ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

水野旅館

〒847-0016 佐賀県唐津市東城内4-50
水野旅館
〒847-0016 佐賀県唐津市東城内4-50
TEL: 0955-72-6201
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.7 に投稿 獲得票数:10 投稿者: tanuko222認証済
2018年3月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
全室から唐津湾の絶景を望む、海鮮料理が自慢の生簀のある料理旅館

唐津城のほど近く、「石垣の道」という散歩道沿いに建つ、8室のみの宿です。3月の平日に一名で宿泊し、一泊二食付きで24,800円(税込)でした。一名で宿泊する場合、宿のHPや宿泊サイトでは予約を受け付けていないため、直接宿に電話をして予約しました。一人部屋の追加料金は3,000円のみとのこと、良心的な価格設定だと感じました。

宿の入口には、国の登録有形文化財に認定された武家屋敷門が建っています。唐津の初代藩主である寺沢公が、約400年前に名護屋城から移し築いた門とのこと、大変趣があり、しばし見とれる程でした。

門をくぐるとよく手入れされた庭があり、玄関からはロビーに飾られた雛人形が見えました。フロントはないため、その場で声をおかけすると、仲居さんが温かく迎えてくださいました。すぐに部屋に通していただき、本格的な抹茶と唐津銘菓「松露饅頭」をいただきながら、チェックイン手続きを行います。

今回宿泊したのは「梅」という入口近くのお部屋で、十畳の和室に広縁、三畳半の茶室、バス、トイレ、洗面という間取りでした。玄関を入ると土間が続いており、沓脱石で履物を脱ぎます。数寄屋造りの落ち着いた和室に入ると、唐津湾の絶景が窓一面に広がり、その美しさに、思わず感嘆の声を上げてしまう程でした。茶室を利用する機会はありませんでしたが、小さな花が活けられた趣ある空間でした。

お風呂は、香りの良い檜の浴槽で、シャンプー類はDHC製のものでした。洗面所にはPOLAの基礎化粧品が一通り揃っていたので、特にこだわりがなければ持参は不要かと思います。

館内は小ぢんまりとしていて、共用施設はほとんどありませんが、美しい中庭を散策したり、館内の至る所に飾られたお花を眺めたりと、ゆっくりと過ごすのも贅沢な時間だと感じました。また、お風呂の手前には五つの生簀があり、そのスケールの大きさに驚きました。特に何十匹もの烏賊が泳いでいる姿は圧巻で、夕食が待ち遠しい気持ちになりました。

お風呂は中浴場、小浴場の二箇所あり、この日は中浴場が女性用で、男女の交換はありませんでした。夜は23時頃まで、朝は6時頃から利用できます。浴槽は檜でできており、温泉ではないものの、麦飯石を通したお湯は柔らかく、身体がよく温まりました。ただ、窓の中程まで曇りガラスで覆われているため、海はあまり見えません。また、中浴場でも狭く感じたので、小浴場の場合、他の宿泊客と一緒になると、落ち着いて入浴できないのではと思いました。

シャンプー類は、客室と同じDHCに加え、資生堂「ツバキ」も揃えられており、脱衣所には女性用のPOLAの基礎化粧品の他、男性用の「ポール・スチュアート」の化粧水やヘアケア製品も用意されていました。また、浴用タオル、バスタオル共に豊富に置いてあり、手ぶらでお風呂を利用できるのも便利でした。

夕食は、玄界灘で採れた新鮮な海の幸が味わえる会席料理です。特に、烏賊の活き造りは、ほとんどのコースに含まれる宿の名物です。期間限定の「白魚の踊り食い」も人気だとお聞きしましたが、私はどちらも苦手なため、事前にお電話でお伝えしていました。

食事は二食ともお部屋食で、美しい海を見ながら、ゆっくりといただくことができます。お品書きは、美しい毛筆で書かれており、細やかなおもてなしを嬉しく感じました。

コースの初めには「とんさんなます」(殿様刺身)と呼ばれる、柄杓のような容器に盛られた平目のお刺身と、白魚に数の子を和えた「白魚の黄金和え」が並べられます。どちらも魚の新鮮さがうかがえる、大変美味しい一品でした。その後は、鮑、烏賊のお造りが続きます。烏賊のお造りは女将さんがお持ちくださり、その際に丁寧なご挨拶がありました。活き造りではないものの、生簀の烏賊をさばいてからすぐ、動いている部分を除いてお持ちいただいたとのこと、透明で美しくコリコリとした食感で、普段食べている刺身とは全く別物のような美味しさでした。器には有田焼や唐津焼が使用されており、目にも美しい新鮮な海鮮料理を、心行くまで堪能することができました。

夕食後しばらく経つと、仲居さんがお布団を敷いてくださいます。寝具にもこだわりがあり、特に枕は、備長炭パイプと楠チップを使ったオーガニックコットン枕で、大変寝心地良く感じました。

朝食は「朝からつごはん」と呼ばれ、唐津名物の「魚ろっけ」というカレー味のコロッケや、地元、川島豆腐店の「ざる豆腐」など、地産地消にこだわったお料理が並びます。唐津産の材料を使ったちりめん山椒や、上質な佐賀のりも美味しく、ご飯がどんどん進みました。また、夕食の際は「八女茶」、朝食の際は「七山茶」と、違うお茶を淹れていただき、風味の違いを楽しむことができるのも嬉しく思いました。

二日間を通じ、新鮮な海鮮料理と丁寧なおもてなしに、心から満足することができました。美しい景色を見ながら美味しい料理をいただくという、シンプルかつ究極の贅沢を思う存分味わうことのできる、貴重な宿だと感じました。

接客対応

仲居さんは、柔らかな印象の方が多く、丁寧な接客が心に残りました。

清潔感

歴史を感じる建物ですが、どこも丁寧に清掃されており、清潔感がありました。

客室

唐津湾の絶景を望む客室は、開放感があり、ゆっくりとくつろぐことができました。茶室もあるので、興味のある方におすすめのお部屋です。

食事

館内に生簀があるため、新鮮な海鮮料理を堪能することができました。

コスパ

一名で宿泊する場合の追加料金は三千円のみで、良心的な価格だと感じました。

立地

唐津城のふもとにあり、海も目の前という、素晴らしい立地です。唐津の中心街へも近く、観光にも便利かと思います。

温泉・スパ

温泉ではありませんが、麦飯石を使っているため、肌に優しく温まるお湯でした。ただ、少し狭いので、他の方と一緒にならないように気を遣いました。

備考・アドバイス

・お部屋に金庫はないため、貴重品は「貴重品袋」に入れて、宿の方に預ける形になります。

・夕食の開始時間は17時以降20時まで、朝食は7時以降9時までです。

・お部屋のファイルの「貸出本リスト」の中から、本をお借りすることができます。児童書や漫画、小説、唐津焼ガイドなど、バラエティに富んだラインアップでした。

・小さな売店があり、自家製の「イカの塩辛」や、朝食でいただいた「ちりめん山椒」、水野旅館限定の唐津焼きの箸置きなどを購入することができます。

・唐津駅までは徒歩で15~20分程です。平坦で歩きやすい道なので、散策しながら駅に向かうのもおすすめです。無料の貸し自転車も利用できます。

・夕食は、ボリュームのある佐賀牛付きのコースや、豪華な伊勢海老付きのコースなど、多くのプランが用意されており、減塩やアレルギー等も細やかにご対応いただけるようです。ご希望のある方は、事前に宿にご相談されることをおすすめいたします。

・オーシャンビューの内風呂付きの「姫」や、唐津城の見える「城」、唯一旧館にある広々とした「百合」など、様々なお部屋があるので、HPやお電話でよくご確認いただくことをおすすめいたします。

水野旅館周辺のホテル・旅館