ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

いやしの温泉郷

〒778-0201 徳島県三好市東祖谷菅生28
いやしの温泉郷
〒778-0201 徳島県三好市東祖谷菅生28
TEL: 0883-88-2975
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.3 に投稿 獲得票数:12 投稿者: tomo認証済
2018年4月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
奥祖谷の自然に囲まれて、旬の山里料理や温泉を楽しめる宿

4月の金曜日、家族4人で宿泊しました。本館洋室を予約し、料金は一泊2食付きの大人10,000円、食事布団付の幼児5,000円、添い寝の幼児2,000円でした。今回は夕食が通常より量が少ない分、リーズナブルに宿泊できる現金決済限定のプランを利用しています。

宿までの道のりは、かなり道幅の狭い場所やカーブが続く道が多く、山道に慣れていない方は運転に注意が必要です。道中に案内表示の看板が数ヶ所あるため、迷うことはありませんでした。宿の敷地内には広々とした駐車場、温泉やレストランのある本館、本館と屋根付きの通路でつながっている本館宿泊棟、車を横付けできるコテージ、貸切利用できる古民家、宿の敷地内を起終点とする奥祖谷観光周遊モノレールの駅舎等があります。

チェックインの手続きは本館のフロントにて行い、スタッフが荷物を持って、客室まで案内してくださいました。客室までの廊下には可愛らしい草花が飾られており、心が和みました。

宿泊した客室は、本館2階の「竜胆」と名付けられた洋室です。客室に入ると木の香りがしました。広い客室ではありませんが、勾配天井が高いため閉塞感はありません。天井の剥き出しになった立派な梁が素敵でした。ただ、本来はツインの客室にベッド2台とエキストラベッドが並んでいたため、家族で利用するには手狭に感じました。壁や家具等に老朽化を感じますが、きちんとメンテナンスされており、気になる個所はありませんでした。清掃面においても、換気扇に少し埃が見られたこと以外は、概ね綺麗に清掃されていたと思います。今回は使用していませんが、フロアには床暖房も完備されています。バルコニーからは木々や、モノレールの線路を眺めることができます。山の中なので、仕方がありませんが、バルコニーにて小さな虫を度々見かけました。

アメニティは男女別に分かれており、一通り揃っています。食事寝具付きの幼児には歯ブラシや浴衣が用意されていましたが、添い寝の幼児にはバスタオルのみの用意でしたので、必要な方は持参された方が良いでしょう。基礎化粧品はボトルタイプの洗顔料やヘアトニックが備え付けられています。タオルは大小1枚ずつで、大浴場に持参しなければなりません。冷蔵庫は空ですが、館内に市販価格の自販機があります。バス・トイレ・洗面は3点ユニットとなっており、少々使い難かったです。客室入口にはミニキッチンがありますが、調理器具等は用意されていませんでした。

食事は本館1階のレストランでいただきます。ガラス張りで吹き抜けになった、とても開放感のある造りで、テーブル席の他に座敷席や囲炉裏を囲む席もありました。

夕食は旬の山の幸を生かした郷土料理や川魚が中心でした。前菜以降は出来立てを供してくださいます。程良い塩加減で、皮がパリッと焼かれたあめごの塩焼きや、噛むほどに旨みが口の中に広がる阿波尾鶏が特に美味しかったです。楽しみにしていた祖谷蕎麦が、少しのびていたことが残念でした。ボリュームを抑えたプランでしたが、お腹いっぱいになりました。朝食は一般的な和定食で、全体的に優しい味付けの品が多かったように思いますが、あまり郷土色は感じられませんでした。幼児の夕食はハンバーグやサラダ等のプレートとご飯・茶碗蒸し、朝食は大人と同一の物でした。

大浴場は本館1階に男女別に1ヶ所ずつあり、男女の入れ替えはありません。広々とした内湯、ジャグジー付きの寝湯、薬湯、サウナ(夜間のみ利用可)、露天風呂があります。夜間も翌朝も混みあうことなく、ゆっくりと入浴できました。特に露天風呂から、朝日を浴びる木々を眺めながらの湯浴みはとても気持ちが良く、清々しい気分になりました。お湯は無色透明で、滑らかな湯触りでした。

接客に関しては田舎宿ならではの、素朴で温かみのある応対です。子供達にも優しく声をかけてくださり、アットホームな雰囲気の中、家族皆がリラックスして過ごすことができました。ただ、宿泊客があまり多くなかったためか、全体的にスタッフも少なく感じました。

木の温もりを感じる館内や客室、美味しい山里料理、開放感のある露天風呂、温かい接客にホッと癒されました。宿までの交通が不便なことが難点ですが、自然に囲まれて、のんびりと過ごしたい方にお勧めしたい宿です。

接客対応

田舎宿ならではの、素朴で温かみのある応対です。

清潔感

本館は木の温もりを感じる建物です。老朽化を感じる部分はありますが、清掃は概ね綺麗にされており、快適に過ごすことができます。

客室

本館洋室は広い客室ではありませんが、勾配天井が高く、木々を眺めることのできるバルコニーがあります。

食事

夕食は旬の山の幸や川魚が中心です。朝食は一般的な和定食で、あまり郷土色は感じられませんでした。

コスパ

客室、温泉、食事において、価格以上の満足感が得られました。

立地

奥祖谷の自然豊かな場所にありますが、交通の便が悪く、細い山道を通らなければなりません。

温泉・スパ

大浴場の露天風呂は開放感があり、木々を眺めながら湯浴みができます。

備考・アドバイス

・宿は冬期(12月1日~3月31日まで)休館となります。

・本館(フロント・レストランのある棟)にはエレベーターがありますが、本館宿泊棟にエレベーターはありません。足腰に不安のある方は本館1階のバリアフリーの客室をリクエストした方が良いかと思います。また、コテージや古民家に宿泊の場合は、温泉のある本館まで、屋根の無い屋外通路を通る必要があります。

・宿にて「奥祖谷観光周遊モノレール」のチケット購入は可能ですが、予約はできません。(先着順での乗車となります。)モノレールは天候やトラブル等により、運休となる場合もあります。

・想像していたよりは、虫も多くは見かけませんでしたが、虫が苦手な方はご注意ください。

・事前に連絡すれば最寄りのバス停まで送迎してくださるそうです。