ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

柊家旅館の口コミ・宿泊記

12位

柊家旅館

〒604-8094 京都府京都市中京区麩屋町姉小路上ル中白山町
12位/278件中 - 京都の旅館
柊家旅館
〒604-8094 京都府京都市中京区麩屋町姉小路上ル中白山町
TEL: 075-221-1136
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.7 に投稿 獲得票数:6 投稿者: みぃ
2017年4月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
伝統的な日本家屋の良さと日本のおもてなしを体感できる老舗旅館

4月の土曜日に訪問しました。早めに到着したため、一度宿に荷物をあずけた後、周辺の観光を楽しむことにしました。荷物を預ける際にもトイレの心配などしてくださり、心配りを感じられました。

通常15時チェックインのところを、プラン特典で14時にチェックインしました。入口は大変広く、玄関のたたきまで丁寧に打ち水されていました。名前を告げるとすぐに客室へ案内してくださいました。

今回は旧館の和室を予約し、2名1泊2食付で1人あたりおよそ40,000円のプランでした。案内された客室は、茶室として使われていた「32」の部屋でした。床の間を含めると6畳ほどの広さがあり、2畳ほどの広縁と次の間があるコンパクトな客室でした。客室の窓からは庭を眺めることができ、竹筒から石鉢に水が流れている様子は、縁先手水鉢を思わせました。近隣の建物や壁と近く採光が十分ではないため、読書をする際は読書灯をお借りしました。広縁にはテーブルと椅子が備わっており、テーブルの下には柊家のロゴが入ったふかふかの絨毯が敷かれていました。2人でゆっくりと寛ぐには、十分な設備と広さでした。

廊下に面した客室入口にあるスイッチをONにすると、客室の照明を利用できるようになります。カーテンは電動で開閉できますが、その押しボタンは旧式で珍しいものでした。年季を感じる電動カーテンが壊れた場合は代替品になるため、今でも旧式のスイッチでカーテンを操作できる部屋は数少ないようです。客間の天井は、手入れの行き届いた網代天井になっており、釣釜を使用するときの釜蛭釘(かまひるくぎ)が今も残されていました。次の間には火鉢と手取釜があり、TVの横に硯石、墨、筆が用意されていました。以前は茶室であったことを彷彿させる趣のある設えでした。

客室には檜風呂があり、洗面所にはオリジナルブランドの基礎化粧品が用意されていました。浴室は窓のない内湯で、浴槽は1人で入浴するのに適した広さでした。

家族風呂の予約は、チェックインの後に行いました。夕食の前の時間を希望すると、お風呂の係の方が温度を調整した後、客室に連絡をくださいました。家族風呂は2か所あり、ステンドグラスが備わった広い浴室を案内されました。窓のない内湯タイプの家族風呂でしたが、掃除は行き届き清潔感があります。またステンドグラスが浴室を明るく華やかに彩っていました。バスアメニティは、客室と同じオリジナルブランドが用意されており、ボトルタイプの基礎化粧品も備わっていました。

夕食は、新館の広間(食事処)でいただきました。広間には柱が一本もなく欄間のみのため、大変すっきりとしていました。3方を山で囲まれている京都をイメージしたという庭をランドスケープで楽しむことができ、まるで1枚の風景画をみているようでした。食事は通常お部屋食ですが、この広間を案内いただいたときに、広間で食事をいただきたいと強く希望いたしました。特に朝食は広間を希望される方が多いようですので、広間での食事を希望される場合は、早めにチェックインされるとよろしいかと思います。

夕食は、春の訪れを感じられる山菜や魚をいただくことができました。正統派の盛り付けで、奇をてらったものはありませんが、見た目にも美しく出汁のきいた品々でした。椀物の蓋をあけると、あしらいが崩れることなく美しく盛り付けられています。また食べごろの温度で配膳されるため、少しでも温かいうちにいただきたいと箸がすすみました。私たちが日本酒をいただいていたため、全体的に食事の味を濃くしてくださったのかもしれませんが、お酒によく合う食事でした。

こちらの食事の中で最も驚いたのは、地酒の種類の多いことと、生原酒や無濾過など、販売期間が限定される日本酒が利き酒セットに含まれており、3種類を選べて、2,200円(税・サ込)という手ごろな内容だったことでした。利き酒というと、1種類の量がお猪口1杯分と少ないことも多いのですが、こちらは1種類あたり150 mlを用意してくださいます。季節により内容の変わる利き酒セットは、通常のメニューには掲載されていない限定酒ということでしたので、迷わず全6種類を試してしまいました。日本酒を好まれる方には是非お勧めしたい利き酒セットでした。

朝食は、和食をいただきました。予約時にリクエストすると洋食をいただくこともできます。今ではあまり見ない湯豆腐を温めるための桶に、炭火が用意され、湯豆腐を一番おいしい温度でいただくことができました。湯豆腐は、老舗の平野とうふのもので、豆腐の味を楽しめる大変おいしい一品でした。焼き魚も大変おいしく、朝から体に優しい食事をいただくことができました。

旧館の設えは、新しい設備の整った建物にはない重厚感があり、老舗旅館の風格もありました。廊下は少し暗めの照明ですが、廊下に活けられた花に照明があたる工夫がされ、生け花の際立つ館内は、凛とした雰囲気と美しさがありました。客室は茶室の設えを残しつつ、新しい設備も用意されており、快適に過ごすことができました。

観光や買い物にも便利な場所にありますので、宿を拠点にし、京都観光を楽しむにも便利です。落ち着いた雰囲気の客室で、日本家屋の良さを感じながら過ごすのもよろしいかと思います。個人的には、日本酒に合う美味しい食事が気に入ったため、また季節を変えて訪れたいと思いました。

接客対応

よく気がつく方ばかりで、大変丁寧な対応でした。

清潔感

掃除は行き届いていました。古い建物ですが、手入れは行き届いていました。

客室

旧館にある元茶室を利用しました。天井や柱は当時のままの佇まいで、趣があります。電動カーテンや加湿器など設備は充実していました。

食事

客室が薄暗かったため、新館の食事処でいただきました。いただいた食事も大変おいしく、地酒の種類が豊富だったため、楽しい食事の時間を過ごすことができました。

コスパ

美味しい京懐石をいただくことができ、客室でもゆったりと過ごせるため、価格相当の価値を感じました。食事の際の日本酒は、季節限定の地酒が多くこだわりを感じました。

立地

京都御所から近く、公共交通機関を利用して訪問することもできる便利な場所です。街の中にあるため、買い物や観光を楽しむことができます。

温泉・スパ

予約制の家族風呂があります。2か所の内1か所しか利用できないことが多く、今回もステンドグラスの備わった浴室のみ利用しました。

備考・アドバイス

・旧館は全体的に灯りが暗めです。客室にいるときは、読書灯を借りることができます。bluetoothで接続可能なオーディオをリクエストしましたが、用意がないそうです。

・家族風呂は予約が必要で、希望すれば深夜早朝いつでも利用できます。

入口玄関に活けられた花玄関玄関帳場宿泊した客室のあるフロアの廊下冷蔵庫の中身は別料金です火鉢と手取釜客室のスイッチお着きのお茶とお菓子客室の庭家族風呂の脱衣所家族風呂の脱衣所家族風呂のドライヤー家族風呂のステンドグラス家族風呂家族風呂家族風呂新館広間(食事処)新館広間(食事処)夕食お品書き夕食 食前酒は日本酒です夕食夕食 利き酒セット6種類すべて(季節ごとにかわります)夕食夕食夕食夕食夕食夕食新館広間(食事処)夕食布団を敷いた状態布団を敷いた状態布団を敷いた時に用意いただいた物朝刊サービス新館広間(食事処)新館広間(食事処)朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食ラウンジ新館 お土産処のステンドグラス朝食後チェックアウトまでの時間にいただいた生姜湯

柊家旅館周辺の旅館