ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

道後温泉 茶玻瑠

〒790-0837 愛媛県松山市道後湯月町4-4
道後温泉 茶玻瑠
〒790-0837 愛媛県松山市道後湯月町4-4
TEL: 089-945-1321
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.5 に投稿 獲得票数:4 投稿者: ぽぽぽぽぽ認証済
2019年5月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
道後温泉本館と同じ源泉の展望風呂が楽しめるお宿

道後温泉本館から歩いて1分ほどの場所にある温泉宿です。お昼過ぎには道後温泉についたので荷物を預かってもらうためお宿に向かいました。フロントで荷物を預かってもらいたいと告げると快く預かってくれました。この時に、住所や名前の記帳などチェックインの手続きと夕食の予約を済ませました。夕食は18時から30分単位で好みの時間を選べました。

こちらのお宿の外壁には経年による汚れが目につく箇所がありましたが、ホテルの中はきちんとメンテナンスされており新しくてきれいな状態でした。吹き抜きになっているロビーは天井も高く広々していましたし、竹などの植物が植えられており開放感がありました。壁にはアート作品も飾られ、洒落た雰囲気を醸し出していました。また、ロビーの一角にはテラス席のあるカフェと「マリメッコ」、「イッタラ」など北欧のデザイングッズや地元の名産品を購入できるセレクトショップも併設されていました。

15時にホテルに戻ると、入り口にいたドアマンが迎え入れてくれました。フロントで先ほど荷物を預けた旨を伝えると、スタッフが荷物を持ってお部屋まで案内してくれました。その時に簡単な館内とお部屋の説明がありました。

通されたお部屋は8階にあり、10畳の和室に踏み込み、広縁、トイレが付いており、お値段は5月の休日、一人で泊まって1泊2食付きで16,200円(税込み)でした。畳はそれほど新しそうには見えませんでしたが、お部屋に足を踏み入れると畳の香りがしました。玄関の下駄箱や踏み込みの床、窓枠、床の間の床など木材を使った部分には経年による傷みがかなり目立つ箇所がありましたが、全体的には手入れが行き届いているようで、壁や障子、襖には汚れや傷みはほとんどなく、一見したところではきれいなお部屋という印象を持ちました。シンプルな和室ですが、床の間の壁が鶯色だったり、壁が下から上にかけて濃いグレーから淡いグレーへと色が変わっていたり、モダンな感じがしました。お部屋にはお風呂もついていましたが、小さめのユニットバスだったので入らずに展望風呂を利用しました。掃除もきちんとされていて埃などは見受けられませんでしたが、窓枠に楊枝が一本落ちていました。ただトイレの壁は汚れが目立ち、壁紙がはがれかかって黒くなっている箇所があったのが気になりました。また、たまたまかもしれませんが、廊下で小さい子供がキャーキャーと騒ぐ甲高い声が室内にいてもはっきりと聞こえ、うるさく感じました。

部屋の中央に置かれた座卓にはお菓子と緑茶のセットが置いてあったほか、冷蔵庫には無料のミネラルウォーターのペットボトルが1本入っていました。また、箪笥には羽織が1枚、浴衣が大、中、小とサイズ違いで1枚づつ、バスタオルが1枚用意してありました。ほかに洗面台にはタオル、歯ブラシ、櫛、剃刀が、浴室には「POLA」のバスアメニティが置かれていました。

展望浴場は最上階の10階に男湯「星の湯」と女湯「月の湯」があり、チェックインから24時まで(札止め23時40分)と翌朝5時半からチェックアウト(札止め9時40分)まで利用できました。バスタオルはありませんが、タオルはたくさん用意されていたので手ぶらで利用することが出来ました。展望風呂へのカメラや携帯電話の持ち込みは禁止されていたので写真はありませんが、大きな窓に面して20人近く入れそうな広い湯船があり、泉質はアルカリ性単純温泉で道後温泉本館と同じ源泉とのことです。展望浴場から階段を上がると屋上にある露天風呂へと続いています。こちらには大きな岩風呂のほかに、一人用の樽風呂が2つありました。周りには緑が植えてあり、もう終わりかけでしたが、つつじの花が咲いていました。道後温泉の街並みから遠く松山城まで望めて見晴らしもよく、季節柄気候も快適で、気持ちよく湯あみすることができました。

展望風呂のアメニティは綿棒や櫛など基本的なもののほかに、ローションやヘアリキッド類は「Paul Stuart」、「MARGARET JOSEFIN」、「SHISEIDO」の「THE AMENITY for men」、「POLA」の「GACHI」と数種類が用意されていました。バスアメニティは「KAO」のものでした。

展望風呂と同じ10階には湯上り処として利用できる展望ラウンジがあります。大きな窓に向かって椅子が置いてあり、眼下には道後温泉本館を見下ろすことができる絶好のロケーションでした。冷水が用意されているほか、ソフトドリンクとアルコールの自動販売機も置かれ、のんびりと湯涼みができました。

夕食は2階の「茶寮 花小路」で、和洋折衷の懐石コースをいただきました。全部で9品のお料理が出てきたのですが、特に印象に残ったのは土鍋で出される鯛飯です。土鍋ならではのお焦げも香ばしく、さすがお宿自慢の鯛飯とうたっているだけあって大変おいしく、お茶碗に3杯もいただいてしまいました。近くの席に座っていたリピーターの宿泊客が、これを目当てに来ていると言っていたのも納得です。ほかにも「瀬戸鮑と鮮魚の四点盛り」はマグロのまったりとした濃厚な味と鮑のコリコリとした歯触りが印象的でしたし、「伊予牛ステーキ 和風ソース」のお肉はとても柔らかく、お醤油ベースのソースでさっぱりといただくことができました。蜜柑風味のオリーブオイルをかけていただく「愛媛県産蜜柑鰤と蛤の和風ポトフ 春野菜と共に」はトマトの酸味としっかりとしたお出汁がマッチしておいしかったのです。ただ鰤はちょっと火が通りすぎて硬くなってしまっていたのに、野菜はまだ固い部分が残っていました。また「海老の五色揚げと白魚の筏揚げ」は結構冷めてしまっていて、サクサク感がほとんど感じられませんでしたし、「季節のデザート」に添えられていたのがホイップクリームだったので、ちょっとチープな感じがしました。

朝食は3階にある「LA CUISINE JAPONAISE 玻璃」でいただきました。お料理はブッフェスタイルで提供され、和と洋の品々が並びました。オープンキッチンになっており、目の前でオムレツを焼いてくれたり、おむすびを握ってくれたりと作りたてをいただくことが出来ました。愛媛名物のじゃこ天のほかに、オムレツには愛媛の特産品である柑橘類を使ったソースを合わせたり、ミカンの風味のお豆腐が出されたりと、地元の食材にこだわった料理がたくさんあり、興味深かったです。

サービスは良かったと思います。フロント横には石鹸の入った湯籠が置いてあり無料で貸し出してくれましたし、道後温泉本館のチケットも割引価格で販売していました。また、スタッフもみな丁寧な対応でよかったです。ドアマンの男性やレストランで席に案内してくれた男性はスマートでこなれた感じがしましたし、レストランで食事を運んでくれた女性スタッフは、気さくな感じで声をかけてくれ、話が盛り上がりました。

今回の滞在はとても満足できました。お部屋は10畳と一人で泊まるには広々としていましたし、お料理も量、質ともに満足できました。それに何といっても道後温泉本館と同じ源泉の、松山市内を一望できる展望風呂の気持ちよさが印象に残りました。サービスもよかったですし、お値段以上の価値があったと思います。

接客対応

こなれた対応をするスタッフもいれば気さくな感じのスタッフもおり、個人の個性がでていたと思います。みな心地よい対応をしてくれました。

清潔感

施設自体はそれなりの年月を経ているようですが、メンテナンスと清掃がきちんとされていてきれいな状態でした。

客室

シンプルで落ち着いた感じのお部屋ですが、壁の色などにデザインを感じました。

食事

懐石コースかブッフェスタイルを選べました。懐石コースは食べきれないほど量がありました。

コスパ

10畳のお部屋に一人で泊まれて、夕食に懐石コースがついて1万円台中盤というお値段はとてもお得感がありました。

立地

道後温泉が目と鼻の先という観光に便利な立地です。お部屋からは湯神社が見えました。

温泉・スパ

10階建ての最上階にあるので眺めがよかったです。特に露天風呂の解放感は素晴らしかったです。道後温泉本館と同じ源泉というのもプラスポイントだと思います。

備考・アドバイス

無料WIFIがあります。

お部屋はほかにも洋室、和モダン、エグゼクティブスイートがあります。

ホテル内は禁煙です。タバコを吸う場合は1階エントランス横の喫煙スペースを利用します。

お部屋の鍵はオートロックではありませんでした。

道後温泉 茶玻瑠周辺のホテル・旅館