ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

松島佐勘 松庵の口コミ・宿泊記

2位

松島佐勘 松庵

〒981-0211 宮城県宮城郡松島町手樽字梅木1
2位/21件中 - 松島の旅館
松島佐勘 松庵
〒981-0211 宮城県宮城郡松島町手樽字梅木1
TEL: 022-354-3111
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 に投稿 獲得票数:17 投稿者: すしねこ
2017年7月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
絶景松島を眺めながら優雅な滞在ができる癒しの旅館

事前に予約をしていたために、当日はJR松島駅まで車で迎えに来ていただけました。最初に、ドライバーの方が名乗られたのは、第一印象がよかったです。送迎は前日まで予約可能ですが、ワゴン車の定員で締め切られる場合があります。そのため、予定が決まり次第、早目の予約をお勧めします。

到着するとロビーには立ち寄らず、そのまま客室へ案内され、そこで手続きを行いました。冷たい抹茶と水菓子が振る舞われ、暑い日だったために、喉越しのよい物がうれしかったです。その際に、苦手な食材などを尋ねられましたが、宿泊客の気持ちを汲み取る丁寧な応対でした。

宿泊料金は、平日に1名利用2食付き43,200円でした。利用したのは和室14帖一間の客室で、案内されたのは、1階にある「あか松」になります。本間14帖に踏み込みと広縁、内風呂も付いており、全体的にゆとりを持たせた造りでした。2名利用のみならず、家族連れでも窮屈さを感じさせない客室だと思います。メンテナンスも行き届き、築20年とは思えない雰囲気がありました。

広縁からは松島の入り江を眺められ、絶景を独り占めできるのは、この上ない幸せなひとときです。「あか松」は角部屋で二面採光となっており、大きな窓も相まって開放感に溢れていました。

トイレには男性用小便器も備わり、広々として使いやすかったです。また、洗面所はダブルシンクを採用し、朝の忙しい身支度にも余裕が持てそうでした。その分、浴室が檜の樽風呂だけとなり、洗い場のスペースがないのは残念に感じます。

大浴場は男女別に各1カ所用意され、初日は男性が和風檜風呂、女性が洋風御影石造り風呂でした。どちらも趣のある露天風呂が併設されており、翌朝に男女の入れ替えが行われます。利用時間は14時から24時まで、翌朝が6時から11時までとなっていました。チェックアウトが12時になっており、直前の11時まで時間を気にせずに入浴できるのはうれしい心配りです。どちらのお風呂も甲乙を付け難いのですが、個人的には露天風呂は男性側、内風呂は女性側がよい雰囲気でした。タオル類はすべて用意されていますが、お風呂は温泉ではなく沸かし湯となります。

私が予約したプランは2食共にレストラン利用でしたが、ご厚意で夕食は個室で用意いただきました。三陸の新鮮な海の幸を中心とした、和洋折衷の工夫を凝らした料理です。焼き物は肉料理か魚料理が選べ、ご飯も白米または釜飯を選べました。どの料理もおいしいく、中でも三陸の「がぜ雲丹」は甘みがあり、格別のおいしさでした。また、仙台黒毛和牛を使ったステーキも豊潤で、やわらかく良質なお肉を味わえました。夕食で食べきれなかった白米、または釜飯は夜食用におにぎりとして届けていただけます。

朝食は膳物扱いとなり、和食膳またはパン食膳となります。どちらもレストランでの提供となり、絶景の松島を眺めながら、すてきな目覚めの朝を迎えることができました。私はパン食膳を選択しましたが、3種類のパンや蒸し物に鶏の塩麹焼きも含まれ、十分な量と内容でした。七輪であぶる蒲鉾やこうれん(松島の米煎餅)もあり、全体的に地域色を出した朝食でした。一般的な洋定食とは違うので、普段はご飯の方もパン食膳は受け入れやすいと思います。

どのスタッフも温かい笑顔と丁寧な応対で、宿泊客に気を使わせない心配りを感じました。ほどよい距離感も心地よく、滞在中は心地よく過ごせました。館内の「さろん くら」に昼はドリンクやクッキーがあり、夜はセルフサービスのバーとなります。スタッフが常駐していないのも心理的開放感があり、このような部分にもプライベートを重視した配慮を感じました。

大型旅館が建ち並ぶエリアからは少し外れ、客室数も11部屋と少なく落ち着いた旅館です。特にスタッフの応対は素晴らしく、記念日や大切な人と過ごすひとときを、思い出深いものにしてくれるでしょう。最大滞在時間は22時間と長く、朝食時間は8時から10時半とゆとりがあります。そのため、時間に追われることなく、ゆっくりと大人の休日を愉しみたい方に向いています。客室が一間でお湯が温泉ではないことなど、最初は料金的に割高に感じましたが、それらをすべて上回るほどの満足度の高い滞在ができました。

接客対応

とても丁寧で温かい接客でした。宿泊者側に立った応対に好感が持てました。接待に利用しても十分に満足がいく応対だと思います。

清潔感

メンテナンスも行き届き、清掃も丁寧に行われていました。

客室

一般客室の14帖一間でも、全体的にゆとりがある造りで、家族連れでも余裕をもって利用できると思います。

食事

新鮮な三陸の幸を使った料理が愉しめ、地域色を出した朝食もおいしかったです。

コスパ

宿泊するまでは若干割高に感じていましたが、期待を上回る滞在で納得のいく価格でした。

立地

仙台市内からもアクセスしやすく、松島を望む見晴らしの良い高台にあります。

温泉・スパ

和洋の異なる大浴場があり、どちらもよい趣がありました。温泉にこだわる方には、残念だとは思います。

備考・アドバイス

館内は客室が1,2階、大浴場や「さろん くら」が1階、レストランが地下になっています。エレベーターは完備されており、こぢんまりした旅館のために、移動距離も多くはありません。

「さろん くら」は昼には湯上がり処として、20時から24時はセルフバーとして解放されています。夜は自己申告制で、梅酒や焼酎が600円税別から用意されています。

宿へ向かう橋帳場「さろん くら」「さろん くら」「さろん くら」「さろん くら」「さろん くら」 ティータイムはドリンクと焼き菓子が用意エレベーター「松島文庫」冷たい抹茶と水菓子和室14帖「あか松」和室14帖「あか松」和室14帖「あか松」和室14帖「あか松」和室14帖「あか松」和室14帖「あか松」和室14帖「あか松」和室14帖「あか松」和室14帖「あか松」和室14帖「あか松」和室14帖「あか松」和室14帖「あか松」電灯40インチテレビ就寝用に新しい浴衣かパジャマが選べます。和室14帖「あか松」和室14帖「あか松」大浴場(初日男性)大浴場(初日男性)大浴場(初日男性)大浴場(初日男性)大浴場(初日男性)大浴場(初日男性)大浴場(初日男性)大浴場(初日男性)大浴場(初日男性)大浴場(初日女性)大浴場(初日女性)大浴場(初日女性)大浴場(初日女性)大浴場(初日女性)大浴場(初日女性)れすとらん海音(個室海の二)れすとらん海音(テーブル席)立入酒 わしが國(夕食)前菜 文月の香(夕食)雲丹プリン(夕食)シャコの砧巻き(夕食)仙台味噌クリームチーズ(夕食)甘煮(夕食)茶豆(夕食)たこの柔らか煮と牛蒡の胡麻和え(夕食)味噌茄子の浅漬け(夕食)別注日本酒:いやすこ 1,200円税別(夕食)保夜真薯薄葛仕立て(夕食)鯛・鮪・がぜ雲丹の造り(夕食)別注料理:牛タン焼き 1,500円税別(夕食)牛蒡蒸し(夕食)仙台黒毛和牛のステーキ(夕食)松島トマト甲州煮(夕食)蔵王茄子と穴子の冬瓜餡仕立て(夕食)釜炊きご飯(夕食)釜炊きご飯(夕食)鯛フレーク(夕食)仙台味噌仕立て(夕食)香物(夕食)バニラアイスとブラマンジュ季節の果物添え(夕食)ローズヒップハーブティー(夕食)夜食のおにぎり朝食全景トマトジュース(朝食)クロワッサン、食パン、胡桃パン(朝食)かぼちゃのスープ(朝食)野菜サラダ(朝食)温泉卵(朝食)自家製ピクルス(朝食)豆乳クリームチーズ(朝食)ポテトサラダ(朝食)鶏の塩麹焼きとエリンギ(朝食)烏賊シュウマイと蒸し野菜(朝食)焼き蒲鉾(朝食)松島こうれん(朝食)オレンジ・パイン・キウイ(朝食)ヨーグルトいちごソース添え(朝食)紅茶(朝食)

松島佐勘 松庵周辺の旅館