ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

玄妙庵
〒626-0001 京都府宮津市文珠32-1
TEL: 0772-22-2171
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.9 に投稿 獲得票数:5 投稿者: ヨナグニ認証済
2019年8月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
天橋立を眼下に見下ろす絶景旅館

天橋立駅から車で5分ほどの見晴らしの良い場所にある全17室の旅館です。建物は昭和10年建造とのことで、外観も内観も歴史と風格を感じさせるものでした。

 今回、8月下旬の金曜日に二人で宿泊しました。宿泊サイトを通じて予約を入れ、夕朝食付き、税・サ込みで112,320円でした。

 私たちはレンタカーを利用しており、旅館の前まで乗りつけました。文殊山という山の中腹にあり、旅館までは幅の狭い私道が通っています。

 玄関前に到着すると、スタッフの方が出てきて、荷物をピックアップしてくれました。キーとともに車を預ける、バレットパーキング方式です。チェックアウトの際は、時間にあわせて玄関前まで車を運んでいただいたので、時間と労力を節約することが出来ました。

 チェックイン時には、レセプション前にあるロビーで、冷たい麦茶とケーキのサービスがありました。ケーキは、こちらの旅館が、天橋立駅のすぐ近くで営むカフェで作っているものということでした。

 ケーキとお茶をいただいた後、部屋までの案内がありました。荷物は事前に運んでいただいていました。室内の説明とともに、夕食の時間、朝食の時間を決めました。何れも部屋食です。

 客室には半露天風呂が付いていますが、そのほかに、大浴場があります。私たちが宿泊した日は、荒天により鉄道ダイヤが大きく乱れ、予約されたお客さんの中で、旅館までたどり着けない方がおられたということで、宿泊客が少なかったようです。そのような事情もあり、客室の隣にある「龍宮之湯」という大浴場を貸切りにしていただける旨、案内がありました。通常の大浴場の営業時間(15時~23時、6時半~9時)にいつでも入浴できるということで、これは大変嬉しい計らいでした。

 建物は3階建てで、ロビーは2階になります。私たちの部屋は1階の「活畫」(かつが)という部屋でした。全17室のうち、14部屋が天橋立を臨む部屋とのことですが、私たちの部屋からも天橋立の全貌を眺めることが出来ました。

 和室の一面がほぼ窓で、小高い場所に建っていることもあり、まさに絶景でした。この眺望こそが、今回、こちらの旅館を選んだ最大の理由です。

 客室は広いですが、シンプルです。調度品などもほとんどなく、ゴージャスな雰囲気ではありません。和室、玄関、トイレ、風呂から構成された部屋です。

 和室は、公式HPでは13畳と記されていますが、畳の数からしても15畳だと思います。窓際には、フェルトのシートが敷かれており、そこに椅子2脚と小型の丸テーブルがありました。天橋立を望みながら、菓子や飲み物をいただくのに最適でした。

 和室には、その他は食事用の和机と座椅子が2脚あるくらいで、広々と感じられました。テレビは26インチと小さく、型式も古いものでした。テレビの下にはCD/DVDプレイヤーがありましたが、共用のラウンジにある、CDやDVDを客室で見たり聞いたりして良いということでした。Wifiは問題なくつながり速かったです。

 和室には小さな床の間があり、絵画が飾られていましたが、室内の装飾は控えめでした。

 客室の入口部分には広い「玄関」があり、板の間に続いています。板の間は3畳ほどの広さで、冷蔵庫やお茶セットなどが配置されていました。

 冷蔵庫には、ビール、ウーロン茶、ソフトドリンク、ミネラルウォーターなどが入っていました。ビールが780円、ソフトドリンクが300円~350円と、良心的な値付けでした。

 部屋風呂は半露天風呂タイプで、天橋立を眺めながらの入浴が可能です。洗い場はタイル敷きで、壁が板張りになっており、なかなか風情ある風呂でした。バスタブもゆとりのある大きさでした。

 ただ今回は、大浴場が貸切りになったので、夜と朝に大浴場に足を運び、部屋風呂は使いませんでした。ちなみに、部屋風呂のシャンプー、コンディショナー類は、POLAのエステロワイエ製品の大きなボトルでした。

 トイレは個室タイプで、洗面スペースとは別になっています。洗面スペース兼脱衣所で3畳ほどの広さがあり、竹カーペットが敷かれていました。洗面台の隣にはドレッサーが設置され、全体的にゆとりがありました。タオル類は、フェイスタオルとバスタオルが各2枚ですが、大浴場はタオル完備なので、利用時に持参する必要はありません。

 部屋に置かれているアメニティ類は、歯ブラシ、レザーのほか、ブラシ、ヘアキャップに、ゴム、綿棒などが入ったレディースセットでした。

 建物が古いので、随所に老朽化はありますが、改装やメンテナンスが行き届いており、滞在を通じて不快に感じることはありませんでした。

 夕食は、地元でとれた魚と野菜をふんだんに使った会席コースで、肉類は使われていませんでした。デザートも含めると全13皿で、料理ごとに部屋まで運んだいただくスタイルです。2時間近くかけてゆっくりといただきました。

 中でも印象に残ったのは、「鱸の緑茶焼き」で、さりげないお茶の香りが素材を引き立てていました。造りに関しては、目の前の海でとれたものと説明があったイカの新鮮さが印象に残りました。

 全体的に優しい味付けで、しつこくなく、量的にもちょうど良い感じでした。特に際立つ逸品があるというより、先付けからデザートに至るまで、すべてにおいてクオリティが高く、バランスのとれたコース料理でした。

 盛り付けやお皿なども、派手さはないですが、調和のとれた美しさがあり、視覚にも訴えかけるものでした。

 個人的には肉好きなので、肉料理が一品あっても良いと思いました。

 お皿の間隔が開くことはなく、ちょうど良いタイミングで提供していただくあたりは、さすが老舗旅館だと感じました。

 大浴場は2つあるようですが、今回貸切り利用させてもらったのは、1階の「龍宮之湯」です。残念ながら温泉ではなく、沸かし湯ということです。

 内風呂と露天風呂の両方があり、内風呂は、窓一杯に湯船が広がり、その幅は5メートルほど、奥行きも2.5メートルほどと大きなものでした。天井や壁が板で出来ており、なかなか風情があります。夜と朝の2回入浴しましたが、特に朝は、天橋立を眺めながらの最高の風呂でした。

 露天風呂の湯船は小さく、一度に3人が入るのが精一杯という感じでした。特別景色がいいというわけでもなく、私は、もっぱら内風呂に浸かっていました。

 朝食は7時半にお願いしておきました。スタッフの方が、7時15分頃に部屋に来て、布団を上げたあと、朝食を運んで下さいました。セッティングが完了したのは、7時半ちょうどでした。

 アジの開き、だし巻き卵、さつま揚げ、小鉢が5品ほど、そしてご飯とあさりの味噌汁、フルーツ、ヨーグルトという内容でした。食材も豊富で食べ応えのある朝食でした。

 建物内には、2階ロビーのほか、1階にはラウンジがあります。ソファーが置かれ、調度品が飾られており、またピアノもありました。本やCD、DVDが数えきれないほど置かれており、客室に持っていって読んだり聞いたりすることも可能です。

 また、ラウンジの一画では、日本酒の試飲が出来るようになっていました。試飲して気に入ったものを夕食時にオーダーすることも可能ということでした。

 ラウンジにはテラスもあり、テラスからは、もちろん天橋立を一望することが出来ます。ラウンジもテラスもゆったりとくつろげるスペースなので、時間にゆとりがあれば、落ち着いた時間を楽しむことが出来ます。

 朝10時、チェックアウトの際は、多くのスタッフにお見送りいただきました。天橋立駅の近くにある、こちらの旅館が経営するカフェの駐車チケットも手配していただきました。まさに至れり尽くせりのおもてなしをいただいたと感じています。

 日本三景の一つだけあり、天橋立には大勢の観光客の姿がありましたが、こちらの旅館は喧騒とは無縁の世界です。一泊10万円を超える宿泊料金は、決して安くはありませんが、充分満足いくだけの素晴らしい時間を過ごせたと感じています。

接客対応

全てのスタッフにおもてなしの心が感じられ、とても気持ちの良い接客でした

清潔感

建物自体は古いですが、清掃が行き届き清潔に感じました

客室

広々とゆとりがあり、窓が大きく、天橋立を眼下に見下ろす絶景は何物にも代えがたいものがあります

食事

ひと品ひと品手間をかけて丁寧につくられており美味しく、提供されるタイミングも完璧でした

コスパ

素晴らしい旅館ですが、建物は古く、客室にゴージャスな雰囲気はありません。11万円を超える宿泊料金は、やや割高感がありました

立地

天橋立を間近に見下す、この上ない立地です

温泉・スパ

大浴場からの景色が素晴らしく、特に朝風呂は最高でした。脱衣場にタオル完備なのも嬉しい点です

備考・アドバイス

電車を利用の場合は、送迎があります。

宿から街までは徒歩での往復は困難です。チェックイン前に、必要に応じて、飲み物やつまみなどを購入しておくのが良いと思います。

玄妙庵周辺のホテル・旅館