ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

竹泉荘Mt.ZaoOnsenResort&Spaの口コミ情報・宿泊予約

1位

竹泉荘Mt.ZaoOnsenResort&Spa

〒989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字上ノ原88-11
1位/4件中 - 蔵王のホテル
竹泉荘Mt.ZaoOnsenResort&Spa
〒989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字上ノ原88-11
TEL: 0224-34-1188
みんなの満足度
4.0 詳細評価
接客対応
4.1
清潔感
3.9
客室
3.8
食事
4.0
コスパ
4.1
立地
3.8
スパ・温泉
4.1
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 1泊 1泊 2泊 3泊 4泊 5泊 6泊 7泊 8泊 9泊 10泊 11泊 12泊 13泊 14泊 大人2名
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児(寝具のみ)
幼児(寝具・食事なし)
設定
子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。その他の予約サイトにつきましては直接ご確認ください。
解除
空室・最安値を検索
じゃらんJTB一休.com楽天トラベルるるぶトラベル近畿日本ツーリストExpediaHotels.com
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
2
良い
1
普通
0
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
1
家族旅行
1
友人・知人
0
一人
1
全文表示簡易表示
1 - 3件目 / 合計 3件
この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.4 2017年11月26日に投稿 獲得票数:8 投稿者: chokotto
2017年11月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
仙台駅から送迎バスに乗って1時間、蔵王山麓に佇むこちらのホテルに到着しました。建物は2万坪の森の中にあります。紅葉を楽しみにしていましたが、数日前の強風で多くの葉が落ちてしまったそうで、辺りは少し寂しく見えました。 玄関で丁寧なお出迎えを受け、館内へ案内して頂きました。ライトアップされた釣り鐘が目を惹くラウンジは、HPや雑誌で見た通り、落ち着きと高級感に溢れています。こちらの素敵な空間でウェルカムドリンクとチョコレートを...

仙台駅から送迎バスに乗って1時間、蔵王山麓に佇むこちらのホテルに到着しました。建物は2万坪の森の中にあります。紅葉を楽しみにしていましたが、数日前の強風で多くの葉が落ちてしまったそうで、辺りは少し寂しく見えました。

玄関で丁寧なお出迎えを受け、館内へ案内して頂きました。ライトアップされた釣り鐘が目を惹くラウンジは、HPや雑誌で見た通り、落ち着きと高級感に溢れています。こちらの素敵な空間でウェルカムドリンクとチョコレートを頂いてから、お部屋へ向かいます。

11月の平日に夫婦で宿泊しました。デラックスツイン「A5ランクの仙台牛メインの懐石料理」プランを利用し一人あたり16740円(二食付、税・サ込み)です。予約サイトのタイムセールを利用している為、通常よりも大変お得な料金でした。

デラックスツインは、琉球畳に2台のベットとテーブルセットを備えています。和モダンのお部屋は朱色の壁とキャビネットがアクセントになり、どことなく華やかさが感じられました。天然石をくり抜いた洗面ボウルと石造りの内風呂もシックで洒落ています。水周りの引き戸は開放すると室内と繋がるため、室内は広く見えます。2階からの眺望は別棟の屋根が視界に入り、あまり良いとは言えませんが、最上階の雲海テラスに行ってみると、周囲の山々を一望できました。

キャビネットには冷蔵庫、セーフティボックス、グラスなどの備品が収められています。冷蔵庫の飲み物はアルコールを含めて自由に頂けます。温かい飲み物はネスプレッソとティーバックの紅茶と煎茶が用意されていました。館内着として浴衣と作務衣、その他にパジャマもあり、持参の必要はないかと思います。アメニティは一通り揃っていましたが、基礎化粧品は客室にはなく、大浴場に備えてありました。バスタオルとフェイスタオルは大浴場に沢山積まれていましたが、ボディタオルは客室から持参します。

大浴場は男女入れ替え制ではありません。女性用の「みずならの湯」は2階にあり、渓流を見渡せる眺望の良い露天風呂があります。周囲の視線を気にすることなく、開放感を味わうことができ、とても気持ちが良かったです。木立の中の3つの浴槽は、温度が1度づつ異なっていて、好みの温度でゆっくり浸かることができました。ガラス張りの内風呂は、絶えずお湯が溢れています。タイミングによっては、この大浴場を独占できたのでたいへん贅沢な気分でした。夫の話によると1階の男性用は、渓流はわずかしか見えないものの、屋根付の岩風呂で、女性用とはかなり異なる造りだったようです。入れ替え制ではない事が惜しいです。

貸切風呂は二か所ありチェックイン時に予約をします。どちらも庭園内に建っているので、5分前にフロントに声掛けをし、誘導して頂きます。17時はすでに真っ暗でしたので、懐中電灯を照らしながら向かいました。寒くて足元も不安定でしたし、入浴中は川の音が聞こえましたが、灯りがなく周囲が全く見えなかたったので、明るい時間帯にすればよかったです。洗い場はなく、温泉を楽しむ造りです。浴槽は4、5名でも大丈夫そうなサイズで、掛け流しの贅沢を存分に楽しみました。

お食事は二食共に、ダイニング「竈神(かまじん)」で頂きました。中庭の見える個室風のテーブル席と、ホール席があり、私たちはホールで頂きました。複数のテーブル席が並んでいましたが、ゆとりがある配置だったので、まわりの様子を気にすることなく、ゆったりと食事を楽しむことができました。

夕食のメインはA5ランクの仙台牛です。寒い季節に相応しい、しゃぶしゃぶで供されました。綺麗な霜降りのお肉は、とろけるように柔らかくとても美味しかったです。1枚でも充分なボリュームがあり、一人前を食べ終わる頃にはお腹がいっぱいになり、充分な満足感を得られました。お刺身も新鮮です。どれも良質な食材が使われているように感じました。食器や盛り付けも綺麗で見た目も華やかでした。給仕のタイミングもぴったりで、お茶のお替わりを小まめにして下さるなど、さりげない気配りが嬉しかったです。帰り際にはお夜食として、クロワッサンとデニッシュも頂きました。沢山召し上がる方も充分満足できる内容ではないかと思います。朝食は複数の小鉢が並ぶ賑やかな和定食です。白米に合うおかずが多く、朝から箸が進みました。釜炊きの白米は宮城県のブランド米「ひとめぼれ」でした。

スタッフの人数は多く、若手からベテランさんまで、どなたも礼儀正しくて親切な方ばかりでした。すれ違う時には丁寧な挨拶がありましたし、こちらが何かをしようとすると、一歩先をよんだ対応をして下さいます。支配人さんもカメラのシャッターを押してくださったり、食事中と出発時には挨拶にみえるなど、積極的なおもてなしをして下さいます。

当日は7、8組が滞在していらしたようです。他のゲストと会う機会は少なく、大人ばかりだったのでたいへん静かでした。非日常と高級感に存分に浸りながら、雲海テラスから山々を眺めたり、森の散歩コースを楽しんだりと、自然豊かな地ならではの過ごし方もできました。ラグジュアリーリゾートという言葉が相応しいホテルです。お子様の滞在も可能ですが、カップルやご夫婦が静かに時を過ごすのに適しているように感じました。

接客対応

スタッフの人数は多く、若手からベテランさんまで、どなたも礼儀正しくて親切な方ばかりでした。

清潔感

館内は綺麗に清掃されていましたが、露天風呂に沢山の葉が落ちていた点が気になりました。

客室

水周りの引き戸を開放すると室内と繋がって見えるため、広く感じられました。

食事

美味しく、食器や盛り付けも綺麗で見た目も華やかでした。特に仙台牛のしゃぶしゃぶが美味しかったです。

コスパ

タイムセールを利用した為、たいへんコスパが良かったです。

立地

仙台駅から送迎バスがあるので便利です。周囲は自然豊かな環境です。

温泉・スパ

開放感のある露天風呂が楽しめます。男女では趣が異なるようですが、入れ替え制でないことが残念です。

備考・アドバイス

スポーツジムでは、貸し出し用の靴があります。

露天風呂は多くの葉が散ってしまい寂しい雰囲気でした。緑豊かな季節の方がこのロケーションをより楽しめるのではないかと思います。

玄関からラウンジに向かう間、あちらこちらに段差がありました。薄暗いので分かり難かったです。その都度、スタッフさんが声を掛けてくださいましたが、足元に不安のある方は特に注意が必要です。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.5 2016年6月16日に投稿 獲得票数:6 投稿者: korousa
2016年6月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
平日にデラックススーペリアツイン1名1室39,200円で宿泊しました。アクセスには仙台駅からの送迎バスを利用しました。 大自然に囲まれた敷地から一歩エントランスに入ると、ジャパニーズモダンで統一された大変上質でゆとりある空間が現れ驚きました。聞けばペニンシュラ等を手がけた有名なデザイナーさんの手によるものとのことでした。外に見える竹林の美しさやラウンジにつるされた大きな釣り鐘に目を奪われての滞在のスタートとなりました。ウエル...

平日にデラックススーペリアツイン1名1室39,200円で宿泊しました。アクセスには仙台駅からの送迎バスを利用しました。

大自然に囲まれた敷地から一歩エントランスに入ると、ジャパニーズモダンで統一された大変上質でゆとりある空間が現れ驚きました。聞けばペニンシュラ等を手がけた有名なデザイナーさんの手によるものとのことでした。外に見える竹林の美しさやラウンジにつるされた大きな釣り鐘に目を奪われての滞在のスタートとなりました。ウエルカムティーはとてもスタイリッシュなパッケージのお茶とチョコレートを素敵にスタイリングしてテーブルに置いていただけました。

デラックススーペリアツインは3階にあり、55.80平米のお部屋となっています。ツインベッドや執務デスクがある空間、そして大画面テレビをゆっくり見る事のできるソファースペースがあり、この2つが漆を思わせるような朱色のキャビネットで区切られています。このキャビネットには、冷蔵庫や備品がすっきりと納められており、引き出しもスムーズで、非常に使い勝手の良いものでした。この他にも部屋の執務デスクが天然木の一枚板のものだったりと、調度の隅々に素材やデザインのこだわりを感じました。ベッドの横にはコントロールパネルがあり、室内の全ての照明を、3タイプのパターンで一気に調節できます。また、DVD貸し出しラインナップも非常に充実していたりと、設備に関してもシティホテルのような充実ぶりでした。キャビネットの上にコーヒーマシンが置かれ、冷蔵庫のドリンクは全て無料です。

パウダールームも洗面台が石をくりぬいたものだったり、アメニティーが「アロマセラピー アソシエイツ」のものだったりと、ひと味違ったこだわりが感じられました。室内用スリッパも初めてみるタイプのもので、しっかりとした厚みがありフワフワで気に入りました。

このようにほとんど室内や設備については大満足だったのですが、執務デスクのコンセントボックスのくぼみの空間が小さ過ぎて大きめの充電器が入らなかったことが唯一気になりました。

女性用大浴場は2階に位置します。バスタオルは脱衣所に用意してあり、好きなだけ利用することができます。内湯もガラス張りで開放感がありますが、特に私が素晴らしいと感じたのは、それぞれ湯温の違う3つの浴槽があるデッキ状の露天風呂です。よく露天風呂を楽しみたいのに、湯温が高過ぎたり低過ぎたりするために長時間過ごせないこともありますが、こちらではそのような事が無いのでよいアイデアだと思いました。デッキの中にも樹が伸びており、川のせせらぎの音や木漏れ日を楽しみながら、気ままに湯巡りをすることができました。さらに感激したのは、一番森に近い浴槽に入ったとたん、初めて見る珍しい鳥が目の前の木に止まったことです。おそらくアオゲラだったかと思うのですが、あらためてこの宿が蔵王の大自然の中にあることを感じさせられました。

こちらでは2カ所の貸し切り風呂を無料で予約することができます。どちらにも興味がある旨を伝えると、あまり混んでいなかったのか、両方の予約を薦めてくださりました。貸し切り風呂へは利用時間にレセプションへ声をかけると案内していただけます。2つとも庭園にあるため、露天風呂専用の玄関から靴を履き替えて向かいました。どちらも浴槽広めで満足できました。

夕食は宿のレストラン「竃神」でいただきます。他の共用部同様、こちらもゆとりある空間と、素材や照明使いがとても素敵な雰囲気で、思わず嬉しくなりました。庭園に面した半個室のエリアと、広いホール状のエリアがあり、私はホールエリアで食事をいただきました。前菜で出る小鉢や焼き物が八寸でてくるなど、生もの、焼き物、揚げ物がそれぞれ少しずついただける構成になっていて、いろいろ食べてみたい私には好都合でした。メインの仙台牛の鉄板焼きもとてもやわらかくて満喫できました。御料理の説明やドリンクのサーブもタイミング良く行っていただけ、楽しく過ごすことができました。

食事中一点気がついたのは、レストランの構造上、厨房のスタッフの話し声がよく聞こえることです。今回は一人旅のため、あまりに静かすぎる場所で食事をしていると気づまりに感じる事もあり、あまり気になりませんでしたが、気にされる方はあらかじめ相談された方がよいかもしれません。

夜にはお夜食として、美味しいデニッシュをお部屋に届けていただきました。お腹いっぱいにも関わらず思わず食べてしまうような美味しいパンでした。早起きの方には、朝食の前の軽食として淹れたての珈琲と共にいただくのもよいかと思います。

朝食は、昨日と同じ席でいただきました。こちらでは朝食の時間に合わせて炊きたてのご飯を用意してくださいます。最初にお茶と梅干しが登場し、朝の体を目覚めさせたところで朝食スタートです。テーブルの上にツヤツヤのお米が入った大きなお釜や野菜が丸ごと味わえる新鮮なサラダ、ご飯に合うおかずがずらりと並べられ、どれを食べても朝一番の体が欲しているものばかりで、夕食以上の満足感を感じました。

食後には敷地内を散策しました。ホテル内には2カ所の散策路があり、一つは10分程度、もう一つは30分程度で回ることができます。かわいい散策路マップを片手に鳥の声が聞こえる森を散歩していると、本当に自然のただ中にいるようで、こちらが宿の敷地とは信じられない気持になります。敷地内には東屋もあり、腰をおろして休憩することもできます。

接客は黒スーツを着こなした年配の男性スタッフが中心で、どなたも非常に洗練された接客をしてくださいました。言葉遣いや所作のスマートさもさることながら、私の質問に丁寧に応えてくださった上に、館内にある関連した本がある場所を教えてくださったり、出かけようとすると、ふとした間に靴を用意していただける等、タイミングよく、かつさりげないながらも一歩踏み込んだ喜ばせ方をしてくれるおもてなしは大変見事で、終始優雅な気持で過ごすことができました。

蔵王の大自然と、気持のよい温泉、シティホテルのような洗練されたハードや接客を同時に楽しむ事ができ、素晴らしい滞在となりました。食事の際には男性の一人旅の方も何名かお見かけしました。館内には、スパやジム等、温泉とセットで楽しみたい選択肢が豊富にあり、大人が気ままに過ごすのにも好都合なのだと思います。

自然いっぱいの場所でリラックスして過ごしたいが、客室や接客にも一定の洗練された品質を求める方におすすめです。優雅に過ごしたいカップルやグループの方だけでなく、海外の方の接待等にもよいのではないかと思いました。

接客対応

黒いスーツを着こなした年配の男性スタッフ中心に、大変洗練された接客をしてくださいます。タイミングの良さやさりげないおもてなしに感激しました。

清潔感

共用部、客室ともに、どこも大変清潔でした。

客室

デラックススーペリアツインはゆとりあるソファースペースがありコスパの良い部屋だと思います。建材のこだわり、設備の充実もあり、非常に快適でした。

食事

いろんなものをすこしずつ食べられる和食のコースです。仙台牛がとても柔らかく美味しかったです。朝食は炊きたてのかまどご飯がいただけ、こちらも大変おいしかったです。

コスパ

広大な敷地内の自然とラグジュアリーな施設での滞在を楽しめ、高い満足感を得ました。

立地

蔵王の自然いっぱいの環境に立地する宿で、広大な敷地内には2つの散策路がありました

温泉・スパ

木漏れ日の中で、さまざまな湯温の湯巡りができる露天風呂は必見です。ゆとりある貸し切り風呂も満足しました。

備考・アドバイス

2つの貸し切り風呂で悩まれた場合は、庭園の散策路に近い方を選ばれると良いかと思います。こちらは露天風呂の脇に、小川が引き込まれていて、より風情があったかと思います。

今回は利用しませんでしたが、ダイニングに併設されたバーのバーテンダーさんはマジックを披露してくださるそうです。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.5 2015年11月4日に投稿 獲得票数:5 投稿者: ranran
2015年11月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
蔵王山麓の2万坪の広大な敷地に佇み、かつて皇族も宿泊したという由緒ある日本旅館「くつろぎの宿 竹泉荘」。その経営破たんに際し、タイやシンガポールで高級リゾートを展開する香港拠点の会社が経営権を得、巨額の予算を投じた再生プロジェクトの末、2010年4月に高級スパリゾートとしてオープンしたお宿です。「モダンジャパニーズ」をコンセプトとした客室のデザイン調度はすべて異なり、専用露天風呂やラウンジ付の部屋もある100平米を超えるラグ...

蔵王山麓の2万坪の広大な敷地に佇み、かつて皇族も宿泊したという由緒ある日本旅館「くつろぎの宿 竹泉荘」。その経営破たんに際し、タイやシンガポールで高級リゾートを展開する香港拠点の会社が経営権を得、巨額の予算を投じた再生プロジェクトの末、2010年4月に高級スパリゾートとしてオープンしたお宿です。「モダンジャパニーズ」をコンセプトとした客室のデザイン調度はすべて異なり、専用露天風呂やラウンジ付の部屋もある100平米を超えるラグジュアリースイート、平均約75平米のスイートルーム、平均約48平米のデラックスルームなど計32室となっています。

11月の祝日に夫と2人で宿泊しました。利用したのは「【早割30】早めの予約で最大10%割引、A5ランクの仙台牛メインの会席料理」というプランで1泊夕朝食付2名59000円(税・サ込)でした。

宿泊したのは5階建ての4階に位置するバリアフリータイプのデラックスルーム「スーペリアダブル(43.5平米)」で、館内では「デラックスツイン」と並ぶ最もリーズナブルな客室です。玄関ドアを入った後、緩やかな勾配を少々上がって居室となります。バリアフリーであるため、ベッドルーム、トイレ、バスルーム間にはそれぞれ引き戸はありますが、一間続きのように開放ができます。そうした間取りと眺望の良さもあってか、ソファやダブルベッドなど大きな家具が置かれている割に空間にゆとりが感じられ、広々とした印象で、さりげない和モダンの調度も落ち着けるものでした。

テレビ下のキャビネットに茶器類やセーフティーボックス、ブルーレイデッキなどがまとめられ、冷蔵庫の中身はフリードリンクとなっており、ネスプレッソマシンもありました。館内着としてパジャマ型のものと浴衣の2種類が用意されていました。こちらの宿はエントランスで下足からスリッパに履き替えるというスタイルで、館内では客室内でもダイニングや廊下でもすべて同一のスリッパで過ごすことになります。これが使い捨てのものでなく、消毒されているかどうかが不明だったため、少々ストレスを感じました。

シャンプー類やボディローションなどはミニボトルのものがありましたが、化粧品などはありません。タオルはバス、フェイス、ボディ用が1人1枚ずつ用意されていましたが、大浴場や貸切風呂には常備されているため、持ち出す必要がなく便利でした。

こちらのお宿には自家源泉が2本あり、男女別の大浴場、貸切風呂などは柔らかな優しいお湯の源泉掛け流しになっています。女性大浴場「みずならの湯」は木立の中のウッドデッキに作られた開放的な露天風呂と、それを望むガラス張りの内湯からなる素敵な浴場です。露天には「ぬるゆ」39〜40度、「ややあつゆ」41〜42度、「あつゆ」42〜43度の3つの湯船があり、気温や好みに応じてそれらを巡りながら長湯が楽しめます。早朝の木漏れ日の中、眼下を流れる渓流のせせらぎと小鳥の声を聞きながらの入浴は爽快なものでした。男性の露天風呂の方は岩風呂の趣になっているようです。男女入替制ではないので、両方に入ることができないのは残念なところです。
 
無料の貸切風呂は2ヶ所あり、チェックイン時に予約をし、その時間にレセプションへ行くとスタッフの方がご案内してくださるシステムになっています。どちらも庭に立つ独立棟になっており、空間取りも贅沢でゆったりと湯浴みを楽しむことができます。

夕食は18時〜21時の間にダイニング「竈神(かまじん)」でいただきます。旬の食材を様々に用いた会席料理で、バラエティに富んだお味を楽しめました。奇をてらったものや押しつけがましさはなく、基本もしっかりしている感じを受けました。手長海老や色とりどりの焼物を大皿に盛り合わせた八寸はパーティー料理のような華やかさが印象的でした。メインの仙台牛二種食べ比べ、デザートと続き、内容分量とも申し分ありませんでした。食事の後にはホテルメイドのクロワッサンが入ったお夜食をお土産にいただきました。
 
朝食も同じダイニングの同じテーブルでいただきます。前夜に予約する食事開始時間に合わせて、土鍋で炊きたてのごはんが用意されます。朝食も少量多種の食材をあれこれと取り入れたヘルシーな内容でした。

食事の際のお料理の上げ下げや所作、そろそろ温かいお茶を入れ直して欲しいと思った瞬間にしてくださるなど、サービスのタイミングが絶妙でした。食事時のみでなく、様々な場所のスタッフの方々にその場その場での細かい気遣いがみられました。チェックインやアウト時の手続きは非常に丁寧でスムーズで、部屋へのご案内では備品の一つ一つについて細やかな説明があり、散策の地図を片手に朝食へ向かうと、後ほど外履きをご用意しておきましょうかと聞いてくださるなど、サービスやホスピタリティの質の高さがあちらこちらに感じられ居心地の良い滞在になりました。

パブリックスペースには、シンボリックな釣鐘が吊られた「ライブラリーラウンジ」、最上階に屋内外のテラスがある「雲海ラウンジ」、ダイニングの一角にある「The Bar」、ザ・スコータイ・バンコクと提携している「スパボタニカ」などの他、無料のフィットネスジムやギャラリーショップなどもあります。

豊かな自然のまっただ中で、心身を開放してくれる贅沢な湯に浸かり、美味しい食事をゆっくりといただき、上質のサービスで心地よく落ち着いた時を過ごせる宿でした。もともとここにあった宿を愛していたという現オーナーが、蔵王山麓の土地柄や和の旅館の良さを活かし名前も残しながら再開発したというだけあり、国際水準ながらも外資系ということを意識させない和みのスパリゾートになっています。

接客対応

全てのスタッフの方々の接客が丁寧で、気配りが非常に細かく心地の良い滞在になりました。

清潔感

パブリックスペース、客室ともに清掃は行き届いていましたが、チェックイン直後の露天風呂に落ち葉が相当数落ちていたのが気になりました。夜には取り除かれていました。

客室

バリアフリー設計で居室、トイレ、バスルームがひとつながりになっているせいもあってか、平米数以上に広々と感じられ、物音や視線も気にならず落ち着ける客室でした。

食事

様々な食材を少量ずつ色々なお味で楽しめる内容でした。

コスパ

客室、眺望、食事、大浴場と貸切露天風呂、共用部の内容からコスパは悪くないと思いました。

立地

蔵王国定公園の中にあり2万坪の敷地内には渓流や滝、橋、森など美しい自然にあふれる環境でした。

温泉・スパ

開放感あふれる女性大浴場の露天風呂や2ヶ所ある貸切露天風呂は景観、設備、泉質も優れていました。

備考・アドバイス

広大な敷地の中には滝や東屋、水車などが点在する散策コースがあります。時間に余裕を持った滞在で自然の中でのウォーキングを楽しむのもよいかもしれません。滑りやすい場所もあるので歩きやすい靴で行かれるのをおすすめします。

ブルーレイソフトは35種類用意されていますが、お好みの物を持参されるのが良いかもしれません。

1 - 3件目 / 合計 3件

施設情報

施設名
竹泉荘Mt.ZaoOnsenResort&Spa
かな
ちくせんそうまうんとざおうおんせんりぞーとあんどすぱ
所在地
〒989-0916
宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字上ノ原88-11
電話番号
0224-34-1188
チェックイン
15:00
チェックアウト
11:00
アクセス
■東北新幹線白石蔵王駅よりバス45分
■東北新幹線仙台駅よりバス利用約70分
■東北自動車道白石ICもしくは村田IC経由約40分
送迎
あり/仙台駅東口発 13:30、 ホテル発 11:00 (事前予約制)

※東口観光バス乗降場へは、西口より宮城野通り方面自由通路(2F)をご利用いただき、東口バスプール1専用のエレベーターまたはエスカレーターにて地上階(乗降場)へお越しください。
駐車場
あり(宿泊者無料)
駐車場台数: 35台
部屋数
30
設備・サービス
○ インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 ○ 貸切風呂 ○ 客室露天風呂 ○ 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 × コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く ○ ゲレンデ近く ○ 駐車場 ○ 送迎サービス × ランドリー ○ クリーニング ○ マッサージ ○ エステ × サウナ × 屋外プール × 屋内プール ○ フィットネス × ペット対応 ○ ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 フェイスタオル バスタオル ボディタオル・スポンジ 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 浴衣 作務衣 ナイトウェア バスローブ スリッパ 洗顔料 綿棒 コットン 冷蔵庫 ミニバー 湯沸かしポット お茶セット テレビ 金庫 ズボンプレッサー 朝刊 衛星放送 DVDプレイヤー 洗浄機付トイレ LAN接続 無線LAN接続
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS 銀聯

竹泉荘Mt.ZaoOnsenResort&Spa周辺のホテル