ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

鳥羽国際ホテル

〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽1-23-1
鳥羽国際ホテル
〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽1-23-1
TEL: 0599-25-3121

鳥羽国際ホテルのレストラン

シーホース

海に包まれたような空間で、まさに水揚げされたばかりの旬の味を存分にお楽しみいただけます。旬の味を、目で、耳で、舌で存分にお楽しみ下さい。
朝 7:00~10:15(10:00L.O)
昼 11:30~14:30(13:30L.O)
夕 17:30~22:00(20:30L.O)

和食レストラン もんど岬

“リゾートWashoku”をコンセプトに、2017年3月21日リニューアルオープン。素材にこだわった旬のお料理をお楽しみください。
17:30~22:00(20:30 L.O)
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.9 に投稿 獲得票数:11 投稿者: たび金魚認証済
2018年12月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
皇族や世界のVIPも宿泊する、オーシャンフロントのホテル

鳥羽駅から宿の送迎バスを利用して2、3分の、半島の高台に建つホテルです。玄関に着くと、待機していたスタッフに荷物を持っていただき、海の見えるラウンジへ案内されました。青リンゴのピューレや洋ナシが入ったジュースをいただきながら、館内の説明を受けました。

鳥羽国際ホテルは1964年の東京オリンピックに向けて、外国の要人が宿泊できるホテルとして開業したそうです。以来、歴代の天皇陛下や皇族をはじめ、エリザベス女王やゴルバチョフ元大統領が宿泊し、2016年の伊勢志摩サミットではアメリカ大使館が1棟借り切った国際規格のホテルです。

73,000平米ほどの半島全体がホテルの敷地だそうで、小高い場所に建つため眺望が素晴らしかったです。建物は、広大な海を見渡せるオーシャンウイングと、鳥羽港に向いたハーバーウイングから成ります。このほか敷地内には、姉妹館の「潮路亭」がありました。

予約した部屋はハーバーウイングにある33平米の「ハーバービュー・ツイン」でしたが、空きがあるとのことで1人2,000円の追加料金でオーシャンウイングにある56平米のスイートに変更できると申し出がありました。迷っていると、両方の客室を見せていただけました。当初予約した部屋では、ベッドやソファが鳥羽港に向く洒落たレイアウトを楽しみにしていましたが、迷ったすえ「オーシャンビュー・スイート」に決めました。

閑散期の平日だったため、リーズナブルな2名2食付き30,240円(税サ込)+アップグレード料金4,000円で泊まることができました。

オーシャンウイングの客室はほとんどが56平米で、和洋室やミキモトコンセプトルーム、山側の部屋などもあります。ハーバーウイングは33平米の洋室から60平米の和洋室など好みや予算に応じて選べます。案内された客室は7階で、ベージュで統一されたモダンなデザインでした。広い窓からは自然豊かな海と島々が望めます。ゆとりのあるソファに座ると、答志島や菅島が浮かぶ広大な海の向こうに、遠く伊良湖岬まで見通せました。窓際の三脚には望遠鏡も据え付けてあります。

寝心地のいいベッドはサータ社製です。厚手のタオルやバスローブが用意され、パジャマはベッドの足元にある箱に入れられ、プレゼントされたような演出でした。冷蔵庫内の飲み物は有料で、カプセルタイプのコーヒーマシンや無料のミネラルウォーターが人数分ありました。シャンプー類やハンドソープはホテルのオリジナルで、真珠で知られるミキモトが専用に開発したものです。入浴剤も同じミキモトのバスパウダーでした。その他化粧品類は用意されていないので、持参することをお勧めします。

ヘッドボードの裏など目の届きづらい箇所にはホコリが残っていましたが、室内は概ねキレイに清掃されていました。また、テーブルまわりの絨毯やソファには多少の使用感がありました。

館内には海を望むカフェラウンジがあり、オーシャンウイングとハーバーウイングを結ぶ連絡通路には、伊勢神宮の催事を撮影した写真が展示されていました。館内至るところに、額に入った伊勢型紙が飾られています。これは美濃和紙に細密模様が切り抜かれた、着物などの生地に柄を染め抜く台紙で、重要無形文化財に指定された伝統工芸品です。また、ロビー階の屋外にある広いテラスにはソファや椅子が置かれ、鳥羽の海と空が広がる素晴らしいロケーションを満喫できました。こうした館内散策の途中、施設の点検をしていた保守スタッフに出会いましたが、居住まいを正すと帽子を脱いで最敬礼されたのには、驚くと同時に宿泊客への深い敬意を感じました。

ホテルには大浴場がありませんが、敷地内に建つ潮路亭のお風呂場を利用できます。脱衣場にはタオルや化粧品類が置かれているので手ぶらで向かえます。潮路亭へはその都度送迎車を使えますが、景色を楽しみながら歩いても5分ほどで行けるので、あまり苦にはなりませんでした。お風呂は温泉ですので、利用した方はチェックアウト時に、1人150円の入湯税を支払います。

広々とした内風呂は運び湯の温泉で、ナトリウム-塩化物泉です。露天風呂は温泉ではありませんが、ミキモトが開発したパールオーロラ風呂を体験できます。これはアコヤガイ(真珠貝)から抽出したコラーゲンを配合していて、肌がしっとりしました。特に夜はスポットライトが灯りとてもキレイです。白濁した湯の表面には網目状になった粒子がモヤモヤと揺れ、光が当たるとキラキラ輝いて小さなオーロラのようでした。見ていて飽きません。この特別なお風呂に入れるのはここだけなので、たいへん希少な体験でした。

夕食はメインダイニングの「シーホース」でいただきます。席に案内されると、スタッフはとても品のある接客で、名前を名乗って挨拶されました。料理は秋冬限定の「ブイヤベースコース」で、ひと品ずつタイミングよく運ばれます。リーズナブルな宿泊プランのため品数は少なく、男性の方は物足りなく感じるかもしれませんが、料理はたいへん美味しく満足感が高かったです。

前菜は魚介と野菜のアンサンブルで、キウイフルーツと柑橘のソースでいただきます。ブイヤベースは、初めにスープそのものを楽しむため、ルイユソースを垂らした小さなカップで運ばれます。海老の風味や旨みが広がる濃厚で奥行きのある味わいに驚きました。その後、伊勢海老や貝などが入ったブイヤベースが運ばれます。伊勢海老は身がプリッとして美味しいのですが、殻から身を剥がすのにナイフとフォークでは難しく苦労しました。バケットと米粉のパンは食べ放題で、ブイヤベースに浸して食べると絶品でした。デザートのチーズケーキは、1970年から同じレシピで作られるホテル伝統の味なのだそうです。

朝食バイキングもシーホースでいただきます。前夜と打って変わって窓の外には広い海を見渡せて、眺望に感嘆しながら食事を楽しみました。ビュッフェ台にはひと手間加えた料理が並びます。味付けが濃いめに感じられるものが多く、朝食としてはやや重く感じました。オムレツとおにぎりは具を選んで注文できます。シェフが焼くオムレツはふわとろで、若い板前さんが握るおにぎりはとてもふっくらしていました。特にフロントスタッフに勧められた伊勢海老のビスクスープが絶品で、何度もお代わりをして奥深い味わいを堪能しました。

ホテルからは鳥羽水族館やミキモト真珠島も近く、伊勢神宮へのアクセスもいいので、参拝に向かうお客さんが多く宿泊されていました。上質な接客は心地よく、それでいてリゾートらしく肩ひじ張らない雰囲気で、どなたにでもお勧めできるホテルです。とりわけ客室やテラスでは、眼下に広がる伊勢湾のパノラマに感嘆し、スペシャリティのある時を過ごすことができした。旅行の拠点としてはもちろん、記念日など特別な日にもお勧めです。

接客対応

フロントやレストランのスタッフを含め、上質感のある接客でした。特に、作業していた保守スタッフからも最敬礼されるなど、利用客に対する深い敬意が感じられました。

清潔感

絨毯の汚れは少し気になりますが、目の届くところは掃除が行き届き、老朽化もあまり感じませんでした。

客室

56平米のオーシャンビュー・スイートは、広い窓から海を見渡せます。アメニティは最小限で化粧品類はありません。山側の部屋もありますが、お勧めは海側です。

食事

海を一望するダイニングでいただきます。夕食の濃厚なブイヤベースは絶品でした。朝はバイキングで、手の込んだ料理が並びますが、味はやや濃いめに感じました。

コスパ

オフシーズンのリーズナブルな価格で宿泊できました。上質な接客や、美味しい料理、景色のいい客室などから考えると、コスパはたいへんよかったです。

立地

鳥羽駅から車で2分ほどの、遮るものがない半島の先端に建ち、絶景を楽しめます。鳥羽はもちろん伊勢神宮などの観光拠点として、とても便利な立地です。

温泉・スパ 未評価

ホテルに大浴場はありませんが、姉妹館の潮路亭の温泉大浴場を利用できます。ミキモトが開発したパール風呂はキラキラ輝き、肌もしっとりしました。

備考・アドバイス

Wi-Fiが利用できます。

鳥羽駅とホテルを結ぶ送迎バスは予約不要で、ほぼ30分ごとに運行しています。

「オーシャンビュー・スイート」には、歯ブラシ、ヘアブラシ、カミソリ、シャワーキャップ、コットンなどの客室アメニティが用意されていました。

潮路亭の大浴場の営業時間は以下の通りです。5時30分~11時、13時~24時。

潮路亭の大浴場の女湯は撮影禁止のため、男湯のみ紹介しています。