ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

湯元館 ニュー浜島 花の館 椿

〒517-0404 三重県志摩市浜島町浜島3020
湯元館 ニュー浜島 花の館 椿
〒517-0404 三重県志摩市浜島町浜島3020
TEL: 0599-53-1502
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.4 に投稿 獲得票数:10 投稿者: たび金魚認証済
2018年8月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
志摩の海を一望し、リニューアルした館内で地の味覚を楽しむ宿

志摩にある浜島町の海辺に建つ旅館です。近鉄賢島駅から宿の送迎バスを利用して20分ほどで着きました。8月の平日に2名2食付き43,200円(税サ込)+入湯税300円で宿泊しました。

送迎車から降りると、出迎えの仲居さんにすぐに荷物をもっていただきました。フロントで記帳を済ますとロビーの喫茶コーナーに案内され、伊勢茶とひと口ビールからウェルカムドリンクを選びます。小皿に添えたアカニシ貝は、ビールのおつまみによく合いました。

客室へは仲居さんの案内で向かいますが、チェックイン時に宿泊客が重なったため、代りにフロントのスタッフに荷物を持っていただき、館内の説明を受けながら部屋へ行きました。

館内は2015年から2018年5月まで順次改装されていて、全体的に真新しかったです。客室は、本館にラグジュアリーな特別室が3部屋あるほか、別館「花の館椿」に一般客室が29室あります。本館と別館は6階の渡り廊下でつながっていて、大浴場やお食事処に行くときはここを通ることになります。

スタッフは客室の説明がないまま部屋の前で帰られましたが、荷ほどきしていると突然担当の仲居さんが来られたので驚きました。仲居さんが来ることをひと言伝えてほしかったです。年配の仲居さんは方言混じりの親しみのある方で、浴衣のサイズ合わせと食事の時間を決め、朝夕は食事処でもお世話になりました。

今回予約したのは「花の館椿」の12.5帖+3帖+広縁で、洗面、バス、トイレつきの部屋です。客室はほぼ埋まっているようでしたが、運よく最上階の7階になりました。落ち着いた雰囲気の和室で、こちらも近年改装されたようですが、一部木造部や壁に傷などが残っていました。部屋は目の届きづらいところに若干ホコリがある程度で、掃除は行き届いていました。広く取られた窓からは、熊野灘が一望できてとても解放感があります。ただし肝心の窓が潮風に汚れていたのは残念でした。

ツインボールの洗面には、必要なアメニティがそろっていました。タオル類は1人2枚ずつ用意され、タオルハンガーもバスタオル用とフェイスタオル用があって使いやすかったです。

隣の部屋からは襖の締まる音がする程度で、声は聞こえません。ただし、宿の外に出ると、3階までの客室は奥まで見通せました。広縁の窓際は掘りごたつがあって、椅子に座るより身体の位置が低くなるぶん外から見えづらくなり、座り心地もよかったです。滞在中は、ここから海を眺めて過ごすことが多かったです。翌朝は、目の前の海で漁をする小舟が見えました。季節によっては海女さんも見られるそうです。

大浴場は本館6階の展望風呂と本館2階の露天風呂があります。2017年12月にリニューアルしたばかりの展望風呂は、鍵付きロッカーやアメニティなど必要な物が揃っています。男女で一部造りが異なりますが、入れ替えはなく、女湯のみ保湿性の高い純度100%の椿オイルを入れた椿オイル風呂があり、選べるシャンプー類も用意されていました。

温泉はpH9.4のアルカリ泉で、循環ろ過されていますが、わずかに白く濁っていて、ヌルリとした肌触りでした。源泉は2つあるそうですが、現在は1つだけ使用しているそうです。湯船に身体を沈めるとちょうど水平線が見える高さになり、眺望を楽しみながら気分よく入りました。暗くなると海は見えなくなりますが、シックなライティングで上質感が増しました。とてもいいお風呂だと思います。

露天風呂は塀に囲まれ景色は見えませんが、石を巧みに配した湯船と緑の庭園がある風情ある造りです。夜は湯船の中がライトアップされ、雰囲気がありました。アメニティが少なく、鍵付きのロッカーもありませんが、露天風呂の横には湯上り処「月あかり」があり、コーヒーなどフリードリンクを置いていて、マッサージチェアなどでくつろぐことができます。

朝夕の食事は2階のダイニング「口福 kou-fuku」でいただきます。個室風に仕切られていますが、周りの話し声は、とてもよく聞こえました。初めに3割ほどの料理が並び、料理の説明は簡単でお品書きを見ながら食べました。料理が出されるタイミングはバラバラで、料理ができると運んでくるようでした。空の皿もほとんど片付けられず邪魔になりました。 また、ご飯は火をつけてから炊きあがるまで25分かかるのですが、時間の説明がなかったため、火をつけるタイミングを誤り出来上がるまで待つことになりました。

どの料理もとても美味しく、季節野菜の和風バーニャカウダは香ばしくて後を引く味でした。メインディッシュは宿の予約時に、伊勢海老温泉蒸し、伊勢海老具足煮、鮑のお造、鮑の陶板焼、黒毛和牛のサーロインステーキの中から選べるプランでした。伊勢海老の温泉蒸しは仲居さんに食べやすく解体していただき、バーニャカウダをつけて食べても美味しいとアドバイスしていただきました。サーロインステーキも肉厚で、食べ応えがありました。鮪の兜煮は料理長からのサービスで、しっかり煮込まれとても美味しかったです。おしんこの伊勢沢庵は、薄味の炊き込みご飯との相性が抜群でした。ご飯を食べはじめた時に皿まで冷やしたデザートが運ばれたのは残念でしたが、全体的には満足のいく夕食でした。

夕食の間に敷かれた布団は、東京西川の高反発マットレスのレクシスで、厚みもあってぐっすりと眠れました。夜は静かに聞こえる潮騒も心地よかったです。

朝食時に食事処へ行くと、入口にある壺から宿の温泉で茹でた温泉玉子を自分ですくって個室へと向かいます。伊勢海老のお味噌汁を筆頭に、焼いた八丁味噌につけていただく甘鯛の一夜干しはご飯によく合い、あおさの餡をかけた茶碗蒸しは、中に海藻などがたっぷり入っていました。朝食は温かいものも多く、お腹いっぱいになりました。

宿を後にする時は、客室担当のスタッフに玄関先で見送っていただき、気持ちよく出立しました。宿は伊勢志摩にある観光拠点の賢島から車で20分ほどと便が良く、静かな海辺の町にあります。熊野灘の眺めと地元食材を使った美味しい料理を楽しめるいい宿だと思いました。

接客対応

フロントスタッフは落ち着いた丁寧な接客です。部屋付の仲居さんは地元の方言を交えた気さくな方で、いろいろ気遣っていただきました。

清潔感

館内は2015年から今年にかけてリニューアルされ、真新しく感じます。部屋の隅にわずかなホコリがある程度で、館内はおおむねキレイに清掃されていました。

客室

海を一望できる2人には十分な広さの部屋でした。アメニティは必要な物が揃い、タオルと浴衣は2枚ずつ用意されていました。海を見渡す広い窓が汚れていたのは残念です。

食事

海産物を中心に、地元食材をふんだんに使った創作料理は美味しく、朝夕共にとても満足できました。

コスパ

客室や料理をはじめ、眺望のいい大浴場など、お値段どおりの価値があったと思います。

立地

近鉄賢島駅からは送迎バスで20分ほどです。周囲は静かな海辺の町で、目の前に熊野灘が広がります。

温泉・スパ

6階から海を見渡せる展望風呂と、2階にある岩造りの露天風呂があります。うっすらと白く濁ったお湯はヌルリとした肌触りで、女湯には椿オイル風呂もありました。

備考・アドバイス

Wi-Fiは1階ロビーでのみ利用できます

カード払いが可能です。

事前に予約をすれば近鉄賢島駅に送迎があります。迎えは14:45、15:45、16:45、17:45で、送りは9:00、10:00、10:45です。

湯元館 ニュー浜島 花の館 椿周辺のホテル・旅館