ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

湧き水と創作料理の宿 つるや

〒869-2612 熊本県阿蘇市一の宮町宮地1873
湧き水と創作料理の宿 つるや
〒869-2612 熊本県阿蘇市一の宮町宮地1873
TEL: 0967-22-0102
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.2 に投稿 獲得票数:20 投稿者: takechan認証済
2019年4月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
パワースポット阿蘇神社に近く、地元の食材をふんだんに使った会席料理が味わえる宿

パワースポットとして知られる阿蘇神社から徒歩3分のところに建つ、創業100年超の老舗旅館です。春の阿蘇地方の観光の拠点として、4月上旬の平日に夫婦で宿泊しました。一泊二食付きで、38,000円(税・サ込)でした。
 
 当日は車で向いました。駐車場に着いても、お出迎えの様子がなかったので、荷物を持って母屋の玄関に向かいました。広い玄関にも人の気配がなかったので、大声で挨拶をすると、漸く笑顔の若い男性スタッフが出迎えてくれました。

 荷物を持っていただきながら、中庭の池に架かった橋を渡って、こじんまりしたロビーに導かれました。レトロなロビーで、煮豆とお薄を頂いてほっと一息つくことができました。記帳を済ませ、食事の時間や貸し切り風呂の時間を決めると、スタッフが客室に案内してくれます。客室では露天風呂や設備の使い方の丁寧な説明を受けました。

 この宿は披露宴会場や料亭などを併設し、この地方では比較的大型の老舗旅館です。現代のニーズに応えるため、十数年前に離れを含めてわずか6室の客室にリノベーションしています。

 今回予約したのは、母屋の玄関すぐ横からお洒落な階段を上ったところにある、「やまばと」と名付けられた客室です。わずか17平米強のワンルームですが、レイアウトに様々な工夫が施され、二人で過ごすには充分なスペースでした。ブラウンのフローリングと網代模様の勾配天井と、純白の雪見障子のコントラストが和モダンを演出しています。随所に老朽化は目立ちますが、清掃は行き届いていて、快適に過ごす事が出来ました。

 奥まった所には小上がりの畳スペースがあり、そこにシモンズのキングサイズのローベッドが設えられています。マットレスの程よい硬さと、選べる2種類の枕のおかげで、充分に休息する事が出来ました。

 クローゼットにはパリパリに糊が効いた浴衣と半纏が準備されています。執務机の袖には、食器や冷蔵庫などがすっきりと収納されています。また、前の壁には大型の鏡があり、ドレッサーとして使えて女性には嬉しい備えです。

 トイレには最新式の全自動温水洗浄便座の備えがあります。ただし肝心の洗浄装置が故障のため機能しませんでした。チェックアウトの際に確認すると、スタッフは数日前から故障している事を知っていたようです。チェックインの時に代替えの客室を提案するなり、せめてちゃんと故障していることを伝えて欲しかったです。

 展望デッキの入口隅にはコンパクトな洗面化粧台があります。簡単なアメニティのほかには、バスローブやバスタオルなどが準備されています。基礎コスメは一切ありませんので、ご自分のものをご持参ください。

 展望デッキにある檜の露天風呂の浴槽は、二人で入るにはちょっと窮屈な大きさです。温泉ではなく豊富な阿蘇伏流水の湧水を加温したものです。湧水のミネラル成分の効能で、体の芯からポカポカと温まる事が出来ました。

 夕食は客室として使っていたと思われる個室で頂きました。床の間もある立派な和室で、座卓の足元には掘りごたつがあり、楽な姿勢で食事が摂れるのは嬉しい配慮でした。

 席に着いた時には、既に前菜・お造り・ヨモギ豆腐が配膳されていました。阿蘇山麓のヨモギを練りこんだ豆腐は、香り豊かで食欲をそそります。お品書きはありませんが、若い男性スタッフが事細かに説明してくれたので困りませんでした。阿蘇地方の山菜の天ぷらは、雪ノ下などの珍しい食材を使っていて、その香りの良さが気に入り、大好きな冷酒の盃を重ねてしまいました。メインメニューは熊本県産和牛のすき焼きでした。さすがにお肉は甘くてジューシーでしたが、白菜の芯の部分が細切りされていなくて、なかなか火が通らず難儀しました。

 朝食も昨夜と同じ部屋で頂きました。食卓には既に体に優しそうな全9皿が大きなお盆に並べられています。中でも京都から取り寄せた生麩のお刺身や、芹のお浸しなどが食欲をそそります。給仕をしていただいたベテラン女性スタッフとは、食材の話や熊本地震の様子などの会話が弾みました。

 スタッフには笑顔の絶えない優しい応対をしていただきました。食事や貸し切り風呂などの時間になると、スタッフがお迎えに来て案内してくれる等、細やかなサービスは嬉しかったです。ただし、チェックアウト後のお見送りがなかったのは、ちょっとだけ寂しい気がしました。

 この宿にはメゾネットタイプや和室など、バラエティーに富んだ客室があります。復興途上の阿蘇神社や、漸く賑わいが戻ってきた門前町など、観光資源が豊富な阿蘇地方の観光拠点として、幅広い層にお薦めの宿です。

接客対応

主に若い男性スタッフとベテランの女性スタッフに、いずれも笑顔で程よい距離感を保って対応していただきました。チェックアウト後のお見送りがなかったのは残念でした。

清潔感

リノベーション後十数年経過していて、老朽化は否めません。クロスや障子などはメンテされていますし、清掃も行き届いています。琉球畳の擦り傷が気になりました。

客室

17平米のワンルーム形式の和洋室は、コンパクトですがよく纏まっていて、過ごしやすかったです。

食事

料理旅館というふれこみでしたが、地元食材を使ったこれといった特徴のない無難な会席料理でした。阿蘇の山菜の天ぷらを抹茶塩で頂く趣向は気に入りました。

コスパ

客室の広さ、食事などを考慮すると、一人当たり18,000円はちょっと高めに感じました。

立地

阿蘇神社から徒歩3分弱に立地し、阿蘇観光の拠点としては最適です。公の交通機関を使われる方は、JR宮地駅までの送迎があります。

温泉・スパ

阿蘇の湧水を加温した露天風呂です。湧水のミネラル分が効くらしく保温性に優れています。貸切風呂の泉質や湯舟のサイズは客室のものと同等です。

備考・アドバイス

・Wifiはフリーアクセスです。
・自販機は大きいほうのロビーに設置されています。
・セーフティボックスの備えがありませんので、貴重品はご自分で管理してください。
・車でお越しの方は、やまなみハイウェイのほうからアプローチしてください、阿蘇一の宮線からアプローチすると裏玄関に案内されます。
・BOSEのCDプレイヤーや、SONYのDVDプレイヤーの備えがありますが、CDやDVDなどのコンテンツの貸し出しはありませんので必要な方はご持参ください。

湧き水と創作料理の宿 つるや周辺のホテル・旅館