ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

洋々閣

〒847-0017 佐賀県唐津市東唐津2-4-40
洋々閣
〒847-0017 佐賀県唐津市東唐津2-4-40
TEL: 0955-72-7181
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 に投稿 獲得票数:11 投稿者: tanuko222認証済
2018年3月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
美しい日本庭園を望む客室が自慢の、絶品料理と唐津焼を堪能できる老舗の宿

素潜りで有名なフランス人ダイバー、ジャック・マイヨール氏も度々訪れたという、明治26年創業の老舗の宿です。3月の平日に一名で宿泊し、一泊二食付きで29,160円(税込)でした。

バスを降りて少し歩くと、閑静な住宅街の中に、そこだけタイムスリップしたかのような、風情ある建物が見えてきます。チェックイン時間より30分ほど早く着きましたが、仲居さんにお声がけすると、快く中に通していただきました。フロントで記帳後、ラウンジにて珈琲をいただきます。この間、先程の仲居さんが気さくに話しかけてくださり、一人旅の緊張感がほぐれていきました。少し落ち着いてからお部屋にご案内いただき、改めて、温かいお茶と唐津銘菓の「さよ姫」という、和三盆のお菓子をいただきました。

こちらの宿には、1,800坪もの敷地に趣の異なる20の客室があり、今回宿泊したのは二階の「壱州」という、長崎県の壱岐の旧名にちなんだ名のお部屋でした。10畳の和室に広縁、洗面スペース、バス、トイレがついており、広縁や洗面スペースは広く、開放感があります。和室には炬燵が置かれており、とても寒い日だったので重宝しました。窓からは、樹齢200年という黒松が群生する庭園が一望でき、ずっと見ていても飽きない程の美しさです。

お部屋の備品は一通り揃っていましたが、金庫はないため、貴重品袋に入れてフロントに預ける形になります。冷蔵庫には、無料のミネラルウォーターが一本ありました。葉書と共に切手が用意されていたり、裁縫箱や消臭スプレーがあったりと、細かな備品が充実しており嬉しく感じました。

アメニティはPOLA製の基礎化粧品が揃っており、こだわりがなければ持参は不要かと思います。お風呂は一般的な浴槽ですが、レース付きの窓がある明るい雰囲気で、「igrass」という、い草の香りのバスアメニティが揃っていました。浴衣はS~Lサイズまで一枚ずつ、バスタオルや歯ブラシは二人分用意されています。どれも上質なアメニティだと感じましたが、お風呂用の籠や巾着袋がないのは少し不便に感じました。

明治、大正の面影を残す純和風の館内は、著名な建築家、柿沼守利氏が、伝統を守りながらも快適に過ごせるよう、長年に渡り改修を重ねてきたものだそうです。特にラウンジは、重厚さの中にも、どこかモダンな雰囲気を感じる素敵な空間です。こちらには、宿のご主人の親戚のデザイナー、永井敬二氏がセレクトされたという優しい形の藤椅子が置かれており、これらの椅子に座りながら豊富な蔵書に目を通すのは、とても幸せな時間でした。フロント横にあるセルフサービスの珈琲を持ち込むこともできるのも嬉しく思いました。

また、こちらの宿には唐津焼の陶芸家、中里隆氏とその長男の太亀氏の作品が飾られている「隆太窯ギャラリー」が二室と、次女の花子氏の「mono hanakoギャラリー」があり、購入も可能です。価格もリーズナブルな物から揃えられており、焼き物好きな方はもちろん、そうでない方にもおすすめです。

お風呂は大浴場が二箇所あり、宿泊客の男女比に応じて、どちらのお風呂か決めるそうです。夜は23:30まで、朝は6時から利用が可能でした。広々とした檜の香りが心地よいお風呂は、温泉ではありませんが、麦飯石を通したお湯で、身体の芯から温まるようでした。バスタオルは部屋から持参が必要ですが、浴用タオルは豊富に用意されており、アメニティも客室と同じものが用意されていました。

夕食はお部屋食です。通常は玄界灘の海鮮料理が中心のコースですが、九州で最初にしゃぶしゃぶを始められた、お肉料理にも定評がある宿とお聞きしたため、事前にしゃぶしゃぶのコースに変更をお願いしました。

最初に、タラの芽やヨモギなど春を感じる食材が使われた前菜と、高級魚「きじはた」や鮪の新鮮なお造りをいただきます。丁寧に作られたお料理が唐津焼と合い、目にも楽しい品々でした。

次に、メインのしゃぶしゃぶをいただきます。花びらのように美しく飾られた佐賀牛と色とりどりの野菜は、一人分とは思えない程ボリュームがありました。女将さん以外レシピを知らないという秘伝のゴマだれは、適度に酸味があり、驚くほどお肉が進みます。途中ニンニクの擦りおろしを入れると風味が変わり、最後まで美味しくいただくことができました。〆の雑炊とデザートの苺のムースも美味しく、素晴らしい夕食を、心行くまで堪能することができました。

朝食は、お庭が美しく見える広い会場でいただきました。唐津名物「川島豆腐」のざる豆腐や、焼きたての鯵のみりん干しなど、地産地消にこだわったお料理が並びます。宿の定番という大麦100パーセントのお粥は、じんわりと身体に染みていくような優しい味で、朝から食が進みました。白米への変更や、お粥と白米の両方をいただくことも可能でした。

唐津を代表する老舗旅館なので、改まった気持ちでうかがいましたが、仲居さんは、つかず離れずの接客が気持ちのよい方ばかりで、一人旅でも安心して滞在することができました。宿全体に流れる、ゆったりとした優しい雰囲気も心地良く、最後は宿を去りがたく感じる程でした。次はぜひ、評判の海鮮料理をいただきに再訪したいと考えています。

接客対応

朗らかな笑顔と、細やかなおもてなしが印象に残る、心温まる接客でした。

清潔感

長い伝統を持つ宿ですが、どこも美しく保たれ、建物を大切に維持されている様子が伝わってきました。

客室

美しい日本庭園を望むことができる、趣ある客室でした。

食事

秘伝のたれにつけていただく「しゃぶしゃぶ」はボリュームがあり、上質な佐賀牛を心ゆくまで堪能することができました。

コスパ

お部屋や食事内容等を考えると、良心的な価格設定だと感じました。

立地

中心街からは少し離れた住宅街にありますが、その分静かで落ち着いた立地です。唐津城や虹の松原に近く、観光にも便利でした。

温泉・スパ

檜の香りが心地よいお風呂は、温泉ではありませんが、麦飯石を利用しており、体の芯から温まりました。赤ちゃんや高齢の方に配慮した椅子や備品も充実していました。

備考・アドバイス

・時期により、アラ、フグ(冬場)、オゴゼ(夏場)等の特別料理をご注文いただくことができます。

・貸し自転車が三台あり、市内の観光に便利でした。

・無料で利用できるパソコンがあります。お部屋ではWi-Fiが快適に利用できました。

洋々閣周辺のホテル・旅館