ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

柚子屋旅館の口コミ・宿泊記

4位

柚子屋旅館

〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町八坂神社南隣545
4位/265件中 - 京都の旅館
柚子屋旅館
〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町八坂神社南隣545
TEL: 075-533-6369
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.8 に投稿 獲得票数:2 投稿者: 波子
2017年2月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
絶品の柚子料理が堪能できる、和風オーベルジュ

柚子屋旅館は柚子料理で有名な京都の老舗旅館です。2月の平日に1人で1泊しました。2食付きでおよそ39000円(税サ込み)でした。京都の八坂神社のすぐ隣にあり、道路側の入り口から石畳の階段を登ると建物の入り口があります。入り口付近のフロント周辺にはおくどさんや籠に盛った柚子がありました。古い建物ながら、照明のセンスや落ち着きのあるインテリアが情緒ある良い雰囲気を醸し出していました。宿帳に記載し、お部屋に案内していただきました。

全8室の客室はすべて2階にあります。お食事処や大浴場、宴会用のお座敷がある1階には中庭があり、中庭を挟んで2つの階段がありました。今回宿泊したのは「白」というお部屋で、アンティークな家具が置かれた8畳の和室です。一通り説明を受け、ウェルカムのお茶と柚子大根をいただきました。小窓からは庭が見え、もう一方の窓からは祇園の交差点が木々の間から垣間見えますが、すだれがかかっており、プライパシーを尊重した宿側の配慮を感じました。冷蔵庫には伏見のペットボトルとグラスが入っていました。また、上質な紙の便箋や封筒も用意されていました。

檜風呂の客室もありますが、このお部屋はユニットバスです。洗面所にも柚子が2つ置かれていました。綺麗な陶器のお皿に入った石鹸は宿特製の柚子石鹸で、元薬剤師の方が吟味した素材で作った手作りの本練り石鹸だそうです。1つ600円で購入できます。バスアメニティーはポーラのエステ・ロワイエのラインでした。ユニットバスですが狭さを感じることもなく、快適に使えました。

大浴場の浴槽は総檜で、3人ほどが一緒に入れるほどのサイズです。浴槽には柚子が26~7個ほど浮かんでいました。こちらにもアメニティーとして柚子石鹸が用意されており、柚子づくしです。脱衣場にはヘチマコロンの化粧水と乳液、そして椅子も用意されていました。隅々まで清潔感あふれる綺麗な大浴場で気持ちよく使えました。

夕食は1階のお食事処「一心居」でいただきました。入り口から一段と照明を落とした店内は、ライトアップされた水が流れ落ちる岩や竹林が、大きなガラス窓から見えとても綺麗です。ほとんどのテーブルが掘りごたつ式で窓側に並んでいます。その他2つほど普通のテーブル席がありました。センスの良いランプが何箇所か置かれており、素敵な非日常の空間でした。

夕食の柚子鍋懐石は、柚子をくりぬいた中に入れた、白子を使った雲子豆腐から始まりました。とろけるようなコクがあり最初の一口から感激しました。お刺身や鯛のウニ焼き、かぶら饅頭に続き京都牛が運ばれます。大きな石に盛り付けた分厚い一口ステーキは、口の中に入れるととろけるように柔らかく、とても美味しくいただけました。次にいただいた甘酒とイチゴのドリンクは柔らかな甘さと酸味が混ざり合い、とても印象に残っています。柚子鍋はお豆腐やお魚、野菜が入っていました。最後は一番感動した柚子雑炊です。大きな柚子が丸ごと入った雑炊鍋が運ばれてきました。目の前で火にかけ、おたまじゃくしで柚子を押さえて果汁を出し、作って下さいます。その時点でかなりお腹がいっぱいであまり食べられないと思っていたのですが、絶品で最後まで平らげてしまい自分でも驚きました。味の濃さも程よく絶妙なバランスで、さすが柚子専門の老舗旅館だと思いました。デザートはデコポンゼリーと和菓子でした。さっぱりとしたゼリーと和菓子がちょうど良い感じで美味しくいただけました。

この宿の柚子は、柚子の里「水尾」の柚子を使用しているそうです。お世話をして下さった若いスタッフは気さくで話しやすく、1人でもくつろいでお食事ができ良かったです。

お部屋に戻るとお布団が敷かれ、枕元にはランプと時計と懐中電灯を用意して下さっていました。テーブルには冷たいお水のポットとグラスが用意され、就寝前の気配りのあるターンダウンで、宿側のおもてなしが伝わりました。お布団も寝心地良く、満足した朝を迎えることが出来ました。

朝食も「一心居」です。柚子ジュースから始まり、十分な数のおかずが並んでいました。鰆の西京焼きは、大きな切り身で大変美味しくいただけました。玉子焼きや野菜やしらす大根など、バランスよく少しづつの量で良かったです。最後にコーヒーもいただけて尚良かったです。夕食が素晴らしかったので楽しみにしておりましたが、期待を裏切ることのないグレードの高い和朝食でした。離れた席に外国人ご夫婦が朝食をとっておられましたが、洋食のようでした。要望によっては洋食も可能なようです。

チェックアウト時は、女将さんもおられ少し話すことができました。若いスタッフが荷物を持って石造りの階段の下まで降りて下さり助かりました。ひっそりとした入り口からは予想が出来なかった雰囲気のある館内は、新鮮な驚きでした。何よりも、居心地の良い滞在を考えた心配りと、絶品の柚子懐石がいただけて、ここに泊まって良かったと思いました。お料理だけでも是非また再訪したいと思った数少ない宿です。

この宿は、1987年に発足した日本オーベルジュ協会に属しています。品格があり落ち着いた上質の大人の滞在を提供してくれる宿ですので、記念日や美食を堪能したい時などにぜひお勧めしたい、和風オーベルジュだと思います。

接客対応

プライバシーを尊重した接客でしたが、温かみのあるスタッフで居心地よく過ごせました。

清潔感

古い建物ながら、清潔感あふれる館内でしたので気持ちよく過ごせました。

客室

窓からのお庭の景色も綺麗で、くつろげるお部屋でした。

食事

柚子を使った独創的なお料理は、珍しい上に絶品で素晴らしかったです。

コスパ

宿側のおもてなしの気配りが快適で、食事も大変満足できるものでしたので十分お値段に見合うコスパだと思います。

立地

京阪四条からも徒歩圏内で、観光名所も周りにたくさんあり便利です。

温泉・スパ

珍しい総檜の柚子風呂は、高級感もあり良かったです。

備考・アドバイス

朝食に柚子雑炊をいただけるプランもあります。

入り口までの石畳みの階段はかなり長く、客室も全て2階にあるため階段を使います。足の悪い方には大変かもしれません。

13歳以上のお子様のみ宿泊可能です。

お座敷は4名から28名まで利用可能です。

お食事処「一心居」では、有料で舞妓さんや芸妓さんを招いた宴も可能です。

駐車場はありません。

道路からの入り口建物の入り口への階段建物の入り口への階段建物の入り口の階段付近建物の入り口入り口付近のおくどさん入り口付近のフロントと柚子入り口付近入り口から奥をのぞむ一階の中庭をのぞむ中庭2階2階2階2階2階2階の客室「白」付近2階の客室「白」前入り口付近入り口から中をのぞむ入り口からウェルカムのお茶と柚子大根入り口と押入れをのぞむ入り口をのぞむ簾のかかった窓をのぞむ押入れのクロゼット小窓から小窓から右手下はお食事処、左手は水の流れる岩大きな窓からの景色押入れ内の冷蔵庫と金庫、布団類金庫と冷蔵庫お茶セットエアコン浴衣セット浴衣セットタンスの上の三面鏡タンスの上のドライヤーテレビと電話とレターセット本灰皿入り口付近のユニットバスユニットバスユニットバスのトイレと洗面台トイレ付近柚子とバスアメニティーと歯ブラシなどポーラのバスアメニティー宿の特製柚子石鹸基礎アメニティーバスタオル浴槽バスルームの中から外をのぞむターンダウン後小窓からの夜の眺め小窓からの夜の眺め大浴場入り口大浴場の脱衣所大浴場の脱衣所から入り口をのぞむ脱衣所のアメニティー基礎化粧品や小物ドライヤー大浴場の浴室内総檜の浴槽大浴場の浴室内大浴場の洗い場大浴場の浴槽大浴場の浴槽バスアメニティーお食事処「一心居」の掘りごたつ式テーブルからの眺めお食事処「一心居」の入り口からお食事処の入り口付近夕食のテーブルセッティング飲み物類のメニュー夕食(雲子豆腐)夕食(お刺身)夕食の一部夕食(魚の西京焼きとカラスミと野菜)夕食(かぶら饅頭)夕食(京都牛)夕食(甘酒とイチゴのドリンク)夕食(柚子鍋)夕食(柚子鍋の豆腐)夕食(柚子鍋の魚と野菜)夕食(柚子鍋の魚と柚子)夕食(柚子雑炊)夕食(柚子雑炊)夕食(香の物とお茶)夕食(デコポンゼリーと和菓子)お食事処「一心居」の入り口お食事処「一心居」の入り口付近朝食(柚子ジュース)朝食朝食(鰆の西京焼き)朝食(味噌汁)朝食(香の物)朝食(コーヒー)

柚子屋旅館周辺の旅館