ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

大原温泉湯元 旬味草菜 お宿 芹生の口コミ・宿泊記

15位

大原温泉湯元 旬味草菜 お宿 芹生

〒601-1241 京都府京都市左京区大原勝林院町22
15位/278件中 - 京都の旅館
大原温泉湯元 旬味草菜 お宿 芹生
〒601-1241 京都府京都市左京区大原勝林院町22
TEL: 075-744-2301
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.4 に投稿 獲得票数:2 投稿者: みぃ
2017年3月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
三千院の近くに佇む美しい庭のある温泉旅館

まだ雪のとけきっていない3月上旬に訪問いたしました。こちらの宿は、三千院の近くにあり、昼間は茶屋を営む温泉旅館です。ミシュランガイドに7年掲載されている料理自慢の宿でもあります。今回は、京都駅から三千院行きのバスに乗り、バス停から歩いて向かいました。バス停から宿までは、15分ほどかかりますが、宿までの道は、お土産屋さんが点在しているため、大原の雰囲気を楽しみながら向かうことができました。

宿の入口には、野点傘と縁台があり、茶屋らしい雰囲気がありました。入口で履物を脱ぐとお食事処の「ひな里」に通され、お着きのお菓子を頂きました。落ち着いた頃、客室に案内していただきました。

平日に新館TATAMIツインの客室を利用し、2名1泊2食付で1人あたりおよそ25,000円のプランでした。帳場のある本館は、築50年ほど経つ趣のある建物ですが、利用した客室は、本館の奥にある新館の1室で、2016年3月にリニューアルされたばかりのきれいな部屋でした。

23平米のTATAMIツインの客室には、シングルサイズのベッドが2台、椅子、テーブルが備わっていました。かなりコンパクトな部屋でしたが、座り心地の良い椅子と、寝心地の良いベッドが備わっており、寛ぐには十分な設備でした。客室からは、手入れの行き届いた庭を眺めることができるため、閉塞的な雰囲気はありませんでした。こちらの客室には浴槽がなく、トイレとシャワーブースがありました。まだ新しく清潔なシャワーブースでしたが、大浴場の温泉が気に入り、何度か利用したため、シャワーブースは利用しませんでした。

食事は、本館のお食事処「ひな里」でいただきました。本館の食事処には、縁側があり、縁側の下の池に泳ぐ立派な鯉を眺めることができます。暖かい季節になると、こちらの縁側で食事をいただくそうですが、3月上旬の三千院周辺は、まだ肌寒いため、屋内で食事をいただきました。

夕食は「草菜味懐石(そうさいみかいせき)」コースをいただきました。先付、向付、八寸と季節の野菜を楽しめる食事でした。先付の菜の花の辛しあえは、出汁と辛子のバランスが絶妙で、次の料理が大変楽しみになりました。蒸し物の蓮根まんじゅうは、緑色の春菊餡が大変おいしく、見た目も印象的な1品でした。また天ぷらのエビは、サクサクの衣と、半生のエビという組み合わせで、食感を楽しめる感激の1品でした。草菜味懐石コースの場合、台の物や焼き物にも肉料理はありません。肉料理をいただきたい方は、黒毛和牛しゃぶしゃぶをいただけるプランなどを選ばれることをお勧めいたします。

朝食は、焼き魚、豆腐、出汁のきいたとろけるような食感の茶碗蒸しをいただくことができました。どれも丁寧に調理されていることがわかる絶品でした。またおかわり自由のホットコーヒーとおでんバイキングが用意されており、朝から満腹になる大変美味しい食事でした。

大浴場とお休み処は、本館の帳場から階段を降りたところにありました。深夜は利用することができず、男湯と女湯の入替はございません。どちらも内湯と露天風呂が備わっている温泉でした。浴槽はそれほど広くないため、一度に3人以上が利用すると窮屈に感じるかもしれません。今回は、他の宿泊客と一緒になることはなかったため、貸切風呂のように利用できました。まろやかな湯でゆっくりと体を温めることができたため、大変癒されました。

今回利用した客室は少し窮屈でしたが、大原・三千院周辺の観光には、大変アクセスの良い場所にあり、美味しい食事と温泉を楽しめる便利な宿だと感じました。家族経営をされているため、独特の温かみがあり、居心地がよい宿でもありました。旬の野菜をいただきながら、四季を感じることのできる食事は、大変価値があると思いますので、また季節を変えて訪れたいと思います。

接客対応

丁寧な対応でした。茶屋を営むオーナー一家が、夜は宿を運営されていました。食事とお酒の説明が丁寧でした。

清潔感

2016年3月にリニューアルされた客室は、大変きれいに保たれていました。大浴場やお食事処のある本館は、古い建物で経年劣化も見られました。

客室

2016年3月にリニューアルされたTATAMIツインを利用しました。風呂なしの23平米の部屋は、少し窮屈ですが、最小限の設備が整っているリーズナブルな客室です。

食事

「草菜味懐石(そうさいみかいせき)」をいただきました。春の食材を味わえる大変おいしい食事でした。朝食の「おでんバイキング」も大変気に入りました。

コスパ

温泉を楽しむことができ、体にやさしい味の食事をいただくことができるため、宿泊費以上の価値があると思います。

立地

三千院周辺の観光で訪問する場合は、大変便利な場所にあります。周辺の道路は狭いため、車よりもバスを利用して移動されることをお勧めいたします。

温泉・スパ

浴槽の備わっていない客室を利用しました。大浴場は男女の入れ替えがなく、内湯と露天風呂が備わっていました。広い風呂ではありませんが、体が温まる温泉でした。

備考・アドバイス

・大浴場は、16:00から23:00と朝6:00から9:00まで利用できます。

・食事処のある本館の庭を自由に歩くことができます。ただし、他の客室の前を横切ることもありますので、ご注意ください。

帳場お着きのお菓子(お食事処「ひな里」にて)お食事処「ひな里」お食事処「ひな里」宿泊した客室フロアの通路客室より大浴場近くの湯上り処お休み処の飲み物(ほうじ茶と冷水を自由にいただけます)大浴場大浴場内湯大浴場大浴場のバスアメニティ大浴場露天風呂大浴場露天風呂大浴場露天風呂大浴場脱衣所大浴場のアメニティお食事処「ひな里」お食事処「ひな里」の入口お食事処「ひな里」夕食 先付、向付、八寸夕食 先付「菜の花辛子和え」夕食 向付夕食 八寸夕食 鰯つみれ鍋夕食 鰆九条ねぎ味噌焼き夕食 炊合せ夕食 蒸し物 蓮根まんじゅう夕食 天ぷら盛り合わせ夕食 ご飯、香の物、赤出汁夕食 水物夜食館内の廊下館内の廊下庭庭と本館の外観大広間前の廊下朝食朝食朝食朝食 おでんバイキング朝食朝食朝食朝食朝食時は自由にいただけるコーヒーが用意されていました

大原温泉湯元 旬味草菜 お宿 芹生周辺の旅館