ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

ホテルニューアワジ プラザ淡路島

〒656-0542 兵庫県南あわじ市阿万吹上町1433-2
ホテルニューアワジ プラザ淡路島
〒656-0542 兵庫県南あわじ市阿万吹上町1433-2
TEL: 0799-55-2500
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.3 に投稿 獲得票数:11 投稿者: tomo認証済
2018年6月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
鳴門海峡を一望でき、2種類の泉質を楽しめる温泉が魅力の宿

6月の土曜日、夫婦で宿泊しました。レギュラーフロアのスタンダードツイン(禁煙)を予約し、2名1室一泊2食付きで45,000円程でした。

宿は山道を上った高台に位置しています。周辺にはコンビニを含め、お店等は無く、静かな場所にあります。当日は車で訪問しました。エントランスではスタッフが数名で出迎え、荷物を運んでくださいます。バレーパーキングサービスは無く、ホテル前の駐車場に自分で駐車しました。

チェックインの手続きはフロントにて行いました。ウェルカムドリンク等のサービスは無く、記帳後すぐに客室へ案内されました。

宿泊したのは5階のスタンダードツイン(禁煙)です。34平米の客室に110cm幅のシングルベッドが2台とテーブルセットのあるお部屋で、大きな窓からは鳴門海峡を眺めることができます。宿泊日は生憎のお天気でしたが、一瞬の晴れ間に、大鳴門橋を望むことができました。壁紙等が一部改装されているものの、傷ついたサッシや家具・水回り等、全体的に老朽化を感じます。特にトイレとバスはユニットタイプで使い難く、湿気臭も感じました。

アメニティは一通り揃っていますが、基礎化粧品類の備え付けはありません。浴衣は1人1枚で、足袋はありませんでした。ダイニングを含め、館内は浴衣とスリッパで移動することが出来ます。タオルは大小1枚ずつで、大浴場にはバスタオルのみ用意されていました。

食事は1階の「ダイニング 花桐」でいただきました。雄大な鳴門海峡を眺めながら食事を楽しめるテーブル席、個室のように仕切れる掘りごたつ席やテーブル席等、様々なタイプの席があります。カウンター席もあるオープンキッチンスタイルの「旬房 海楽」が隣接しており、適度に賑やかな雰囲気でした。

夕食は和食にフレンチのテイストを盛り込んだ、オリジナルの夏会席をいただきました。彩り鮮やかなマリネから始まり、沼島の鱧・淡路牛といったブランド食材や地元産の島野菜を使った料理を、一品一品タイミング良く運んでくださいます。特に沼島の鱧と淡路島玉葱のすき鍋は、甘辛の出汁に絡むふっくらとした鱧と玉葱の相性が良く、とても美味しかったです。

朝食はダイニングにて和洋バイキングをいただきました。特に印象的な品はありませんでしたが、一夜干や鳴門産のワカメ等、海の幸が美味しかったです。オムレツはシェフがその場で作り、出来たてを提供してくださいます。

大浴場は男女別に内湯と展望露天風呂があり、男女の入れ替えはありません。既存の「潮崎温泉」に、2018年4月「南あわじ温泉」が加わり、2種類の泉質を楽しめるようになりました。展望露天風呂の南あわじ温泉は、ミネラル豊富で高い保湿効果があり、湯上りの肌がしっとりとします。展望露天風呂は、雄大な鳴門海峡の景色を楽しみながら湯浴みができる、非常に開放感のある造りとなっています。内湯の潮崎温泉はトロリとした湯触りで、身体の芯から温まるお湯でした。大浴場までの屋内通路にはエレベーターが無く(スロープは屋外のみ)、長い廊下を歩く必要があります。足腰に不安のある方は、バリアフリー対応の貸切家族風呂(有料)もありますので、事前に予約しておいても良いかと思います。

接客に関しては、親しみやすく親切な応対のスタッフが多かったです。子供連れのゲストに、スタッフがバルーンアートを作ってプレゼントしている様子も見受けられ、ほっこりとしました。ただ、ダイニング混雑時やチェックアウトの際等は、少々バタバタしていた点が気になりました。

今回は天候が悪く、青々とした海景色や夕日を眺めることが出来なかったことが残念でした。ホテルには、鳴門海峡を一望できる「ソラテラス」やプール(夏期のみ営業)等もあり、晴天時はリゾート気分をより感じられるのないかと思います。料理のプランや客室タイプも豊富ですので、目的や人数に合わせて様々な楽しみ方ができるホテルかと思います。

接客対応

親しみやすく親切な応対のスタッフが多かったように思います。

清潔感

改装されている部分は綺麗ですが、未改装部分や客室の水回り等に老朽化を感じます。

客室

スタンダードツインの客室は全体的に老朽化を感じます。窓からは鳴門海峡を眺めることができます。

食事

夕食のオリジナル夏会席は、沼島の鱧・淡路牛等が使われた彩り鮮やかな料理で、美味しかったです。朝食はバイキングでした。

コスパ

夕食と大浴場は価格相応の満足感が得られましたが、客室に不満が残りました。

立地

高台にあり、客室や大浴場から鳴門海峡を望むことができます。周辺にお店等は無く、利便性に欠けますが、その分静かな場所にあります。

温泉・スパ

2種類の泉質を楽しめるオーシャンビューの大浴場です。

備考・アドバイス

・バレーパーキングサービスやチェックインの方法等のサービスに関しては、客室タイプのグレードによって異なるようです。

・スタンダード洋室のバス・トイレはユニットタイプですが、スーペリア洋室やデラックス洋室のバス・トイレはセパレートタイプです。

・貸切風呂(有料)は、貸切露天風呂「ゆら・りら」、プライベートスパ まんてん・ゆうあみ、バリアフリー対応の貸切家族風呂があります。

・高級感やプライベート感を求める方は、全室に専有露天風呂とテラスを有する「別邸 蒼空」をお勧めします。別邸にはゲスト専用ラウンジがあり、客室設備やアメニティが、スタンダードタイプの客室に比べ充実しています。また、朝夕食の部屋食が可能です。(グランデツイン以外)