーヒー・紅茶・ハーブティーなど自由にいただけます。

今回は友人3人と「45日前早割、早めのご予約でお得に愉しむ海辺の休日プラン」で、大人一名二食付き25000円(税・サービス込)4名100000円で、宿泊いたしました。別館は4名定員の部屋がなかったので、オーシャンビューツインルームを2部屋予約しました。

有形文化財の建物に繋がる客室棟は、白を基調とした重厚感のあるホテルのような造りでした。通されたのは1階の11号室と12号室でした。2部屋を見比べますと、広さは同じでしたが、飾ってある絵の配置や家具の色が若干違いました。広さは40平米ほどですが、海に面した大窓からの景色が雨の日にもかかわらず1枚の絵のような美しさの、開放感溢れる部屋でした。晴れていたら青い海と白い部屋のコントラストが素晴らしかっただろうなと雨模様を恨みました。アメニティは界オリジナルのものが一通り用意されていますので、こだわりのない方なら手ぶらでも問題ないと思います。客室のバスルームは温泉ではなかったので使いませんでした。浴衣・作務衣が1枚づつ用意されていましたが、浴衣を追加オーダーしたところすぐに届けていただけました。

残念だったのは、無料のミネラルウォーターが1本用意されているだけで、ポットもお茶セットもなかったことです。夜のターンダウンもなかったので、氷水の用意もありませんでした。温かい飲み物を飲むためにはバーコーナーまで行かなくてはいけないのが少し面倒でした。

大浴場は、別館と本館の真ん中あたりにあります。本館は高台にあり、別館は海沿いなので、大浴場に行くためには急坂を登って行かなくてはなりません。この坂がかなり急ですし、夜は懐中電灯(部屋に用意があります)を持たないと少し怖いくらい暗いので、大浴場に行くのが少し億劫でした。本館の方が大浴場には近いので、不安な方は本館をオススメします。大浴場は内湯と露天がひとつずつで、朝に男女が交代します。こちらの源泉「走り湯」は日本三大古湯のひとつで、塩気のあるあたたまりのお湯が内湯も露天もかけ流しで堪能できます。浴槽はそれほど大きくありませんが、窓が大きく海を見下ろせるので、開放感があり狭さは感じません。特に露天風呂は、森の中で湯浴みしているような気分になれます。タオル、アメニティは全て大浴場に揃っていますので手ぶらで行けます。

内湯と露天風呂の間に、「青海テラス」という湯涼み処があります。こちらの写真をHPで見て素敵だな~と期待していたのですが、雨だったので、午後のシャンパンサービスもやっていませんでしたし、利用もできませんでした。麦茶とレモン水とアイスキャンディーはいつでもいただけようになっていました。HPの写真よりこじんまりした印象でした。

夕食は、レストランでいただきました。ドレスコードはありませんが、浴衣やスリッパでの利用はできませんのでご注意ください。メニューはなく、口頭で説明をしていただきました。肉料理はなく、全て魚介類を使ったコースでした。どのお料理も新鮮な素材を使った見た目も美しく大変美味しいものでした。とうもろこしとウニのムースはふわふわの食感で新鮮なウニがアクセントになり、口の中でとろけるようでした。毛蟹のリゾットも甘味がありカニ味噌が絶妙でした。メインのブイヤベースは少し薄味でしたがボリューム満点でした。普段はお酒をいただかない私も、ギャルソンの方がお食事にあったワインをサーブしてくださったので、友人と一緒に気持ちよく飲んでしまいました。

朝食も同じ場所でいただきました。チェックアウトが12時なので、8時半からスタートして1時間半かけてゆっくり朝食をいただきました。フレッシュオレンジジュースがとても美味しく、クラムチャウダーもさらりとした食感で新鮮でした。

21時より、本館でご当地楽「熱海芸者による舞とお座敷遊び」が楽しめます。私たちは別館から坂を登っていきましたが、夜は暗くて少し危ないです。本館まで送迎もしてくださるそうなので、気になる方は送迎をお使いください。当日は女性のお客様しかいなかったのですが、お座敷遊びの「投扇興」がとても楽しく盛り上がりました。お時間がある方はぜひ参加されることをオススメいたします。

本館のスタッフの方は、他の星野リゾート界と同じ制服でしたが、別館のスタッフの方は、スーツでホテルマン然とした上品な接客でした。チェックインの際の説明も丁寧で、レストランでのお料理の説明やドリンクの提案もスムーズでしたので、気持ちよく滞在できました。大浴場は2ヶ所ですが、古湯で有名な「走り湯」を源泉で堪能でき、景観も良いのでとても満足できます。ただ、崖の途中にあり坂がきついので、寒い季節はこの坂をのぼるのが億劫になってしまうと思いました。いい温泉を楽しみたいが、温泉旅館の会席料理ではなく、たまにはフレンチもいただきたいという方には、別館はピッタリのお宿です。カップルの記念日にもオススメできます。

接客対応

ホテルマンとしてプロ意識の高い接客態度なので気持ちよく過ごせました。

清潔感

家具等に経年劣化をしているものもありましたが、清掃は行き届いています。

客室

相模湾を一望できる開放感のある客室でしたが、ポットやお茶セットがないなど、あと一歩足りない部分も感じました。

食事

有形文化財のこじんまりとした重厚感のあるレストランで、海の幸を堪能できます。

コスパ

フレンチのコースが満足感が高いので、早期割引を使えばCPはいいと感じました。

立地

熱海駅からも近く、海を一望できます。ただし、伊豆山の傾斜地なので、館内の移動は大変です。

温泉・スパ

こじんまりとしていますが、海を見下ろしながら古湯「走り湯」の源泉を堪能できます。

備考・アドバイス

・別館から大浴場までの坂はかなりきついので、温泉を目当てに行かれる方は本館をオススメいたします。

・有形文化財のレストランでフレンチをいただきたい方は別館をオススメいたします。

・館内は高低差があり、階段移動が多いので、移動が難しい方はご注意ください。

・売店の品数はかなり少ないです。

・熱海芸者の舞とお座敷遊びはとても楽しいので、是非、参加なさってみてください。

・別館レストランはドレスコードはありませんが、浴衣・スリッパでは利用できませんのでご注意ください。

・公式HPからの予約の早期割引はお得ですが、キャンセルポリシーが厳しいプランがありますので、ご確認なさってから予約なさることをオススメします。

2.0 2015年9月20日に投稿 獲得票数:1 投稿者: banbi
2015年6月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
星野Gになる前の非日常感などが懐かしく、界ブランドだしそんなに悪くはなかろうと思い、試しに泊まりました。 別館のオーシャンビューツインに宿泊(一人40,000円弱のプラン)。 たまたまメンテナンスで本館の売りであるお風呂が使えず、また小さな工事を隣でしているようでうるさかった(微妙な振動もあって部屋でくつろげず)が、ひとことの断りも事前案内もなかった。 ※お風呂に関しては星野の系列の別のところまで送迎してくれたが、はっきり言...

星野Gになる前の非日常感などが懐かしく、界ブランドだしそんなに悪くはなかろうと思い、試しに泊まりました。
 別館のオーシャンビューツインに宿泊(一人40,000円弱のプラン)。
 たまたまメンテナンスで本館の売りであるお風呂が使えず、また小さな工事を隣でしているようでうるさかった(微妙な振動もあって部屋でくつろげず)が、ひとことの断りも事前案内もなかった。
※お風呂に関しては星野の系列の別のところまで送迎してくれたが、はっきり言って本館の蓬莱の走り湯を求めてきた客に、ファミリー層向けの安いホテルのお風呂を使わせてくれても全然ありがたくない。
 通常であれば訳ありプランにすべきレベルかと思う。
 レストランなどの目立つ部分を除き、全体的に目立たない共用部や専有部(客室)のハード、調度類のメンテナンスが非常に悪い。一部変に目立つ現代ブランドの椅子などが配置してありミスマッチな上に、ソファ類のスプリングが完全に抜けているグダグダな感じ。
 接客は値段に沿うものではなかった。
 まあオーベルジュなので、ホスピタリティは求めてはいけないのかもしれないが、星野の経営になってからハード、ソフト面ともに細かいところに色々と手が入ってない感じを受けた。
 食事は総じて食べやすく、流石と思う魚介類の火入れが抜群なものが1品あるくらい、その他はまずくはないが印象にも残らず。

 星野の運営になると各施設の予算が限られるので、支配人的にどうにかしたくてもどこかにしわ寄せが来ざるを得ないと別の施設の支配人から聞いていたが、まさにその通りだなと実感しました。
 たまたま色々と運が悪かったのかもしれませんが、昔あった非日常感も全く味わえず、個人的にはオーベルジュとしてお料理で色々とカバーできるとは思わない味なので、このままであれば多分再訪はないです。

接客対応

不備があれば事前に案内すべき。その他気遣い等皆無。

清潔感

普通

客室

メンテが悪い

食事

さすがと思うものはあり。

コスパ

立地

隣が幹線道路なので、景観悪く、騒音がある。

温泉・スパ

備考・アドバイス

海側に幹線道路が通っているので、全室海ビューとはいえ1階では目隠しのすりガラスが設置されており、デッキから座ったままでシービューは望めません。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 2015年8月24日に投稿 獲得票数:3 投稿者: みぃ
2015年8月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
こちらのお宿には、本館と別館があり、宿泊する建物により、部屋と食事のスタイルが異なります。本館は和室16部屋があり、食事は日本料理をいただきます。別館は洋室7部屋があり、食事はフランス料理をいただきます。私たちは、別館の2名1泊2食付で1人当たり33,000円のプランを利用しました。別館の客室は、オーシャンビュースイート、オーシャンビューセミスイート、オーシャンビューツインの3種類があり、私たちはオーシャンビューツインの2階の部屋...

こちらのお宿には、本館と別館があり、宿泊する建物により、部屋と食事のスタイルが異なります。本館は和室16部屋があり、食事は日本料理をいただきます。別館は洋室7部屋があり、食事はフランス料理をいただきます。私たちは、別館の2名1泊2食付で1人当たり33,000円のプランを利用しました。別館の客室は、オーシャンビュースイート、オーシャンビューセミスイート、オーシャンビューツインの3種類があり、私たちはオーシャンビューツインの2階の部屋を利用しました。

別館の客室はすべて海に面しています。オーシャンビューツインは、30平米の広さでした。ツインベッドとテーブルがあるお部屋は2人で利用するのにちょうどよい大きさでした。有形文化財に指定されているのは別館のサロンとレストランのみで、宿泊する施設は、熱海に移築された際に建設されたもののようです。新しい建物ではありませんので経年劣化は見られますが、白を基調とした部屋と目の前に広がる海とのコントラストが非常に印象的で、開放的な空間でした。、トイレのウォシュレットが旧型であったり、無線LANが利用できない点など、客室の設備にこだわる方は物足りなく感じることがあるかと思いますが、海を眺めたり水平線から昇る日の出を眺めたい場合は、別館をオススメしたいと思いました。

純和風の旅館である本館と別館の共有スペースを利用できるのも、界 熱海の特徴といえます。本館は海抜およそ53 mのところにあり、別館は海抜およそ11 mのところにあります。その高低差を階段を使って移動するため、足腰が悪い方は少し厳しいかもしれません。大浴場の「走り湯」と「古々比の瀧(こごいのゆ)」、景観が美しくフリードリンクを深夜もいただける湯上り処の「青海テラス」は、本館と別館の間にあるため、徒歩での移動が必須となります。夜9時から本館で行われる「熱海芸妓の舞」「芸妓とのお座敷遊び」は別館の宿泊者も利用することができ、事前にフロントに相談することで送迎もしていただけます。洋館に宿泊しながら、和の雰囲気を楽しめるため、滞在中は時間が足りないくらい楽しめました。温泉は非常に景観が良く、熱海らしい塩辛い湯で体が温まりました。アメニティ、タオル類はすべて大浴場にそろっているため、手ぶらでいける点も便利でした。

食事は別館2階のレストランで頂きました。グランドピアノがある落ち着いた雰囲気のレストランで、ゆっくりとお食事を楽しむことができました。お食事の説明は大変丁寧で、基本のコースでは、魚料理が3皿ほどあり肉料理はコースにないことが特徴的です。(シェフのスペシャリテコースには肉料理があります)鮮度の良い魚を前菜、スープ、メインディッシュとフランス料理で楽しむことができるため、熱海のお魚尽くしの会席料理に飽きた方にもオススメできるのではと思います。もちろん大変美味しく、夕食と朝食ではスープのコクが異なる点はシェフのこだわりを感じました。調味料よりも素材の味が引き立っている美味しいお食事でした。

今回は台風が接近していて高波が目立ちましたが、雲の隙間から美しい日の出がみられたことも個人的には非常に満足しています。波の音と野鳥の声、そして蝉の声も響く自然豊かな環境で、ゆっくりとくつろぐことができました。設備に新しさを求める方にはオススメできませんが、歴史を感じられる重厚感のある建物を好む方や美味しいお食事と美しい景観を楽しみたい方にオススメしたい宿です。

接客対応

丁寧な対応でした。

清潔感

経年劣化は見られますが清潔感があり快適に過ごすことができました。大浴場までの移動は野外で虫もいます。備え付けの虫よけスプレーの利用をお勧めいたします。

客室

新しさはありませんが、目の前に広がる海が美しく開放感がありました。

食事

魚が主役のお料理です。朝食のボリュームは少なめですので、食事の良さが分かりづらいです。2食付きのプランをお勧めいたします。

コスパ

お食事が美味しいことと景観が美しいため価格以上の価値を感じました。

立地

駅からは1.3kmほどあります。海に面していて景観が良い場所です。

温泉・スパ

景観の良い大浴場でした。屋根と壁があるお風呂も露天風呂のような開放感があります。

備考・アドバイス

・本館は「蓬莱」と呼ばれる老舗の旅館で、別館は「ヴィラ・デル・ソル」と呼ばれる有形文化財の建物を移築した施設です。

・本館の場合、客室にも無線LANがあります。別館の場合、ラウンジのみ無線LANがあります。

・食事の種類は、宿泊している棟によって分類されます。和食のお部屋食を希望される場合は、本館に宿泊する必要があり、レストランでの食事や洋食を希望される場合は別館に宿泊する必要があります。予約制ですが別館のレストランは夕食のみの利用もできるようです。

・客室に基礎化粧品の用意はありませんでした。大浴場には一通りそろっています。

・車で伺う場合、本館と別館では駐車場が異なるためご注意ください。別館の駐車場は、別館の建物前でした。

1 - 7件目 / 合計 7件

施設情報

施設名
星野リゾート 界 熱海
かな
ほしのりぞーと かい あたみ
所在地
〒413-0002
静岡県熱海市伊豆山759
電話番号
0570-073-011
チェックイン
15:00
チェックアウト
12:00
アクセス
JR熱海駅より車で約5分 ※別館のチェックインは直接「ヴィラ・デル・ソル」へお越しください
送迎
なし
部屋数
23
設備・サービス
○ インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 × 貸切風呂 × 客室露天風呂 ○ 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 × コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 × 送迎サービス × ランドリー × クリーニング ○ マッサージ ○ エステ × サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 × ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 フェイスタオル バスタオル 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 浴衣 綿棒 冷蔵庫 ミニバー ズボンプレッサー
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS
情報提供: じゃらん JTB

星野リゾート 界 熱海周辺の旅館