ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

城崎円山川温泉 銀花

城崎円山川温泉 銀花
〒669-6123 兵庫県豊岡市小島1177
TEL: 0796-28-3515
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.8 に投稿 獲得票数:3 投稿者: ぽぽぽぽぽ認証済
2018年5月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
円山川を臨む露天温泉とライブ感溢れる料理を楽しむお籠りのお宿

城崎温泉の北、円山川の川岸にある、2000坪という広大な敷地に客室はわずか18室という贅沢なお宿です。

宿泊の4日ほど前に先方から予約確認の連絡がありました。そのとき食材のアレルギーの確認や送迎の案内がありました。

宿泊当日は城崎温泉駅から送迎をお願いしました。車で10分ほどでお宿に到着し、玄関では数人の着物を着た女性スタッフが出迎えてくれました。三和土で靴を脱いで上がるとそのまま部屋へと通されました。部屋に入ってお茶とお茶菓子を出されたあと、記帳をすませ、室内の説明を受け、夕食の時間決めました。

案内されたのは1階の8畳の和室に4畳の広縁、檜の浴槽の展望風呂のついた禁煙のお部屋でした。5月の平日、一人で泊まって1泊2食付きで35,500円(税込み)+入湯税150円で、手挽き珈琲ミル、冷蔵庫の中のドリンク、夕食に鮑がついたプランでした。客室の引き戸を開けると、かなり広めの廊下があり贅沢な空間使いをしていると感じました。主室は明るい色調の落ち着いた雰囲気で、和モダンの洒落た印象の空間でした。川に面した一面が大きな窓になっており、自然光がたっぷりと差し込んでいました。窓からは円山川とその向こうに広がる山々が見渡せ、広縁には景色を楽しめるように外に向かって椅子とテーブルが置かれていました。室内は経年による劣化や汚れも多少見受けられましたが、全体的にはきれいな状態でしたし、掃除も行き届いていて清潔感がありました。ただ採風窓だけが汚れており、ガラスを指でなぞると指先が黒くなりました。また、主室と広縁との間に微妙な段差があり、つまずきそうになりました。

客室のお風呂は檜風呂で、浴室のドアを開けるとほんのりと檜の香りがしました。浴槽は大きく、大人の男性でも充分足を伸ばすことができました。外に向かって大きな窓があったほかに、広縁との間もガラス窓になっていて開放感がありました。お湯は温泉ではなかったのですが、香り湯を楽しめるようにレモンが2つ用意されていました。レモンの香りが、檜の香りと相まってとてもさわやかなお湯でした。

部屋着としては作務衣と甚平が用意してありました。ほかに希望すればフロントの横にある浴衣処で色浴衣を無料で貸してもらえます。飲み物としては急須で入れる緑茶のお茶セット、ミルでいれる珈琲のほかに冷蔵庫の中にはビール、ウーロン茶、ミネラルウォーターが用意してありました。ここでは茶筒の表面がだいぶ剥げていて、みすぼらしい感じがしたのが気になりました。

アメニティはDHC for MENの使い切りタイプと歯ブラシ、剃刀、ブラシが、バスアメニティはPOLAの「aroma ess.」シリーズのものが置かれていました。

夕食は17時半から19時までの間、30分間隔で好みの時間を選ぶことができました。場所は2階にあるお食事処の個室でした。お料理は食前酒から水物まで全11品の会席料理のコースにプラン特典の鮑が付いていました。鮑は刺身、天婦羅、バター焼きなどから好みの調理法を選べました。刺身を選んだのですが、肝を溶かした醤油をつけていただくと、コリコリとした歯応えにまったりとした濃厚な肝の旨みが相まってとてもおいしかったです。ほかにも造里は鮮度がよく、マグロ、ヒラマサ、タイの3種を分厚く切ってあり食べ応えがありました。卓上で、石の上で焼いて藻塩と特性のポン酢でいただく焼物の但馬牛炭火石焼は、口の中で蕩けるようなやわらかさでした。ブリのしゃぶしゃぶの出汁で作った雑炊は、梅の酸味が利いてさっぱりといただくことができましが、とても量があり食べきれませんでした。全体的に、味、質、量ともに満足できる夕食でした。さらに、夕食後、お夜食用にサツマイモが提供されました。

朝食は夕食と同じ場所でいただきました。時間は昨夜の夕食の後に決め、8時、8時半、9時の中から選びました。またご飯は白米か蕎麦の実が入った蕎麦ご飯かを選べました。ハタハタとカレイの干物は卓上で焼いてくれ、出来立てをいただけましたし、お味噌汁は目の前でお味噌を入れ好みの味に仕上げてくれるなど、印象に残る朝食でした。蕎麦ご飯も香ばしい香りがして食欲が進みました。

大浴場「みなもの湯」は男女ひとつずつあり、入れ替えはなく、午後2時から翌朝10時半まで利用できました。広々とした内湯は2面が大きなガラス窓になっており、外の景色がよく見えました。露天風呂は内湯のすぐ外にあり、円山川の川岸までほんの15メートル位しかなく、湯船に浸かっていると柵の向こうがすぐ川になっているかのように感じました。目の前の景色を遮るものが何もなく、開放感は抜群で、川面を渡ってくる風が温泉でほてった身体に気持ち良く、だいぶ長湯してしまいました。ほかに「竹の湯 蛍火」「木の湯 月華」という2つの貸切風呂があり、どちらも予約不要で空いていれば自由に入ることができ、15時~24時、翌朝6時~10時半の間、利用できました。「蛍火」は丸い桶形の湯舟で、「月華」は長方形の木製の湯舟でした。どちらも屋内ながら緑が配置され、趣向を凝らした造りでした。お風呂場の撮影が禁止されていたので、写真はありませんが、どれも気持ちのいいお風呂でした。

こちらのお湯は円山川温泉で、お宿の地下500メートルから汲み上げている自家源泉でした。泉質はアルカリ性単純泉で、肌がつるつるになる「美人の湯」とのことなので女性にはうれしいお湯だと思います。

アメニティは大浴場にマンダムのルシードシリーズやブラシ、剃刀、綿棒が置かれていましたが、貸切風呂にはありませんでした。バスアメニティはどちらもPOLAの「aroma ess.」シリーズでした。タオル類は用意されていないので、部屋から持参しなければなりません。

大浴場の入り口の前には、新聞が置かれたテーブルと椅子があり、湯上りに寛ぐことが出来ました。すぐ横で飲み物やアイスクリームを購入することが出来るほか、木桶に氷で冷やされたヤクルトも置いてあり、無料で楽しむことが出来ました。

スタッフのサービスはとても良かったです。部屋へと案内してくれた仲居さんは人当たりがよく好感が持てましたし、夕食を担当してくれた若い仲居さんは、最初に名前を名乗って対応してくれました。アルコールをあまり飲まないので、食前酒を一口だけ口をつけたまま置いておいたら、代わりにノンアルコールのドリンクを持ってきてくれるなど、心配りが出来ていると感じました。ほかにも、送迎を担当してくれた男性、フロントの年配の女性、朝食を担当してくれた女性など、どの方も丁寧な対応で、心地よいサービスを提供してくれました。また、夕食後、部屋に戻ると、床の間に名前入りでおやすみのメッセージが残っていました。ちょっとしたことですが、心使いを感じました。

今回の宿泊は満足のいくものでした。接客は人によるばらつきがなく、みな丁寧でレベルが高かったと思います。お料理は夕食、朝食とも目の前で調理してくれる、ライブ感のある品があり、味だけでなく視覚でも十分堪能できました。緑あふれる広大な敷地の中にあり、お部屋や大浴場からは円山川の雄大な景色が眺められ、ちょっとしたリゾート気分も楽しめました。大浴場の内風呂と露天風呂、2つの貸切風呂、お部屋のお風呂と、それぞれに趣向や雰囲気の違った5つものお風呂があり、チェックインが14時、チェックアウトが11時と滞在時間も長めで、お籠りの宿として最適だと思います。

接客対応

接客は人によるばらつきがなく、みな丁寧で気持ちいい対応をしてくれました。

清潔感

掃除は行き届いていたと思いますが、採風窓だけ汚れていたのが残念でした。

客室

8畳に広縁と一人で泊まるには充分なスペースですが、窓が大きく景色がよく見え、抜け感があったので実際よりも広く感じました。

食事

夕食、朝食ともに、品数も多く、量もあり、味もおいしく大変満足できました。ライブ感のある料理も多く、印象に残る食事でした。

コスパ

雰囲気の異なる複数のお風呂、趣向を凝らした料理、サービスの良さを考えるとお支払いした金額分の価値は充分あったと思います。

立地

駅からは少し離れていますが、豊かな自然に囲まれ、円山川の美しい景色が眺められ、良い立地だと思います。

温泉・スパ

お風呂の数も多く、それぞれに特徴がありよかったと思います。特に露天風呂が素晴らしかったです。

備考・アドバイス

無料のWifiがありましたが、利用できるのは1階ロビーのみで、部屋での利用はできませんでした。

城崎の温泉街へ無料の送迎サービスがあります。

喫煙所がありました。

部屋で指圧マッサージを受けることが出来ます。

23時の門限があります。

城崎円山川温泉 銀花周辺のホテル・旅館