ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

ホテルアナガ

〒656-0661 兵庫県南あわじ市阿那賀1109
ホテルアナガ
〒656-0661 兵庫県南あわじ市阿那賀1109
TEL: 0799-39-1111

ホテルアナガのレストラン

カドー・ドゥ・ラ・メール

「海からの贈りもの」という名のメインダイニング。淡路島近海の魚介類や淡路ビーフなどを使ったコースメニューとアラカルトを、美しい眺めとともに。
朝 7:00 ~ 10:00(10:00)
昼 11:30 ~ 14:00(14:00)
夜 17:30 ~ 21:00(21:00)

日本料理 すし 阿那賀

淡路島の漁港に揚がったばかりの季節の魚を厳選。阿那賀風会席や、寿司、特選和牛かわら焼き、土鍋ごはんなど料理長の創作料理をお愉しみください。
朝 7:00 ~ 10:00(10:00)
昼 11:30 ~ 14:00(14:00)
夜 17:30 ~ 21:00(21:00)
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 に投稿 獲得票数:12 投稿者: あねもね認証済
2019年5月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
淡路の恵みを美味しいフレンチで味わえ、大人の自由時間を過ごせるリゾートオーベルジュ

5月の金曜に夫婦で訪問しました。淡路島の南西端に位置しており、約25000平米の広大な敷地の中にある42室のリゾートホテルです。宿泊サイトより「スタンダードツイン/カジュアルステイプラン」を予約して2名1泊2食付で53400円(税サ込)の宿泊料金でした。こちらのプランはディナーコースが通常よりも軽めの内容で、アナガを気軽に体験されたい方に向けたプランのようでした。

当日は車で伺いました。車寄せにはスタッフさんが待機しており、荷物を運んでくださいます。外観はそれなりの年数が感じられましたが、開放的なロビーやフロントはゆとりのある空間で高級感がありました。庭の中央にあるプールは夏期のみの利用ですが、オフシーズンでも大変キレイに保たれており眺めているだけでリゾート気分が盛り上がります。ウェルカムドリンク等はなく、記帳をして館内の説明を受けるとすぐにお部屋へ案内されました。

予約したのはスタンダードツインでしたが、予約サイトの上級会員特典によりデラックスツインにアップグレードされました。約47平米にハリウッドツインのベッドやデスクを備えています。2名で快適に過ごせる広さがありました。アサインされた「101」はロビーやレストランから遠い位置にありますが、広めのデッキテラスを備えています。テラスにはテーブルセットやデイベッドが置かれており、手入れの行き届いた芝生やプール越しに大鳴門橋をのぞめます。爽やかな潮風に吹かれながらテラスでいただくビールは格別で、まるで海外のリゾート施設に来たような錯覚をおぼえました。「101」~「104」は同様のテラスを備えていますので、自然を感じながら過ごされたい方にはおすすめです。客室は他にも愛犬と宿泊できるドギールーム(本館から離れたヴィラタイプ)や、それぞれ趣の異なるスイートルームなど多様なタイプが用意されています。

お部屋の内装はシンプルですが飽きのこないデザインで、ファブリックの配色も上品にまとまっています。ベッドやチェアは窓に向かって配置されており、どこにいても景色をのぞめる点も良かったです。テレビは42インチと大きく、照明のコントロールはベッドの上から簡単にできて便利です。室内のコンセントの数がもう少し多いと尚良かったです。

独立した洗面台、バスルーム、トイレを備えています。バスルームは水色を基調にしたポップなモザイクタイルで可愛らしく、予想よりも広くて快適でした。浴槽は浅めですが手足を伸ばせ、用意されていた入浴剤を入れて、大変リラックスしたバスタイムを楽しめました。

ナイトウエアとバスローブがあり、どちらも着心地の良い物でした。使い捨てのルームスリッパもありますが女性の私にぴったりのサイズでしたので、夫は足が入らず使用できませんでした。出来ればもう少し大きいサイズの物の用意があると良かったです。

バスアメニティは香りの良い物が用意されていますが、基礎コスメはありませんので持参されると良いです。冷蔵庫の飲物は有料ですが、水のペットボトルはサービスで追加も無料です。館内に自販機はありませんが、売店でソフトドリンクや地ビールなどを購入できるほか、ルームサービスで注文する事もできます。ルームサービスは食事メニューも充実しており、夜の22:00まで対応してくださいます。また、デリバリーチャージ300円で朝食をお部屋へ届けていただく事も可能です。

夕食は和食もしくはフレンチから予約時に選択でき、私達はフレンチを選びました。天井の高い開放的なレストラン「カドー・ドゥ・ラ・メール」でいただきます。周囲の会話が多少聞こえますが、席の間隔は適度に離れており落ち着いて食事を楽しめました。

楽しみにしていた夕食は淡路島近海で獲れる魚介類や、希少な淡路ビーフを使用した創作フレンチです。『放し飼い卵の薫製と黒ウニ』のアミューズは濃厚で、それぞれの素材の良さを引き立てています。『北淡タコのマリネ』はイカスミを使ったチュイールがあしらわれ、アートのように繊細な盛付けに感嘆しました。メインの『淡路ビーフのグリエ』は上質なイチボの旨味も堪能できますが、添えられた太いアスパラガスの柔らかさにも驚きました。鳴門オレンジを使用した爽やかなオランデーソースともよく合い、大変美味しくいただけました。料理も素晴らしいですが、ソムリエさんによるワインのペアリングもセレクトが的確で料金に相応しい満足が得られました。また、食後の飲物と共にワゴンに乗せたショコラが運ばれ、好きな物をいただけるのも嬉しい事でした。

朝食は和洋から選べましたので、それぞれ1つずつお願いしました。焼魚や豆腐の餡かけといった和食は一般的な旅館でもいただけそうな内容です。洋食はホテルおすすめの『エッグベネディクト』が人気のようで、ほとんどのゲストが洋食を召し上がっていました。付け合わせのハムやソーセージも美味しく、程よいボリュームでした。

どのスタッフさんもマニュアル的な所がなく、個人の人柄やホスピタリティが感じられる好ましい接客でした。質問や希望に対して、必要以上の配慮を持って応えてくださり感心するばかりです。ちょっとした会話にもその人なりの感想が加わり、楽しみながら接客しているのが感じられて大変好印象でした。

一歩足を踏み入れた瞬間から非日常を感じられる、素敵なリゾートホテルです。敷地内の海岸を散策したり、テニスやレンタサイクルを利用してアクティブに過ごすのも宜しいかと思います。今回いただいたフレンチは淡路の食材の魅力を存分に楽しめる内容でした。次回は和食の寿司懐石もいただいてみたいです。洗練された空間で、いつもよりも少し贅沢な時間を過ごされたい方におすすめの施設だと思います。

接客対応

すべてのスタッフさんから高いホスピタリティを感じられ、ストレスフリーの滞在ができました。マニュアル以上の接客が期待できるかと思います。

清潔感

年数の経過が感じられる部分もありますが、メンテナンスや清掃が行き届いており快適に過ごせます。

客室

デラックスツイン「101」はベッドやチェアが窓を向いて配置されており景色を眺めながら過ごせます。広めのテラスからは大鳴門橋をのぞめました。

食事

淡路の食材がふんだんに盛り込まれたフレンチは素材の味を引き出す工夫が感じられ、どれも美味しくいただけます。盛付けも美しく大変楽しめました。

コスパ

眺望を楽しみながら美食をいただけ、リゾートを満喫できました。接客の質も高く、料金に相応しい満足が得られたように思います。

立地

大変景観が良く敷地内に海岸を散策できます。周辺にコンビニ等はありません。鳴門の渦潮など観光の拠点に便利な立地です。

備考・アドバイス

・客室でWi-Fiを利用できます。快適に使用できました。

・最寄りのバス停まで送迎を行っています。また、徳島空港への送迎も可能なようでした(高速代実費)。

・3面のテニスコートがあり無料で使用できます(ラケットの貸出も無料)。パターゴルフも無料です。

・電動アシスト付のレンタサイクルを利用できます(1日/1500円)。