ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

由布院温泉 山荘 無量塔

〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上1264-2
由布院温泉 山荘 無量塔
〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上1264-2
TEL: 0977-84-5000
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.5 に投稿 獲得票数:12 投稿者: korousa認証済
2019年5月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
重厚な世界観に酔いしれる、由布院御三家の宿

玉の湯、亀の井別荘とともに由布院御三家として知られる宿です。独特の世界観を持つ宿として有名で、一度宿泊してみたいと考えていました。こちらには12室の間取りの異なる客室がありますが、素敵なテラスに惹かれて「相」を選択しました。2名1室2食付きで129,168円でした。

アクセスは無料送迎を利用しました。宿泊者が宿に連絡をすると、由布院内の駅や観光施設であればタクシーを配車して宿まで送り届けてくださいます。観光スポットから直接向かえるので非常に助かりました。

宿のフロント棟に到着すると、支配人の方がお出迎えしてくださり、丁寧なご挨拶をいただきました。

こちらの宿は日本全国から集めた古民家を移築し、フロント棟等やバー、客室として利用しています。古民家の魅力を最大限に生かしたインテリアは、至る所が本物の魅力に満ちあふれていました。

チェックインは「tan’s bar」で行いました。tan’s barは宿のラウンジのような施設ですが、昼間は一般利用もできるカフェとして、夜は宿泊者専用のバーとして使用されます。こちらでウエルカムドリンクをいただきながら記帳しました。お茶請けは宿オリジナルのゼリー菓子、ドリンクはコーヒー、紅茶、リンゴジュースから選べます。リンゴジュースを選びましたが、果実感たっぷりでした。宿泊者はこの3つのドリンクを滞在中にtan’s barにて無料で何度でもいただくことができます。

早めに到着したため、敷地内にある系列の施設を散策してみました。宿泊棟から少し離れた所にある「artegio」と呼ばれるエリアには、美術館・カフェ、ショップ、チョコレートショップがあります。美術館には音楽をテーマにした作品を中心に、近現代の有名作家の小品が沢山展示されていました。ティールーム「the theo」では人気のロールケーキ「Pロール」やランチ等がいただけます。チョコレートショップ「theomurata」では無量塔プロデュースのチョコレートが何種類も販売されていました。お土産ショップも併設されており、このエリアだけでも楽しく時間を過ごすことができます。また「artegio」から徒歩3分程度の場所に系列の蕎麦店「murata 不生庵」もありました。バラエティ豊かな施設を散策するうちに、すぐチェックインの時間となりました。

客室「相」は2階建てで、1階に15帖リビングと10帖和室、2階に8帖のベッドルームがある130平米の広々とした客室になっています。無量塔といえば古民家をリノベーションした重厚な客室が有名ですが、こちらは近年建てられた明るい雰囲気のお部屋となっていました。まず目を引くのが大きな吹き抜けがある15帖リビングです。ソファーと、テーブルセットが置かれ、窓の外にはデッキテラス、壁を隔ててミニキッチンがありました。10帖和室には縁側があり、しっとりとした庭園を望むことができます。2階のベッドルームは書斎とトイレがついていて、このエリアだけでもゆっくり過ごせます。家具類も選りすぐりのものが置かれていて、まるで一軒の家のような客室でした。

こちらの宿には大浴場は無く、客室内のお風呂を利用します。「相」のお風呂は2名入ってもゆとりある湯船で、洗い場も2つ、窓の外には椅子の置かれたテラスがありました。窓は引き戸で壁に収納して半露天することができます。温泉は源泉が掛け流しとなっていて、いつでも気持ち良いお湯を楽しむことができました。

客室には1人につき浴衣と作務衣の両方が用意されていて、敷地内はこれらを着て自由に移動できます。冷蔵庫内のビールやソフトドリンクは無料で、ミネラルウォーターは追加をお願いしても無料で提供してくださるそうです。バスアメニティや基礎化粧品は全てmarks&webで、バスタオルは交換の要望を聞いてくださいました。BOSEのコンポがあり、部屋置きのCDが用意されているほか、貸し出しCDもあります。コーヒーはドリップパックが1組のみで、紅茶の備えはありませんが、共用部で美味しいドリンクが無料で飲めるので気になりませんでした。

「相」客室を利用した場合、夕食は客室の和室でいただく形となります。掘りごたつのテーブルなので足が楽でした。窓から見える庭園にも灯りが点り良い雰囲気です。

先付けは「冠地鶏と野菜サラダ」と「からすみ大根」が供され、お酒とともに楽しみました。車エビのお椀には卵黄で作った麺が添えられており、食感が楽しかったです。向付は八寸のように華やかで、真ん中には野菜で造られた菖蒲の花が鎮座していました。今回は記念日の宿泊だったので、お祝いの飾り付けをしてくださったようです。心遣いと技の細かさに感嘆してしまいました。メインは檜扇貝、紅鮭、クレソンの鍋です。貝から出た出汁とクレソンのシャキシャキ感が体に染み渡るようでした。大分和牛のステーキには諸味味噌をつけていただきます。炊きたての土鍋ご飯に非常に良く合い、ついご飯を食べ過ぎてしまいました。デザートは果物とトロトロのブラマンジェで、お腹いっぱいでも不思議と食べられてしまいます。基本の和食にすこし捻りを加えたオリジナリティがある夕食で、目にも美しく、お腹いっぱい堪能しました。

さらに夕食後、記念日ということで、宿の名物「Pロール」を使用したお祝いのケーキまでいただいてしまいました。1切れのロールケーキにお祝い用にデコレーションをしたものですが、2人用のホールケーキ程度の大きさがあります。大きく感じましたが、食べて見ると意外と軽い食感で凄く美味しかったです。あまりにもおなかがいっぱいで断りましたが、お夜食におにぎりを作っていただくこともできるそうです。

夕食後、お腹が落ち着いてから「tan’s bar」のバータイムに伺いました。インテリアの中央に鎮座するのは、大きな劇場用スピーカーです。こちらのスピーカーを目前にした席で音楽とお酒を楽しみました。こちらではウイスキーをメインに多くの種類のお酒やカクテルを楽しめますが、驚くのが価格設定です。一杯300〜500円で楽しめる洋酒が20種類以上ある他、バランタイン30年等、高価格帯のお酒が2000円でいただけるなど、バーとしては破格のお値段で提供されています。お手軽価格のカクテルも大変豊富で、迷ってしまうほどでした。美しいインテリアの中で、音に耳を傾けながらお酒を選ぶ時間は最高でした。オリジナルのチョコレートを手がけている宿なので、お酒と合わせるのも楽しいかと思います。ウイスキーやカクテルが好きな方なら極上の時を過ごせる場所だと思います。

朝食はフロント棟の脇にある個室レストラン「紫扉洞」でいただきました。私は洋食を、主人は和食を選びました。和食はご飯に合う小鉢がズラリと並べられ、鍋に入った湯豆腐や焼きたての卵焼きが運ばれます。洋食のピタパンとロールパンは焼き石が入ったあたたかい袋に入っていました。パンには切れ込みが入っており、ソーセージやサラダなどのおかずを挟んで食べることができます。和食・洋食ともプレゼンテーションが素敵な上、お味も美味しかったです。選りすぐりの調度で設えられた室内の雰囲気も素晴らしく、優雅な邸宅の一室のようでした。

チェックアウトは11時ですが、チェックアウト後も無量塔の各施設を利用できるとのことで、館内の「談話室」で過ごしました。この施設は「蔵拙」というお土産ショップ棟に併設されている宿泊者限定のライブラリーラウンジで、コーヒーマシンで自由に飲み物を楽しみながら、本を読んで過ごすことができます。チェックアウト後にも宿泊者占有スペースで過ごせるため、長時間無量塔を満喫できました。

担当していただいた仲居さんはまだ若い方でしたが、お食事の際も細々と世話を焼いてくださり、夕食の雑談に加わっていただいて、大変ホスピタリティを感じさせてくださる方でした。お出迎えからフロントやお土産ショップのスタッフの方に至るまで、皆さん素晴らしい接客をしてくださいます。

帰りの送迎をお願いしていた時間には、チェックアウトの時間からかなり経っていたにもかかわらず、大勢のスタッフの方が勢揃いして見送ってくださいました。送迎車は行きと同じく、由布院内の希望の目的地に送り届けてくださいます。

高額な宿ですが、サービス、ホスピタリティに高い満足感を得ることができ、個人的には宿泊価格が安く感じられるほどでした。特に「tan’s bar」のバータイムは非常に感銘を受けました。施設全体のインテリアが素晴らしいのも印象的です。一部の他の客室も見せていただきましたが、どの客室も美しいリビングを中心に設計されており、部屋ごとの個性に魅了されました。「無量塔ワールド」というべき、重厚な世界観を体験できる唯一無二の魅力を持つ宿でした。特にインテリアが好きな方、洋酒の好きな方の記念日旅行などにおすすめしたい旅館でした。

接客対応

様々な希望に対応できるように多くの人員を配置し、きめ細かいサービスを可能にしています。仲居さんをはじめスタッフの方々の心配りは素晴らしいものでした。

清潔感

客室「相」のお部屋は近年つくられており、清潔感でいっぱいでした。清掃も完璧です。客室によっては古いものもありますが、補修がキチンとなされていました。

客室

客室「相」は15帖リビング、和室、ベッドルームを備える広々としたお部屋です。家具のセンスや備品も含めて大満足でした。

食事

基本の和食にすこし捻りを加えたオリジナリティのあるお料理でした。クレソンのお鍋や諸味をつけていただくステーキが非常に美味しかったです。盛り付けも見事でした。

コスパ

かなり高額ですが、価格が気にならないほど満喫できました。特にインテリアや洋酒にこだわりのある方には満足度が高いと思います。

立地

高台の森の中にあり、御三家の中ではもっとも静かな環境に位置します。緑豊かな環境でした。

温泉・スパ

大浴場はなく、客室のお風呂を利用します。客室の半露天は広々とした作りで、インテリアのセンスも良く、掛け流し温泉を楽しめました。

備考・アドバイス

・5月後半から初夏のシーズンは金鱗湖周辺で蛍が見えるようで、夜は鑑賞のための車を出してくださるそうです。
・宿泊者がチェックアウト後、無量塔内のレストランを利用する場合は、予約なども行ってくださるそうです。またお土産に「Pロール」を持ち帰りたい場合も取り置きしていただけるようです。
・係の方がお手すきの時に、少し他のお部屋を見学させていただきました。明るく広々とした「相」、2グループが同時利用できる「明治の別荘」、まるで政治家の家のような「昭和の別荘」、重厚なリビングと囲炉裏端が魅力的な「吉」、フォトジェニックな「暁」、隠れ家感のある「汲」「東」「西」など、それぞれ魅力的な客室でした。

由布院温泉 山荘 無量塔周辺のホテル・旅館

関連ページ