ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

数寄の宿 野鶴亭の口コミ・宿泊記

5位

数寄の宿 野鶴亭

〒899-5115 鹿児島県霧島市隼人町東郷1-8
5位/39件中 - 霧島の旅館
数寄の宿 野鶴亭
〒899-5115 鹿児島県霧島市隼人町東郷1-8
TEL: 0995-42-6400
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 に投稿 獲得票数:13 投稿者: すしねこ
2017年2月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
庭付き離れで別邸のようなゆったりした時間の流れを体感できる旅館

平日に1名で「計画的にお休みを取って、自分だけの休暇を満喫プラン」を利用しました。閑閑庵という離れ利用の2食付きで43,890円でした。当日は鹿児島空港まで、航空機の到着時間に合わせて迎えに来ていただけました。

山の中にひっそり佇んでいる宿と想像していましたが、意外に住宅街の中に建っており驚きました。門をくぐると静寂な別世界で、住宅街の中にあるとは想像もできません。「らうんじ茶炉亭」で、庭に集まる鳥のさえずりを聞きながら、抹茶と茶菓子の振る舞いがありました。

中庭を囲むように5部屋の離れが配置されています。それぞれ一戸建ての離れですが、「秋成庵」と「紫雲庵」が同じ建物で、上下に別れた部屋になっていました。「紫雲庵」以外の離れは、すべて露天風呂と庭が備わっています。離れ以外は、一般的な観光旅館のような「愛顧棟」が別棟にありました。

閑閑庵は、本間10帖+次の間8帖+月見台+お縁+庭園があり、とても豪華な造りになっていました。客室内は本格的な数寄屋造りで、雪見障子や障子の枠の本数を減らすなど、畳の縁に至るまでこだわりを感じられました。専用の「緑沈の庭」は、本間からの眺めが素晴らしく、月見台からはさらによい景観です。落ち着く景色だったことから、長らく眺めていても飽きませんでした。

内風呂は、檜の香りが漂う檜風呂が用意されており、こちらは温泉ではなく沸かし湯になります。露天風呂は一枚岩をくりぬいた立派なもので、2名でも入れる大きさでした。露天風呂は次の間に隣接しており、脱衣所や洗面所はなく、内風呂とは場所が離れています。そのため、脱衣は次の間でおこなうことになり、グループ利用の際には気を使いそうに感じました。

客室の清掃は丁寧におこなわれていたものの、露天風呂のついたてに、前宿泊者の髭剃りが置いてあり、衛生面と安全面でよい気がしませんでした。露天風呂の近くの電灯がつかないのも、メンテナンスの不足を感じました。そのほかが奇麗なだけに、少々残念に感じます。

化粧品のアメニティは備え付けですが、鹿児島の「BOTANICANON」というブランドを使っており、オーガニックにくわえてアルコールなども入っていない肌によい製品です。化粧品関係だけとなっており、バスアメニティも同一の品ならば、なおうれしかったです。

大浴場は「野鶴の湯」が男女別にあり、岩造りの内風呂と庭園の露天風呂、サウナが用意されています。特に露天風呂は、広々とした開放的な造りで、打たせ湯などもあり変化にとんでいました。利用時間は夜24時まで、朝は6時からとなっており、深夜は利用できません。男女ともに浴場の造りは同じようで、入れ替えはありませんでした。小タオルの備え付けはありますが、バスタオルは客室から持参の必要があります。温泉は源泉100%掛け流しとなっているものの、塩素消毒がおこなわれていました(鹿児島県は消毒に関する条例があります。)

離れの食事は夕食が部屋へ、朝食は食事処での用意となりました。料理は全体的に派手さはないものの、落ち着いた懐石料理が並び、ツクシ料理や桜の飾り付けが春らしい雰囲気でした。真名鰹の西京焼きや黒毛和牛のしゃぶしゃぶなど、どの料理も九州らしい甘い味付けでおいしかったです。この味になじみがない方には、甘すぎると感じるかもしれません。最後は蟹雑炊が用意され、男性でも十分満腹になる料理の数々でした。

朝食会場は、中庭を眺めながらのカウンター席でした。朝食としてはボリュームのある内容で品数も多く、揚げ出し豆腐やさつま汁など、お腹にたまる料理が並んでいます。さらに、一般的な旅館の鯵の開きと比べると、倍近い大きさのものが用意されました。朝食も充実しており、満足できました。

スタッフの応対は男女ともに丁寧で、温かみのある応対でした。特に部屋係の方は、細やかに応対いただきました。朝食時は年配の方に応対いただきましたが、裏での私語が会場まで聞こえたのは残念に感じます。

大浴場は離れ、愛顧棟ともに同じですが、野鶴亭の魅力は離れにあると思います。それぞれ個性のある客室と露天風呂があり、庭まで付いた離れの宿は多くないと思います。建物が独立しているので、隣の音も気にならず、心行くまでそれぞれの時間を過ごせます。鹿児島の新鮮な滋味を味わいながら、家族のだんらんや親しい人との滞在によい想い出を残せる宿だと感じました。

接客対応

落ち着いた応対で、心地よく滞在することができました。

清潔感

清掃は丁寧におこなわれていたのですが、前宿泊者の髭剃りが落ちていたのは、衛生面と安全面で残念に感じました。

客室

2間続きに内風呂や露天風呂、専用の庭まで備わっており、贅沢な造りの離れでした。

食事

鹿児島の滋味を使った、春らしい懐石料理が用意されました。朝夕ともにボリューム満点の食事内容でした。

コスパ

完全戸建ての離れで、専用の庭まで備わっており、食事が部屋食であることも考慮してお得でした。

立地

住宅街の中にあるのは残念ですが、それを感じさせない空間です。鹿児島空港やJR隼人駅からも車で15分程度と比較的近く、霧島の中では便利な立地にあります。

温泉・スパ

庭園露天風呂や岩造りの内風呂と贅沢な大浴場でした。源泉100%の温泉もうれしいです。

備考・アドバイス

送迎には事前予約が必要で、鹿児島空港は到着口待ち合わせではありませんでした。待ち合わせ場所が異なることがありますので、予約の際には詳しく確認された方がよいと思います。

夕食時のドリンクメニューはグラス単位が少なく、ボトル単位での品揃えは豊富でした。鹿児島の焼酎やワインのメニューが揃っていました。

ロビーフロント「らうんじ茶炉亭」「らうんじ茶炉亭」「らうんじ茶炉亭」での、お茶と茶菓子の振る舞い食事処「餐餞」〈さんせん〉離れの通路離れ「閑閑庵」離れ「閑閑庵」離れ「閑閑庵」離れ「閑閑庵」水屋離れ「閑閑庵」本間離れ「閑閑庵」本間離れ「閑閑庵」本間離れ「閑閑庵」本間離れ「閑閑庵」本間離れ「閑閑庵」本間離れ「閑閑庵」本間離れ「閑閑庵」本間離れ「閑閑庵」次の間離れ「閑閑庵」次の間離れ「閑閑庵」次の間離れ「閑閑庵」次の間離れ「閑閑庵」次の間離れ「閑閑庵」次の間離れ「閑閑庵」次の間離れ「閑閑庵」次の間離れ「閑閑庵」離れ「閑閑庵」離れ「閑閑庵」離れ「閑閑庵」沈緑の庭客室のお茶と茶菓子26インチテレビ離れ「閑閑庵」離れ「閑閑庵」離れ「閑閑庵」離れ「閑閑庵」離れ「閑閑庵」大浴場「野鶴の湯」大浴場「野鶴の湯」大浴場「野鶴の湯」大浴場「野鶴の湯」大浴場「野鶴の湯」大浴場「野鶴の湯」大浴場「野鶴の湯」大浴場「野鶴の湯」大浴場「野鶴の湯」大浴場「野鶴の湯」大浴場「野鶴の湯」大浴場「野鶴の湯」大浴場「野鶴の湯」大浴場「野鶴の湯」大浴場「野鶴の湯」大浴場「野鶴の湯」大浴場「野鶴の湯」大浴場「野鶴の湯」プランのサービススパークリングワイン(夕食)蟹味噌小茶碗蒸し(夕食)八寸(夕食)稲荷寿司、鰯紅梅煮、蟹味噌松風、千社唐、梅牛蒡など(夕食)梅豆腐(夕食)筍と帆立貝柱と木ノ芽味噌(夕食)せり白和え(夕食)粕汁仕立(夕食)雲丹、鮪、きびなご、鯛、烏賊、勘八、車海老の造り(夕食)蓮根まんじゅう(夕食)真名鰹西京焼(夕食)黒毛和牛しゃぶ鍋(夕食)ほたる烏賊酢味噌(夕食)赤出汁(夕食)蟹雑炊(夕食)香物(夕食)そら豆プリンと果物(夕食)朝食全景パイナップル酢のスムージー(朝飯)鯵のひらき(朝飯)サラダ(朝飯)汲み上げ湯葉(朝飯)揚げ出し豆腐(朝飯)野菜の餡かけ(朝飯)お粥(朝飯)焼き明太子、出汁巻き玉子、かまぼこなど(朝飯)ほうれん草の胡麻和え(朝飯)ひじき煮(朝飯)じゃこ(朝飯)さつま汁(朝飯)

数寄の宿 野鶴亭周辺の旅館