ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

海里村上

〒811-5556 長崎県壱岐市勝本町立石西触119-2
海里村上
〒811-5556 長崎県壱岐市勝本町立石西触119-2
TEL: 0920-43-0770
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 に投稿 獲得票数:15 投稿者: すしねこ認証済
2017年5月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
新鮮な海の幸が堪能でき金柑色の温泉がある離島のリゾート旅館

長崎県の壱岐という離島に位置し、福岡と佐賀からは船で、または長崎から飛行機でアクセスできる島です。船は便によって発着港が異なり、レンタカーやバスを利用される方は、予約時にご注意ください。

宿に事前連絡すると、タクシーを特別料金で手配できるそうですが、私は路線バスで向かいました。本数は少ないものの宿の前に停車し、時間が合えば便利な交通機関です。バス停は湯の本温泉ではなく、国民宿舎前が最寄りになります。

到着するとロビーでウエルカムドリンクが用意され、乾いた喉を癒やしながら手続きをおこないました。ソフトドリンクのほかに、アルコールも用意されていました。大理石張りのロビーには、洋風の調度品が配され、豪華なリゾートホテルを彷彿させる雰囲気です。

宿泊したのは和室Aタイプになり、平日1名2食付きで45,000円でした。全室オーシャンビューとなっており、Aタイプは和室10帖に広縁とシャワールームが付いて41平米の広さでした。一部、経年劣化を感じる部分があるものの、丁寧な清掃が行われているのが分かりました。

シンプルなデザインの客室ながら、琉球畳を使った和室や海を眺めるための大きな窓、調度品にまでもこだわりが見られます。特に、手に取るように海が眺められる窓は、部屋に居ながら最高の風景が堪能できました。しかし、レースのカーテンしかないために、早朝は明るくて目が覚めるのは難点に感じます。

アメニティは基本的なもののみとなり、基礎化粧品類は用意がありませんでした。ただし、大浴場には一通り用意されているため、客室でも必要な方は持参されることをお勧めします。シャワールームは利用はしなかったものの、バスアメニティに「ロクシタン」のボディクリームも含めたものが用意され、女性にも喜ばれる品ぞろえだと思いました。

大浴場は男女別に用意され、造りは同じために入れ替えはありませんでした。それぞれ内風呂と露天風呂、サウナが併設されており、タオル類はすべて用意されていました。利用時間は深夜1時まで、朝は5時から11時までとなっています。

お湯は奇麗な金柑色の温泉で、露天風呂からは眼下に迫る海を眺めながら入浴が楽しめます。目の前の堤防から見える場合があるので、入浴の際にはやや注意が必要だと思われます。金柑色と藍色のコントラストが美しく、素晴らしい眺めの開放的な露天風呂でした。温泉は加水加温を行わない、かなり贅沢な100%源泉掛け流しです。

夕食は18時から19時の30分刻みで選べ、和食レストラン「和佳」での提供となります。夕日百選に選ばれた風景を眺められるレストランで、刻々と変わりゆく姿を満喫できます。カウンター席になってしまいますが、窓に映し出されるドラマチックな夕暮れは、天然の絵画そのものでした。

主に玄界灘で取れた新鮮な魚介類を使った料理が並びました。透き通った剣先烏賊のお刺身、天然サザエの香草バター焼きなど、どれも甲乙をつけがたいおいしさでした。サザエ料理は、香草を使ってあるために臭みがなく、サザエが苦手な私もおいしく食べられました。高級食材の天然鮑は、しゃぶしゃぶと炭火焼の2種類が楽しめ、柔らかいながらも天然物の歯ごたえある鮑を味わえます。ご飯ものは数種類からの選択となりますが、違う品でおかわりを勧めてくれるなど、うれしい心配りがありました。

カウンターの中では、板前さんが食事のペースを見ながら、料理を用意してくださいました。絶妙なタイミングと、ほかのスタッフの素晴らしい応対も相まって、心に残る夕食の時間を過ごせました。壱岐ならではの麦焼酎も各種用意され、料金も手ごろなために、いろいろ試せるのがうれしいです。

朝食は和食か洋食の選択となり、時間は7時から9時までの30分刻みとなります。和食は「和佳」、洋食は「naomi」で提供されました。洋食は特製の野菜ジュースに始まり、イサキのポアレやオコゼ料理も用意されるなど、朝食としては手が込んでいました。一般的な洋食のアメリカンブレックファーストと異なり、コース形式でゆっくりと味わえる提供の仕方でした。

壱岐でリゾート気分を味わえ、オーシャンビューを満喫することを主体にしたリゾート旅館です。客室数も15部屋と少ないために、ざわつかず落ち着いた滞在ができます。最初は割高に感じましたが、最大22時間滞在ができる利用時間の長さや、高級食材がそろった素晴らしい料理など内容は充実していました。新鮮な天然の海の幸が満喫できるので、魚介類が好きな方にはたまらない宿だと思います。

接客対応

特に夕食時の和食レストランのスタッフは、応対が素晴らしかったです。チェックインなどのスタッフは、やや事務的な応対に感じました。

清潔感

とても丁寧に清掃が行われていました。館内どこを利用しても、奇麗だった印象があります。

客室

目の前を遮るものがないオーシャンビューでした。シンプルな客室ですが、和室にシャワーブースのみというのは、好みが分かれると思います。

食事

新鮮な玄界灘の海の幸を、目の前で料理していただけます。島内一貫生産の幻の壱岐牛も味わうことができました。

コスパ

食事内容は天然物が多く素晴らしい内容でした。しかし、離島であることと部屋の広さの割に、やや割高に感じます。

立地

全体的にのんびりとした島で、夕日百景に選ばれた素晴らしい場所に建っています。

温泉・スパ

美しい金柑色の温泉で、加水加温を行わない100%源泉掛け流しです。オーシャンビューの露天風呂が開放的でとてもよかったです。

備考・アドバイス

宿から北上したところにある勝本より、無人島「辰の島」への船が出ています。渡船以外に遊覧コースもあるので、エメラルドグリーンの海に囲まれた辰の島巡りは、ぜひ訪れてみてください。車以外に路線バスでのアクセスも可能です。

博多~壱岐間は、フェリーのほかに高速船のジェットフォイルが運航しています。船酔いが心配な方は割高になりますが、ジェットフォイルの方が揺れが少なく酔いにくいと感じられます。

壱岐は麦焼酎発祥の地と言われており、「壱岐」という銘柄の焼酎は飲みやすく美味でした。

海里村上周辺のホテル・旅館