ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

夢泉景別荘 天原

〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1052-2
夢泉景別荘 天原
〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1052-2
TEL: 0799-23-0335
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.1 に投稿 獲得票数:9 投稿者: かぴばら子認証済
2018年11月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
景色・食・湯が揃うハイクラスな高級旅館

淡路島を中心に多数のホテルを経営するホテルニューアワジグループが手がける高級旅館です。全18室全てに客室露天風呂を備えているのが特徴です。11月の土曜日に宿泊し、2名1室1泊2食付、129,600円でした。平日宿泊と休前日宿泊で、宿泊金額の差が比較的大きい印象です。

当日は車で向かいました。チェックイン開始直後ということもあり、多数のスタッフが駐車場で出迎えてくださりました。駐車場は淡路夢泉景と共同です。宿泊先を告げると、天原まで案内してくださりました。天原の玄関はこぢんまりとしておりやや寂しい印象でしたが、館内に入ると、黒を基調としたシックで和モダンの高級感のあるロビーで気分が高まりました。ロビーでチェックインの手続きを行い、ウェルカムドリンクとスイーツ(さつまいもパイ)を頂いた後、部屋に案内して頂きました。

ロビーは天原ゲスト専用のラウンジも兼ねています。コーヒーや紅茶、ソフトドリンクが自由に飲めるほか、20時から23時まではアルコールも提供されます。セルフサービスにはなりますが、自分でカクテルを作って楽しむことができます。ロビーから見える中庭はヒールガーデンと呼ばれ、ウッドデッキが設けられ、チェアやデイベッドが設置されています。天気の良い時はここで寛ぐのも心地良いだろうと感じました。

全18室の客室は、「露天風呂付洋室」、「露天風呂付スイート」など、全部で4タイプの客室があり、全て露天風呂が設けられています。また、メゾネットタイプのヴィラも2棟ありますので、予算と好みに応じて選ばれると良いです。

今回宿泊した部屋は、「露天風呂付スイート」です。広さは65平米ありました。ゆったりくつろげる和室が10畳あり、ツインのベッドルームと仕切られるようになっています。和室に布団を敷くことができるため、親子3世代の利用にも良いかと思いました。またウェルカムフルーツとしてミカンが用意されていたのも嬉しかったです。壁にシミがあったり、ブラインドに穴があいていたりと経年劣化が見られました。ですが、部屋の清掃自体は綺麗にされていたと思います。

アメニティは歯ブラシやボディタオルなど一通り揃っています。女性にはフェイスマスクも用意されていました。またコーヒーマシーンや紅茶も置かれており、無料で頂くことができます。枕も「低反発枕」や、「ソバ枕」、「マシュマロタッチ枕」など様々な種類のものが用意されていました。ただ、同価格の宿泊施設と比較するとアメニティはやや物足りない気がしました。冷蔵庫のドリンクが有料だったり、基礎化粧品などのアメニティは持ち帰りができなかったりと、部屋の設備やアメニティに重点を置かれる方はがっかりされるかもしれません。できれば新聞のサービスもほしいところです。ですが、食事の間にターンダウンがあり、使ったカップの交換や、ペットボトルの水やコーヒーの補充をしてくださったのは嬉しかったです。

テラスには客室露天風呂があります。天原の客室には全て温泉がひかれています。海に面して設置されており、釣り人や通行人から見えないように目隠しがあります。見られるのが気になる方は湯浴み着の貸し出しもあります。せっかくの絶景なので、個人的には目隠しがあるのはやや残念でした。HPを拝見したところによると、目隠しのない客室露天風呂もあるようでしたので、気になる方は事前にお問い合わせをされた方が良いと思います。それでも海風を感じながら入る露天風呂はとても気持ちよかったです。

天原自体には共同の大浴場はありませんが、スパテラス「水月」と淡路夢泉景にある大浴場を利用することができます。スパテラス「水月」と、淡路夢泉景のちょうど間に天原があるため、どちらの大浴場を利用するにも便利な立地になります。撮影不可のため写真はありませんが、テレビCMでも使われ、3段の湯船が楽しめるダイナミックな「淡路棚田の湯」、空と海と温泉が一体となったメゾネットタイプの絶景温泉である「天宮の雫」など、どの浴場もバラエティに富んでいました。週末利用ということもあり、どの時間帯も、どの浴場も混んでいましたが、施設が大きいためあまりストレスなく湯浴みを楽しめました。ただ海に近い浴場のため、特にスパテラス水月にある「淡路棚田の湯」は、釣りを楽しまれている方から見えるのが気になりました。

食事はメインダイニング「旬房 淡悦」で頂きます。個室もありグループ対応も可能です。19時から開始しました。最初のドリンクをオーダーしてから、最初の一品が出てくるまでに時間がかかったため、やや心配になりましたが、その後は食べるスピードに合わせてスムーズに提供されました。

今回頂いたコースは「黄金色に染まる錦秋鱧と秋の味覚のフルコース~淡路牛や松茸ほか山海の幸とともに~」です。夏と違い上質な脂がのった旨みの溢れる秋の鱧と、同じく秋の食材である松茸を味わえる、10月、11月の2ヶ月限定のコースとのことでした。どの品も丁寧な味付けで、ボリュームもあり満足しましたが、特に松茸と鱧を同時に味わえた土瓶蒸しは印象に残る一品でした。今回のメイン食材である鱧を、刺身や、煮物、焼物と堪能することができましたが、できれば松茸ももう少し味わえると良かったと思います。

朝食も同じ食事処で頂きます。バイキング形式でした。旅館の規模と比較すると、種類はやや多めに感じました。和食から洋食まで揃っています。特にパンにつけるジャムの種類が多く、酒粕ショコラやみかんジャムなど食べ比べできるのがとても楽しかったです。バルミューダのトースターがあったのも高ポイントでした。また、各テーブルにコンロが用意されており、干ものは熱々の状態で食べることができました。和食が好きな方も、洋食が好きな方も楽しめる朝食だと思います。

食事処での配膳に一部不慣れなスタッフがいたものの、どの方も丁寧な接客をされていました。すれ違うときは立ち止まって挨拶をされたり、きさくに声をかけて頂いたりと、不満な点はありませんでした。

館内で過ごすことが多かったため、あまり部屋でゆっくりできなかったのは残念でしたが、温泉、食事と充実した時間を過ごすことができました。当日は土曜日宿泊ということもあり、スパテラスはじめ共同施設内はかなり混雑していましたが、天原はとても落ち着いていて静かでした。大人のカップルにはぴったりの旅館だと思います。

接客対応

食事の配膳に不慣れなスタッフがいましたが、どのスタッフも丁寧な対応をして頂けました。

清潔感

掃除自体は綺麗にされていたと思います。ふすまにシミがあったり、ブラインドに穴があいていたりと、経年劣化が見られました。

客室

65平米あり、広々としています。今回泊まった部屋はベッドルームとリビングが分かれているため、3世代の利用も可能だと思いました。

食事

鱧を使った旬の味覚を味わえるコースを楽しむことができました。朝食も種類が豊富で、和食が好きな人も洋食が好きな人も楽しめる内容だと感じました。

コスパ

同価格の他の施設と比較するとアメニティや食事内容が物足りなく、土曜日宿泊の場合割高に感じます。平日宿泊ならば価格相応の満足が得られると思います。

立地

全室オーシャンビューで、朝な夕なに海が臨めます。

温泉・スパ

客室露天風呂は広く、のんびりと湯浴みを楽しむことができました。大浴場も3箇所あり、温泉が好きな方も十分に楽しめます。

備考・アドバイス

・ルームサービスでレストラン、ラウンジの食事を楽しむことができます。
・ヴィラタイプの部屋にはプライベートの桟橋があり、釣りを楽しむことができます。釣った魚は夕食にも提供してくださるそうです。
・今年から新しい新泉源【うるおいの湯】になったそうです。粒子が細かく保湿効果の高いお湯とのことです。