ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

由布岳一望 朝霧のみえる宿 ゆふいん花由

〒879-5114 大分県由布市湯布院町川北913-11
由布岳一望 朝霧のみえる宿 ゆふいん花由
〒879-5114 大分県由布市湯布院町川北913-11
TEL: 0977-85-5000
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 に投稿 獲得票数:15 投稿者: takechan認証済
2018年9月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
豊後富士(由布岳)を独り占めしながら温泉と美食が楽しめる宿

由布院の街並みから少し離れ、標高500m強の斜面に佇む、由布岳の景観と朝霧が自慢の宿です。朝霧の季節には少し早い、9月上旬の土曜日に夫婦二人で宿泊しました。一泊二食付きで約62,000円(税・サ込)でした。

 当日は車で向かい、チェックイン時間より30分程早めに着いたのですが、エントランスではスタッフが笑顔で迎えてくれました。荷物を預けて指定の場所に駐車した後、ロビーに案内されました。

 ロビーラウンジに着いた途端、壁一面の大型ガラスの向こうに広がる絶景に圧倒されました。由布岳を始めとした山々、由布院の街などの大パノラマを眺めながら、カボスジュースを頂きました。ホット一息ついたところで記帳を済ませ、客室へ案内していただきます。

 客室へ向かう途中のエレベーターの前で、男女とも好みの色浴衣を選びます。客室では、荷物を運んでくれたベテランの男性スタッフが、設備や部屋付きの温泉の使い方などを、懇切丁寧に説明してくれました。

 この宿は大きく「花里エリア」と「ゆめ里エリア」に分かれていて、夫々専用の本館があります。私たちは「ゆめ里エリア」を選びました。11棟・15部屋の離れが斜面を利用して点在し、どの客室からも景観が楽しめる工夫が施されています。但し、100m程の急な坂道を下りますので、坂道が苦手な方は、なるべく本館よりの客室を選ぶのが無難です。

 今回宿泊したのは戸建ての洋室で、「清流の参」と名付けられ、大人2名限定の客室です。居住スペースはお洒落なワンルームで、約40平米の広さは二人で過ごすには贅沢なスペースでした。開業9年目でフローリングの傷など、ある程度の老朽化は否めません。但し、純白のクロスを張り替えるなどメンテナンスが施され、清掃も行き届き、快適に過ごす事が出来ました。東側一面の広い窓の外に広がる景観は、由布岳を独り占めした様な爽快な気分にしてくれました。

 シックなアクセントクロスの壁際には、ダブルベッドが2台設えられています。程よい硬さのマットレスと選べる枕のおかげで、熟睡する事が出来ました。

 充分な広さのパウダールームの洗面化粧台には、男女別の巾着に入ったアメニティが準備されています。スキンケアセットはPOLA製で、女性用はESTHE ROYER、男性用はGACHIで、何れもその香りが心を癒してくれます。純白のタオル類は一人当たり2枚用意されていて、乾きの良さも手伝って、温泉三昧に重宝しました。

 客室付きの内風呂は沸かし湯なので、今回は利用しませんでした。内風呂に続くデッキには、円形のジャグジーバスが埋め込まれています。二人で入っても余裕の大きさで、単純アルカリ泉の掛け流しを満喫できます。デッキの向こうに広がる由布岳を眺めながらの湯浴みは、この宿ならではの贅沢でしょう。初日はあいにくの小雨模様でしたが、湯船の半分ほどが雨除けに覆われていて、支障はありませんでした。出来る事なら湯船全体をカバーするような屋根があれば、荒天の日でも湯浴みが楽しめそうです。

 大浴場は本館1階にあります。女湯は「めぐみの湯」、男湯は「まことの湯」と名付けられ、入れ替えはありません。何れも内湯と半露天風呂がありますが、女湯にはジャグジーバスの備えもあります。タオルはふんだんに準備されていますが、バスタオルが必要な方は客室からご持参ください。

 夕食は本館2階の食事処「たちばな」の個室で頂きました。先付に続いて配膳された前菜の美しい盛り付けを見た途端、これから始まる晩餐に対する期待が膨らみます。絶妙なタイミングで供される、地元食材に滋味深い味付けが施された懐石料理の数々から、料理長の心意気が伝わってきました。特に、生山葵で頂く「黒毛和牛の溶岩焼き」や、まろやかな味付けの「鯛の新じゃが饅頭」が秀逸で、ついつい地酒の杯を重ねてしまいました。担当していただいた女性スタッフとは、料理の説明は言うに及ばず、豊富な話題で会話が弾み、楽しいひと時を過ごす事が出来ました。
 
 翌朝の6時30分頃テラスに出てみると、幸運なことに由布岳や街にかかる朝霧を見る事が出来ました。急いで本館の展望テラスに駆け上がり、コーヒーを頂きながら、大自然が織りなす朝霧のショーを心行くまで堪能しました。

 朝食も昨夜と同じ「たちばな」の個室で頂きました。品数は多いのですが、それぞれ少量で、体に優しい品々が並びます。なかでもカボスドレッシングで頂く、シャキシャキのサラダや、大女将手作りの味噌の風味が効いた味噌汁などが逸品で、何時になくご飯のお代わりをしてしまいました。

 スタッフの方々には、どなたも笑顔で丁重な対応をして頂きました。特にベテラン男性のスタッフには、お会いする度に声を掛けて頂きました。更に、日の出の時間を教えていただいたり、夜景を背景に記念撮影をしていただくなど、二日間の充実した滞在をサポートしていただきました。

 由布岳を独り占めした気分になり、温泉三昧と美食を満喫し、猛暑の疲れが一気に吹き飛んでしまった二日間になりました。由布岳の眺望が自慢の宿は数々ありますが、幸いにも朝霧に遭遇できたこともあり、眺望を重視される方には一押しの宿になりました。

接客対応

全体的にきめ細やかな丁重な対応をして頂きました。ベテラン男性スタッフとは楽しい会話が弾みましたし、夕食の時の女性スタッフの丁重な料理の案内が印象的でした。

清潔感

開業9年目で、流石に外壁の老朽化やフローリングの傷がありますが、清掃は行き渡っていて快適でした。リビングなどの天井隅の小さなクモの巣が少しだけ気になりました。

客室

約70平米の客室は二人で過ごすには充分の広さです。戸建てでプライバシーが確保出来ています。窓の向こうに聳える由布岳を独り占めでき、解放感抜群です。

食事

旬の地元の食材に料理長渾身の手が加わった懐石料理は、目と舌を充分に楽しませてくれました。お酒類の品揃えが少なく、少しだけ寂しい思いをしました。

コスパ

素敵な部屋、温泉三昧、美食が堪能出来て、一人約30,000円は妥当な料金です。

立地

由布院の繁華街から車で数分の静かな丘の斜面に位置し、抜群の景観が楽しめます。 最寄りのJR由布院への送迎サービスもあり、由布院観光の拠点として最適です。

温泉・スパ

部屋付きの露天風呂・大浴場全てが掛け流しで、贅沢な気分を味わう事が出来ました。大浴場の朝の制限時間が9時なのが、慌ただしい気がしました。

備考・アドバイス

・客室や本館でWifiが使えます。SSIDとパスワードは客室のテレビのトップ画面に表示されていますのでセットする必要があります。
・冷蔵庫にはグラス類のみが入っています。アルコール類やソフトドリンクはB1のエレベータを降りた所、又は大浴場通路の自販機で求める事が出来ます。
・食事処や共用施設では、浴衣の着用が可能です。
・DVDプレーヤーが設置されていますが、コンテンツの貸し出しはありませんので、必要な方はご持参ください。

由布岳一望 朝霧のみえる宿 ゆふいん花由周辺のホテル・旅館