ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

島宿 うみどり

〒470-3504 愛知県知多郡南知多町日間賀島常山23-1
島宿 うみどり
〒470-3504 愛知県知多郡南知多町日間賀島常山23-1
TEL: 0569-68-3001
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.3 に投稿 獲得票数:3 投稿者: かぴばら子認証済
2019年1月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
名物のふぐと旬の海の幸をたらふく頂ける愛知の島宿

島宿うみどりは、愛知県三河湾に浮かぶ日間賀島にある、1日5組限定の隠れ家的なお宿です。日間賀島はタコやふぐが特産品であり、お宿で振る舞われるこれらの魚介を食べたくて宿泊を決めました。トラフグと旬の海の幸が食べられるプランを予約し、宿泊費は64,800円(2名1室2食付)でした。

当日は河和港から高速船に乗って向かいました。日間賀島の西港から送迎をして頂けます。5分ほど歩けば到着する場所にあるため、送迎はお願いせずに三河湾を眺めながら歩いて宿に向かいました。近くに名物のタコをモチーフにした駐在所がありますので、そちらを目印にされると良いかと思います。

館内に入るとスタッフの方が笑顔で出迎えてくださりました。チェックインの手続の前に女性客は好きな色浴衣を1つ選ぶことができます。種類もそこそこあり、選ぶ楽しさがありました。その後食事を頂く個室スペースに案内され、そちらでチェックインの手続を行います。あわせて手作りのぜんざいと温かいお茶、おしぼりが提供されました。宿の手作りだそうですが、白玉がずいぶんとぱさぱさしてあまり美味しい物ではありませんでした。ですが温かいお茶は冷えた体を温めてくれほっこりとさせてくれました。ここで夕食の時間も決めます。夕食は18時からと18時半からで選べるものの、朝食は一律で8時と決められているようです。その後、部屋に案内して頂きました。

全5室の小さな宿で2階に4室、1階に1室の客室があります。今回は1階の「なぎ」という客室を案内して頂きました。残念ながら1階の客室は道路に面しているため、塀で目隠しがされており、三河湾を臨むことはできません。そのかわりデッキテラスの先には小さな庭園が設えられています。オーシャンビューを希望される方は、2階の部屋を予約してください。

10畳1間の和室に、トイレ、バスルームがあります。和室には琉球畳が敷かれ、やや日に焼けていました。所々に劣化が見られるものの、清掃はきちんとされており気持ちよく過ごすことができました。一方トイレは芳香剤の香りが結構したため、気になる方もいると思います。

アメニティは歯ブラシやくしなど、必要最低限の物が揃っていました。基礎化粧品類は資生堂のPHYTO AND ROSEというブランドのもので、フルボトルのサイズのものが用意されています。ドライヤーは壁にかけられているタイプのもので、速乾性には優れておりませんので、気になる方はドライヤーを持参して頂くと良いかと思います。タオル類は、ミニタオルとバスタオルがそれぞれ1枚ずつ人数分揃っています。また、部屋にある冷蔵庫には、ビールなどのアルコール、ペットボトルのソフトドリンクや水が冷やされております。ただ料金表が見当たらず、有料なのか宿泊料金に含まれているのか分かりづらかったです。実際は有料でしたが、チェックインの際に説明や、冷蔵庫の付近に有料であることがわかるように示して頂ければと思いました。

外のデッキテラスにはこの宿自慢の1つである露天風呂があります。温泉ではなく沸かし湯になります。お風呂は円形の石づくりタイプで、2人で入るのにちょうどよい大きさでした。温度調整は蛇口からお湯を出して行います。ただ、蛇口を回すとお湯が出るタイプのものではなく、押すと一定時間お湯が出るタイプのものであったため、お風呂をあたためるのに何度も押し続けなければならないのが不自由に感じました。洗い場も併設されていますが、真冬でとても寒かったため利用しませんでした。代わりに内風呂で洗いましたが、洗い場は狭めで2人ではいると窮屈に感じました。一方でデッキテラスには露天風呂だけでなく、ウッドチェアと小さなテーブルもあり、暖かい時期は椅子に座って庭を眺めながらのんびり過ごすことができそうです。

食事は1階にある食事処で頂きます。夕食を楽しみに宿泊を決めたこともあって、期待通り近海で採れた魚介類を堪能することができました。席に着いた際は、食前酒と前菜が用意されていました。しばらくすると、大皿にのったてっさや、木桶に盛られた伊勢エビ、アワビ、黒鯛、平貝のお刺身が提供されます。てっさは1枚1枚がとても分厚く切られており、しっかりとふぐの味を楽しむことができました。また、伊勢エビも、提供される少し前に絞めた鮮度抜群のもので、こりこりとした食感で食べ応えも十分でした。黒鯛もしっかりと厚めに切られており、お造りだけでお腹がいっぱいになるボリュームでした。その後もとらふぐの土瓶蒸しや、カレイの煮付け、日間賀島名物の茹でタコ(日間賀島ではタコのことを多幸と書いて大変縁起物だそうです。)など海の幸が続き、大満足な食事でした。

朝食は8時からで、夕食時に出された伊勢エビの殻から出汁を取った味噌汁や、海苔や貝の佃煮、焼き魚が提供されました。ボリュームはそこまででなかったものの、朝食としては十分な量だったと思います。ただ、味噌汁は少し甘めの合わせ味噌で好みが分かれると思いました。

チェックアウトの際は、帰りの高速船の時間についての案内をしてくださりました。日間賀島を散策したかったので、出航の時間まで荷物を預かって頂きましたが、港まで直接届けてくださるとのことでしたので、再度宿に戻って荷物を受け取る必要がなく大変便利でした。また、宿を出発する際には、つま先用の貼るカイロを貼っていてくださるなどの嬉しいサービスもあり、その後の日間賀島の散策にも大変助かりました。

日間賀島としては数少ない全客室に露天風呂を備えた宿です。清掃も行き届いており気持ちよく過ごすことができました。スタッフの方も笑顔を絶やさず、小さな宿ならではのアットホームな感じです。日間賀島の海の幸を満喫できる食事や、全5室というこぢんまりとした隠れ家的な宿ということもあり、日頃の疲れを癒やすのにはもってこいの宿です。美味しい海の幸を食べたい方や、離島でのんびり過ごしたい方には是非一度訪れて頂きたいです。

接客対応

小さな宿らしいアットホームで親しみやすい接客です。

清潔感

畳がやや日に焼けているなど一部劣化も見受けられましたが、掃除は綺麗にされていました。庭の手入れもされていたと思います。

客室

十畳一間のシンプルな客室で使い勝手は良かったです。

食事

食材の持つ味を活かした料理になります。刺身の質も良く、魚介が好きな方にはオススメできる内容です。

コスパ

料理の内容に応じて価格が変わります。海の幸が好きで、食事を重視される方は満足されると思います。

立地

海沿いにあり、2階のお部屋ならば海を臨めます。日間賀島の最寄りの港からも近く、アクセスしやすいです。

温泉・スパ

沸かし湯になります。お湯はぬるめでしたが、温度調整がしづらかったです。

備考・アドバイス

・館内でWi-Fiが使えますが、接続の不安定な時が結構ありました。

島宿 うみどり周辺のホテル・旅館

関連ページ