ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

花心亭しらはま

〒014-1204 秋田県仙北市田沢湖田沢字春山145-15
花心亭しらはま
〒014-1204 秋田県仙北市田沢湖田沢字春山145-15
TEL: 0187-43-0436
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.4 に投稿 獲得票数:8 投稿者: izaiza認証済
2018年8月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
専用のダイニングルームを備えた広い客室と24時間自由に利用できる貸切家族風呂が魅力の温泉宿

8月中旬の平日に、大人2名、幼児1名で利用しました。某予約サイトの「お手軽ステイプラン」の一泊二日夕朝食付きで、料金は税込で大人1名30,100円、子供は2,160円(食事・布団なし)でした。お盆期間のハイシーズンのため、人気の宿はどこも満室でしたが、幸いにも予約サイトにて高評価のこちらの宿に空きがあり、今回初めて利用することにしました。

「花心亭しらはま」は、田沢湖の東岸に位置する、大正創業の老舗温泉旅館です。2000年に改装したという5階建ての建物は全15室を収容し、天然温泉の大浴場、貸切風呂を有しています。田沢湖畔の遊泳場は徒歩1分、レストハウスや遊覧船乗り場は徒歩5~6分の距離にあり、田沢湖観光の拠点として利便性の高い立地にあります。宿までのアクセスは、秋田新幹線の田沢湖駅から無料の送迎サービスがあり、車で10分程です。この日は、事前予約した14:30の便で宿に向かいました。到着するとすぐに、玄関先にスタッフの方が現れて、館内へと案内してくれました。全館畳敷きのため、スリッパはなく、靴下や素足のままで中に入ります。ロビーは和の趣のある装いで、秋田蕗をモチーフにしたという照明や長椅子の畳表の風合い、着物を召された女将さんの佇まいに、純和風旅館らしい品の良さを感じました。フロントで簡単な記帳をした後、まだチェックイン前の時間でしたが、すぐに客室へと案内していただきました。

客室は4階の角部屋で、和室の居間16畳、洋室のダイニングルーム13平米を擁する大変広い造りでした。角部屋のため正面、側面に窓があり、ダイニングルームからは木々の向こうに湖が見えました。入室後は、客室担当の方から簡単な館内説明があり、ウェルカムスイーツ&ドリンクとして、宿オリジナルの山芋まんじゅうと抹茶のセットをいただきました。秋田名産の山の芋の皮はもちもちとした食感で、甘さ控えめのかぼちゃの餡との相性が良く、お茶請けにぴったりな上品な味わいでした。

和室の居間は、家族三人で過ごすには十分すぎる程の広さがあり、最大6名での宿泊も可能なようです。窓からたっぷりと差し込む自然光のおかげで、照明なしでも明るさがあり、広い部屋がより広く感じられました。窓際のくつろぎスペースには、多機能のマッサージチェアがありました。クローゼットには、あらかじめ浴衣が男女各々3サイズ(大中小)用意されており、気軽に試着してサイズを確認できました。冷蔵庫はダイニングルームにあり、庫内の飲料はすべて有料でしたが、1階の自動販売機でも清涼飲料水を調達できました。

室内のバスルームは、温泉ではありませんが、小さいながらも浴槽や洗い場があり、設備は整っていました。洗面台は、スペースが広く、洗面ボウルは2つ設置されていました。使い捨てアメニティは必要最小限のもので、備え付けアメニティは女性用基礎化粧品や男性用整髪料などが用意されていました。ヘアドライヤーは壁面固定のタイプでした。

温泉は、男女別の大浴場と貸切家族風呂が1階にあり、いずれも24時間利用可能です。源泉名は田沢湖パール温泉、泉質はナトリウム−塩化物泉で、循環ろ過、加温加水を行っているようです。どのお風呂も湯温はややぬるめで、長湯にちょうどよく、子供も無理なく入浴できました。大浴場は思いのほか広く、全面ガラス張りで明るく開放感がありました。内湯の浴槽は、一度に10名ぐらいは入れそうな広さがありました。洗い場は7か所に分かれていて、スペースに余裕があり、周りの人に気兼ねなく利用できました。露天風呂は2~3名でいっぱいになる広さで、外の景色は見えませんが、涼風にあたりながら気持ちよく湯浴みを楽しみました。

貸切家族風呂は、予約不要で空いていればいつでも利用できます。入口のホワイトボードに、おおよその退出予定時刻を書いて利用します。この日は満室でしたので混雑を覚悟していましたが、タイミングが良かったのか、結局、17時、翌朝の5時半、9時の三度も利用できました。浴槽は2~3名用の広さでしたが、脱衣場には小上がりがあり、湯上がりのひとときを畳の上でのんびりと過ごしました。

夕食前に、宿の前にある湖畔の砂浜で散歩と水遊びを楽しみました。宿の敷地内には、湖への近道があり、その途中には湖を望むウッドテラスもあります。このように、様々な形で田沢湖の景観を楽しめるのもこちらの宿ならではの魅力です。

食事は、夕朝食とも客室内のダイニングルームでいただきました。すべての客室に専用のダイニングルームがありますが、室内に設置されている客室と、廊下をはさんだ向かいに設置されている客室があります。いずれも客室から離れることはないため、部屋出しと同様で、家族連れにはありがたい限りです。

夕食の会席は、秋田の郷土料理を中心に、創意性のあるバラエティに富んだお料理が並びました。郷土料理は、じゅんさい、比内地鶏入りのきりたんぽ鍋、山の芋の饅頭など、秋田に来たら一度は食べたいと思っていたお料理が満載でした。また、宿オリジナルのお料理もあり、珈琲豆を焼酎に付けた珈琲豆酒、鰰の代わりに岩魚を使った飯寿司、りんごをそのまま使ったシャーベットは特に美味しくいただきました。お酒は種類が豊富で、秋田の地酒、梅酒、焼酎がところ狭しとメニューリストに並んでいました。いただいたのは「刈穂」の純米酒で、12度の超辛口がきりっとした味わいで、会席料理のおともにぴったりでした。また、夕食中に、布団と冷水を用意していただいたのですが、物音一つせず、こうした食事中の細やかな配慮が嬉しく思いました。朝食は、特筆すべき点はありませんが、あきたこまちのご飯、山菜のみずの味噌汁、いぶりがっこなど、秋田ならではのお料理もありました。

翌朝は、10時発の遊覧船に乗船するため、9時40分頃にチェックアウトしました。宿泊料金は予約サイトで精算済みでしたので、フロントでは追加料金(幼児の施設利用料、飲み物)の精算を行い、領収書と一緒に遊覧船の割引クーポンをいただきました。最後は、玄関口で女将さんをはじめ、スタッフの方々に丁寧なご挨拶をいただきました。

高級旅館のようなサービスはありませんが、秋田の郷土料理を堪能し、広い客室、貸切家族風呂で家族水入らずの時を過ごす、そんな家族との時間を大切にされる方におすすめのお宿です。田沢湖観光の拠点としても便利な立地です。機会があればまた利用したいと思っています。

接客対応

高級旅館のような至れり尽くせりの接客ではありませんが、秋田の方らしい素朴で温和な接客に心が和みました。田沢湖観光の相談にものっていただきました。

清潔感

客室の壁に一部残るしみが少し気になりましたが、広い客室ながらも隅々まで清掃されていて清潔感があり、経年もさほど気になりませんでした。

客室

16畳の居間と13平米のダイニングルームを備えた広い客室は明るく開放感があり、マッサージチェアも常備され、リラックスしたひとときを過ごせました。

食事

夕食では、秋田に来たら食べたいと思っていた郷土料理を一通りいただきました。また、宿オリジナルのお料理は創意性や意外性があり、最後まで楽しめる会席でした。

コスパ

ダイニングルームを備えた広い客室、24時間自由に利用できる貸切家族風呂、お盆期間のハイシーズンを考慮すれば、妥当な費用対効果だと思います。

立地

秋田新幹線の田沢湖駅から送迎車で10分程、宿の前には湖畔の砂浜が広がり、田沢湖観光の拠点としても大変便利な立地にあります。

温泉・スパ

温泉そのものについては特筆すべき点はありませんが、24時間利用可能な広い大浴場、座敷付きの貸切家族風呂が特徴で、湯浴みを満喫しました。

備考・アドバイス

チェックインは15時、チェックアウトは10時です。秋田新幹線の田沢湖駅から無料の送迎サービスがあります。完全予約制ですのでご注意ください。

田沢湖遊覧船、田沢湖一周バスの乗り場となる田沢湖レストハウスは、宿から徒歩5~6分です。

タオルは、バスタオル、フェイスタオルが大人一人一枚ずつ用意されていました。バスタオルは、洗面台の下に予備があり、汚れた際に使用してくださいとのことでした。大浴場、貸切家族風呂には常設のタオルはないため、客室から持参する必要があります。クローゼットに、持ち運び用のかごがありました。

使い捨てのアメニティは、歯ブラシ、カミソリ、ヘアブラシ、ヘアバンド、シャワーキャップ、備え付けのアメニティは、女性用として、化粧水、乳液、メーク落とし、男性用として、アフターシェーブ、ヘアトニック、ヘアリキッドが用意されていました。

冷蔵庫は翌朝ロックされますのでご注意ください。

コンセントは、居間には2か所しかなく、ダイニングルームや廊下のものを併用してやりくりしました。電子機器の多い方はご注意ください。