ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

和の宿 ホテル祖谷温泉の口コミ・宿泊記

3位

和の宿 ホテル祖谷温泉

〒778-0165 徳島県三好市池田町松尾松本367-2
3位/24件中 - 三好市の旅館
和の宿 ホテル祖谷温泉
〒778-0165 徳島県三好市池田町松尾松本367-2
TEL: 0883-75-2311
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.3 に投稿 獲得票数:10 投稿者: tomo
2017年3月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
雄大な祖谷渓を一望できる露天風呂と山里料理に癒される、秘境の宿

3月の土曜日、夫婦で宿泊しました。一泊二食付「お食事おまかせシンプルステイ」プランを利用し、1人あたり21,600円でした。

宿泊日は車で訪問しました。宿は日本三大秘境「祖谷渓」の断崖に建ち、宿までの道はかなり道幅が狭い個所があります。数年前にこちらの宿に宿泊したことがありましたので、宿周辺が山道であることは知っていましたが、初めて訪問した時は運転するのが怖かったです。JR大歩危駅から無料送迎バスがありますので、運転に自信のない方はバスの利用をお勧めします。

宿に到着するとスタッフが出迎え、駐車場を案内してくださいました。記帳はフロントで行い、食事時間の確認や宿が独自に行っている自然体験ツアーの説明等の後、客室に案内してくださいました。館内にはエレベーターがありませんので、階段での移動となります。

宿泊した客室は本館3階の和室8畳です。主室にトイレ、洗面スペースのある和モダンな内装のお部屋で、広くはありませんが、窓からは雄大な山々を眺めることができますので、圧迫感はありませんでした。備品や畳に多少の経年は感じましたが、隅々まで綺麗に清掃されており、快適に過ごすことができました。

アメニティは一通り揃っており、洗面台には使い心地の良い宿オリジナルの化粧水や保湿ジェルがボトルで用意されていました。備品のカラーが統一されていたり、お茶菓子が徳島の伝統工芸品である重箱「遊山箱」に入っていたりと、センスの良さを感じました。タオル類は各自大小一枚ずつで大浴場にはタオルの用意がないため、客室から持参しなければなりません。何度も温泉に入るとタオルがなかなか乾かず、不便に感じました。

食事は二食とも4階の展望レストラン「cafe dining HANA」にていただきました。渓谷を眺めながら食事を楽しめる素敵なレストランですが、テーブル間の距離が近く、隣席の会話も良く聞こえますので、プライベート感はありません。

夕食は旬の山の幸を中心とした13品程の山里料理をいただきました。スタッフがお料理の素材や美味しい食べ方について丁寧に説明してくださいます。豪華さはありませんが、郷土色豊かで、素材を生かした優しい味付けの品が多いように思いました。香りの良い山桃ワインや身がホクホクしたあめごの塩焼き、やわらかい筍や肉厚の椎茸が特に美味しかったです。デザートは苺のムース、パンナコッタ、お酒のゼリーの3種類から好きな物を選べました。

朝食は和食と洋食の2種類あり一人ずつ選択できます。和食は鮎の甘露煮や祖谷豆腐が美味しく、体に優しい内容のように感じましたが、洋食にはあまり印象的な品はありませんでした。宿泊人数等によるようですが、今回はハーフブッフェ形式での提供で、サラダ、そば米雑炊、ヨーグルトやフルーツ、ドリンク等を自由にいただくことができる嬉しいサービスがありました。

大浴場は露天風呂と内湯があります。露天風呂には朝夕で男女が入れ替わる「渓谷の湯」と「せせらぎの湯」、有料にて貸切利用できる「やまぎりの湯」があります。内湯は男女の入れ替えはありません。

露天風呂まではケーブルカーに乗って片道約5分、傾斜角42度の断崖をゆっくりと下っていきます。ケーブルカーから一望できる祖谷渓はダイナミックで、ワクワク感も味わえました。源泉掛け流しの露天風呂には硫黄の香りが漂い、湯舟には湯の花が浮いています。湯温は低めですが、長湯してものぼせず、細やかな気泡に全身が包まれる感覚も楽しめる素晴らしい泉質だと思いました。日中は雄大な渓谷を眺めながら、夜は美しい星空とライトアップされた幻想的な雰囲気を楽しみながら湯浴みができました。ただ、ケーブルカー乗り場から露天風呂脱衣所、脱衣所から湯船まで、屋外の階段が多く時期的に寒かったことや露天風呂には体を洗う場所がないこと等、不便な点もあります。内湯は脱衣所も湯船も広々としており、露天風呂のお湯に比べると熱めでしたが、硫黄臭や気泡は感じられず、泉質に関しては物足りなく感じました。

スタッフは年配の方が多く、全体的に親しみやすい雰囲気です。洗練された応対と言うよりは、一生懸命で温かみのある応対のように思います。

以前宿泊した時に比べると、館内が綺麗に改装されていたり、朝食がハーフビュッフェ形式になっていたりと、新しい物を取り入れていこうとする宿の努力が感じられました。秘境の地で雄大な景色や泉質の良い露天風呂に癒されたい方、祖谷の山里料理を楽しみたい方にお勧めの宿です。

接客対応

スタッフは年配の方が多く、全体的に親しみやすい雰囲気です。

清潔感

客室やダイニング等、改装されている個所は綺麗ですが、外観や大浴場等、老朽化を感じる個所もあります。

客室

和モダンな内装のお部屋で、窓からは雄大な山々を眺めることができました。

食事

豪華さはありませんが、郷土色豊かで、素材を生かした優しい味付けの品が多いように思います。

コスパ

立地

渓谷の断崖に建ち、素晴らしい景色を望めますが、アクセスは不便で宿までの道はかなり道幅が狭い個所があります。

温泉・スパ

ケーブルカーで下る源泉掛け流しの露天風呂は泉質も良く、雄大な景色を眺めながら湯浴みができます。

備考・アドバイス

・館内にはエレベーターがなく、どの客室を選択しても必ず階段移動は伴います。またケーブルカー乗り場から露天風呂脱衣所、脱衣所から湯船まで等、屋外の階段が多いため、足腰に不安がある方には露天風呂の利用はお勧めできません。

・館内には市販価格の自販機(アルコール含む)と土産物の売店のみで、宿の周辺にもお店はありませんので、ご注意ください。

・観光名所であるかずら橋のライトアップツアーや雲海ツアー等、宿が独自に行っている自然体験ツアーがありますので、気になる方は問い合わせてみてください。

中央の断崖に建っているのが宿です駐車場エントランスエントランスの設えロビーケーブルカーケーブルカー乗り場からの眺め露天風呂に向かうケーブルカーケーブルカー内部ケーブルカー乗り場の待合室ケーブルカー待合室のテラス席露天風呂へ続く階段露天風呂入口露天風呂「渓谷の湯」露天風呂「渓谷の湯」露天風呂「渓谷の湯」からの眺め露天風呂「せせらぎの湯」脱衣所露天風呂脱衣所と露天風呂間の屋外通路、階段露天風呂「せせらぎの湯」露天風呂「せせらぎの湯」露天風呂「せせらぎの湯」露天風呂「せせらぎの湯」からの眺め露天風呂の下にある休憩所「まどろみの畔」大浴場 内湯の脱衣所(女湯)大浴場 内湯(女湯)大浴場 内湯(洗い場)大浴場 バスアメニティ大浴場 内湯前に用意された枇杷茶本館内の階段(エレベーターはありません)客室階の廊下本館和室8畳 玄関本館和室8畳本館和室8畳本館和室8畳本館和室8畳本館和室8畳本館和室8畳本館和室8畳本館和室8畳マッサージチェアー主室の設えタオルは大小1枚ずつ浴衣の柄は男女共通 羽織は厚手と薄手の物あり茶菓子は徳島の伝統工芸品の重箱「遊山箱」に入っています茶菓子は羊羹、煎餅、チョコレート、すだち茶宿オリジナルの基礎化粧品トイレ、洗面スペース本館3階客室からの眺望夕食時のセッティング夕食 「祖谷会席」お品書き夕食 食前酒夕食 前菜夕食 そばすべし夕食 せいろ蒸し夕食 あめご塩焼き夕食夕食 若竹桜蒸し(耐熱ラップに包まれた状態で提供されます)柚子のシャーベット夕食 鍋物夕食 天ぷら夕食 天ぷらにつけるアンデスの岩塩夕食 祖谷蕎麦等夕食 選べるデザート(苺のムース)夕食 選べるデザート(パンナコッタ)露天風呂入口から望む、ライトアップされた渓谷夜の露天風呂「渓谷の湯」寝具就寝時の冷水サービスダイニング朝食時のダイニングの一部朝食 ハーフビュッフェ台朝食 ハーフビュッフェの味噌汁、そば米雑炊等朝食 ハーフビュッフェ朝食 ハーフビュッフェ朝食 ハーフビュッフェ朝食 ハーフビュッフェ朝食 ハーフビュッフェ(珈琲、紅茶)選べる朝食 和食朝食 和食朝食 ハーフビュッフェのそば米雑炊選べる朝食 洋食朝食 洋食フロント横の土産物店チェックアウト時にいただいたお土産(祖谷の栞)