ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

カヌチャベイホテル&ヴィラズ

〒905-2263 沖縄県名護市字安部156-2
カヌチャベイホテル&ヴィラズ
〒905-2263 沖縄県名護市字安部156-2
TEL: 0980-55-8880
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.5 に投稿 獲得票数:1 投稿者: kitty認証済
2017年5月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
1泊では物足りないほどアクティビティが充実しているホテル

カヌチャリゾートは、やんばるの森や海に囲まれており、これぞ南国の自然といった雰囲気の中にリゾート施設が造られていました。鳥の声が聞こえるだけでなく、実際にベランダなどに鳥が遊びに来ることもありました。

ホテルは、非常に辺鄙な場所にありました。空港からは車で80分ほど、私達はレンタカーで向かいました。途中の道では何度も携帯の電波が圏外になるほどです。空港からホテルまでカヌチャシャトルバス(高速バス)も利用可能です。敷地内へと入る途中で、警備員の方が待機されており、ゴルフ利用なのか宿泊なのかを尋ねられます。その目的に応じた場所への行き方を説明して下さるので、広い敷地内でも迷わずにフロント棟まで辿り着けました。

敷地内の真ん中、アゼリア棟にフロントがありました。大きな駐車場も目の前にあります。初回はバレーパーキングサービスがありましたので、車は入口で預けました。敷地内の移動は、個別で借りるカートや定期的に走っているバスを利用、必要に応じて係の方が車も出して下さいます。レンタカーの鍵はすぐに戻ってくるので、その後の移動は自分たちで行う必要がありました。

5月下旬の土日に連泊しました。早割19、連泊で夕食1回付プラン、カヌチャスイートダブル、2名1室2泊で91000円でした。

敷地は約80万坪もあるので、徒歩での移動は不可能に近いです。今回は、宿泊プランに施設内専用カートが無料で付いていたので、そちらを使って移動をしました。通常は24時間5000円と、かなり割高だと思います。カヌチャスイートダブルの客室はノースウィングにありました。カートは一方通行で走る場所が決められており、行く場所によっては非常に時間がかかります。フロント棟からも遠い建物になりますので、宿泊目的を事前に決めておき、やりたいことに近い場所の客室を選んだ方が良いなと感じました。

カヌチャスイートは約65平米と非常に広いです。リニューアルは2012年の夏に行われていますが、現在はソファーなどに汚れが付いているなど、4年しか経過していないのに古さを感じることもありました。客室の真ん中にとても大きなカウンター付のソファーベッドが設置されており、食べたり飲んだりしながら寛げるのは良かったのですが、それによって汚れが付きやすいのだと思いました。大人2人が寝転んでも十分な広さです。カウンター側には椅子もあるので、パソコン作業をしたい場合にも便利な造りになっていました。

ベッドは天蓋付のダブルサイズでした。木の温もりを感じられる内装に、天蓋付のベッドはとても可愛らしかったです。窓を開けて潮風を感じながら、寝転んだ位置から空を眺め、ゆったりとした時間を過ごせました。天井も高いので、とても開放感がありました。

カヌチャスイートダブルは、バルコニーにプライベートジェットバスが設置されていました。夜は音がうるさくならないように22時までの利用と制限がありましたが、それ以外の時間帯はいつでも自由に使えます。暑い夏の日なんかはプールの代わりとして涼むにも丁度良いと思いました。建物の造りが段々になっているので、上層階の建物から下を覗いた場合は、下層階のバルコニーが丸見えでした。わざわざ覗く方はおられないとは思いますが、水着着用とは決められていなかったので、気になりました。

バスルームは大きかったです。浴槽のサイズは普通でしたが、他のホテルと比べると洗い場が大き目に造られていました。タイルの色が問題なのか、実際に古いというのもありますが、水回りは暗い印象でいまいちでした。

シャンプー類はボトルの詰め替えタイプ、男女別でトラベルタイプの基礎化粧品がありました。チェックインの際に女性用の可愛いポーチを頂き、その中にも同じトラベルタイプの基礎化粧品が入っていました。固形石鹸やバスソルトも用意されています。

冷蔵庫内のドリンクや、スナックなどは全て有料でした。ソフトドリンクは250円、ビールは350円とホテルにしては安いと思いますが、中に入っている種類がとても少なかったです。ホテルの施設内には土産物店に沢山のお菓子やドリンクが売られているので、そちらを利用した方が良いと思います。ホテル外では、近くにコンビニ等はありませんでした。

宿泊の特典として、プレミアムラウンジが利用可能でした。9時から18時の間で、ドリンクやフルーツなどが頂けるとのことでしたが、開いている時間が短いのと、宿泊している客室からはすごく遠いので1度も利用出来ませんでした。当日は雨が降っていたこともあり、カートでの移動は濡れてしまいます。15分間隔くらいでシャトルバスは走っていましたが、正確な時間がわからないのと、外で待っていないと乗れないこともあり、ラウンジ利用の為にそこまでして移動するのは面倒だと思ってしまいました。ラウンジ利用を考えておられる方は、客室を近い場所にされた方が良いです。

今回は連泊しましたので、特典として1回分の夕食が無料で付いてきました。レストランの指定はなく、好きなレストランを選択できます。私達は、広東名菜「龍宮」を予約しました。通常のコース料理とは内容が異なりますが、食べきれないほどのボリュームがあり、味も美味しかったので大満足でした。

イタリアンレストランのビュッフェも食べましたが、夕食で大人1人4000円払うには高いと感じる内容の料理ばかりで残念でした。ケーキやチョコフォンデュ、アイスなどのデザートは充実していました。アイスコーヒーと紅茶、水は無料ですが、ドリンクは別途料金が必要になるのもあまり良い気分はしませんでした。

フレンチや和食、ステーキやBBQなど、レストランの数は多いので、数日間の滞在でも飽きることはないと思いました。

朝食は、洋食ビュッフェと中華をそれぞれ利用しました。内容的には、やはり中華レストランの内容が充実していて美味しかったです。

プールだけでなく、夏にはビーチに浮かぶ巨大なアスレチックが設置されます。ホバーボードやグラスボートを体験できるなど様々なアクティビティが用意されており、セグウェイや家族で楽しめるパターゴルフなどもありました。体験工房では、漆喰シーサー作りや沖縄の素材で時計作りなどが行われていました。

琉球整体、アロマトリートメント、タイ古式リラクゼーション、ハワイアンロミロミ、ネイルサロンなども施設内にありました。私はハワイアンロミロミを予約しましたが、当日予約ですと夜の遅い時間しか空いていませんでしたので、予め利用することがわかっている場合は事前に予約をしておいた方が良いと思います。

周りには本当に何もありませんが、約80万坪の広大な敷地の中で様々なアクティビティを楽しんだり、自然に囲まれてゆったりと過ごしたり出来ます。誰が見てもリゾート地という雰囲気の中で、幅広い年齢層が楽しめるように工夫されていました。ジャグジー付のスイートルームで、1回分の夕食付での料金だと考えると、非常にリーズナブルで宿泊出来たと思いました。

接客対応

全体を通して悪くはありませんでしたが、人によって差がありました。

清潔感

リニューアルはされていますが、傷や汚れなどが目立ちはじめていました。

客室

カヌチャスイートは、バルコニーにジャグジー付、天蓋付の可愛いベッドがありました。

食事

味は可もなく不可もなく、料理の内容に対しての金額は高いと感じました。

コスパ

客室の広さや食事付で考えますと、安い料金で宿泊出来たと思います。

立地

空港からも遠く辺鄙な場所にありますが、海や木々の自然に囲まれた素敵な場所でした。

備考・アドバイス

空港からホテルまでのシャトルバスは予約制ではなく、自分たちでバスチケットを現地で購入する必要もあり、ホテル専用のバスではない為に時間が過ぎると発車してしまいます。また、1日に2便しかないので利用する方は注意が必要です。

ホテルの周りには何もありませんが、施設内のサービスが充実しているので問題ないかと思います。コンビニ並みに充実した土産物店、様々なアクティビティ、カラオケなどもありました。みなさん施設内で数日間を過ごされる方が多いので、アクティビティの予約は事前に済まされた方が良いと思います。