ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

東府や Resort&Spa-Izuの口コミ情報・宿泊予約

2位

東府や Resort&Spa-Izu

〒410-3208 静岡県伊豆市吉奈98
2位/92件中 - 伊豆・修善寺の旅館
東府や Resort&Spa-Izu
〒410-3208 静岡県伊豆市吉奈98
TEL: 0558-85-1000
みんなの満足度
4.1 詳細評価
接客対応
4.3
清潔感
4.2
客室
3.9
食事
3.8
コスパ
3.8
立地
3.8
スパ・温泉
3.6
みんなの平均予算
30,000円未満
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 1泊 1泊 2泊 3泊 4泊 5泊 6泊 7泊 8泊 9泊 10泊 11泊 12泊 13泊 14泊 大人2名
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児(寝具のみ)
幼児(寝具・食事なし)
設定
子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。その他の予約サイトにつきましては直接ご確認ください。
解除
空室・最安値を検索
じゃらん一休.comJTBるるぶトラベル楽天トラベル
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
10
良い
5
普通
0
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
10
家族旅行
4
友人・知人
1
一人
0
全文表示簡易表示
1 - 10件目 / 合計 15件 1 2
5.0 2017年10月26日に投稿 投稿者: りお
2017年9月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
とにかく広大な敷地に清流ながれていて、フロントから客室に向かう橋に日が暮れると、灯りがともって大変幻想的で素敵でした。 客室も和モダンな広々した空間で、お部屋は半露天風呂付きで森林浴しながらの入浴は癒されます。熱めのお湯でしたので、温め好きの方はお水で調整した方が良いかと思います。他にお風呂が数ケ所点在しています。大浴場とのことでしたがそんなには大きくはありませんでした。敷地が広くお風呂も入替えなので、迷子になります...

とにかく広大な敷地に清流ながれていて、フロントから客室に向かう橋に日が暮れると、灯りがともって大変幻想的で素敵でした。

客室も和モダンな広々した空間で、お部屋は半露天風呂付きで森林浴しながらの入浴は癒されます。熱めのお湯でしたので、温め好きの方はお水で調整した方が良いかと思います。他にお風呂が数ケ所点在しています。大浴場とのことでしたがそんなには大きくはありませんでした。敷地が広くお風呂も入替えなので、迷子になります。ホテルの方も1泊だと慣れたころにお帰りになるのでと、苦笑いされていました。

食事は、朝夕共に食事処で用意されました。デザートは清流横のデッキスペースへの移動も可能でした。スタッフの方がどちらで用意するか聞きに見えましたので、もちろんランプの灯るデッキでのデザートタイムをチョイス。ひざ掛けも用意されていましたし、9月末だったのでそれほど寒くなかったです。

敷地の中には、大正館というカフェや足湯テラス、ベーカリーショップや資料館等の施設が点在していて楽しめます。屋外ステージでは朝ヨガも予約で楽しめます。大正館は宿泊客は無料のドリンクサービスがあります。ただ営業時間が17時までなので、早く到着しないとアルコールのサービスは無理ですね。次回の宿泊は早目到着か、2泊出来れば最高かと思っています。

とにかく静かに、ゆったり過ごせる大人の和リゾートだと思いました。

接客対応

清潔感

客室

食事

コスパ

立地

温泉・スパ

備考・アドバイス

早目到着で、敷地内の施設を楽しむのがおススメです。宿泊料金はお安くないですが、予算があれば半露天風呂付の客室プランがおススメです。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 2017年9月17日に投稿 獲得票数:13 投稿者: korousa
2017年9月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
9月の土曜日に宿泊しました。私たちは前泊地からタクシーを利用しましたが、バス利用の方は「吉奈温泉入り口」バス亭から送迎があるそうです。こちらには専用の屋根付き待合所もあるので、悪天候の日でも気にせず利用ができるかと思います。 広大なパブリックが魅力の宿との噂を聞き、午前中に宿に到着しました。簡単な記帳を済ませ、客室の準備ができるまでゆっくりと散策しました。元々この地にあった建物や、新設の建物が巧みに配置され、周囲の環境...

9月の土曜日に宿泊しました。私たちは前泊地からタクシーを利用しましたが、バス利用の方は「吉奈温泉入り口」バス亭から送迎があるそうです。こちらには専用の屋根付き待合所もあるので、悪天候の日でも気にせず利用ができるかと思います。

広大なパブリックが魅力の宿との噂を聞き、午前中に宿に到着しました。簡単な記帳を済ませ、客室の準備ができるまでゆっくりと散策しました。元々この地にあった建物や、新設の建物が巧みに配置され、周囲の環境に素晴らしく溶け込んで、どこまでも続くような情緒ある街並みになっていました。昼、朝、夜と、どの時間帯を歩いても絵になり、様々な楽しみがありました。伊豆の小さな温泉地に、1つの宿がこのような街を出現させたことにただ驚くばかりでした。

チェックインの時間になり、色浴衣を選んで客室に向かいました。予約したのは「洋室ツイン」のお部屋で、2名1室2食付きで57,240円で宿泊しました。こちらには予約サイトの上級会員特典で、冷蔵庫内ドリンク無料サービスと、Bakery&Tableの2名分のパンとドリンクが無料のチケットが含まれていました。宿泊棟は西館と東館、蔵の形をしたヴィラがありますが、通していただいたのは東館の「くれたけ」というお部屋です。全客室の中では狭いカテゴリに属し、窓の横に通路があるため、目隠しのため眺望も板塀に囲まれていますが、2人で過ごすのに不自由がない広さがあり、すっきりとしたレイアウトで使い易いお部屋です。バスルームやパウダールームも大理石でできており、豪華さを感じました。少々気になったのは、浴槽の手前に大きな柱のようなでっぱりがあることです。浴槽を半分以上塞いでいるので、少し入るのに苦労しました。客室のお湯はまろやかな温泉で、気持ちよく入浴ができました。

部屋には、ネスプレッソマシンや、イノシシ最中というお菓子が置いてありました。冷蔵庫には特典の無料ドリンクが入っており、種類豊富でありがたかったです。浴衣はフロントで選んだ色浴衣のほかにも2枚の浴衣が置いてあり、足袋も2枚もあるのは珍しく感じました。洗面台には基礎化粧品として、松山油脂株式会社のトラベルセットがありました。全体的に備品類が充実した宿といった印象です。

大浴場は宿泊棟の2階にあります。エレベーターがないので階段でアクセスが必要です。男女別の内湯がそれぞれ1つずつあるのみでしたが、瓦屋根が折り重なる和の情緒を感じさせる眺めで、柔らかなお湯を楽しむことができました。

露天風呂は2カ所あります。男女入れ替え制で、女性は、初日は川沿いの「河鹿の湯」、翌朝「行基の湯」を使用することができました。「河鹿の湯」は川沿いの半露天で、簾がかかっていて眺めはありませんでしたが、せせらぎが近いので爽やかな雰囲気が楽しめました。「行基の湯」は緑の中の岩造りの露天風呂で、こちらは屋根がなく開放感があり、広々としていました。

貸切露天風呂は「子宝の湯」と、貸切露天風呂の「伴の湯」があります。2つとも1回50分の事前予約制でした。子宝の湯は4人程度が入れる浴槽と、2つの洗い場がある岩風呂で、山沿いにあります。「伴の湯」は2人程度が使えるお風呂で、川沿いにある浴室でした。私たちは「子宝の湯」の方が広めで使い易いと感じましたが、少々暗い雰囲気なので、明るい雰囲気を好まれる方は「伴の湯」の方の利用をおすすめします。

大浴場以外の、共用部の充実には目を見張ります。チェックイン後には宿の敷地内にある足湯のあるベーカリーに向かいました。週末だったこともあって、大変な人気で、パン売り場も有名な足湯テラスも大混雑していました。こちらの常連だというタクシーの運転手さんが是非にと勧めてくれた米粉のカレーパンをいただきましたが、半熟の卵が1個丸ごと入っていて大変美味しかったです。

それ以外でよく利用した共用部の施設は、レトロな建物をリノベーションした建物、「大正館芳泉」です。こちらにある2つのカフェ、「ミルクホール」と「カフェアール・デコ」では、部屋番号と名前を告げると、宿泊者限定のフリードリンクサービスをいただくことができました。どちらのカフェも元々の建物を生かしたレトロな作りですが、「カフェアール・デコ」にはアール・デコをイメージした明るく天井の高い広間も付いており、いろいろな雰囲気を楽しむことができました。こちらのドリンクサービスでは、ジュースやコーヒーだけでなく、ワイン、ビール、スパークリングワインも注文できました。滞在中だけでなく、チェックアウト後もフリードリンクのサービスが利用できるので、とても便利でした。

その他にも、芝生の広場や、資料館と歴史館、くつろげるテラス数箇所、遊歩道など、のびのびと過ごせる場所が満載で、非常に満喫することができました。自然も豊かで敷地内を流れるせせらぎに降りるとカワセミやサギなどの鳥に出会うことができました。東屋のような「野外ステージ」では寝椅子が置かれ、ゆっくり寝転んで楽しむこともできました。このスペースを利用して、ヨガなどのイベントもあるようです。

夕食は食事処「水の音」でいただきました。大きなレストランで席の間はパーティションもなく、外の通路から中の様子も見え易いのであまりプライベート感はありません。しかし席間は比較的ゆったりとしており、雰囲気も良いので居心地は良かったです。お料理は伊豆半島で取れた新鮮な野菜や海の幸を利用した懐石料理で、どれも美味しくいただけました。特に美味しかったのは沼津で取れたお魚が盛られたお刺身と、鱧のつみれ鍋です。若いスタッフが多い中、私たちのサーブをしてくださったのは年配の仲居さんで、説明などはあっさりとしていましたが、飄々とした雰囲気が面白かったです。食事後はお夜食として、食事会場の出口で好きな数だけおにぎりを持って帰ってよい形になっていました。合理的なシステムで気に入りました。

朝食も夕食と同じ会場でした。焼きたての魚やご飯に合うおかずが並べられ、とても満足感のある朝食でした。食後のデザートはレストラン内、またはレストランの外にあるテラスでいただけました。コーヒーとデザートを風の気持ち良いテラスでいただけて、食後の一時をゆっくり過ごせたのは満足感がありました。

スタッフは若い方が多く、広い敷地で対応が大変なのにもかかわらず、様々なお願い事に迅速に応えてくださいました。また「大正館芳泉」のスタッフの方はいつ伺っても丁寧に接客してくださいました。

施設内はどこを切り取っても絵になり、一つの宿の中にいながら、素敵な街を観光したような気持ちになれました。このような旅館があったのかとただ驚くばかりで、人気の理由を実感しました。チェックイン前、チェックアウト後も長時間施設を満喫し、全く飽きることがありませんでした。できるだけ時間にゆとりをもった宿泊計画を立てることをおすすめします。

接客対応

若い方が多く、フットワークよく対応してくださいました。

清潔感

どこも清潔感がありました。

客室

ツインのお部屋は、眺望は開けていませんが、ゆったりとくつろげ、備品も充実していました。

食事

地元の食材を使った美味しいお料理を楽しめました。お刺身や金目鯛のメニューを美味しくいただきました。

コスパ

共用部で長時間ゆっくり過ごせるので、高い満足度を得ることができました。

立地

公共の交通機関を利用する場合はすこし不便ですが、敷地内の自然の豊かさに癒されます。

温泉・スパ

大浴場、露天風呂、貸切風呂などが合わせて6箇所あります。

備考・アドバイス

大浴場や露天風呂、貸切風呂はかなり分散しています。全てを利用しようとすると疲れてしまうかと思います。天候や気分に合わせて使い分けると良いかと思います。

4.5 2017年6月9日に投稿 投稿者: eviancop
2016年9月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
憧れだった東府やへ念願かなって訪問 まず、部屋選びの段階から選択しが多すぎて悶々と悩む… 結果チョイスしたのは川沿いにある半露天風呂付の部屋。金額的には二人で6万円オーバーだったので、この旅館の価格帯にしては真ん中くらいか 敷地が広く、隅々まで満喫したいと思っていたので、チェックインと同時刻に食い気味で到着(笑)エントランスに入った瞬間にそのモダンな装いに感動!天井も高くてとても開放的&落ち着く。館内がやたら広いため、そ...

憧れだった東府やへ念願かなって訪問
まず、部屋選びの段階から選択しが多すぎて悶々と悩む… 結果チョイスしたのは川沿いにある半露天風呂付の部屋。金額的には二人で6万円オーバーだったので、この旅館の価格帯にしては真ん中くらいか
敷地が広く、隅々まで満喫したいと思っていたので、チェックインと同時刻に食い気味で到着(笑)エントランスに入った瞬間にそのモダンな装いに感動!天井も高くてとても開放的&落ち着く。館内がやたら広いため、その説明と自分たちが泊まる部屋には手渡されたパンフレットにマークを入れてもらいました。確かに初見ではこりゃ迷うわね…お風呂数も多く、部屋にも備え付けだったのでどんな感じで回ろうか迷っていたが、とりあえず貸切露天は入りたい、ということでこの時点で「子宝の湯」を夕食前に予約しておきました
案内いただいた部屋は西館一番突き当りに位置するおへや。エントランスからも結構な距離があり、私たちは問題ないものの足腰の弱い方等はちと大変かも。室内はまぁモダンなこと。デッキテラスに椅子もおいてあり、横に流れる川のせせらぎがよいBGM。部屋つきの半露天風呂も川が眺められる良い景観、なのだが、いかんせん他にも入りたいお風呂が館内の至るところにあるため、結局そんなに入らなかった。貧乏性ですね…
一息ついた後、館内を散策。広大な敷地の中にいろいろな見どころが点在。こちらに訪れる方、特に初めての人はなるべく早めにチェックインをして、色々歩き回るというのが良いのでは?資料館あり、宿泊者にドリンクサービスがる大正館という別館があり、その先には水盤と足湯が楽しめるベーカリーカフェあり、と。その奥のガーデンテラスも天気が良い日気持ちがよさそうに寛げる。アクティブ派には40分のハイキングコースまで用意をされているという。ゆっくり楽しむにはとても1日では廻りきれないであります。
そうこうしているうちに貸切露天風呂の時間になり、「子宝の湯」に向かう。ネーミングは何とも言えませんが(笑)2人では十分の大きさの岩風呂。予定ではこのあと露天の大浴場に行く予定だったが、あっさりとタイムオーバー、夕食の時間になってしまったのでした…
夕食・朝食ともにダイニングでいただく。屋外のテラス部分(季節が良いに日はバーになるそう)も眺められるこれまたモダンなスペースで、和洋折衷の懐石料理。バランスのとれたなかなかのお味、特に、伊豆に来るときには生ワサビのすりおろしが楽しみで、それと合わせたお肉はとてもおいしい。給仕のタイミングも我々は別段不満もなく楽しい時間がすごせました。
翌朝、部屋のお風呂を楽しんだあとは露天風呂「河鹿の湯」へ。簾で川側がフルオープンではないものの(景観上しかたなしか)これも開放的でとても気持ちがいい。湯音も私的にはちょどいい温めであって、他に誰もいかかったためまさに満喫。
チェックアウトが残念、と思うほどにあっという間の滞在でした。まだまだ廻りきれていないところもあるし、是非再訪したいと思います。部屋のグレードは下げて、館内の温泉を満喫、でもいいかなと思いました。
部屋にずっと籠るのは勿体ない施設なので、色々ぶらぶら楽しみたい、という方には大変お勧めです!

接客対応

広大な敷地で各所にスタッフの方がいらっしゃいましたが、気持ちよく接客を受けられました

清潔感

館内のモダンさに負けず、どの施設もきれいでした

客室

2人では十分すぎる広さでした。和室にベットでしたが、全く違和感がなく落ち着ける空間でした

食事

地の物を中心とした懐石料理。給仕のタイミングも良かったと思います

コスパ

様々なタイプの部屋があるのでどれを選ぶかによってコストも変わりますが、不満はありません

立地

森と川に囲まれた自然豊かな景観。非日常を楽しむにはうってつけ

温泉・スパ

1日では入りきれない数の温泉があるので、計画的に回ることをお勧めします

備考・アドバイス

広大な敷地を楽しむために、ある程度計画的に館内をどう楽しむかをイメージしておいた方が良いかもしれません。季節ごとに表情も異なると思いますので、何度訪れても楽しめるのではないかと思います

5.0 2017年4月7日に投稿 投稿者: H2CO3
2017年4月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
修善寺駅から東海バスで吉奈温泉口下車。バス停に到着してから送迎車依頼の電話をすると10分くらいで迎えにきていただいた。“東府や”の近くにもう一つバス停があるが本数が少ないらしい。 玄関を入るとロビーは。梁がみえる吹き抜けの高い天井で、こじんまりしているが、背の低いスタッフデスク、ほのかな照明に照らされた棚のある壁、暖炉が配された空間でほっとできる。 ロビーで地図を見ながら敷地内の案内とウエルカムドリンクについてなどの説...

修善寺駅から東海バスで吉奈温泉口下車。バス停に到着してから送迎車依頼の電話をすると10分くらいで迎えにきていただいた。“東府や”の近くにもう一つバス停があるが本数が少ないらしい。
玄関を入るとロビーは。梁がみえる吹き抜けの高い天井で、こじんまりしているが、背の低いスタッフデスク、ほのかな照明に照らされた棚のある壁、暖炉が配された空間でほっとできる。
ロビーで地図を見ながら敷地内の案内とウエルカムドリンクについてなどの説明をうけ、夕食・朝食の時間を予約する。
今回は、一休com「カップル<シングルルーム>ステイ」夕朝食付 バスなしプラン宿泊を予約。
シングルルームだけに、確かに部屋は狭い。キングサイズのベットは二人でも十分だった。窓からは、向いの蔵の戸や壁が見えるだけだが、椿が満開で赤い花が印象的。洗面所トイレは入口が一か所で一体型。壁は黒の大理石で重厚感と豪華さがあり、トイレの蓋は人を感知して自動で開きボタンで便座が開け閉めできる。タオルは4枚用意され、刺繍があり厚みにたっぷり感があった。
冷蔵庫に有料の缶ジュース アルコールがある。ペットボトルの水は2本無料。最中のお茶菓子2個がテーブルに置いてあった。
部屋着は、厚みがあるゆかた・羽織・足袋ソックス。男性は丹前。女性は暖かそうなポンチョがある。館内敷地内すべて着用できる。
ポンチョを若い女性が着用なさっていらした。ピンク色の長羽織のようで日本庭園に映え、愛らしい。
事前に調べていた「唐人お吉資料館」に興味を持っていたので散策にでた。大正館でウエルカムドリンクのビール・シャンパンとベーカリーのブルードネージュ(胡麻がたっぷりのクッキー)さらにオレンジジュースをいただいた。吉奈川のせせらぎをききながら資料館・大正館(ウエルカムドリンク)・ベーカリーに立寄り広い敷地内をあるいた。桜はまだ咲きそろってなかったが手入れが行き届いた庭を散策した。ゆったりすわれる椅子テーブルがあった。ロビーにはライブラリーコーナーがある。
夕食前に、婦人風呂「滝の湯」に行った。トロンとした水質で浴室は清潔感はあったが、湯船の広さや更衣室でゆっくりできる工夫はなかった。ロビーでハーブの冷水がいただける。お風呂はほかに、男女入れ替えの露天風呂2か所。家族湯2か所。スパもあるとのこと。露天風呂は、浴槽はゆったりとしているが、庭石の間を歩いていくので足元が悪かった。
夕食朝食とも食事処「水音」でいただく。
夕食は、前菜・お造り・椀・金目鯛のしゃぶしゃぶ鍋・牛肉と長芋のグラタン・伊勢海老・炊き込みご飯・汁物・デザート3種の9品の創作和食。塩加減も塩梅よく野菜や素材の味と触感を楽しみながら美味しくいただいた。金の若竹の絵付け皿など季節感も印象に残る。大窯で炊いたおにぎりのおもちかえりもある。
朝食は、籠に、湯葉・ちりめんほか6品がそれぞれ小皿盛られ、ほかに、野菜の煮物・赤魚の西京漬け焼き・卵焼き・さつま揚げ・ポテトサラダ・ヨーグルト・コーヒー。
炭火で焼きながらいただく海苔は、パリッとしておいしかった。ごはん・海苔はおかわりできる。
10時ごろチェックアウトをした。同時間、敷地内の富士見平へ向かうとの若いカップルがいらした。トレッキングシューズの貸出もあり、片道40分で富士山がみえるようだ。大正館ではチャックアウト後でもウエルカムドリンクがいただける。ベーカリー・足湯・カフェ・レストランもあるので敷地内でチェックアウト後も楽しめるようだ。
私たちは、送迎バスでバス停に行き帰路に就いた。
歴史を感じながら時間を止めて癒され、異空間を楽しめるホテルだと思う。

接客対応

清潔感

客室

食事

朝食に洋食がほしい

コスパ

立地

修善寺駅から浄蓮の滝へむかうバス路線上の吉奈温泉口下車。送迎バス有り。

温泉・スパ

備考・アドバイス

Wi-Fiが利用できる
敷地内の富士見平へ行かれる方、トレッキングシューズの貸出あり

5.0 2016年12月20日に投稿 投稿者: にのみや
2016年12月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
東京霞ヶ関から車で3時間弱、136号線を走り、湯ヶ島手前の吉奈(よしな)口交差点を右折し吉名温泉を目指します。右折してからは、昼前の時間帯は東府やパン処(bakaly&table)に往来する車で交通量が増してきます。 また、郵便局手前では特に道が狭くなっていますので、すれ違いの徐行運転が必要となる為、宿への到着前にこのストレスを少し感じるかもしれません。 定刻3時のチェックイン前に到着しても、エントランスロビー棟で荷物を預...

東京霞ヶ関から車で3時間弱、136号線を走り、湯ヶ島手前の吉奈(よしな)口交差点を右折し吉名温泉を目指します。右折してからは、昼前の時間帯は東府やパン処(bakaly&table)に往来する車で交通量が増してきます。
また、郵便局手前では特に道が狭くなっていますので、すれ違いの徐行運転が必要となる為、宿への到着前にこのストレスを少し感じるかもしれません。

定刻3時のチェックイン前に到着しても、エントランスロビー棟で荷物を預け、敷地内の大正館でフリードリンクサービスを楽しめます。ビール、シャンパン、ワインの3種のアルコールもフリーでスタッフの方が丁寧に何度でもオーダーに応じてくれます。が、流れているレトロな音楽は毎回同じものが流れ、またやや安っぽいものですので、慣れると耳障りにもなり得るでしょう。

お部屋の用意が整うと、大正館まで連絡が入ります。私たちは2時前にコールが入りました。
チェックインのために、中庭を歩きエントランスロビー棟に移動します。
途中で見える景色は美しく手入れされた木々の緑と、清掃が完璧に行き届いた小道であり、伊豆の自然に包まれた深い安らぎを感じることができるでしょう。

メインエントランスホールは吹き抜け感を強調したダイナミックな木調空間で、リラックスしてチェックイン手続きができます。
目の前のオーディオスピーカーの音量は極めて控えめで、暖炉ともマッチし静かな安らぎの空間が演出できています。また、館内はどこを歩いてもほのかな柑橘系の香りがし、この環境設計も計算されたものとなっています。

お部屋は夫婦二人での利用のため、川沿いのツインベッド和室でした。
総面積は約22畳。杉床をもあしらい、また欄間にも彫刻が施され、総じて格調ある質感となっています。
眼下を流れる川の音が気にかかりましたが、台風の翌日で水量が増していたにもかかわらず、サッシガラス(ペアガラス?)の厚みゆえに遮音効果は高かったです。ただ音に敏感な方は川沿いの部屋を避けた方が無難でしょう。

早速に家族風呂を予約し入りましたが、蛇口カランに石鹸クリームが付着していました。また、全ての浴場の蛇口やシャワー水量が以前より絞られており、全体として浴場関連の設備や人件費等コストカットの傾向を感じました。
加えて、源泉かけ流しでは無い為、身体の温まり感はそれほど強くありません。温泉へのこだわりが強い方は落胆してしまう可能性があります。また、備え付けのホディシャンプーはレモンの香りが心地よいのですが、泡ギレがとても悪いもので私は使いませんでした。

夕食は和懐石で、京風の甘みを優しく主張させた味付けとなっています。
特に、最初に供される前菜は、時としてため息をつかせるほど繊細な味わいで極めて美味しいのですが、今回はそれほど旨味を感じませんでした。
おそらく大正館での「飲み放題」の酒量が影響したのでしょう(この点、反省しています。逆に言えば、料理はそれほどまでに繊細な味付けのため、大正館でのフリーアルコールには注意が必要です)。
ただ、刺身は間違いなく味が落ちていました。ただ、これは台風の影響のために良い魚が仕入れられなかった為と、好意的に推測しておきます。

翌日チェックアウト「後」も大正館でフリードリンクサービスを楽しめます。殆どの方が大正館に再訪し、紅茶や梅ドリンクを楽しんでいらっしゃる様でした。

敷地内のパン処も美味しいのですが、土日は10時開店とほぼ同時に地元の方々(最近、富に増えてきました)も含めて満席になります。このため、以前にも増して「足湯」は様々なゴミが浮遊しており、足元を見ないで使用することをお勧めします。足湯の水量を増すか、循環速度を上げることが必要と感じました。

全体として温泉関連、水まわりに弱点がありますが、温泉に強いこだわりの無い方であれば気になるものではないでしょう。
一方で、緑に包まれた環境演出と食事の質と量には強い競争力が見出せます。この為、食事で現在の高い水準を保てれば、総じて割安感があります。
スタッフの方々も良く教育されており、正にお客様オリエンテッドな姿勢が見え、この点では海外一流リゾートホテルに滞在している雰囲気が味わえるでしょう。
但し、まだまだ、一種の「ぎこちなさ」を感じさせるレベルではあり、環境と空間の好演出の裏側にある、「一種の緊張感」が垣間見えてしまうこととなります。
それでも、中伊豆界隈のホテル旅館では、ずば抜けた接客レベルといえるもので、特に若い世代のお客様にとってはとても心地良いものとなるはずです。

どちらのリゾートホテルも同様ですが、全ての点でレベルを常に維持向上させておかないと、一気に客層が落ちていくリスクを感じました。今後も引き続き存続して頂きたい宿であり、心から応援したい名旅館の一つです。

接客対応

到着時から女将さんや若々しいスタッフが丁寧に対応して下さいます。但しチェックイン混雑時は順番待ちで待たされますので早めのチェックインがお勧めです。

清潔感

客室や吹き上げロビーともとても清潔ですが貸切風呂は時に掃除が行き届いていません。

客室

和室の広めの部屋がお勧めです。ベッドルームはやや狭小感じがします。

食事

このレベルの食事は、東京(銀座)では3万円の値段が取られるでしょう。器もそれぞれに美しい。本当に美味しい料理が堪能できます。但し、お酒の品揃えはやや不足です。

コスパ

総じて最高と評価します。ショルダー期に送られてくるDM利用がさらにお勧めです。大正館の実質「飲み放題」を考えればCPは極めて高いです。

立地

伊豆の山々に抱かれた四季の季節感が楽しめます。伊豆縦貫道が完成すればさらに良し。おこもり感もそれなりにあります。

温泉・スパ

循環温泉のため評価は低いです。総じてお湯に新鮮度が無く、身体の温まりも今ひとつ。何とか源泉かけ流しまで設備投資して欲しいところです。

備考・アドバイス

3時のチェックイン時はやや込み合いますので、早めの到着がお勧めです。また、ハイシーズン土日のパン処(bakaly&table)も10時開店と同時に駐車場制限が有り得ますので、注意が必要です。
本文にも書きましたが、大正館での「飲みすぎ」にはくれぐれもご注意を。時々、親切なスタッフが秘蔵酒をふるまってくれたりしますので。
また、写真サービスは是非ご利用下さい。私は行く度にお願いしていますが、スタッフの皆さんはいつも優しく応じてくださいます。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 2016年12月6日に投稿 獲得票数:4 投稿者: chokotto
2016年11月頃に友人と滞在 この口コミに投票する
広々とした敷地内に宿泊棟や露天風呂の他、足湯カフェや歴史資料館、ハイキングコースまである宿です。たっぷり楽しみたいと思い友人を誘って訪問しました。 11月下旬の日曜日、和室A(川沿い)ツインを指定し、1泊二食付きで一人あたり30240円(税・サ込)でした。 チェックイン開始は15時からでしたが、電話でたずねたところ、それより前に到着しても荷物を預かって下さる事と、送迎サービスをして頂ける事がわかったので、早めに出発しました。 当...

広々とした敷地内に宿泊棟や露天風呂の他、足湯カフェや歴史資料館、ハイキングコースまである宿です。たっぷり楽しみたいと思い友人を誘って訪問しました。

11月下旬の日曜日、和室A(川沿い)ツインを指定し、1泊二食付きで一人あたり30240円(税・サ込)でした。

チェックイン開始は15時からでしたが、電話でたずねたところ、それより前に到着しても荷物を預かって下さる事と、送迎サービスをして頂ける事がわかったので、早めに出発しました。

当日は電車で向かいました。修善寺駅からは路線バスに乗り換えます。最寄りのバス停「吉奈温泉」からは徒歩で数分ですが、停車するバス便が少ない為、一つ手前のバス停「吉奈温泉口」から送迎して頂けます。修善寺から「吉奈温泉口」まではバスで約20分、そこから宿までは送迎車で2~3分でした。

紅葉した静かな山間の道を進むと、洒落た佇まいの建物が現れます。スーツ姿のスタッフが出迎えてくださり、ロビーのソファでチェックインの手続きを行いました。入室は15:00からなのでそれまで荷物を預かって頂き、身軽になったところで、まず足湯のあるベーカリー&カフェに向かいました。木々が茂る遊歩道を進むと、多くの人で賑わう建物が見えてきます。紅葉シーズンの日曜日ということもあり、パン売り場も足湯テラスも混雑していました。青々した水盤に面した足湯テラスは、藤が咲く5月頃が美しいそうですが紅葉も素敵でした。美味しい焼きたてパンを味わいながら、まずはこちらで寛ぎました。

ゆっくりと足を温めた後はフリードリンク(宿泊者限定)が頂ける「大正館」へ向かいました。こちらは大正時代、実業家の別荘だった建物です。館内には2カ所のカフェ(「カフェアールデコ」と「ミルクホール」)があり、どちらでも好きな席で自由にソフトドリンク、ビール、ワインが頂けます。「カフェアールデコ」はその名の通り、螺旋階段と幾何学模様のタイルが美しいアールデコ様式のカフェで、「ミルクホール」は、昔の雑貨や家電が配されたレトロ感いっぱいのカフェです。どちらも時がとまったかのような雰囲気があり、クラッシックなソファに腰掛けてのカフェタイムはとても贅沢な時間でした。まだまだ寛いでいたいところでしたが、15時になったのでフロントに戻ることにしました。

フロントで名前を告げると、すぐお部屋に案内して下さいました。玄関棟と宿泊棟は吉奈川に架かる「香風橋」で繋がっています。ここから眺める景色が素晴らしく沢山カメラに収めました。

「和室A(川沿い)ツイン」の間取りは、ツインベットを置いた和室(12.5畳)+ソファとリラックスチェアを備えたリビングです。ゆったりとした間取りで窓からは「香風橋」からと同じ素敵な景色を眺めることができました。

アメニティ類は一通り揃っていました。浴衣は2枚用意されていましたが、さらに男女ともにロビーで色浴衣も貸して頂けます。基礎化粧品はトラベルキッドが用意されていました。タオルは一枚づつでしたが大浴場にも貸切風呂にも沢山備えてあり、手ぶらで湯巡りができました。

温泉施設は6カ所あります。(大浴場は男女入れ替え制ではないため、利用できるのは5カ所)全て入浴したいと思い、夕食前に貸切露天風呂「子宝の湯」を予約しました。岩風呂は4~5人くらいまで浸かれそうなサイズで、グループやファミリーの利用に丁度良いと思います。裏山を少し登った林の中にあるので静かで落ち着く環境でしたが洗い場が寒かったです。同じく貸切露天風呂の「伴の湯」は吉奈川沿いにあります。こちらの浴槽は少し小さく2~3人くらいが丁度良さそうです。目隠しの塀ではっきりと川を望むことはできませんが、こぢんまりとした居心地の良いお風呂でした。半露天だったので、洗い場の寒さは「子宝の湯」よりも少しは凌げた気がします。貸切風呂は1回50分の事前予約制です。

大浴場は宿泊棟の2階にあります。「滝の湯(女湯)」の窓からは遠くの山々と宿泊棟の屋根瓦が見えました。これがトタン屋根だったら全く趣を感じませんが、黒い瓦とモミジは絵になります。深夜は貸切状態でゆっくりと過ごしましたが、朝食前は混雑していました。5~6名前後の利用を想定しているようです。

露天風呂は2カ所あります。初日は川沿いの「河鹿の湯」が女湯だったので夕食後に向かいました。夕方から雨が降りましたが半露天だったので、濡れることなく利用できました。目隠しで川は見えませんが、浴槽の一部が寝湯を楽しめる造りだったので、川からの風を感じながらゆっくりと寝湯を楽しみました。一方の「行基の湯」は翌朝に向かいました。宿泊棟の対岸にあるので川側に目隠しはありますが、屋根はありません。おそらく悪天候時の入浴は厳しいでしょう。吹き曝しの露天風呂なので早朝はかなり寒かったです。

温泉は臭いもなく無色です。見た目には特徴を感じられませんでしたが、とても温まりの良い泉質でした。そのため洗い場では寒くても体の芯まで温まっていたので、食事処への移動や湯めぐりも苦になりませんでした。

食事は二食共に食事処で頂きます。食事処「懐石茶や水音」は江戸時代の建物を活かした茅葺き屋根の別棟で、宿泊棟とは渡り廊下で繋がっています。個室ではなくテーブル席でしたが、大人ばかりでしたので落ち着いた雰囲気でした。夕食は季節の懐石料理です。秋の味覚を少しづつ詰め込んだような、可愛らしい盛り付けの前菜にテンションが上がりました。どれも美味しく頂きましたが、特にお造りのボタンエビと海老芋饅頭のお椀が美味しかったです。盛り付けが美しくデザートも充実していたので、全体的に女性が喜ぶメニュー構成のような気がします。ボリュームがある内容ではなかったので、お若い方や男性には物足りないかもしれません。食後にお夜食用のおにぎりを頂きました。

朝食は和定食で数種類のお惣菜を少しづつ楽しめる献立でした。このあたりも女性が喜ぶメニュー構成だと思います。お味噌とご飯の他に、海苔の御替わりサービスがあったのは初めてでした。海苔箱で提供されるお宿は少ないのでうれしいサービスだと思いました。

スタッフは気配り上手な方々ばかりで、困っていたり、迷っていたりすると積極的に声をかけてくださいます。接客に対する意識が高い方が多かったように思います。

昔懐かしい佇まいと、現代の快適性が見事に調和したリゾートです。苔むした大木や、点在する建物、吉奈川に架かる橋、すべてに歴史の重みが感じられ、人工的に古く見せたのとは全く違う深い趣があります。周囲の自然とのバランスも良く、何処を見ても絵になりました。見所がありすぎて時間が足りず、歴史資料館やハイキングコースを楽しむ事ができなかったのが心残りです。季節を変えて再訪したいお宿です。

接客対応

とても親切に接して頂きました。接客に対する意識が高い方が多かったように思います。

清潔感

館内はきちんと清掃されており、清潔感がありました。

客室

川沿いで眺めがよく、広さも充分でした。

食事

季節の懐石料理が頂けます。盛り付けが美しく、目でも楽しめるお料理でした。

コスパ

価格相応だと思います。

立地

自然に囲まれた静かな環境です。電車でのアクセスはやや不便です。

温泉・スパ

露天風呂、大浴場、貸切露天風呂と色々楽しめます。温まりの良い温泉で、食事処への移動や湯めぐりも苦になりませんでした。

備考・アドバイス

湯めぐりに忙しくて、ソファやリラックスチェアで寛ぐ時間はほとんどなく、和室だけで過ごした感じです。洋室ツインで充分だったと思います。

「大正館」でのフリードリンクの利用時間は11:30~17:00で、ルームキーを頂く前でも、チェックインが済んでいれば利用できます。またチェックアウト後も利用が可能です。ベーカリーで購入したパンの持ち込みもできます。

「大正館」では記念写真サービスがあります。出来上がった写真は専用の台紙にセットして渡してくださいます。(15分くらい待ちます)スタッフからの声掛けはなく、気付いたゲストだけへのサービスのようです。こちらから声をかけると快く応じてくださいました。

ロビーでは17:30~21:30の間、冷たい梅ジュースとウーロン茶、温かい飲み物を自由にいただけます。翌朝の6:00~9:00は野菜ジュースが頂けます。

5.0 2016年9月2日に投稿 投稿者: にのみや
2016年5月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
大切な妻との常宿になってます。一時パンの味が落ちましたが、見事に復活。ホテルもフロントの女性陣が若返り(すいません!)、とても素晴らしいです。おかみさんは、さりげない目配りで良いですし、そしてそして、料理は、最後のお茶まで感動的に美味しい。東京なら、一人料理だけで30000円は下らないでしょう。どこを歩いても美しく、そしてほのかな柑橘系の香り。残念なのは温泉が循環なこと。ここはお近くのS館に負けてます。でも、本当に素敵な...

大切な妻との常宿になってます。一時パンの味が落ちましたが、見事に復活。ホテルもフロントの女性陣が若返り(すいません!)、とても素晴らしいです。おかみさんは、さりげない目配りで良いですし、そしてそして、料理は、最後のお茶まで感動的に美味しい。東京なら、一人料理だけで30000円は下らないでしょう。どこを歩いても美しく、そしてほのかな柑橘系の香り。残念なのは温泉が循環なこと。ここはお近くのS館に負けてます。でも、本当に素敵なホテル。また行きます。いつも有難うございます。

接客対応

清潔感

客室

食事

コスパ

立地

温泉・スパ

4.0 2016年5月31日に投稿 獲得票数:1 投稿者: まねきねこ
2016年5月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
今回は旅行サイトから予約した【テレビ放映】一週間限定 特割【ご予約は3月22日迄】というプランで、一人一泊2食付き税込30,800円でした。車が玄関に着くとスタッフがキーを預かり、駐車場に車を移動してくれます。荷物はすぐに預かってくれてお部屋まで運んでくれました。 ロビーでチェックイン後、橋をわたった先にある大正館で、ウェルカムドリンクと併設のベーカリー製のクッキーの無料サービスを受けられます。ジュース、コーヒー、紅茶の他ビール...

今回は旅行サイトから予約した【テレビ放映】一週間限定 特割【ご予約は3月22日迄】というプランで、一人一泊2食付き税込30,800円でした。車が玄関に着くとスタッフがキーを預かり、駐車場に車を移動してくれます。荷物はすぐに預かってくれてお部屋まで運んでくれました。

ロビーでチェックイン後、橋をわたった先にある大正館で、ウェルカムドリンクと併設のベーカリー製のクッキーの無料サービスを受けられます。ジュース、コーヒー、紅茶の他ビールなどのアルコールもありました。有料のケーキも2種類ありました。このサービスはチェックアウト後も利用できるのでお得感があります。

お部屋は二間続きの川沿いの和室で掘りごたつがあり、温泉の半露天風呂がついていました。客室内のお風呂は、アルミ製保温シートのふたがされていました。雨上がりだったせいか川の流れがけっこう激しく、せせらぎという感じではなく若干耳障りでした。
寝室の川に面した窓には障子があり、障子だけでは朝の光が眩しいと心配していたところ、ブラインドが組み込まれていて、遮光がきちんとされていて良かったです。
お部屋の鍵は2個用意されていて、お連れの方とお風呂のタイミングがずれても安心です。

温泉は露天が2か所(男女入れ替えあり)、大浴場が1か所(入れ替えなし)、貸切風呂が2か所あります。いずれも源泉は同じとのことですが、趣が違うので湯めぐりが楽しめます。タオルなど必要なものはすべて揃っていて、お部屋から持っていく必要はありません。温度管理は行き届いてどこも快適に入ることができました。

館内はすべて禁煙で、無料のWi-Fiがパスワードなしで利用できます。ライブラリーにはパソコンが置いてあり、自由に使うことができます。

夕食は食事処で17時半と19時半の二部制で、夕食後にはほたるの鑑賞会もありましたが、私は部屋でゆっくり過ごしたかったので、参加しませんでした。夕食の味付けは薄味で上品、盛り付けは工夫がされていて、量は多すぎず、少なすぎず満足できるものでした。お若い方や、たくさん召し上がる方には多少物足りないかもしれません。食事処を出るときに夜食のおにぎりを渡されました。
朝食は、8時と9時の選択ができ、デザートはテラス席でいただきました。

他の同じくらいの規模の旅館と比べてスタッフの人数が多く、年齢も若い方から年配の方までいて、浴室の冷水ポットをまめに補充していたり、庭の手入れをしていたり、それぞれが担当の仕事をきびきびとやっているところが好印象でした。

本館、西館は階段が多く、足が弱い人は移動が大変ですが、新しくできた離れもあり車いすのお客さんを案内している様子が見られました。

チェックアウト後、ハイキングコースに近いベーカリーの駐車場に車を置き、歩いてみました。40分ほど歩くと富士見平に着きます。途中の道は整備されていて迷うことはありません。道中にあるしゃくなげは今年は早かったということで、残念ながら花は終わっていました。少し急な所もあるものの、杖の用意がされているので安心です。スニーカーで十分ですが、普通の靴で来た人は、トレッキングシューズの無料貸し出しがあるので、利用すると良いと思います。今回は残念なことに曇っていて、富士山が見えませんでしたが、気持ちのいいハイキングができました。お昼近くになり駐車場に戻ると、満車で、ベーカリーもお客さんがいっぱい。足湯コーナーは満員でした。宿泊とは関係なく利用するお客さんも多いので、土日のランチタイムはかなり混雑するようです。

落ち着いた雰囲気で温泉もたっぷり楽しめる贅沢な時間を過ごすことができ、また季節を変えて訪れたいと思いました。

接客対応

どのスタッフもていねいで好感が持てました。

清潔感

館内はどこも清潔に保たれていました。

客室

広さは十分で、旅館には珍しく、遮光のためのブラインドがついていました。

食事

季節感のある素材や工夫された盛り付けで満足できました。

コスパ

いろいろな価格帯のお部屋があるので予算に合わせると良いと思います。

立地

メインの通りから少し奥に入っている分、静かでくつろげます。

温泉・スパ

温度管理や備品のチェックが行き届いていました。

備考・アドバイス

川沿いのお部屋は、お天気によって川の流れる音がうるさく感じられるかもしれません。
半露天風呂付の和室は二人ではもったいなくらい広いです。

敷地内に資料館や歴史館など、見どころがたくさんあり、散策できる場所や犬を連れていける場所などもあるので、時間をたっぷりかけて楽しむことができます。

5.0 2016年5月25日に投稿 獲得票数:1 投稿者: れみたん
2015年9月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
父の還暦祝いで利用しました。 館内は広く、小さな山もあってプチ登山も出来るほどです。 山川に囲まれた中にある、静かで落ち着いた旅館です。 チェックインの際はウェルカムシャンパンとお菓子のサービスがあり、 スタッフの男性は冗談を交えながらスマートに館内の案内をしてくださいました。 お部屋も広く綺麗で、窓からは川を眺めることが出来て癒されます。 温泉は子宝の湯として有名なようです。 お部屋から温泉に行くまでの渡り廊下もとても情...

父の還暦祝いで利用しました。
館内は広く、小さな山もあってプチ登山も出来るほどです。
山川に囲まれた中にある、静かで落ち着いた旅館です。
チェックインの際はウェルカムシャンパンとお菓子のサービスがあり、
スタッフの男性は冗談を交えながらスマートに館内の案内をしてくださいました。
お部屋も広く綺麗で、窓からは川を眺めることが出来て癒されます。
温泉は子宝の湯として有名なようです。
お部屋から温泉に行くまでの渡り廊下もとても情緒があり素敵でした。
食事は、お食事処で。どれも大変おいしく、独創的な料理で盛り付け、器もとってもおしゃれです。
食事の際は同じスタッフの方がサーブしてくれるのですが、こちらの方もとても洗練された接客で終始楽しく食事をすることが出来ました。
チェックインの際のスタッフの方もそうでしたが、ここまで完璧で心に残る、気持ちの良い接客をされる方はなかなかいないと感じるレベルでした。
また、こちらの旅館ではスタッフの方全てがすれ違うと笑顔で挨拶してくれ、社員教育を徹底されているように感じました。
チェックアウトの際にもうれしいサービスが。
バースデープランで予約しており、食事時に有料のケーキをお願いしていたのですが、
それとは別に女将さんから直々に、手書きのバースデーカードと折り鶴、東府やオリジナルのお菓子をいただいたのです。
それだけでも驚きですが、さらに予約をした私の誕生日が近いことも配慮いただき、(チェックインの際の宿泊カードの生年月日を見ていただいたんだと思います。)私にも同じようにカードとお菓子をいただきました。
ここまでのホスピタリティがある旅館はなかなか無いと思います。
全てにおいて満点で完璧のお宿。
家族の大切な行事にはずっとこちらを使わせていただきたいです。

5.0 2016年4月26日に投稿 投稿者: niwatori
2016年1月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
奥様の誕生日で利用させて頂きましたが、大変満足できました。 今まで宿泊したホテルで一番よかったと思います。 これからも記念日には訪れたいと思えた宿でした。 旅館に到着した時から丁寧に対応して頂き、到着時から気持ちい接客でした。 ホテル自体が広く、ホテルの散策も楽しめるがよかったです。 フロントの方が地図を利用しながら丁寧に説明してくださったので、迷うことなく楽しむことできました。 1月に宿泊しましたが、浴衣の上に、さら外歩...

奥様の誕生日で利用させて頂きましたが、大変満足できました。
今まで宿泊したホテルで一番よかったと思います。
これからも記念日には訪れたいと思えた宿でした。
旅館に到着した時から丁寧に対応して頂き、到着時から気持ちい接客でした。

ホテル自体が広く、ホテルの散策も楽しめるがよかったです。
フロントの方が地図を利用しながら丁寧に説明してくださったので、迷うことなく楽しむことできました。

1月に宿泊しましたが、浴衣の上に、さら外歩きようのガウンまで用意されていて、細かい心配り気配りに、感心するばかりでした。

大変満足でした、誠にありがとうございました。

接客対応

清潔感

客室

食事

コスパ

立地

温泉・スパ

1 - 10件目 / 合計 15件 1 2

施設情報

施設名
東府や Resort&Spa-Izu
かな
とうふや りぞーとあんどすぱいず
所在地
〒410-3208
静岡県伊豆市吉奈98
電話番号
0558-85-1000
チェックイン
15:00
チェックアウト
12:00
アクセス
【電車】 東海道新幹線「三島駅」~伊豆箱根鉄道「修善寺駅」からバス20分「吉奈温泉口」下車後、送迎あり 
【車】  東名高速道路「沼津I.C」新東名高速道路「長泉沼津I.C」から伊豆縦貫道経由~約50分(38キロ)
送迎
あり/東海バス「吉奈温泉口」バス亭から送迎あり(要予約)
駐車場
あり(宿泊者無料)
駐車場台数: 30台
部屋数
30
設備・サービス
○ インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 ○ 貸切風呂 ○ 客室露天風呂 ○ 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 × コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 ○ 送迎サービス × ランドリー × クリーニング ○ マッサージ ○ エステ × サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 × ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 フェイスタオル バスタオル 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 浴衣 スリッパ 洗顔料 綿棒 コットン 冷蔵庫 ミニバー 湯沸かしポット お茶セット テレビ 金庫 ズボンプレッサー 衛星放送 洗浄機付トイレ LAN接続 無線LAN接続
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS

東府や Resort&Spa-Izu周辺の旅館