ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

あさばの口コミ・宿泊記

1位

あさば

〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺3450-1
1位/92件中 - 伊豆・修善寺の旅館
あさば
〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺3450-1
TEL: 0558-72-7000
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

4.7 に投稿 獲得票数:2 投稿者: りくるーと
2016年12月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
清潔さはパーフェクト、細部にまでこだわりを感じる高級老舗旅館

旅行に行き慣れた知人からの勧めで、あさばへの宿泊を決めました。12月下旬に宿泊し、2名1泊2食付きで約142500円でした。宿泊したのは、「撫子」というベッドタイプの客室です。

あさばへは修善寺駅からタクシーで向かい、10分弱で到着しました。到着するとすぐに下足番の方が出迎えてくださり、名前を伝えるとそのまま客室まで案内していただきました。玄関から客室へ行くまでの間に、サロンの場所やお風呂の場所など、共用施設について説明がありました。初めに案内していただいた仲井さんはやや不慣れな様子でしたが、広々として明るいロビーはとても清潔で心地よく、館内を歩いているだけで宿への期待感が高まりました。

玄関の横にフロントがありますが、記帳手続は客室で行います。部屋に入って寛いでいる間にお着き菓子とお茶を用意していただきました。お着き菓子の麩饅頭は上品な味わいで食感も良く美味しくいただきました。

今回宿泊した「撫子」はフロントから最も離れた位置にある2階の客室です。客室は、ベッドの備えられた18畳の寝室、広縁の付いた8畳の和室、2箇所ずつあるトイレと洗面台、高野槇の内風呂から成ります。客室の造りから、この客室はもともと2つの客室だったのかを尋ねたところ、その通りでした。ただ、改装したのはずいぶんと前のことで、その時代のことを知っているスタッフはほとんどいないとのことでした。2名で過ごすには十分過ぎるほどの広さで、清潔感も申し分なく、とても快適な客室でした。

8畳の和室には広縁がついており、大きな窓からは紅葉が残った木々を眺められました。外を眺めやすいよう配された椅子はとても座り心地が良く、また窓ガラスには1点の曇りもありませんでした。椅子に座って目の前の景色を眺めているだけで、心が洗われます。窓を開けて、庭の池に流れる水音を聞きながら外を眺めるのもとても心地よかったです。

寝室は常に畳の良い香りが漂っていました。また、寝室の奥には2面の窓があり、その中心には座り心地の良い椅子がセットされていました。寝室の窓も和室同様にとても大きく、窓ガラスには1点の曇りもなく、とても清々しい景色を眺められます。また、この椅子だけに当たる照明があり、夜に、その照明以外の電気を消すと雰囲気が一変します。洗練された雰囲気は、昼の明るい様子とは変わって美しく優雅に感じるものでした。

寝室には2台のベッドが設置されています。寝具は全てあさばオリジナルのもので、シーツの触り心地やベッドの寝心地はこの上ないものでした。また、ベッドから手の届く範囲に冷蔵庫が置かれていたり、照明やカーテンの調整をベッドの横のボタンで調整できるなど、機能性にも優れた造りとなっています。

「撫子」の内風呂は檜よりも高級と言われる高野槇で出来たお風呂で、湯は源泉かけ流しです。内風呂も客室同様に清潔感があり、新しくリニューアルされたばかりのように感じる程綺麗でした。お湯は源泉が出てくるので、一度お湯を入れて、適温になるまで冷ましておくか加水する必要があります。浴槽は一人で入るのには広々としていて、2人で入っても狭いとは感じないほどの大きさです。お風呂には柚子が用意されており、季節に合ったお風呂を楽しむことができました。

「撫子」はデザイン性、機能性、清潔感、開放感に優れた客室でした。客室の惜しかった点は、基礎化粧品が置かれていないことです。あさばは細部に渡ってサービスが行き届いているだけに、アメニティが他の高級旅館や高級ホテルより劣るのは少し不思議な感じさえしました。

お風呂は男女別の大浴場、2つの貸切風呂、野天風呂(露天風呂)があり、全ての湯が源泉かけ流しです。大浴場は5人程が入れるぐらいの浴槽が一つあります。貸切風呂は空いていれば内側から鍵をかけ、時間制限なしでいつでも使えます。私たちの場合、使用しようとしたときは必ずどちらかが空いていました。野天風呂からは目の前の池と山を眺められ、自然を感じながら入浴を楽しめます。視線を横に向けると能舞台も少し見えます。野天風呂の脱衣所は外にあるのですが、タオルが暖められており、少しでも寒くないようにとする宿の配慮を感じました。どのお風呂もこまめな清掃やタオルの補充を行っているようで、常に整理整頓された状態で、気持ち良く入浴できました。

食事は朝夕ともに客室にていただきます。高級食材をふんだんに使った料理というよりは、素材の味を引き出した技術の光る料理が多かったように思います。どれも上品な味付けで美味しかったです。夕食の最初の1品は客室によって異なるそうで、私たちは香箱ガニをいただきした。個人的には、鰆(サワラ)の塩焼きの塩加減や焼き加減が絶妙に感じました。宿の名物である天城軍鶏たたき鍋は、目の前でつみれにして作っていただけます。長ネギとつみれだけのシンプルな鍋でしたが、出し汁が効いていて口いっぱいに風味が広がりました。鍋の残り汁で作った玉丼を食べ終えたころには、ちょうどよくお腹いっぱいになり、満足のいく夕食となりました。

全ての料理が熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たくして出すよう徹底されていました。キッチンから客室に持ってくる間に冷めてしまわないよう、焼き魚は七輪に乗せて運ばれ、食器やカラトリー類まで温度を管理していました。また、ガスコンロやご飯の御櫃はあさばオリジナルとのことで、檜で囲われたガスコンロは初めて見ました。

朝食は、健康的かつ重すぎない朝食にふさわしいメニューが並びました。どれも素晴らしい味でしたが、出し巻き卵はダシが効いており、食感もフワフワとしていて、特に印象的で美味しかったです。

宿泊前、知人からあさばは本当に綺麗で埃一つないと聞いていました。そこでドアのサッシや障子の隙間、トイレの隅、廊下にある照明の上など、埃を探してみましたが、全く見当たりませんでした。唯一、露天風呂の脱衣所の壁にわずかに埃を見つけましたが、埃を見つけたことがなんだか嬉しくなるぐらい、館内の清掃は完璧でした。

チェックアウトは11時30分なので、朝食後もゆっくり寛げました。あまりにも居心地が良く、チェックアウトをするのが惜しい気持ちになりました。最後のお支払い時に、ピカピカに磨かれたお釣りが返され、最後の最後まであさばの気遣いに驚かされました。

あさばのサービスは、宿泊客が気づかないところまで考え抜かれていると感じました。この上なく快適な滞在ができるのは、長年の歴史の中で培われてきたものだと思います。あさばでしか味わえない体験ができたので、ぜひ再訪したいと思いました。

接客対応

皆さん素晴らしい接客でした。朝食時に、こちらが指定した時間より遅れてしまいましたが、柔軟にご対応いただけました。

清潔感

客室、共用部の細部に至るまで埃一つありませんでした。完璧な清掃をされていると感じました。

客室

デザイン性、機能性、開放感など、とても満足度の高い客室でした。

食事

素材の味を引き出す、洗練された技が光る料理の数々でした。

コスパ

立地

修善寺観光のしやすい場所にあります。温泉街らしい雰囲気を味わえる場所で、静けさも保たれています。

温泉・スパ

全てのお風呂において、こまめな清掃やタオルの補充がされています。清潔感が保たれた素晴らしいお風呂でした。

備考・アドバイス

・基礎化粧品はこだわりのあるものが用意されていません。気になる方は持参することをおすすめします。

外観玄関から外を向いた様子フロント玄関玄関ロビーロビーロビー「撫子」「撫子」「撫子」の寝室「撫子」の寝室「撫子」の寝室「撫子」の寝室寝室にあるテレビベッド横にある冷蔵庫ベッド横にある冷蔵庫の中寝室にあるBOSEのスピーカー「撫子」の寝室「撫子」の寝室「撫子」の寝室寝室から和室までの廊下「撫子」の和室「撫子」の和室「撫子」の和室「撫子」の和室「撫子」の和室「撫子」の和室「撫子」の和室お着き菓子和室にあるテレビは戸棚の中にありました。和室からの眺望和室からの眺望和室からの眺望(夜)和室からの眺望(夜)撫子洗面所浴衣、バスローブ、パジャマ洗面所アメニティトイレトイレ洗面所冷蔵庫の中内風呂内風呂内風呂テラス側から見た外観テラス側から見た外観能舞台テラステラステラスロビーのショップロビーのショップサロンサロンサロンサロンサロンからの眺望共用の廊下廊下簾で覆われた非常用パネルと消火器大浴場前に置かれたドリンクとみかんお品書き食前酒香箱蟹師走盛肴沢煮椀伊勢海老 地魚造り鰆炭火焼ずがに汁大中寺芋 雲子衣揚げ穴子黒米ずし天城軍鶏たたき鍋天城軍鶏たたき鍋あさばオリジナルの檜で覆われたガスコンロ天城軍鶏たたき鍋の残り汁で作る玉丼玉丼漬物葛きり。デザートは葛きり、ブランマンジェ、メロンから選択。ブランマンジェ。ジェラートあさばオリジナルの御櫃朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食客室のドリンク料金エステメニュー

あさば周辺の旅館