ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

露天風呂付離れの宿 旅館みな和

〒869-1411 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰2510
露天風呂付離れの宿 旅館みな和
〒869-1411 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰2510
TEL: 0967-67-4188
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.4 に投稿 獲得票数:7 投稿者: ぴょん認証済
2019年3月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
3000坪の敷地にわずか10室、全客室に源泉かけ流し風呂が備わる美しい神楽殿が自慢の宿

3月の下旬に南阿蘇を訪れました。以前訪れた姉妹館がとても気に入ったため、今回こちらのお宿へ宿泊を決めました。大人2名1泊2食付きと幼児1名寝具食事なし(無料)で約35000円(税・サ込)の宿泊料金でした。宿泊の数日前には、アレルギーの確認などの丁寧なお電話を下さり安心して伺うことができました。

お宿へは車で向かいました。以前に訪れた場所だったこともあり、迷わず到着できました。辺りは田園風景で分かりやすい目印などが見当たらないため、初めて訪れる方は下調べをしておくと安心だと思います。

駐車場はエントランスから少し離れたところにあります。チェックイン時間の少し前に到着したため、係の方はいらっしゃいませんでしたが、通常はバレーサービスを行っているようでした。趣のある純和風の門をくぐると、フロントのある母屋があります。ロビーは和の落ち着いた佇まいで、一角にはお土産コーナーがあります。簡単に記帳を済ませた後、館内の説明を受けながらお部屋へ案内して頂きます。

3000坪を誇る敷地内には小川や池、滝があり、たくさんの木々や花々などの自然がいっぱいです。全10室ある客室は全て離れ形式です。敷地内の移動は多少傾斜を伴いますが、緩やかなスロープもあるので車椅子での移動も可能だと思います。客室へ向かう回廊には竹灯りが施され、夜にライトアップされるととても幻想的な雰囲気です。

客室は、阿蘇を一望できる景観の良い「あそ望」タイプと、緑に囲まれて静かな「お籠り」タイプに分かれています。その他には3間続きの大人数に対応できる客室と、「訳あり」でお値打ちな客室がありますので、予算や希望に応じて選ばれると宜しいかと思います。

今回予約をしたのは「お籠り」タイプの客室で、「ぼたん」に案内されました。各客室前には木の門扉が備わり、プライベート感が保たれています。客室前は通路になっていますが、目線に合わせて目隠しフェンスが施されているためそれほど気になりません。客室に入ると茶香炉が炊かれており、ほのかなお茶の香りに長旅の疲れが癒されました。手前に6畳と奥に8畳の二間続きの和室に広縁が備わります。襖でしっかり仕切れるため、3世代旅行や就寝時間の異なる家族でも快適に過ごせると思います。

壁や襖のシミ・古びたカーテンなど、所々古さを感じます。遠くから見ても分かるほどにつもった欄間の埃や、籐の脱衣かごの隙間にある埃など清掃不足に感じました。また、滞在中に害虫が出たり、浴室の排水溝が詰まりやすいなど、メンテナンスの不足も感じられました。

館内に大浴場は無く、客室専用の内風呂と露天風呂が備わります。洗い場と内風呂はそれほど広くありませんが、露天風呂は家族3名でもゆったり浸かれる程度の広さがありました。温泉は源泉かけ流しで、くせがなく柔らかな肌触りのお湯です。内風呂の方が少し温かめで、露天風呂はのんびり浸かれる程度のぬる湯に保たれていました。塀の向こうにはわずかながらですが、阿蘇の山を望めます。一部寝湯や半身浴もできる造りでのんびりと湯浴みを楽しめ、贅沢な時間を満喫できました。

客室には羽織・足袋の用意があり、浴衣は好みの色浴衣を選びます。その他必要なアメニティ類はほとんど客室に揃っていますので、特別にこだわりが無ければ準備する必要は無さそうです。バスタオルとフェイスタオルは1枚ずつです。空の冷蔵庫があり自由に利用できます。ポーションタイプのコーヒーマシンやこだわりの緑茶が準備されています。水道水は湧水を利用しているため、飲用が可能だそうです。自動販売機も良心的な価格で、そちらで購入も可能です。

大浴場はありません。車で2~3分の所にある姉妹館「竹楽亭」の大浴場を利用できます(送迎あり)。脱衣所は広く清潔感があり、石の内風呂と自然に囲まれた広大な露天風呂が備わります。男性の露天風呂には石でできた碁盤が設置されており、碁を楽しみながら入浴できるそうです。露天風呂は適温に保たれており、広い空と緑を眺めながらの湯浴みを楽しめます。

夕食は個室の食事処で頂きます。個室からは雄大な阿蘇山と、水面に浮かぶ神楽殿を眺めることができます。この神楽殿では、土曜日限定で猿回しや和太鼓の演奏が行われているそうです。お料理は阿蘇の新鮮食材を活かした和会席料理が頂けます。玄関横の生簀で泳いでいた鱒のカルパッチョや、山女魚の塩焼きなど新鮮な食材ばかりです。阿蘇のブランド和牛「あか牛」の陶板焼きでは、甘味のある脂の乗ったお肉を堪能できます。厚切りのお肉が4切れと食べ応えも十分にあり、1番印象に残る品でした。

接客は概ね良好で、素朴ながらも温かみのある丁寧な接客対応が好ましかったです。しかしながら、害虫を駆除した報告を夕食の最中にするなど、少々気遣いが足りないと感じる場面があり残念に思いました。

阿蘇山の麓で自然を身近に感じながら、リラックスした時間を過ごすことができます。離れ形式のためプライベート感があり、のんびりとおこもりステイを満喫できます。カップルから、お子様連れのファミリーやご年配の方まで、幅広くおすすめできる温泉旅館だと思います。

接客対応

皆さん素朴な雰囲気ですが、あたたかみのある丁寧な接客を受けられます。配慮が足りないと感じることもありましたが、概ね良かったと思います。

清潔感

建物は経年による変化を感じます。建具には埃がつもり、明らかに清掃不足と感じられる場所が多く見受けられました。

客室

「ぼたん」は離れ形式の客室で、8畳と6畳の二間続きの和室です。8畳の和室には床暖房が備わります。客室の前は通路になっているため、景観は望めません。

食事

阿蘇山と神楽殿を望む客室で和食会席料理を頂けます。南阿蘇の食材を活かしたボリューム満点のお料理に満足できます。朝食はハーフビュッフェ形式で好きな物を頂けました。

コスパ

客室専用露天風呂を備えており、美味しいお料理を楽しめます。施設の古さや大浴場が無い点を鑑みても、妥当な料金設定であると感じました。

立地

阿蘇の大自然に囲まれた田園風景の中にひっそりと佇みます。周辺には何もなく、客室も離れ形式のため大変静かに過ごせます。

温泉・スパ

大浴場はありません。客室に専用の内風呂と露天風呂(源泉かけ流し)を備えます。

備考・アドバイス

現地でクレジットカードの利用はできません。

客室でWi-Fiが利用可能です。

熊本名物の馬刺しが追加(1人1500円)で頂けるそうで、事前に案内がありました。

チェックインは15時半、チェックアウトは11時です。

夕食は18時か18時半スタートです。

朝食は8時半か9時スタートです。

幼児は寝具食事無し(無料)での予約でしたが、お茶菓子の他、バスタオルや浴衣の用意がありました。その他客室に補助便座やバスマットの準備がありました。

宿泊者への電気自動車貸出サービスがあります。

車で数分の姉妹館「竹楽亭」の大浴場を利用できます(送迎をして頂けます)。
15時半~22時(最終送迎21時)・6時半~9時(最終送迎8時)

DVDプレイヤー・ゲームやおもちゃ・お子様用お風呂おもちゃ・コンタクトレンズ保存液・携帯電話充電器・ヘアーアイロンの貸し出しがあります。