ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

河津温泉 伊豆の踊子の宿 福田家

〒413-0507 静岡県賀茂郡河津町湯ヶ野236
河津温泉 伊豆の踊子の宿 福田家
〒413-0507 静岡県賀茂郡河津町湯ヶ野236
TEL: 0558-35-7201
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
2.8 に投稿 獲得票数:12 投稿者: ともぐり認証済
2018年3月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
掛け流しの温泉と滋味溢れる食事、レトロな風情を愉しむ「伊豆の踊子」舞台の宿

福田家は、川端康成の小説「伊豆の踊子」に登場する宿として有名な旅館です。小説を読んで一度は宿泊してみたいと思っていた宿でしたので、当日は楽しみに訪問いたしました。

宿までは車で向かいました。駐車場から宿までは、約300メートルほどの距離があります。川沿いの遊歩道を下って橋を渡ると、宿が見えてきました。良い意味で錆びれてレトロな外観は、小説のイメージにピッタリで気分が高揚しました。玄関を入ると、女将さんが笑顔で出迎えてくださり、そのまま直ぐに客室へと案内いただきました。チェックインの手続きは、客室で簡単な記帳を行いました。

お部屋は、映画「伊豆の踊子」のロケに使われた『踊り子7』を予約しました。宿泊費は、3月初旬の平日に1人で宿泊して、1泊2食付き19,440円でした。玄関を入るとL字型の広縁が広がり、窓際には椅子とテーブルが置かれています。こちらからは、目の前を流れる河津川と遠くの山々を見渡せます。心和む景色ですが、川では魚釣りを楽しむ方や、宿の玄関付近からも見える位置にありますので、着替える際などは注意した方が良さそうです。床のきしみや柱の劣化など、客室全体は所々経年変化を感じましたが、古い建物独特のレトロ感が個人的には好ましく思い、居心地よく過ごせました。洗面所とお手洗いは、リニューアルされているようで新しく清潔でした。

館内着は、浴衣・羽織りの用意があります。バスタオルと浴用タオルは1枚ずつで、大浴場を利用する際は持参します。他に、足袋、歯ブラシの用意はありますが、基礎化粧品やクシの用意はありませんので、必要な物は持参されると良いと思います。大浴場には、カミソリと綿棒の用意がありました。飲料系はお茶セットと、客室内の冷蔵庫に有料の飲み物が揃っています。フロント付近には、ほぼ市価で購入できる自販機もありました。

大浴場は、2箇所あります。どちらも19時から翌朝の6時までは、空いていれば自由に貸切で利用できます。それ以外の時間帯は男女交代制で、利用時間も細かく区切られていますが、湯処の前にある案内表を見れば一目で把握できたので分かりやすかったです。当日は満室でしたが、利用したい時はどちらか一方は必ず空いていた為、不便なく利用できました。

伊豆の踊子風呂「榧風呂」の脱衣所は、一畳半ほどのスペースしかなく狭くて、入り口のガラス戸の上部がクリアガラスの為、角度によって暖簾の隙間から廊下が見えてしまうのが気になりました。浴室内の階段や床は、温泉成分の影響か、大変滑りやすくなっていたのでご注意ください。四角い榧のお風呂には、源泉掛け流しの温泉が溢れるほど並々と注がれています。体感温度としては45度以上ありそうな熱湯でしたので、長湯は出来ませんでしたが、肌当たりがマイルドな温泉はとても気持ちが良かったです。浴室内は四方をコンクリートの壁に囲まれた造りですが、天井がとても高くて窓も大きく取られているため閉鎖感はありません。壁のタイル絵も可愛らしく、どこか懐かしい昔ながらの湯治場といったような雰囲気です。こちらのお風呂は、カランが1つで脱衣所や浴室も狭いので、他の宿泊者と一緒になると気を遣う造りでした。ゆっくりと湯浴みを愉しみたい方は、貸切利用の出来る時間帯に利用されるのがお勧めです。

「露天風呂と岩風呂」は、脱衣所に洗面台も備わっていて広々とした造りでした。内風呂は「榧風呂」と同様に熱めの湯温でしたが、露天風呂はかなりのぬる湯で浸かっていても寒かったです。源泉掛け流しの温泉のため、温度調節が難しいと女将さんが仰っていましたが、もう少し適温に保つ努力をしていただけたら、もっと温泉を堪能できただろうと少し残念に思いました。とは言え、自然を間近に感じながら湯浴みができる環境は魅力的だと思いました。

お食事は、夕朝食ともにお部屋でいただきました。夕食の開始時間は、18時、18時半から選択できました。朝食は、7時半、8時、8時半から選択できました。

夕食は、最初に大体の品がセッティングされましたが、茶碗蒸しやカサゴの丸揚げは、温かい状態で供してくださり美味しくいただきました。猪鍋は味噌仕立てで食べやすく、脂身のない赤身肉はとても柔らかくて美味でした。猪肉特有のくさみも一切なく、今までいただいた猪肉の中でも特に美味しかったです。

朝食は、アジの干物や卵焼き、煮物、豆腐などの、オーソドックスなおかずが並びます。どれも味がよく、ご飯が進む内容でした。特に手作りのお豆腐が、大豆の甘みが際立つ素朴な味わいでとても美味しかったです。夕朝食ともに、見た目に派手さや驚きはありませんでしたが、滋味溢れる素朴な内容で、しみじみと美味しさを感じられ、期待以上に満足感が高かったです。

ロビーや資料室には、川端康成の書や「伊豆の踊子」の小説や映画に関する資料が所狭しと揃っています。映画のロケの様子を写した写真や、歴代キャストのサインなども展示されており、見応えのある内容でした。

「伊豆の踊子」舞台の宿として、以前から興味のある宿でしたので、今回は念願叶い宿泊できて嬉しく思いました。個人的には、温泉の湯温が高いため長湯ができないのが少し残念に思いましたが、熱湯を好む方には最適かと思いました。女将さんを始め、皆さん温かみのある親切な対応をしてくださったので、滞在中は居心地よく過ごせました。また、小説に登場する場所やシーンを思い出しながら、館内や敷地内を散策するのもとても楽しめました。「伊豆の踊子」についての知識があると、滞在をより楽しめるかと思いましたが、泉質に拘る方やレトロな雰囲気を好む方にもおススメしたい良い宿でした。

接客対応

女将さんを始め、皆さん温かみのある親切な対応でした。田舎の宿らしいアットホームな接客です。

清潔感

ガラス戸の窓枠に黒カビのような汚れがあるのが唯一気になりましたが、客室全体は清掃も行き届いており気持ちよく滞在できました。

客室

古い建物ですので、床のきしみや音が響くのが気になりますが、レトロな雰囲気を味わえる居心地の良いお部屋でした。水回りはリニューアルされており綺麗で清潔でした。

食事

夕食は猪鍋やカサゴの丸揚げ、わさびご飯など、地産地消の内容でどれも美味しくいただきました。朝食も品数が多く、手作りのお豆腐は素朴な味わいがあり美味しかったです。

コスパ

「伊豆の踊子」舞台の宿として、ここでしか味わえない風情を思う存分愉しめました。

立地

周囲を山々に囲まれた河津川沿いに建つ宿です。

温泉・スパ

福田家名物の「榧風呂」は、湯治場のような雰囲気がよく、源泉掛け流しの温泉を堪能できます。湯温が高めでしたので、熱湯好きの方には最高だと思いました。

備考・アドバイス

客室でWi-Fiが利用できます。速度も快適でした。

全客室、禁煙です。大浴場「露天風呂と岩風呂」の前に喫煙コーナーがありました。

河津温泉 伊豆の踊子の宿 福田家周辺のホテル・旅館

関連ページ