ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

THE SCREENの口コミ情報・宿泊予約

36位

THE SCREEN

〒604-0995 京都府京都市中京区寺町丸太町下ル御霊前町640-1
36位/220件中 - 京都のホテル
THE SCREEN
〒604-0995 京都府京都市中京区寺町丸太町下ル御霊前町640-1
TEL: 075-252-1113
みんなの満足度
3.4 詳細評価
接客対応
3.7
清潔感
3.6
客室
3.4
食事
3.4
コスパ
3.1
立地
3.3
スパ・温泉
: -
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 1泊 1泊 2泊 3泊 4泊 5泊 6泊 7泊 8泊 9泊 10泊 11泊 12泊 13泊 14泊 大人2名
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児(寝具のみ)
幼児(寝具・食事なし)
設定
子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。その他の予約サイトにつきましては直接ご確認ください。
解除
空室・最安値を検索
一休.comExpediaHotels.com
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
1
良い
1
普通
1
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
1
家族旅行
1
友人・知人
0
一人
1
全文表示簡易表示
1 - 3件目 / 合計 3件
この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.8 2017年9月16日に投稿 獲得票数:2 投稿者: ヨナグニ
2017年9月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
京都観光の折に宿泊しました。以前一度宿泊した際の印象が良かったことがこのホテルを選んだ大きな要因です。 客室は僅か13室で、部屋ごとに担当クリエイターが異なるため、全く同じ造りの部屋はありません。前回宿泊時は、部屋を指定しての予約は出来なかったと記憶していますが、今回は宿泊サイトを通じて、部屋指定で予約を入れました。 9月上旬の土曜日、38平米のセミスイートルーム(403号室)の二人利用、朝食およびアフタヌーンセット付き、税・...

京都観光の折に宿泊しました。以前一度宿泊した際の印象が良かったことがこのホテルを選んだ大きな要因です。

 客室は僅か13室で、部屋ごとに担当クリエイターが異なるため、全く同じ造りの部屋はありません。前回宿泊時は、部屋を指定しての予約は出来なかったと記憶していますが、今回は宿泊サイトを通じて、部屋指定で予約を入れました。

 9月上旬の土曜日、38平米のセミスイートルーム(403号室)の二人利用、朝食およびアフタヌーンセット付き、税・サ込で44,000円でした。アフタヌーンセットは、アフタヌーンティーを更に一歩進めたもので、デザートに加え、生ハム、サーモン、野菜類などが組み合わされたものです。飲み物は、シャンパンやワイン、ビールなどのアルコール類も選ぶことが出来ました。

 予約サイトの表示には「アフタヌーンセットの提供は15時~19時」という時間表記がありましたが、私たちは夕食後の21時頃にいただきました。このあたりの柔軟な対応は嬉しい限りです。

 宿泊した客室は4階のエレベーターから一番遠い奥まった部屋でした。壁、ベッド、ソファー、執務机などすべて白を基調とた色彩で、更に入室した時は全てのレースカーテンが閉じられおり、「真っ白」というイメージの強い部屋でした。この点は、クリエイターの狙いだと思われます。

 入口からベッドルームに至るまでのデッドスペースが大きいため、38平米というスペックよりは狭く感じられました。とは言っても荷物を広げても充分ゆとりある広さでした。

 特にベッドは220センチ幅という特大サイズで寝心地も良かったです。部屋の広さに比べると42インチのテレビはやや小さく感じられました。

 室内には小さな窓が数か所ありますが、すべてすりガラスで、窓のすぐ近くには隣りのビルがあり、眺望は楽しめませんでした。朝、全てのカーテンを開けても室内が薄暗く、日中の快適性はやや劣ります。

 バスルームは広いですが、機能的な造りではありませんでした。バスタブはプラスチック製で、シャワーブースは、バスルームのコーナーをカーテンで仕切っただけでした。

 バスルームにも窓があるのですが、冷房設備がないので、入浴後のバスルームは、かなり暑く感じました。

 朝食は1階のレストランでいただきました。ビュッフェスタイルではなく、和食か洋食の選択でした。私たちは二人とも和食を選びましたが、数種類のおばんざいを含め、食材をたくさん用いた食べごたえのあるものでした。朝食時間は朝8時からという事でしたが、出来れば7時、もしくは7時半からとしていただくと、行動の自由度が増すと思いました。

 ホテルは寺町丸太町の交差点のすぐ近くで、京阪、市営地下鉄の駅からは何れも少し歩きます。一方で、京都駅までタクシーで20分弱と、思ったより新幹線へのアクセスが良いと感じました。

 客室を指定しての予約が出来るにも関わらず、チェックアウト時間は12時、チェックイン時間は15時と設定されているのは素晴らしいと思います。

 ホテルスタッフの皆さんは、とても親切で、ホスピタリティを感じました。13室しかない事もあり、ゲストの顔を全て覚えておられるようでした。

 前回の宿泊は301号室で、寺町通り側に大きな窓があり、窓の外に鳥居が見える部屋でしたが、個人的には301号室の方が好みのタイプでした。

 客室ごとにかなり印象が異なるので、好みに合う合わないはあると思いますが、全体として素晴らしいホテルであるという印象は変わりません。

接客対応

ゲストのニーズに合わせたきめ細やかな対応がとても心地よかったです

清潔感

清掃も行き届いており、施設の老朽化も感じられず概ね快適でした

客室

ゆとりある広さで快適ですが、昼間でも暗いのが残念でした

食事

湯豆腐も付いた京都らしい朝食は満足度が高かったです

コスパ

アフタヌーンセット付きとは言え、44,000円の絶対額はやや高いと感じました

立地

駅からは少し歩きますが、観光にも京都駅へのアクセスも良いロケーションです

備考・アドバイス

部屋ごとに特質が大きく異なるので、客室を選んで予約を入れる場合は、事前にじっくり検討することをお奨めします。
京都のおばんざいをたくさんいただける朝食付きプランがお奨めです。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
2.8 2015年9月10日に投稿 獲得票数:3 投稿者: トラベラー
2015年9月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
オープンして8年、13室をそれぞれ異なるデザイナーがデザインした個性あるホテルとして話題になっていました。どのお部屋に案内されるか楽しみにして宿泊しました。平日1泊2食つき、1人1部屋36000円でした。 京都御苑の南に位置し、古い街並みの中にある、コンクリ―トの近代的な地下2階地上5階のこじんまりしたホテルです。チェックインを済ませ、スタッフに案内されて2階の202号室に行きました。エレベーターは2台あり、全体に暗い雰囲気でした。エレ...

オープンして8年、13室をそれぞれ異なるデザイナーがデザインした個性あるホテルとして話題になっていました。どのお部屋に案内されるか楽しみにして宿泊しました。平日1泊2食つき、1人1部屋36000円でした。

京都御苑の南に位置し、古い街並みの中にある、コンクリ―トの近代的な地下2階地上5階のこじんまりしたホテルです。チェックインを済ませ、スタッフに案内されて2階の202号室に行きました。エレベーターは2台あり、全体に暗い雰囲気でした。エレベーターが開くと、目の前の壁面に見事な金彩で描かれた和風の模様が、目に飛び込んできました。

202号室のドアを開けると、真っ白な明るい部屋でした。72平米のエグゼクティブスイートにアップグレードしてくださったようです。ベットルームは、1段高くなったコーナーにダブルベットがあり、落ち着いた感じでした。リビングには、真っ白な本革張りのコーナータイプの大きなソファがあります。壁付けの42インチテレビや、お茶セット、冷蔵庫、セーフティボックスがあり、ミネラルウオーターが2本無料で用意されていました。窓際にはお洒落な真っ白なデスクがありました。全面鏡のドアを開けるとウオークインクローゼットになっていて、荷物の多い欧米人観光客には収納が便利で喜ばれると思います。

バスルームはトイレと一体になっていて、バブルバスとシャワーブースがあり広々としていますが、その割には洗面台が貧弱で使い勝手が悪く感じました。アメニティはごく普通のものですが、バス用は香りの良い英国のアロマセラピーの4点セットが用意されていました。基礎化粧品については、ポーラのフェイスケア4点セットが540円でフロントにあるとのことで、スイートルームレベルで有料とは意外でした。

このホテルは13室のうち、201、202がエグゼクティブスイート72平米で、他の部屋もスイートタイプの38平米~52平米になっています。各分野のクリエーターの自由な発想でデザインされた、今までに無いホテル空間をコンセプトとしているようです。

5階の屋上には、空床というオープンテラスのラウンジがあります。4月下旬から10月上旬までの期間限定営業です。5階なのでそれほど眺望は期待できませんが、京都の街並みや東山が望めて開放感はありました。あいにくの雨模様で利用者はいませんでしたが、ちょっと気になったのは、飲食のサービススペースが雑然としていて、不潔に感じられたところです。お客さんが居なくてもキチンと整備しておく気遣いが欲しいところです。テラスの一角には小さい結婚式も出来るようなチャペルがありました。

ホテルが面している寺町通りには老舗のお店が多く、古美術商、書画、ギャラリー、お茶の一保堂など、見どころはたくさんあります。又、下御霊神社や西国札所の革堂行願寺等もあります。京都御苑も目の前なので、観光拠点としても便利な立地にあります。ぶらりと散策に出かけましたが、6時には閉店する店もあり、意外と夜は早いことがわかりました。

レストランは和も取り入れた落ち着いた雰囲気でした。今回のプランに含まれていたコース(季節のディナー)は、通常ですと9000円のコースです。前菜の賀茂なすのコンフィと、カモ肉とゴボウ味噌のソシソンが美味しく感じられました。残念だったのは、メインの黒毛和牛の網焼きをレアと伝えたのに、固く焼き過ぎていたことでした。ウエイターに伝えましたが、「すみませんでした」の一言で何の対応もしてくださいませんでした。固いところは残してフォークをお皿に戻したころに女性の料理長が来て謝られましたが、折角の楽しみが半減してしまいました。

部屋にはオーディオ&DVDプレイヤーも設置されていました。201号室にはプロジェクターもあるそうです。真っ白な本革のソファはとてもリッチで、コーヒーを飲みながらしばらくテレビを見ました。

ブローバスはとても快適な強弱の調整で、心地よくツボをほぐしてくれます。固定型のシャワーがハンドシャワーならもっと使い勝手が良いと思いました。又シャワーカーテンが臭うのが不快に思いました。部屋がスタイリッシュなだけに、もっと細かい気づかいが欲しいと思います。又クローゼットの高い棚に置いて有ったパジャマを取ろうとしたら、埃が舞い上がってぞっとしました。それに、なぜあんなところにパジャマが置いて有るのかも不思議でした。一段高くなったベットルームはダブルベットで、ほど良い硬さと羽根枕で良く休めました。枕元にコンセントやフットライトが無いのが不便に感じました。

朝食は夕食と同じダイニングで、和食か洋食を選べますが私は和食を選びました。京都らしい可愛い器に少しづつ盛られたおばんざい、食前のトマトジュースやデザートの麩饅頭で満腹になりました。

チェックアウトは12時とゆっくりです。外は雨模様だったので、半地下にあるラウンジに行ってみました。カジュアルな椅子テーブルがあり、立礼式の茶道具がありましたが、釜がさび付いていて単なる飾りのようでした。デザイナーズの部屋に興味があり楽しみにしていましたが、ラグジュアリーな部屋でも、そこここにホテルのレベルを見た気がして、心は満たされませんでした。

接客対応

フロントマンの身だしなみが気になりましたが、他のスタッフはキチンとして、言葉使いも丁寧で、こだわりの部屋などについていろいろと質問にも応じてくださいました。

清潔感

部屋全体はスッキリとして清潔感はありましたが、クローゼットの高い棚に置いてあったパジャマを取ろうとしたとき、暗い部屋のスポットライトで埃が舞うのが見えました。

客室

13室の客室が全部違うデザインで、宿泊した部屋は白を基調にした72平米のスタイリッシュな明るい部屋でした。

食事

料理長が女性だそうで、飾りつけも繊細で目も楽しませてくださいました。肉の焼き具合をレアとお願したのに焼き過ぎで固くしてしまったのは残念でした。

コスパ

アップグレードしていただいた部屋ならコスパは妥当と思います。

立地

京都御所のある京都御苑の近くで観光には便利なところです。老舗や、骨董品、書画を扱うお店、ギャラリーなどが集まる寺町通りに面しているので楽しめます。

備考・アドバイス

13室はそれぞれに内装が異なり、デザイナーの個性があらわれているようです。カタログで見たところ、和を期待するなら101号室、癒しと安らぎを求めるなら203号室、温かみのある、アーティスティックな空間を求めるなら402号室といろいろとあります。

バス用のアメニティは揃っていますが基礎化粧品はありません。フロントでポーラのフェイスケア4点セットを540円で売っているようです。

5.0 2014年10月22日に投稿 投稿者: ヨナグニ
2014年10月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
雑誌の京都特集や、旅行ガイドブックなどでしばしば見かけるホテルです。 以前からとても関心があり、泊まってみたいと思っていたホテルです。今回、初めて宿泊しました。 まず、最大の特徴は、わずか13室しかないホテルという事。そして部屋ごとに間取りやデザインが異なります。というのも、部屋ごとにデザインを手掛けているクリエイターが異なっているのです。それも、ファッションデザイナーだったり、日本画家だったり、またプランナーがいたりと...

雑誌の京都特集や、旅行ガイドブックなどでしばしば見かけるホテルです。
以前からとても関心があり、泊まってみたいと思っていたホテルです。今回、初めて宿泊しました。
まず、最大の特徴は、わずか13室しかないホテルという事。そして部屋ごとに間取りやデザインが異なります。というのも、部屋ごとにデザインを手掛けているクリエイターが異なっているのです。それも、ファッションデザイナーだったり、日本画家だったり、またプランナーがいたりと、多方面で活躍する方たちが、独自の感性でそれぞれの部屋の設計に携わっています。
ルームナンバーを示すプレートの脇には、デザインを手がけたクリエイターのサインがあります。
今回、私たちが宿泊した部屋は301号室。「KATSUNORI SUZUKI」という、インテリアデザインや店舗デザインで有名な方が手掛けた部屋です。
部屋は充分な広さがあり、快適そのものです。ベッドスペースとリビングスペースが仕切られており、スイートルームとジュニアスイートルームの中間的な構造になっていました。
ベッドスペースは、モノトーンの落ち着いた色彩。純白の寝具は清潔感に溢れています。横幅が縦よりも長い、特大ベッドは寝心地も抜群でした。
そして何より、最大の特徴は、ベッドの奥に大きく取られた窓の向こうに、寺町通りならではの赤い鳥居が見える事です。「下御霊神社」と呼ばれるこちら、創建は何と863年、平安時代に誕生した大変由緒ある神社です。
室内は、ベッド以外のスペースにもゆとりがありました。
バスルームはとても広く、ジャグジー付きのバスの他に、シャワースペースが別に設けられていました。ジャグジーバスは全身を伸ばせるほどに広く、お湯を溜めるのに5分とかからない水圧・水量もさすがです。昼の観光で歩き回った足の疲れと肩こりを、約30分のジャグジータイムで解きほぐしました。
バスルームの隣りにはクローゼットがありましたが、マンションのウォークインクローゼットほどの広さでした。外国人のお客さんも多いと思われ、大きなスーツケース持参の欧米の観光客のニーズにこたえるためだと思いました。
特大のテレビの前にはゆったりとしたソファーとテーブルがあります。テーブルにはお茶と和菓子が置かれていました。ホテル近くの老舗店・一保堂のお茶と、柳苑の和菓子「楽石」だと説明がありました。京都ならではの“もてなし”が素晴らしいです。
ホテルの場所は寺町丸太町の交差点から少し南に向かったところ。電車では京阪電鉄の「神宮丸太町駅」か、地下鉄の「烏丸丸太町駅」が近く、ともに徒歩6~7分と言ったところです。
神宮丸太町駅の出口を出ると、すぐに鴨川を渡るのですが、上京区のこのあたりの鴨川をのぞむ光景は大変素晴らしく、京都観光の気分が盛り上がるので、京阪電鉄の利用がお奨めです。
ホテルは、寺町通りに面していますが、寺町通りにはアンティークのお店だったり、老舗和菓子店、洒落たカフェやショップ、レストランなどが多く、街歩きが大変楽しいです。高層ビルやマンションがないのも風情が保たれている所以だと思います。
祇園や河原町近辺の喧騒も楽しいですが、人ごみから逃れて、静かにしっぽりと京都を堪能したい人には最高のロケーションです。
私たちが宿泊した際は、台風襲来の影響で、朝起きてすぐに雨が降り出しました。
雨中の京都観光も考えたのですが、私たちはチェックアウト時間の12時ギリギリまで、ホテルでゆっくりと滞在する事を選びました。ホテルで寛ぎながら、301号室から寺町通りを眺めている時間は、市内の人気スポットを観光したのと同じくらいに満足感の高い、至福の時でした。
寺町通りの景観を損なわないように、外観は控えめなデコレーションですが、ホテルの入り口をくぐると、そこからは世界が一変し、デザイン性溢れる、視覚に訴えかける光景の連続です。
まだ宿泊していない部屋が12部屋あるので、是非次回の京都滞在の際には再訪して、別の空間も楽しみたいと思います。
「次はどんな部屋に宿泊できるのか?」再訪に向けて、これほど気持ちがワクワクするホテルも珍しいと思います。

接客対応

清潔感

客室

コスパ

立地

備考・アドバイス

ホテルでの時間がとても快適なので、観光を詰み過ぎず、チェックアウトまでホテルでゆっくり過ごすのがお奨めです。

1 - 3件目 / 合計 3件

施設情報

施設名
THE SCREEN
かな
ざ すくりーん
所在地
〒604-0995
京都府京都市中京区寺町丸太町下ル御霊前町640-1
電話番号
075-252-1113
チェックイン
15:00(最終チェックイン:24:00)
チェックアウト
12:00
アクセス
■電車
地下鉄烏丸線 丸太町駅より 徒歩8分
京阪 神宮丸太町駅より 徒歩7分
■お車
京都駅よりタクシーにて15分
当ホテルには専用駐車場及び提携駐車場はございませんので、
出来る限り公共の交通機関などご利用にてご来館頂きますようお願い致します。
尚、お車にてご来館の場合、駐車場等のご手配はお客様ご自身にてお願い申し上げますが、フロントにてホテル周辺の駐車場MAPをご用意しておりますので、ご活用下さいませ。
送迎
なし
駐車場
なし
当ホテルには専用駐車場及び提携駐車場はございませんので、
出来る限り公共の交通機関などご利用にてご来館頂きますようお願い致します。
尚、お車にてご来館の場合、駐車場等のご手配はお客様ご自身にてお願い申し上げますが、フロントにてホテル周辺の駐車場MAPをご用意しておりますので、ご活用下さいませ。
部屋数
13
設備・サービス
× インターネット × 大浴場 × 温泉 × 露天風呂 × 貸切風呂 × 客室露天風呂 × 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 ○ コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く × 駐車場 × 送迎サービス × ランドリー × クリーニング × マッサージ ○ エステ × サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 × ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 バスタオル ボディタオル・スポンジ 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り ナイトウェア バスローブ スリッパ 綿棒 コットン 冷蔵庫 ミニバー 湯沸かしポット お茶セット テレビ 金庫 体重計 ズボンプレッサー 朝刊 衛星放送 CDプレイヤー DVDプレイヤー ポータブルオーディオ用スピーカー
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS
情報提供: 一休.com

THE SCREEN周辺のホテル