ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

全室半露天風呂つき 山もみじの宿 八芳園の口コミ・宿泊記

1位

全室半露天風呂つき 山もみじの宿 八芳園

〒865-0061 熊本県玉名市立願寺627
1位/10件中 - 玉名の旅館
全室半露天風呂つき 山もみじの宿 八芳園
〒865-0061 熊本県玉名市立願寺627
TEL: 0968-72-2161
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.1 に投稿 獲得票数:10 投稿者: takechan
2017年1月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
半露天風呂付の和モダンの贅沢な部屋で料理長心尽くしの創作会席が堪能できる宿

「山もみじの宿 八芳園」はその名の通り、もみじの新緑や紅葉で有名な宿です。シーズン中はほとんど満室で予約が取れず、大寒を迎えた1月下旬に夫婦二人で宿泊しました。「厳選 美味少量」プランを選び、平日一泊二食付き二人で56,000円(税・サ・入浴税込)でした。

 当日は車で向かい、大きな看板のお蔭で迷うことなく駐車場に着くことが出来ました。車を降りるとすぐに男女のスタッフに迎えられ、荷物を持って母屋に案内していただきました。

 天井が高くて解放感のある広々としたロビーでは、組格子やもみじをモチーフにした壁などの趣のあるインテリアを見て、この宿の格式の高さの一端を垣間見た気がしました。フロントで記帳を済ませ、ベテランの仲居さんに途中の施設の説明を受けながら、部屋まで案内していただきました。

 宿泊棟へ向かう途中には「暖和室」という広い部屋があり、自分で淹れたコーヒーなどを飲みながら、ソファーで寛ぐ事が出来ます。宿泊棟は西館と南館の2棟がありますが、南館は一番奥に位置していて、道路の喧騒とは無縁の静かな所です。南館3階の「月」という名の部屋に着くと、既に暖房が入っていました。暖かい部屋で仲居さんに設備やお風呂の使い方等を丁重に説明を受けた後、緑茶と地元の銘菓を振舞っていただきました。

 南館の部屋は全てが100平方メートルと広く。贅沢な造りになっています。「月」は全体がダークグレイの天井と純白の壁で統一され、コントラストが素敵でした。14畳のリビングはメープル色のフローリングと広い窓の組み合わせで、解放感抜群です。4人は充分に座れるソファーに掛けて、40インチのテレビでDVDを楽しむ等、まったりした時を過ごす事が出来ました。

 部屋付きの半露天風呂は檜の浴槽で、二人で入っても余裕がある大きさです。無色・無臭の単純泉で肌触が柔らかく、何回も湯あみを楽しみました。24時間掛け流しで、加水バルブや温度調節バルブで好きな湯温に調節できます。シャワールームにはポーラのバスアメニティの他、地元の馬油洗顔フォーム等が備えてありました。シャワールームには暖房がありませんので、冬場は浴室のドアを開放して浴槽の湯気で暖めるのがお勧めです。

 パウダールームの化粧台には女性用の基礎化粧品がボトルで準備されていますが、男性用はありません。アフターセェーブローション等が必要な場合は、大浴場の物を利用する必要があります。バスタオル等はパウダールームに一人一枚、その他に寝室のクローゼットに2枚ありますので、温泉三昧にも充分でした。

 寝室も14畳と広く、中央の8畳の琉球畳の上にクイーンサイズのローベッドがあります。ベッドの両サイドの余裕のあるスペースや、程よい硬さのマットレスなどのお蔭で、伸び伸びと休息する事が出来ました。クローゼットにはパリッと糊の効いた浴衣と、肌触りの良いパジャマが準備されています。執務机にはタブレットPCや32インチのテレビがあり、充実した夜を過ごす為の工夫が嬉しかったです。

 夕食は部屋食で、リビングに隣接し2面を竹格子で仕切られたお洒落な和室にて頂きました。6畳の琉球畳の和室には、真ん中に掘り炬燵形式のダイニングテーブルがあって、足を延ばしながら楽に食事を摂る事が出来ました。最初に配膳された「季節の小鉢盛り合わせ」の一皿、「蕪のすり流し」を口にした途端その繊細な味で、板長さんのきめ細やかな心配りを感じ取る事が出来ました。仲居さんは絶妙なタイミングで、素材や調理法などを説明しながら一品一品を配膳してくれて、お酒好きにとって至福の時間が流れていきます。中でも烏賊の白子の真丈や海老芋の煎りだしは、素材の味を活かした薄めなのに奥の深い味付けで、大好きな冷酒にぴったりの逸品でした。メインの黒毛和牛の陶板焼きには、宮崎県のチャンピオン牛を使っているという事で、その柔らかさと深い味わいに、二人とも唸ってしまいました。〆の鯛茶漬けの出汁を目の前で温めて、熱々が食べられる趣向は、まさにこの宿のおもてなしの心が現れていました。プランの名前の通り、厳選した素材に丹精込めた少量の品々は、私達小食家にはぴったりでしたが、健啖家の方は別のプランを選ぶ方法もありそうです。

 大浴場は男女別々で入れ替えはありません。石造りの内湯の周りは畳敷きになっていて、冷たさを感じない造りになっています。檜造りの露天風呂も併設されていて、裏山の景色を愛でながら湯あみが楽しめます。大浴場にはタオル類の準備がありませんので、クローゼットの籠とバスタオルを持参ください。

 朝食も和室まで運んでいただきます。2段重に入った小鉢や地元の名産南関揚げの味噌汁で、粒立ちの良い地元産のお米を釜で炊いた美味しいご飯を頂きました。特にハランに包んで蒸した野菜はとても美味しくいただきました。

 創業100年以上の老舗の純和風旅館が、8年前に和モダンにリニューアルして、見事に大変身した宿です。老舗旅館のきめ細やかなおもてなしと、モダンなホスピタリティが上手く調和していて、心地よい滞在ができました。南館は大人専用ですが、西館はお子様ウエルカムとの事、カップルでのおこもりにも、ご家族で賑やかに滞在するにも、お薦めの宿です。

接客対応

老舗旅館のきめ細やかなおもてなしと、モダンなホスピタリティが上手く調和しています。ベテランの仲居さんの親切な対応に深謝です。

清潔感

リニューアル後8年経過しているにも拘わらず、清掃やメンテナンスが行き届いています。檜の浴槽の老朽化が少しだけ気になりました。

客室

客室の総面積が100平方メートルと広く解放感抜群でした。ダークグレーの天井と純白の壁のコントラストがモダンです。竹の格子もピカピカで素晴らしい組み合わせです。

食事

関西で修業された板長さんの心意気が伝わってくる素晴らしい料理が絶妙のタイミングで配膳され最高でした。日本酒の品揃えが少ないのは酒飲みには寂しかったです。

コスパ

広い部屋を二人占めして温泉三昧ができ、美味しい料理を頂いて、一人¥28,000は最高です。

立地

車の場合は高速のICから15分程度、公の交通機関ですとJR新玉名駅からタクシーで10分弱です。熊本市内や山鹿等の観光地へも1時間以内の距離です。

温泉・スパ

立願寺温泉の名湯が24時間掛け流しでプライベートな半露天風呂で楽しめます。

備考・アドバイス

・Wifiはフリーアクセスです。
・DVDプレーヤーがありますが、コンテンツの貸し出しがありませんので、ご自分のDVDを持参される事をお勧めします。

道路側からみた駐車場等母屋の前庭等母屋の長い庇母屋の玄関ロビーのフロントロビーロビーロビーのお土産コーナー暖和室の入口暖和室の内部暖和室横の自動販売機「月」の表札「月」の玄関玄関から和室とリビングを望む緑茶と地元の銘菓玄関側から見たリビング和室側から見たリビング和室側から見たリビング窓側から見たリビングソファー側から見たリビング窓側から見たリビング客室玄関わきの生花緑茶セットコーヒーセット湯沸かしポット冷蔵庫冷水ポットエスプレッソマシーン加湿器付き空気清浄機リビングの40インチテレビDVDプレイヤー玄関から見た半露天風呂シャワールーム檜の浴槽檜の浴槽掛け流しの出湯口温度調整用のバルブポーラのバスアメニティ馬油洗顔フォーム等パウダールームの洗面化粧台洗面ボールヘアドライヤーパウダールームのタオル類女性用の基礎化粧品歯磨きセット等玄関側から見た寝室クローゼット側から見た寝室執務机側から見た寝室クイーンサイズのローベッド窓側から見た寝室寝室の執務机寝室の加湿器セーフティボックス浴衣パジャマ予備のバスタオルトイレリビングから見た和室和室和室和室和室の竹格子越しに見たリビング和室の飾り棚夕食 季節の小鉢盛り合わせ夕食 蕪のすり流し夕食 馬肉のたたき夕食 お品書き夕食 小鉢夕食 カモ肉の燻製等お酒類のメニュー夕食 お造り夕食 烏賊白子真丈夕食 鰆と銀鱈の杉板焼き夕食 海老芋煎りだし夕食 黒毛和牛の陶板焼き夕食 鯛茶漬け夕食 鯛茶漬けの出汁夕食 鯛茶漬け夕食 デザートとコーヒー大浴場 入口大浴場の洗面化粧台大浴場 ベビーベッド大浴場 内風呂大浴場 露天風呂大浴場 洗い場大浴場の男性用化粧品母屋の中庭リビングから見えるライトアップされた庭リビングから見た庭朝食 2段重の小鉢朝食 焼き鮭朝食 揚げ出し豆腐朝食 香の物等朝食 きんぴら等朝食 明太やおなます朝食 ハラン包み蒸し朝食 ハラン包み蒸し野菜朝食 南関揚げの味噌汁朝食 釜炊きご飯朝食 デザート