ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

露天風呂付き離れの宿 南阿蘇俵山温泉旅館 竹楽亭

〒869-1411 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰3208-1
露天風呂付き離れの宿 南阿蘇俵山温泉旅館 竹楽亭
〒869-1411 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰3208-1
TEL: 0967-67-1212
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 に投稿 獲得票数:4 投稿者: ぴょん認証済
2019年1月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
5000坪の敷地にわずか14室、全客室に露天風呂が備わる竹あかりの美しい旅館

1月初旬に南阿蘇を訪れました。阿蘇の雄大な風景を1度見てみたいと思い、今回の訪問を決めました。大人2名1泊2食付きと幼児1名寝具食事なし(無料)で33480円(税・サ込)の宿泊料金でした。前日に宿泊を決めましたが、丁寧に確認の電話を下さり安心して伺うことができました。

お宿へは車で向かいました。田園風景の中を進みますが、分かりやすい看板など見当たらず少々迷ってしまいました。エントランスに到着すると係の方が駆け寄ってきて、てきぱきと荷物を運んで下さいます。その後駐車場に車を停め、趣のある純和風の門をくぐり受付へ向かいます。エントランスや受付に施された艶やかなお正月飾りが華やかな雰囲気です。ロビーには美しい竹細工や、重厚感のある応接セットがセンスよく配置されています。簡単に記帳を済ませた後、館内の説明を受けながらお部屋へ案内して頂きます。

5000坪を誇る敷地内に、離れ形式の客室が点在しています。敷地内の移動は多少傾斜を伴いますので、足腰に不安のある方はご留意下さい。客室へ向かう回廊には熊本地震からの復興を願って灯される竹あかりが施され、ライトアップされるととても幻想的な雰囲気です。客室前には手入れの行き届いた綺麗な庭園、東屋や池など広大な敷地を活かした贅沢な和の空間が広がっています。

客室は、和室6室・洋室4室・和洋室4室の計14室あります。今回12畳の和室を予約していましたが、ご厚意でより広い16畳の和室「さくら」に案内して下さいました。熊本地震で被災した後、2年前に全面改装しているためまだ新しさを感じます。あたたかい雰囲気の間接照明が灯された和モダンな客室に、生け花が飾られていておもてなしの心を感じます。16畳の和室ですがダウンフロアがあることで、メリハリのあるデザインの客室でした。

全ての客室に露天風呂が備わります。部屋ごとに設えが異なるようですが、「さくら」の露天風呂は親子3人でゆったり浸かれる程度の広さがありました。脱衣スペースと洗い場が外にありましたが、冬季は寒さが厳しいため利用が難しいように感じます。洗面所にもう少し広い空間と、室内シャワールームがあれば尚良かったと思います。温泉は41℃程度に保たれており、湯あたりしずらいマイルドなお湯です。庭の緑を眺めながら、思い立った時にいつでも湯浴みを楽しめ贅沢な時間を満喫できました。

羽織・浴衣・足袋の用意があります。その他必要なアメニティ類はほとんど客室に揃っていますので、特別にこだわりが無ければ準備する必要は無さそうです。バスタオルと小さなタオルが1枚ずつあり、こちらは大浴場へ持参する必要があります。空の冷蔵庫があり自由に利用できます。ドリップ式のコーヒーやティーパックの緑茶が豊富に準備されていましたので、滞在中飲み物に困ることはありませんでした。また、大浴場前に自動販売機がありますので、そちらで購入も可能でした。

男女別の大浴場があります。こちらは日帰り入浴も受け付けており、日中は多くのゲストで賑わっていました。静かに入浴を楽しみたい方は、夕食後の利用が良いかも知れません。脱衣所は広く清潔感があり、石の内風呂と自然に囲まれた広大な露天風呂が備わります。男性の露天風呂には石でできた碁盤が設置されており、碁を楽しみながら入浴できるそうです。露天風呂は適温に保たれており、広い空と緑を眺めながらの湯浴みは至福のひとときでした。

宿泊者専用の貸切洞窟風呂があります。こちらは脱衣スペースと浴槽のみの造りで、空いていれば自由に利用できました。温度は少し熱めで、特に眺望もありませんので今回は利用しませんでした。

夕食は個室の食事処で頂きます。夕食の時間帯に合わせてしっかりと室内が暖められていたことが嬉しかったです。お料理は阿蘇の新鮮食材を活かした和風会席料理が並びます。阿蘇のブランド和牛「あか牛」の陶板焼きでは、脂肪分の少ない風味が豊かな赤身のお肉を堪能できます。御出汁がしっかり効いた「ふろふき蕪」や「伊勢海老のりんごグラタン」などが気に入り、どれも美味しく頂けました。

朝食は優しい味付けのお料理が多く、豆乳鍋は御出汁の風味と豆乳の甘味が絶妙に絡み合い絶品でした。個人的には佐賀名物の「いかしゅうまい」を頂けたことがとても嬉しかったです。

スタッフの方は数名のみ接しましたが、総じて丁寧な接客対応が好ましかったです。客室案内時は雑談を交えながらにこやかに接してくださり、到着時からとても気分良く過ごすことができました。チェックアウト時に鍵の返却を忘れてしまいましたが、途中まで取りに来て下さるなど親切な対応をして頂けました。

阿蘇山の麓で自然を身近に感じながら、リラックスした時間を過ごすことができます。離れ形式のためプライベート感があり、清潔感のある露天風呂付き客室で贅沢な時間を過ごすことができました。おこもりステイを楽しみたいカップルから、お子様連れのファミリーやご年配の方まで、幅広くおすすめできる温泉旅館だと思います。

接客対応

フロントスタッフの方は皆さん丁寧でスマートな接客が好印象でした。お食事担当の方は堅苦しさがなく、リラックスしてお食事の時間を楽しむことができました。

清潔感

震災後にリニューアルオープンしてから1年半と日が浅く、改装された室内は清潔感が溢れています。館内はどこも清掃が行き届き快適に過ごすことができました。

客室

「さくら」は16畳の和室です。8畳の和室部分とダウンフロアに分かれており、デザイン性も良く使いやすい空間でした。テラスと客室露天風呂が備わります。

食事

プライベート感のある個室で季節の会席料理を頂けます。地元の特産品である阿蘇赤牛の陶板焼きはヘルシーな赤身肉で、お肉本来の旨味を感じられる1品です。

コスパ

広い客室露天風呂と、見た目も味もボリュームも満たされる会席料理に満足できます。料金以上の満足度を得ることができ、コスパは非常に良いと感じます。

立地

阿蘇観光に便利な立地です。辺りは静かな田園地帯で、緑に囲まれて静かな時間を過ごすことができます。

温泉・スパ

男女別の大浴場があり、大きな露天風呂は開放感抜群です。男性の露天風呂にはユニークな囲碁板が設置されているそうです。全ての客室に専用の露天風呂を備えています。

備考・アドバイス

チェックインは15時半、チェックアウトは11時です。

Wi-Fiは一応ありましたが、繋がり方はいまいちでした。

1月7日~3月1日は冬季期間のため、大浴場の露天風呂を閉鎖しています。客室の露天風呂は利用できるそうです。

夕食は18時か18時半スタートです。

朝食は8時か8時半スタートです。

大浴場の利用時間は15時半~22時半、翌朝6時半~9時半です。

洞窟風呂の利用時間は15時半~24時です。

幼児(寝具食事なし無料)でしたが、お茶菓子の他、バスタオルや浴衣の用意があり、夕食時にはご飯とコーンスープ、デザートのプリンも頂けました。その他客室にオムツペールやベビーソープの準備がありました。

宿泊者への電気自動車貸し出しサービスがあります。

食事処の個室は、2~4名対応の畳にテーブル席のお部屋や、大人数に対応できる座卓のお部屋まで様々あるようでした。

池にはマガモと鯉が飼育されており、フロントで頂いた餌をあげることができました。