ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

窓に広がる夕日と海 美食を奏で150年 間人温泉 炭平

〒627-0201 京都府京丹後市丹後町間人3718
窓に広がる夕日と海 美食を奏で150年 間人温泉 炭平
〒627-0201 京都府京丹後市丹後町間人3718
TEL: 0120-420-680
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 に投稿 獲得票数:9 投稿者: かぴばら子認証済
2019年7月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
丹後の海の幸と景色が楽しめ、心づくしのおもてなしが嬉しい老舗旅館

間人カニで有名な京都府京丹後市の間人にある、創業150年を超える旅館です。2017年に創業150年をむかえ、離れの増築、ライブラリーや大浴場を廃止して貸し切り風呂の新設などのリニューアルを行っています。7月の平日に離れ季音庵の部屋を利用して、91,020円でした。(2名1室利用2食付)

当日は高速バスを利用して間人へ向かいました。到着時間に合わせ高速バスの最寄りのバス停まで迎えにきて頂けます。電車の場合も最寄りの京都丹後鉄道「網野駅」まで迎えにきて頂けるので、公共交通機関でもアクセスしやすいと思います。バス停から宿までは車で5分程度です。宿に着くと今回宿泊する離れの部屋の前で送迎車を停車し、そのまま部屋まで案内してくださりました。チェックインの手続きは部屋で行います。手続きを済ませると部屋や施設の案内をうけます。ここで併せて夕食の時間の確認と朝食の時間を決めます。夕食の開始時間は17時半か、19時45分の2部制になっており、宿泊の予約時に決めます。19時45分開始の場合、特典として夕食時の1ドリンクサービスか、1時間のレイトチェックアウトを受けられます。そのときの予約状況により希望の時間にならない場合がありますので、夕食時間にこだわりがあるのならば、宿泊日が決まり次第早めに予約をされた方が良いと思います。

炭平は全部で20室あり、本館に14室、離れが6室あります。本館の外観は年季が入っていますが、所々リニューアルされているようで、内装はそこまで年季を感じませんでした。今回宿泊した離れ季音庵「機乃音」の部屋は2017年11月に新設されたばかりで、とても綺麗でした。客室の広さは60平米あり、ツインベッド、琉球畳のリビングスペース、露天風呂が備わっています。客室は和モダンな内装で個人的にはとても好みでした。リビングスペースは畳ですが、高さのある椅子が備わっているので、年配の方でも使いやすいと思います。ベッドバックは伝統産業である丹後ちりめんで、華やかな印象です。また、ベッドに横たわると丹後の砂浜をイメージした枯山水の坪庭が見え、心が和みました。リビングとベッドの間にあるリビングボードはテーブルも兼ねており、事務作業や、持参したパソコンを触るのに便利でした。テレビはポータブルタイプでリビングやベッドなど、色々な方向に向けて見ることができました。収納スペースは洗面所にありましたが、狭めでやや使いづらかったです。

アメニティは一通り揃っています。タオルも大・小サイズが一人2枚用意されていましたが、交換をお願いすると別途料金がかかります。バスアメニティはコダージュでトラベルサイズのものが用意されていました。女性には使い切りサイズの基礎化粧品もあります。あらかじめ浴衣とパジャマが部屋に用意されていますが、ロビーで色浴衣を選べる嬉しいサービスもありました。

客室に温泉風呂が備わっています。湯船はゆったりとしており、2人で入っても十分なゆとりがありました。テラスへつながる扉は開けることができ、開けると半露天風呂の状態になります。テラスは道路に面しているため、車や通行人が気になる方は扉を閉めて利用された方が良いと思います。湯船の近くの窓は障子になっていますが、開けられないため、湯船に浸かった状態の見晴らしはあまり良くありませんでした。

大浴場はなく、貸し切り風呂が6箇所あります。5箇所が予約不要、無料で利用できます。【桜の湯】だけ有料(3,240円(税込)/45分)ですが、19時から翌朝6時まで予約が入っていなければ無料で利用できます。一部の貸し切り風呂で消毒の塩素の臭いがきついところがありました。温泉ではありますが、お風呂を重視されている方はややがっかりするかもしれません。

【海の湯】は本館にあり、無料の貸し切り風呂の中で唯一海に面しているお風呂です。木がやや邪魔ですが、海を見ることができ、見晴らしも良かったです。

【月見の湯】、【ひなの湯】、【美山の湯】、【すみの湯】は「千雫の湯」と名付けられた別棟にあります。【月見の湯】は角に位置し、4つある貸し切り風呂の中で一番広く感じました。浴槽と洗い場の間がやや狭いため、人によっては洗いづらく感じるかもしれません。ですが湯船にゆとりがあるため、ゆったりと浸かることができました。ヒグラシの声が耳に心地よかったです。【ひなの湯】は脱衣所も狭く、洗い場も1箇所のみです。木の香りが良いので一人で入るのにぴったりなお風呂だと思います。【美山の湯】は一番シンプルなお風呂で、ここが一番使いやすく感じました。【すみの湯】は湯船が浅く、寝湯のようになっています。坪庭で眺望も悪くありませんでした。

【桜の湯】は早朝に利用しました。全ての貸し切り風呂の中で一番広く、湯船も洗い場もゆとりがあります。また敷地内で一番眺望の良い位置にあるため、景色が素晴らしかったです。夕日の時間帯はさぞかし綺麗だと思いますので、使用料を払ってでも利用する価値があると思いました。

2017年に新設されたライブラリーでは、海を眺めながら約350冊の本を楽しむことができます。併せてセルフサービスで別途料金はかかりますが、ビールサーバーやソフトドリンクが用意されています。スナック菓子などのおつまみは無料でしたので、おつまみとドリンクを片手に読書が楽しめました。また本館のロビーではキュウリの浅漬けや、おでんなど、時間帯によって食べ物が無料で振る舞われます。特におでんは具材も大きく、出汁がしっかりと染みた大変美味しいものでした。本館のロビーにもセルフサービスのBarコーナーがあります。

食事は食事処で頂きます。以前は離れの部屋等部屋食も対応していたようですが、現在は全て食事処での提供になります。完全な個室ではありませんが、間仕切りがあるためプライベート感はありました。

食事は夏の丹後の黄金食材が頂けるコースにランクアップしました。天然岩牡蠣や、雲丹、鱧など、丹後でとれる海鮮食材中心の内容になります。先付で出てきた雲丹は臭みもなくとろけるような食感で、一番気に入りました。メインの料理は鱧の落としと鱧のとろろ鍋です。2品とも沢山の鱧が振る舞われ、大変ボリュームがありました。天然の岩牡蠣はやや小ぶりに感じましたが、味は良かったです。手の込んだ繊細な料理というよりも、素材の味を活かした料理だと思います。夏のコースとはいえ、全体的に冷たい料理が多く、もう少し温かい料理があった方がバランス良く感じました。海鮮料理のみでお肉料理がなかったので、お肉を食べたい方は別注か、お肉料理が組み込まれたコースを選ばれると良いと思います。

朝食も同じ場所で食べました。9つに仕切られた和箱にご飯に合うおかずが入っていました。特にへしこが美味しかったです。またセルフサービスになりますが、ジュースとヨーグルトもありました。

貸し切り風呂の案内で不備があったものの、概ね接客は良かったです。特に食事を担当してくださったスタッフの方は物腰柔らかく、丁寧な対応で大変好感が持てました。こちらの旅館は心づくしのおもてなしと、こまやかな所に気遣いが見られます。お手製の旅のお守りのプレゼントや、客室のドアにかけられたてるてる坊主など、心が和む場面が沢山ありました。創業して150年と大変歴史のある旅館ですが、ライブラリーや貸し切り風呂の新設など、ゲストのニーズと時代に合わせて良いものをゲストに提供していこうとする姿勢は素晴らしいと感じました。子どもの受け入れも行っていますので、小さなお子様連れのファミリーからシニアまで、どの世代にもお勧めできる旅館だと思います。

接客対応

貸し切り風呂の案内で不備がありましたが、全体的に丁寧な対応で気持ちよく過ごすことができました。

清潔感

本館の外観は年季が入っていますが、内装は改装されており、綺麗でした。離れの客室も新築されて日も浅く、目立った傷みもありませんでした。

客室

宿泊した客室も60平米と広く、和モダンなデザインで快適に過ごすことができました。

食事

素材の味を活かした海鮮料理が頂けます。メインは鍋料理でボリュームもありました。全体的に冷たい料理が多かったので、温かい料理ももう少し欲しかったです。

コスパ

夜食などの無料のサービスや、充実した貸し切り風呂など、値段相当の満足感が得られました。

立地

海を望める位置にあり、ロケーションは良いです。主要な公共交通機関の駅からの送迎にも対応しています。

温泉・スパ

大浴場はありませんが、バラエティに富んだ貸し切り風呂があります。一部塩素臭があったのは残念でした。「桜の湯」は見晴らしも良く、是非利用して頂きたいお風呂です。

備考・アドバイス

・Wi-Fiの利用可です
・食事中に写真を撮ってくれ、フォトフレームに入れてプレゼントしてくれたり、帰り際にお団子のお土産をくださったりと、心づくしのおもてなしが充実しています。

窓に広がる夕日と海 美食を奏で150年 間人温泉 炭平周辺のホテル・旅館